主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2010



ハアーおわちゃったねえ

ツール期間中は毎日夜遅くまで起きて翌日つらいし
けどいざ終わっちゃうとさびしいのがツールですね
って毎年言ってる気がするけどね、、、
もう毎年言ってもいいじゃない同じ事を
定型文として保存しておけばいいじゃないっ

特にぶっちゃけ今年はよ僕としては
「もうここで終わりでええんちゃうのツール」
とか思うほど結構心が離れかけたというか。
多くの選手が第一線からいなくなりすぎた今年のツール。
序盤の石畳だの雨の大落車だのその他で
今年のツール、グランツールはのろわれてるんじゃないかというぐらいのケガ人っぷり
ランスが早々に戦線離脱したっていうのももちろんありますよねやはり、、、
ランス対コンタ
ですから、僕が一番見たかったのは、、、そこにエバンスが食い込んでくる感じの、、、
それがかなわず、別にもう結果決まってるやんといった今年のツール

だと思ったら終盤のアンディ対コンタドールであったねえ
二人だけの魂と魂のぶつかり合いの戦い!
ぐらいだったっけ今年のツールは




今年のマイヨジョーヌは
「出たグランツール」5連覇中のコンタドール!
出たツールドフランスは3連覇中!
去年は御存知ランスチーム内でのダブルエースの確執の!
で最終日の表情も硬かった感があるコンタドールですが
今年の幸せそうなコンタドールを見ましたか!
チーム全員でシャンパンで乾杯とかしているんですよ信じられます?
アアー
すいませんヴィノクロフさん
ヴィノクロフさん疑ってすいません。またダブルエースとか期待してすいません。
いやここでいくはずだヴィノはコンタを置いて行くはずだ!とか思ってすいません。




なぜか一番勝ってる人が着れないマイヨヴェールはペタッキさん。
去年のハスホフトのようにコツコツためた印象もなく
あーあれ?ペタッキなんや、あー、そう。といった個人的な感想で
いいかげんカヴェンディッシュとれよマイヨヴェールを!



あー名前はよく聞いた気がしますという感じの山岳賞のシャルトー
すいませんブイグテレコムは正直ユキヤ以外いていないようなもんでした。
っていうかひけよゴール前でユキヤを。



最後の最後にコンタと熱い戦いを見せたアンディシュレクが人生最後の新人賞。
来年から狙うはもちろんマイヨジョーヌだ。
「お兄さんがそうそうにいなくなったのがよかったのではないか(去年は兄を待つばっかりにチャンスを逃していた感があるので)」と言う声も聞かれるが
チームの構成も難しくなりそうだぞアンディ
個人的にはいらないと思うぞフランク。アンディ



そして最下位!ランタンルージュはマロリン。
4時間遅れというステージまるまる一個分ぐらいの遅れで無事完走お疲れ様でした

ハッ
そういえば今年は全然ユキヤを描いてない。
これはね!正直なところユキヤが期待はずれだったという!
言ってしまう!期待はずれだったよユキヤは!
たしかに6位に入ったり、(ブイグの意味不明な作戦で意味のわからないところで)ブイグを、
集団を引っ張ったりしていたし「活躍した」とは言えるんだろうけど
違うんですっ
ユキヤはっユキヤはそんなタマじゃないんですっ
お疲れ様でしたよくやったねえとユキヤに声をかけるのは親族だけでいいのではないか
僕は!「あそこでもっと行ったほうがよかったんちゃうんか!」とか
「チームに従うだけが選手ちゃうやろがー行かんかーい」とか言ってやりますよ!ええ!
本人が目の前に来たらね!そりゃあねえ僕は
とりあえずサインとかをね
ねだるでしょうねえ、、、。
そして「6位すごかったですよお」とか言うでしょうねえ、、、。

しかしながら間違いなくユキヤは「これからに期待」だ。
それは慰めとか諦めではなく
間違いなくっ

「これからに期待ユキヤ」

これから彼が何をするのかが!大変楽しみだ!
あれだ、、、3位以内。
3位以内に入らんかったら書かん!(何様!)


以下今年のツールの4コマまとめ読み!
ボーナストラックも2個あるよ!
続きを読む >>
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 l

ツールドフランス2010 第20ステージ

 


圧倒的すぎたカヴどん

あのシャンゼリゼ名物
スプリントを横から撮るカメラで言うところの
ハスホフトがバアーッと行きますわなあ
おおー決まりかなあと思ったら
明らかにカテゴリーが違う人が奥からぐんぐん加速していく。
折れるよなあ
そら心折れるよなあ、、、
調子が悪くて
熱がでとるらしいカヴェンディッシュに
ボロ負けのみなさん。
5勝してるのにマイヨヴェールを着れないカヴェンディシュ
何の因果か

それはいいだけど(それメインだろう)
今日のJSPORTSの中継
ちょっとがっかりしたなあ
なんでねえ
なんでシャンゼリゼで長電話3本かねえ。
シャンゼリゼというと、4000キロ近く一ヶ月近く走り続けてきた選手
そして見る人にとっても最後の最後の大舞台ですよ
そこで突然世間話始められてもって感じです、、、。

それにしても
終わったねえ
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第20ステージ l

ツールドフランス2010 第19ステージ

 



ウウーッ

よかったねえよかった
去年であっても
表彰台では結構不敵な笑みを浮かべていた感のあるコンタが
ウウウと涙する。
表彰台では気丈にいようとするが
時折嗚咽しそうになっていたその様をみて
ウウウとなるミユキさん
君もなったろう。
ああ、なったろうねえ。

おお!なんと自信に満ち溢れたピストルであろう!

l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第19ステージ l

ツールドフランス2010 第18ステージ

 


ムホーッ

まさかツールにクルーズとディアスが来るとはな!
しかも沿道で見るだけにとどまらず
このときクルーズは「あぶないっ」とディアスの前に立ちふさがったが
ディアス的には「おい見えねーよクルーズよ」って感じだったのではないか。
「だいたいバイクだの車だのが突っ込んできてあんた一人の体が前にあるからってなんの意味があるの?あなたターミネーターとかじゃないでしょう。」
って感じだったのではないか。

そして
なんとマイヨジョーヌの表彰台にもクルーズとディアス。
コンタドールとクルーズとディアスという余にも奇妙な組み合わせで
熱を押してレンショー無しで(ないほうが早いようにも見えた)勝ったカヴェンディッシュの影も薄い。

うんまあ

今日はそれぐらいしかなかったかな、、、
ウム、、、。

クルーズとディアス
トムとキャメロン

トムとディアスが一番語呂がいいですねっ
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第18ステージ l

ツールドフランス2010 第17ステージ

 


ハア

LE TOUR 

でしたねえ、、、

霧がねえ
霧がよかったですね。
霧の中の決闘。

無限にも思える 深い霧の中の戦いは

これは夢想かと見紛うほどに

鮮烈で昴るく

朧げな視界とはうらはらに


私達の心に深く刻まれたのだ。

ねえ。
この戦いは深い霧と共に後生に語り継がれるであろう
そのときこの深い霧が
どのように誇張され
どのような意味を付加されて語り継がれるのか
僕にはそれがねえとても楽しみと言うか。
そこいくとやはり二人のまわりのバカ観客
裸で走り回ってるような輩。
あれもねえ必要だなあと思った次第です。あれあっての

LE TOUR

なのかな。激しい戦いを繰り広げる選手らの後ろでわあわあ言ってる。
選手にぶつかるかぶつからないかの瀬戸際で走り回るファンら。
選手からしたら邪魔以外の何者でもないだろうけど
あいつらがいなくなったら随分さみしいなあ
あいつらがいなくなったら「ツールの選手ら」がこんなにもかっこよく見えただろうか
深い霧の中そう思いました。
ただ
コンタドールに対して先日のアンディのアレの件でブーイングをしていていた観客らもいたみたいだ
彼らに対してはもう僕は汚い言葉をたくさん浴びせたいけど
アンディとコンタ
この二人の戦いのあとで
それがいかに無意味かを僕は知っている。
いい戦いであった。


l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第17ステージ l

ツールドフランス2010 休息日2

 









いよいよツールドフランス2010も最終週
最終週って行っても7日間ちゃうで
4日間
あと4日間やで
早いもんやね、、、。

そして明日は事実上最終決戦の地ツールマレー。
多くを背負って力強く頂上を目指す者達
出来るだけ上を見ずにせっせと登る者達
男達の!夏の!ドラマが!
いよいよ最終章。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 休息日2 l

ツールドフランス2010 第16ステージ

 


イヤー

今年のツールは僕なんかはランス総合8勝目なんていうのを
ほんきで期待していたから、今年のランス、
しかも「ツールはこれで最後だろうな」とか言ってる今年のツールのランスは
大変残念に思っているところでした。
コンタアンディエバンスランスらがはげしい総合争いを繰り広げる
僕はそれが見たかったけど叶わなかった

そんな今日だけどもそのランスが逃げて
勝利を狙って行ったその姿に最後のすかしっぺ
ウンすかしっぺっていう表現はどうかなあと思いますが
最後に強いランスを見せてくれた事にねえ
僕は大変満足しておる次第です
なんとか勝ってほしかったけどねえ。
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第16ステージ l

ツールドフランス2010 第15ステージ

 

とか描いたけど
そりゃ行くだろうコンタは というのが僕の思うところ
逆にあそこで待たれたら
しれーーーーっとしただろうねえ 幼稚園の運動会じゃあるまいし。
あそこまでして必死でマイヨジョーヌを追い求める姿がかっこよくて
僕はツール見てるようなもんだから
これでこそツールよ と思います。
たしかにロードレースでは選手自身のせいじゃない理由で遅れたときに
前を行く集団は待つ
という暗黙の了解 美徳 みたいなものがあるけども
それはあくまで勝負がかかってない所での話じゃないのかしら
必死でマイヨジョーヌを追い求める姿がかっこよくて
僕はツール見てるようなもんだから

そしてねえツールの神様はまだ諦めてませんよ
コンタとアンディの差はいうても8秒
まだ決定的じゃないんだそこのあなたっ
必死でマイヨジョーヌを追い求める姿がかっこよくて
僕はツール見てるようなもんだから!
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第15ステージ l

ツールドフランス2010 第14ステージ

 


総合3位以下空気。

あってないような物。

そうかあ

思えばこんなに早い段階から総合争いが二人だけにしぼられることっていうのは

(えっそんなことない?イヤーそんなことあるだろー!)

なかなかない事やも知れぬ

そんなわけで、あのアンディ対コンタ、

もう最悪立ち止まって「前行けよ!」と言わんばかりのお見合い状態。

ゴール前ではよくお見合い状態

勝ちたい選手ができるだけ体力使いたくないので相手に前に行ってほしいのだが、相手も同じ考えなときにスピードががくんと落ちる現象をお見合い状態なんて申します。

これは総合のお見合い状態だ。

14ステージ

そのうち3ステージが平坦でひとつがタイムトライアル

あと2ステージが実質お互い見合っての総合争いの場となろう

さあどちらが動くのか見所だよそこのダンナ

はいみなさんみてってよピレネーだよ。

3位以下空気。

埼玉県の富田さん(32)は「メンショフがいたなんて知らなかった」と申しております。

だれだよ富田さん。

っていうかメンショフ3位だっけ…
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第14ステージ l

ツールドフランス2010 第13ステージ

 


一見完璧かと思われたコンタとヴィノのコンビであったが

昨日の一件でピリリとヒビがはいり

周囲はたいへん期待

じゃなくて心配したものであったが

そのうっぷんをはらすかのような今日のアタック

集団をおさえる通称エースコンタドール

そのかいもあって今日勝てたヴィノ

それもこれもチャラとなって一件落着

ゴール後に二人はあつい抱擁をかわし

これで明日からのピレネーも

ヴィノは気持ちよくコンタをアシストして行くであろう

誰もがそう思っていたんだ、、、




まだ言うか!
l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第13ステージ l

1|23