主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
ベルナル キッテル
ベルナル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
アラフィリップ フルーネウェーフェン
アラフィリップ フルーネウェーヘン
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ログリッチ ベップ
ログリッチ ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


買おう!

四国サイクリング
ありがたいことにGajA様のムック本四国サイクリングの表紙を描かせていただきました。


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。(販売終了)

LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎

たいぎいおじさん3LINEスタンプ

たいぎいおじさん3

プラナリア

プラナリア

キドクキノコLINEスタンプ

キドクキノコ

くらげ

くらげ

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

2019 ツールドフランス 総集編

 

はい!

ということで、今年のツールドフランスも終わりました。。

今年のツールはベルナルの総合優勝、ユアンの3勝など「新時代の幕開け」と、

アラフィリップまさかまさかのマイヨジョーヌ一人旅など、激動のツールでありました。

ワウトはどうなるのか。帰ってきてドラマチックな活躍を期待したいところお。

 

 

コロンビア人初、もちろん自身も初のマイヨジョーヌを獲得したベルナル。

皆さんはツール開幕前に僕が「今年勝つのはベルナル。ピノは万年優勝候補」と言っていたことをご存じだろうか。なっ!

しかし僕はピノは三週目ぐらいで普通にフェードアウトして5分遅れぐらいで4,5位と踏んでいたが、かわいそうな終わり方で、ちょっと申し訳ない感じになったりして。。長年ロードレースを見ていると、「勝つ星のもとに生まれた人と、そうでない人」というのを感じることがあるけど、ベルナルはきっと前者であろう。

今回は多少バツの悪い形での獲得となったが、近いうちに非の打ちどころのないマイヨジョーヌを着ることになるだろう、

 

 

常に先頭付近でちらちらゴールしていた印象のあるサガン、今年もマイヨヴェール。

7度目のマイヨヴェールの、次の目標はいかに━━━。

個人的にはサガンが勝ったステージの1〜2コマ目のなんともいえぬ空気感が好きです。

 

 

せやねん。ベルナルはまだ22歳やねん。

ミユキ自転車で「白くもある」といった選手はもう一人いる。

そうです、コンタドールです。

若干22歳、マイヨブランとマイヨジョーヌの2枚同時のチャンスはあと3回。

どうする!

 

 

今年から模様が少し変わった山岳賞。

漫画のトーンは格子状に見えるように貼るのと、斜め45度に傾けて貼るのでは見え方が全然違う。

今年のジャージのデザイナーは、そのような基本も通らずに来たのだろう。

 

はい!

というわけで、以下、ミユキ自転車今年のツール一気読みです。

感動を生んだ19ステージと20ステージ、本編では描かれなかった、19.5ステージも収録しています。

(ミユキ自転車はフィクションです。実在する人物や団体と関連するものではありません)

 

ではまた来年のフランドルで会おう。

続きを読む >>
l カテゴリー:2019 ツールドフランス l

l 2019 ツールドフランス 総集編 l

2019ツールドフランス 第21ステージ

2019ツールドフランス 第21ステージ

 

ユアン3勝目でツールを終える。

あの突然、向かって左側にグワッと言ってギャッと加速する様、そしてその小柄な体格にぎゅっと詰まってる感じ、

わたくしマキュアンを思い出しました。マキュアン並みの活躍をしていくことになるのかユアン、

名前も似てるマキユアンとユアン。

l カテゴリー:2019 ツールドフランス l

l 2019ツールドフランス 第21ステージ l

2019ツールドフランス 第20ステージ

2019ツールドフランス 第20ステージ

 

アラフィリップ劇場に幕は降り。

マイヨジョーヌ100周年の年にシャンゼリゼでそれを着るのはフランス人なのではないか。しかも、突拍子もないやつだ。。

フランス人のみならず、ロードレースファンが現実的に、夢想的に期待したその結末は、やはりそうはうまくいかなかったけれど、アラフィリップの黄色い姿を見て、「次は自分が」と夢見た世代が、次の時代を作っていくのであろう━━━。

l カテゴリー:2019 ツールドフランス l

l 2019ツールドフランス 第20ステージ l

2019ツールドフランス 第19ステージ

2019ツールドフランス 第19ステージ

 

フランスのバッドデーとなった今日のステージ。。

l カテゴリー:2019 ツールドフランス l

l 2019ツールドフランス 第19ステージ l

2019ツールドフランス 第18ステージ

2019ツールドフランス 第18ステージ

 

「やはりダメだったか」

ガリビエの登りで遅れたアラフィリップを観たファンは思った。。

しかしところがどっこい、その後の下りで追いついたアラフィリップ、これで一安心、

と思いきや、そのまま前に出てトーマスらとの差を広げようとするアタック!

やるなアラフィリップ!

そのアタックはアラフィリップがやめたのか、周りが意地でついていったのか━━━集団は落ち着いてゴール。

あのままアタックし続けなかったことが、総合の行方を決定づけることになろうとは、この時誰も思っていなかったのである。。

l カテゴリー:2019 ツールドフランス l

l 2019ツールドフランス 第18ステージ l

1|2345