主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジロデイタリア2009

ジロデイタリア

やーやーやー
終わったあとにはなんだか喪失感があるグランツールが終わりました。
ああ
さびしい

ジロデイタリア

こうしてみると新人以外の各賞ジャージは
ほぼすなわち総合争いの人たちなのだった。
「戦ってたらなんか獲れてた」みたいな。
カヴがいなかったらペタッキもいれたのに、、、。

第1ステージ
第2ステージ
第3ステージ
第4ステージ
第5ステージ
第6ステージ
第7ステージ
第9ステージ
ツアーオブジャパン大阪
ツアーオブジャパン奈良
ツアーオブジャパン美濃
第11ステージ
第12ステージ
第13ステージ
第14ステージ
第15ステージ
第16ステージ
第17ステージ
第18ステージ
第19ステージ
第20ステージ
第21ステージ

やっぱ今年のジロで一番印象に残ってるのは
ツアーオブジャパンですよねー(去年も同じこといった!)
いやーまじなはなし(まじかい)
僕はああいう「僕が見たものをみんなにも見てもらいたい願望」があるな、ち思いました。
ああいうレポートを載せた時の僕の自己満足っぷりたるやすさまじいものがある。

あとはLPRのやる気っぷり
今でも「LPRとコロンビア以外出てたっけ?」といっても過言ではない。
サクソバンク?あー、、、なんかみたことあるようなないような



「最近骨折った賞」ではダントツ1位のランス・アームストロング。
ジロでランスでだから今年に入っての期待っぷりたるやなかったけど
まさか直前で骨折するとはいやはや事実は小説より奇なり
それでもジロに出場して総合結構上位だから
コレは7月は期待できる。
実際本人も「7月にはトップクラスにいるかも」とか言ってるし
7月ってつまり、そういうことですか?
な、コンタドール!
そもそも7月までアスタナがあるのかどうかも心配
がんばれランス、がんばれコンタドール!

ツールまではロードレース熱が下がるミユキ自転車ですが
ドーフィネにユキヤアラシロが出るとかいってよ、
自分、ドーフィネにはあまり詳しくないのですが、
結構「ツールに出る人が出るレース」的なことはよく聞くのですが
これって、もしかしてそういうことですか、、、!!!

あと「続きを読む」のあとで、
今年のジロの漫画を一気に並べてみました。

個人的には序盤のペタッキとカヴの段、
後半のディルーカ対メンショフが実に今年のジロをあらわしていると思います(自画自賛)
あとクネゴも好きです。
続きを読む >>
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009 l

ジロデイタリア2009第21ステージ

 menchov

雨のローマで。

五月雨を
あつめて早し
選手かな

メンショフとディルーカの差、20秒。

確かに普通に考えればメンショフがもう9割がた有利であるものの
今年のジロを見てた人で、特にメンショフファンでない限りは
ディルーカを応援したくなるのは自然の流れ水の如し。
ふりだして、いったんやんだ雨は
二人を祝福するのか、あざ笑うのか、
ディルーカとメンショフの番になった時にまた降り始めた。
行くしかないディルーカ。
行くしかないメンショフ。
うむー見事である。
両者見事な走りっぷりである。ほめてつかわす。

そうはいっても心の中では
「こ・け・ろ」。「こ・け・ろ」。とメンショフにこけろコールであった。

「こ・け・ろ」。「こ・け・ろ」。

そしたらディルーカが勝てるのに、そういったあんばい。
しかしディルーカがゴールし…
メンショフ残り1キロ。
だめだったかー。ちゃんと走りきったかー。
こけなかったかー。残念だ。
まあメンショフも卑怯だの面白くないだのひげが濃いだのといわれてるけど
結局メンショフだってダラダラすごして今のジロの舞台にいるわけではない
数多の努力の上に今の舞台があるのだ
なんら卑怯だの暗いだのひげが濃いだのと文句を言われる筋合いはない
讃えようメンショフのこれまでの努力を。
見守ろうメンショフのジロ勝利を。
と思ったとたん、
何にもない直線でメンショフが、




ずるん、




どってーん!




ずるずるずる、、、










アカーン!(宮川大輔)






遠くまで転がった自転車をあわてて拾いにいくメンショフ
自転車自体を交換するように言うラボバンクスタッフ。
クリートがはまってないのにメンショフを押しまくるラボバンクスタッフ。
「あかん、こんなんで総合がなくなったらかわいそうや」
「落ち着けメンショフ、行け!まだ大丈夫やメンショフ!!!!」
と急にメンショフを応援しだすミユキ。
僕と同じような方は結構おられたかと存じます。
うむーイタリアで戦ってるロシア人を日本で応援する日本人。
残り距離にして500mぐらいであろうか
長かったー500mが。
いやあー!こんなんでディルーカがピンク色になってもいやあ〜!
メンショフがかわいそうだよう!
そして、、、
メンショフがゴールすると、結構タイム的には余裕があった。
ち、なんだい、心配させやがって、、、
総合一位を確信し、雄たけびをあげるメンショフ。
まだ停車しきってないチームカーから飛び降りてメンショフに抱きつくスタッフ。
せっせと表彰台を設営するジロスタッフ。
うむーよかった。お疲れ様でした。
ありがとうございました。
ミユキさんもありがとうございました。

l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第21ステージ l

ジロデイタリア2009第20ステージ

 ジルベール


いつもどおりディルーカの後ろにつくメンショフ

メンショフは無表情、ディルーカは歯をむき出して最後の登りを登る!

メンショフ有利か、、、?いや、表情からはわからないのがロードレース!

残り2キロを過ぎた、、、!

勝負は1キロを超えてからか、、、!?

ボーナスタイムでメンショフとの差を縮めることができるかディルーカ

それを阻止するか、もしくはタイム差を広げるかメンショフ

残り一キロはまばたきをするな…!!!

と思ったらジルベールがアタック



あかーん!!




「メイン集団!そんなんええからメイン集団映せ!」と叫んだ。
今日ほどゴールシーンを見てないレースはなかった。
僕の視線はジルベールの奥のほう!
ディルーカは、メンショフは、、、
特に何もなしか!なんじゃそりゃ!
そもそもジルベールが空気を読まなかったから云々かんぬん
まあ表彰式の笑顔にめんじて許してあげるけどっ。
だいたい今日の解説人はなんだ、何の話をしてるんだ、
一ケタ台のステージの平坦の時の面子じゃあないかい、
もっと煽ってくれ、もっとレースを煽ってくれ、
これまでのジロを振り返るわけでもなく、
やっぱり最後のほうはレースの煽り、振り返り、どっちもいける
オールラウンダーのクリリンとかのほうがよくないっすかね、
表彰式のメンショフもいい笑顔でしたね
むむーメンショフめ!

明日は普通に行くのか
それともそれともー!!

l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第20ステージ l

ジロデイタリア2009第19ステージ

 ディルーカ


ままならぬーっ!




あーままならぬ。


総合争いは大噴火でしょう!




サストレのサンプリングはどこ吹く風と
押しては返す山登り
総合総合いうけれど
切れやせんがなメンショフが
アーヨイサヨイサ

ディルーカとメンショフは、まあわかるとして
自分的に一番ままならなかったのはペリオツォッティだったかなあ、ペリオツォッティ的には別にディルーカとメンショフが来たからってアタックをやめる理由ってあったのかなあ、って。
ペリオツォッティがやめなかったら、ディルーカ対メンショフも面白くなってたと思うんだけなー!

それでもタイム差を縮めた漢ディルーカ、18秒差。
あさってのタイムトライアルではどうなのかしらー、
今年の12ステージを見るとメンショフから2分遅れでディルーカの負け、
「ファンの邪魔の影響」とかも考えつつ、距離の比率で単純に割ると
うおおびみょーーー!

これは、明日もタイム差を縮めに行きたいLPRディルーカでしょう。
せめて「上位フィニッシュでメンショフより前」には持っていきたいところ、
去年は「19ステージでがんばりすぎて」遅れてるけど
動かなきゃだめでしょうLPRディルーカ!ベストベストで行かなきゃだめでしょう!
いや行ってくれ!おねがいだから!
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第19ステージ l

ジロデイタリア2009第18ステージ

 ジロデイタリア

ねぇ〜〜〜〜!!

なんにもねえ〜!

まあ予想はしていたけど、個人的に何にもないステージでした。
お、思い入れが全然ねえ〜。
ヴィスコンティとクネゴは存じておりますが
スカルポーにってだれそれ、と思ったら、第6ステージで勝ったそうだ
このブログで第6ステージってどんなだっけと見たらキリエンカが足をつったステージでした。
去年の今頃ってどんなだっけと思ってみたらやはりディルーカ
ディルーカ等のいるLPRがツールに出れないなんて1ロードレースファンとして、ちょっとどうにかなりませんか、といった心持です。だってLPRがでないのに、なんであのチームがでれるわけ、、、
あのチームとかも。

コース脇にトラックがいっぱい停めてあって
おそらくその運転手が外に出てレースを見ているシーン
イタリア〜ノ、ヨ〜ロピア〜ンやなあ、とおもいましたね〜。

あと右のレースレポートで使っているカメラは
下二つがきみまろズーム(10倍ズームできるコンデジ)
ジャパンカップ2008までがネオ一眼
万博から上が一眼ですのでよろしくお願いします。
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第18ステージ l

ジロデイタリア2009第17ステージ

jirodeitaria


ひと ごみだ〜らけの山を登り〜いぃい
NON-STOP インナーギアでこ〜ぐわ高斜度
TOKI-DOKI 切なく振り返るけど
ぜんぜん前には出ない人た〜ち
キャノンデ〜ル キャノンデェ〜ル
こぎだすけれど
あなたの足には追いつけなくて〜


とWINKの「淋しい熱帯魚」の替え歌から始まった今回の第17ステージ。
勝利のニューフェイスは「あ、あたしのほうが速いんだからねっペリオツォッティリクイガス」。
やっぱりかー。
やっぱり色々あったかー。
ランスアタックで鼻が熱くなり
各賞ジャージ+バッソ+ランスの絵には
もう鼻血が出ましたけど
やっぱり無理だったか〜。
っていうか
ライプという精神的足かせがいなかったらもっと、、、

あとディルーカがあんなにかっこよく見えたのは正直自分、
今までで最高だったかもしれんです。
今までで最高にディルーカがかっこよかったなあ。
引く…!という姿勢。普通はちょっとでも「引きたないのはわかるけど、お前ら引けや」っていうしぐさを見せていましたよ、僕の知ってる総合にかかわる人たちは。でもしない。
歯をむき出しにして、力を振り絞って、後ろについてくるだけの卑怯者たちを知っても
なおもペースを上げつづける漢一匹ガキ大将LPRダニーロディルーカ。
は、鼻血がっ、、、。
あと完全に自分の中ではメンショフが悪役になりました
ディルーカ対メンショフ。ゴゴゴ、、、



東大寺南大門で記念撮影するパルディーヤ選手(今年のTOJ総合優勝)

選手的な面には全然詳しくないこれまでの輝かしきレースレポートを一気に横に並べてみました
いやー
結構行ってるなあ。
あと今年の全日本ロードにも行くかもしれません。
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第17ステージ l

ジロデイタリア2009第16ステージ

Giro dItalia

これやもなー!
これやもなー16ステージは!
もう色々ありすぎて大部分忘れた感があります。
自分的にはクネゴとバッソの活躍がうれしかったです
生で見たもんねー二人とも!去年のジャパンカップで!
な、みんなもみたよな!

ブリューネル涙目。

サストレ。
これでサーベロテストチームは「全然だめなふりをしつつ急にアタックを仕掛ける」ときの空力的な面のデータを集めることができましたね。どないやねん。最近までジロを席巻してたコロンビア村が崩壊したと思ったら、急にテストチームがデータをとり始めた。(サーベロテストチームが活躍することをファンの間の隠語で「データを取る」といいます。)

総合争いは
「今年とかじゃなくて、ほんとはいつもいけてたんだからっメンショフ」
「俺にはジロしかないねんディルーカ」から
「俺のバックには大きいものがありすぎて振り返れないライプファイマー」が脱落、、、?
かわりにのそっと
「マリアローザのデータが欲しいねんサストレ」があらわれた感があり、
この3、4人に絞られたか。
「久しぶりやからええやんバッソ」も期待したい。
「もう正論とかええねんランス」もどこかで、、、
あさっての「登り一本短期決戦」、コレはもう一体どのような展開が待っているのか。
見逃したら人生を無駄にしたと思え!
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第16ステージ l

ジロデイタリア2009第9ステージ



録画してみた第9ステージ!

その存在感にツアーオブジャパンに行ってる最中だとしてもどきどきしていた
ミラノ・ショー100、ミラノ周回ステージっつーて

つーて、、、

自分は「危ないところもうまく走る」のもロードレーサーの資質だと思っておりまして
だから下りが速いだの石畳が得意だのという選手がいるわけで
危ないから嫌だって、そういうのは違うでしょ!おかしいでしょ!
そりゃー路面が完全に凍結してるとか陥没しまくりとかだったら別だけど〜。
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第9ステージ l

ジロデイタリア2009第14ステージ

 

LPRとコロンビア(あとラボバンク)しかいない今年のジロに現れたニューフェイスは、
今年の春先からさまざまなデータを取りすぎていることで有名なサーヴェロテストチーム。
同じ日に違うところでハスホフトも勝利を挙げ
勝った時のデータをとっているのですかねえ、このチームは。
とかいいつつ思うんですけど、このテストチームはテストチームというからには
バイクに各種計測機器とかをつけとるんだろうか。
もしくはテストって僕の思ってるテストじゃなかったりするのだろうか?
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第14ステージ l

ジロデイタリア2009第13ステージ



谷口永井ペアの放送もいいなあ、と思う今日この頃。
我らワールドが戦い、戦争だとすると
谷口永井ペアは草原を駆ける野うさぎであろうか。

もう時代は完全にカヴになってしまいましたね、、、
カヴの勝利後、まずカヴが関係者にぎゅう、と抱きついた後
コロンビアのみんなが集まって
「よかっただあ、よかっただあ、」と喜びを分かち合うのが
彼らに対する言葉としては不適切かもしれないけど
非常にかわいくて大好きである。愛おしい。

あとそんなこともう知ってるよ、という方もおられるかもしれませんが
ジロデイタリアを放送してるRaiがやってるWEBストリーミングがここで見られます。
たぶん放送自体をWEBで流してるのでしょうか、ジロ前の特集や
グランツール名物レース後の選手トーク番組とかも見られます。
大学の第2言語はイタリア語にしとけばよかった、と思います。
l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第13ステージ l

1|2