主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

'10-'11 関西シクロクロス 第10戦 桂川 CM1 CL1



嵐の前はいつも静かなのであろうか

それはあたかも神が戦いに身を投じる人間たちへの嘲りの如く訪れる

静かに日は昇り

大地は音もなく目を覚ます

まるでそれがやさしさであるかのように朝靄は光をとどめ

ふと気づけば冷たい風に孤独を感じる

朝日とは始まりなのであろうか

朝日とは終わりなのであろうか

関西シクロクロス 2010−2011

おお最終戦 桂川



一週間前ののシクロクロス世界選手権ジュニアカテゴリーに出場し、
16位という日本人として意義のある、価値ある成績を収めた沢田時選手。
「金曜学校でマラソンだったんですよね、、、」といいながらコースを試走する。



今回の桂川の全景!
文字通り桂川河川敷で行われた関西シクロクロス最終戦、去年とほぼ同じレイアウトで
前半(左側)の大きなグラウンドの周囲を大きくまわるだけのべた踏み区間と
後半(右側)の河川敷の土手を利用したテクニカルな部分、両極端が半分半分で混在するコースレイアウトで、得意不得意の部分をどうごまかすか、補うか。



連日の空っ風で公園の土はこの通りからっからのさらっさらなんであって
人の後ろを走ると文字通り思いっきり後塵を拝するぞ。

続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第10戦 桂川 CM1 CL1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1



☆今回関西シクロクロス最終戦桂川名所紹介☆

☆グネグネ土手土手!
ここは去年からほとんど変わらない区間、まあ普通の人の感覚じゃ自転車、いくらタイヤに溝ついてて悪路も走れるっつても乗ったまま行こうとは思わない土手を、こう、傾きに対してほぼ真正面から登らされます。
登らされたあとすぐ下らされます。下らされてからちょっと行ったらまた登らされるし、しかもその二度目のは一個目よりも鋭角に曲がりながらの登りなので難易度が高い。



☆階段
ここは普通に階段を登るが「一回階段の脇をちょっと通り過ぎてヘアピンカーブで戻ってきてすぐ階段」というムカッとする階段だ。
上っているのは某ワイヤードの中の人だよ。フレームに注目だ。



☆階段
以前は階段をまっすぐ直角に越えていたけど今回は「斜めに上りながら横切らされる」という年々悪化の傾向をたどる関西シクロクロスです。しかもこの直前はキャンバー区間をウネウネしてからって言うんだからただでは走らせてくれない関西シクロクロス。
シクロクロスっていうか関西シクロクロスっていうジャンル。
本場シクロクロスの人たちが関西シクロクロスを走ったらどうなるのか見てみたい。



「な!な!な!お前ドイツでへんなやつ買ってたやろ!買ってたやん!変なん!なあ!」

「買ってないっすよお。なんなんですか変なんってエヘヘ」

まあそういうことは話してないんですけど
そうです今回の桂川には世界選手権に行った人が全員来たし、後ろの小坂光選手と竹之内悠選手も世界戦の前にはシクロクロスのワールドカップっていって本場のレースを走ってきた人たちだ。世界のにおいがする。
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第9戦 堺 CM1 CL1



脚が攣ったあ!と倒れこむ選手。
おうそうかそうか、どれどれ、と悪どい笑みを浮かべながら近寄る皆さん。
やめろーなにをするーその手つきは関節技



\ぎゃあああ/


会場はこのようにほぼ全域が見渡せる!分身泥プロがみどころ!

ということでね!

関西シクロクロス第9戦!大阪は堺ステージに行ってきました。
ここは「別に急がないなら」一番走りやすいコース、いわゆる平坦で一瞬砂地があるものの全体的に草原、といったコースなので、ヨシここには出よう、まあ申し込みはぎりぎりでいいか、などと思ってたら今週だった。来週だと思ってました。
関西シクロクロスのエントリー申し込みは一週間前までなので
すなわちエントリーし忘れたのじゃよ!

全体的に平坦で路面も安定しておるっていうのは逆に言うと退屈じゃありませんか
といった疑問を感じる方もおられるかもしれませんが


まずはこのちょっとある砂地。なんでここに砂地ができてるのかがよくわからないが
草原の真ん中になぜか砂、しかも結構深い砂があるのだった。
ここを曲がりながら超えていく。しかしマイアミの砂浜ほどふかふかではなく、ほとんどの人がスピードの差こそあれ乗ったまま超えていく。


といっても曲がりながらの砂なので集団で進入すると前が詰まって後ろのほうは降りることになる!僕は試走で(試走はしました、五周もしました)前が詰まってここでこけたよ!


そして今日のどきどきスポットがここだ。
10個ぐらいの細かいコーナーというか「ギザギザ」がもうええやろ!というぐらい連続するゾーン。
この見えてる画面ぐらいの幅の「めったに見ない超細かい」コーナーが連続し、
試走しているとき、前の人が六回曲がったぐらいから「ヒヒヒヒヒ」と笑い出すほどの執拗なギザギザ。ここはどんな選手もスピードを出しては越えていけない。ゆっくりと丁寧に越えていくことがタイムアップの秘訣だ。急いでぐっと踏むとズルッとすべるぞ。

そのほか草原でも中低高速コーナーの連続、上のパノラマ写真の奥のほうに見える松林ゾーンではバンクがついての複合コーナーなど、コーナリングの練習コースかっていうほどさまざまなコーナーが「安全に」存在するコースで、僕はこういうコース好きでした。今まで走ったシクロクロスのコースの中で一番好きかも。速いか遅いかは別にしてね、、、ええやないか速いとか遅いとか。
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第9戦 堺 CM1 CL1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第9戦 堺 C1


いやC1が始まるのはわかるんだけども



これの


これですんでね!



エントリーし忘れたミユキさん、
これは好機と「カメラとか撮らずに観戦しながら酒等を飲み食いしたい」というかねてからの願望をこの堺で実行しようと思ったのであった。
カメラは全部家に置いていくぜ!と思ったのだが
すごい後ろ髪を引かれるので、い、一台ぐらいなら、、、と持っていくことにして
せ、せっかくだからレンズも何本か持っていこう、、、!
などと精神的な弱さを露呈したことを深く後悔しながら堺の地に降り立った。
CM1は順位争いが拮抗してるから撮ろう、
C1はいいや、別に、C1は撮らんよ!とか思いつつ
迷う自分の心を振り払うかのように酒を飲んだ。
CYとかCK、子どもらを見ながら飲んだ。なんとだめ大人であろうか。

しかし

撮った、、、

撮ってしまった、、、

走り回ったりしたし。自分の弱さが情けないよ。
酒を飲んで見るだけってこともできねえのかよ俺は!!!
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第9戦 堺 C1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 CM1 CL1


あけましておめでとうございます。

旧年は(中略)本年もよろしくお願いします。

関西シクロクロスは、ふざけてシーズン開幕戦に「あけましておめでとうございます」などと申すとは先日お伝えしましたが、今回は普通にあけましておめでとうございます。
2000年代も11年まで来ましたか、、、。

そして
雪だー!待ちに待った雪!
ほらヨーロッパのシクロクロスのストリーミングなんかを見ていますと、大抵雪じゃないですか。本場のシクロクロスというと雪じゃないですか。
僕は雪が降らないかなー雪のシクロクロス見てみたいなあとかねてから思っていたのですが、去年はずっといい天気で、やっと降った。積もりに積もった。
あーよかったねえエントリーしてなくて、、、。


どうせなら晴れずに降ってればいいのに、、、とか思いながらコースに向かうと、実況のがらぱさんの声がする、ああこれですよ、この声が聞こえるとレース会場にきたなあ、って思うんだよなあ、とか感慨にふけっていたら、「CM1最終周回」とかいわはる。
あれえまだ11時じゃないか!
なんでCM1最終周回なんだよう!


続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 CM1 CL1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 C1

 

C1スタート地点。スタート前の場所取り=バイク放置!
シクロクロスバイクほしい。
さっきのえべっさんが言っていたが「俺はシクロクロスのレースよりも、シクロクロスの『ロードバイクの巡航性と悪路の走破性を兼ね備えた高い汎用性をもつシクロクロスバイクが好きなのだ!」という気持ち、、、よくわかるよ、、、
今買っても、もうシーズンも終わりだけども
別に夏に買っても、普通にぶらぶらする街乗りにはむしろロードよりも向いてる気もするしな、、、(☆ω☆)


スタート前談笑する辻選手と丸山選手
この辻選手と言うのはほんとにスタート直前まで入念にストレッチをしてるタイプのひとですね、周りを見ているとそういう選手は少ない。


車を6時間運転してお越しくださった池本選手。
この池本選手と上の丸山選手、そして日本ロードレースチャンピオン宮澤選手(ふがし)はジュニア時代に一緒にシクロクロス世界選手権に行ったことがあるんだって。へえー。


実況のがらぱさんも正月仕様で着物だ!雪泥に着物!


今回の希望が丘、スタートからはこのように長い直線!
スタート、第一コーナーに入る順位が重要なシクロクロスにおいて、この長い直線は文字通り戦いの火蓋を切る重要な始まりといえるだろう!


続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 C1 l

マイアミに出たこと

;
クリックするとページに行きます。


先日びわこマイアミランドにて行われたシクロクロスに出場した漫画をアップしました。

今年に間に合ったね!おめでとうございます!

上げましておめでとうございます!

時間かかったわりにはアレだけどそれ全部わざとだから。

よいお年を!

l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l マイアミに出たこと l

'10-'11 関西シクロクロス 第6戦 丹波 CM1 CL1



みなさん2010年もあとわずかとなりましたがいかがおすごしでしょうか。
年賀状や大掃除、仕事納め、その他年末はなにかとお忙しいかと思いますが
今年最後の日曜日は
シクロクロスですねえ、、、。
忙しいさかりに関西でと関東でシクロクロスがあったそうです。
関東でもC3がエントリー99人など盛り上がって折るそうですね。

僕は関西シクロクロス第5戦丹波に行ってきました。
丹波自然運動公園で行われるこのシクロクロス、
田園地帯の中に現れたスポーツ施設の合間の荒地をキャッキャと走るのが今回のコースだ。



この丹波の一番のどきどきスポットはこの「丹波の激坂」、いわゆる丹波坂、
まあそれは今僕がちょっと言ってみただけなので普通の人に丹波坂って言ってもたぶん通じません、その坂があるのだがヘアピンでバッとスピードを落とされて現れるその激坂(左)、目の当たりにすると「ぎりぎり壁扱い」したくなるような激坂であって、僕なんかは上ってたら後輪が空転して立ってられないので降りるといった感じの坂、
なんですけどそれをどうやったら写真で伝えられるのかっていうのが今回僕が勝手に自分に課した使命であってレースとかはそれほど(あかーん)



ヘアピンでスピード落として「坂を登るぞっ」と勢いよくこぎだした瞬間にこける、などという方が何人もおられましていかにいやらしい坂かということ。全面的に砂利なので怖いよ。なんでみんなそんなすいすい行くんだよ。



伝わるかなあグアッてあがっているのですけどねえ、
しかも直前までは下りなのでそのギャップにがっかりするというか
直前まで下りなので角度がわかりにくいですね。
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第6戦 丹波 CM1 CL1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第6戦 丹波 C1



C1のスタート地点からの視線!
今日の丹波はものすごい寒いだの雪だの雨だのと心配されましたが
いざ始まってみると大変いい天気で、寒さも朝はすごい寒かったですが、昼ごろになるとむしろ暖かいぐらいで、ダウンジャケットで歩き回ると暑いぐらいであった。よかったねえ。
まあ雪のシクロクロスとか見たいんですけどねえ、、、。



沢田時と同じくジュニアカテゴリーだけども、すごい速いからって特別にC1で走ることになった中井路雅(みちまさ)選手。沢田時選手と同じで40分のレース。



「ムーン」といった感じの入江選手、その横には体調を崩して出るものが全部出たと前日ぐらいに言っていた辻選手、一番奥に丸山選手



スタート地点から前を見ると天文台があります。
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第6戦 丹波 C1 l

'10-'11 関西シクロクロス 第5戦 北神戸 CM1 CL1



北神戸田園スポーツ公園 午前7時半 まだ選手は いません、

コースに着くと白かった、、、霜だった。
コース全域に霜コーション。
試走だけはすることで有名なミユキさん(4周した)、
試走中に地面がずいぶん固いなあなどと思っていたら
アーこれ凍ってんですね、凍ってんですよ地面がねえ、
忘れてたわ、、、そうだった、これだったわ、シクロクロス、、、寒いんだったわ、、、

関西シクロクロス’10−’11 第4戦北神戸

に行ってきました。
ここも今年で2回目の訪問となりますが、まさか走る日が来るとはなあ(試走だけだけど)



コースに張ってあるテープがバリバリいう。



当日は19日だったけども、やりたがりの関西人たち、「クリスマスクロスはどこにするんだ」という論争の末、次の関西シクロクロスは26日でクリスマスに一番近いけど、ああいうのって過ぎてからやるのってどうなん?って話になって、クリスマスの前で一番近い本日19日が関西シクロクロスクリスマスクロス宣言が出されたので、もうたくさんの人が仮装してきてはった。
クリスマス関連の仮装ならわかるけど、なんでそれやねんていう人もいた。
続きを読む >>
l カテゴリー:関西シクロクロス10-11 l

l '10-'11 関西シクロクロス 第5戦 北神戸 CM1 CL1 l

1|2