主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2011 ツールドフクオカ



相撲で幕を開けた2011ツール・ド・フクオカ。
高見盛(手前)は取組み前のお決まりのパフォーマンスを見せ、
満足した様子で待ったなしの一番に向かう。



ツール・ド・フクオカの前日に行われた土曜日の大相撲九州場所は、力士たちの真剣勝負に、翌日のツール・ド・フクオカとはもちろん関係はないものの、多くの観客の声援に包まれ、大変な賑わいを見せた。
印象的だったのは小さい子どもらの声がたくさん聞かれたことだ。会場には力士の名前を呼ぶかわいらしい声が響く。祖父母が孫を連れてきているのであろう。
僕が座った自由席の周りは外国人ばかりであった。せっかく日本に来たのに何時間も相撲を見ているとはどうなのだろうか。本人たちが満足しているならいいか(彼らが特に興奮している様子はなかった)



土曜日の夜はもつ鍋をいただきました。「もつ鍋 游來」というところでいただきました。
「もつなべゆき」とは、「ムスメミユキ」と響きが似ている。
もう食べに食べたくて、写真とかまったく撮っておりませんが、大変おいしゅうございました。
博多駅がきれいにライトアップされ、翌日のツール・ド・フクオカにはもちろん関係はないものの、来る人の目を楽しませてりました。
続きを読む >>
l カテゴリー:2011 その他 l

l 2011 ツールドフクオカ l

2011 ツールドフクオカ 2



秋の斜陽が独特の雰囲気を与えるレースとなっております。
黄色と青の選手らは自転車競技が盛んなことで有名な鹿屋(かのや)体育大学(鹿児島)



レーススタート!
残念ながら参加チームは少ないけどね。。。
いくつかのJPTチームは参加してるとはいえ、やはり物足りない感があるのは残念
沿道には日本ロードレーストップクラスぐらいの観客がきてるんだけど
実はっ
この裏ではまだメイン会場でBMXのパフォーマンスをやっているんだった
だ だからあ〜



橋の上からはホームストレートの反対側の様子も少し見える
ごらんのとおりクリテリウム会場はふきっさらしのつんつるてんである。



序盤から集団先頭は活発な動き。
俺が俺が、いや俺が、いやあわよくばその混乱に乗じて俺が、と細かいアタックの応酬である。
それもそのはず、このツールドフクオカプロクリテリウムには「5周回ごとに4万円」の賞金がでるんである。
金がかかっているんである。
金の話なんである。


続きを読む >>
l カテゴリー:2011 その他 l

l 2011 ツールドフクオカ 2 l

ツールドフランス2011 第6ステージ

 


今日は(個人的にも)今が旬のミヤザワタカシ選手が解説
フローラン・ダバディさんがゲストということで
ちょっと待ってー!誰よー!ダバディって誰よー!
アアーサッカー日本代表トルシエ監督の通訳を務めた人らしい。
そういえば見たことがある気がするなあ
なんか手を振り回すトルシエ監督の後ろにいた気がする。
それはいいけどさあ、ちゃんとしゃべれるのかよ〜ミヤザワタカシだけでいいんじゃないの
時々JSPORTSツール中継変な人選するからなー!
と思ったらダバディさん大変しゃべった。
すごく詳しかったし、データに基づいた話もわかりやすかったんだった。
すいませんすいません疑いの目を向けてすいませんでした。
ダバディさんの肩書きはキャスター・ジャーナリストになるらしい(ウィキペディア調べ)
そこに解説のうまさでは定評があり現在現場の人間ミヤザワタカシさんと
サッシャの情熱ツアーガイド実況が加わって、
今日の解説はとてもいいなあと思いました。またこの組み合わせがあったらいいなあ。
僕的にはここに谷口アナの情熱悪ノリが加わったらどうなるかという興味もあるのである。

l カテゴリー:2011 その他 l

l ツールドフランス2011 第6ステージ l

パリ−ルーべ 2011 Paris - Roubaix



終わりましたねえ今年の北の地獄も

パリルーべで勝ったヨハン・ヴァンスーメレンさんは
去年のジャパンカップにも来られたことは記憶に新しいところであり
みなさんご存知の通り スーパーアシスト 
勝利からは程遠い縁の下の力持ちでありまして
今回のパリルーべでもガーミンには数人の優勝候補がいたにもかかわらず
不意におとずれたチャンスを見事にものにして
ベルギー人にとってツールよりも価値があるといわれるこのパリルーべを勝利し
その後ベロドームで彼女に告ったとかなんとかヒュー!フウーフ!

とはいえ
今年の北の地獄、フランドルとパリルーべでは
やっぱりカンチェラーラとボーネンの戦いが見たかった部分あるじゃないですか。。。
ボーネンが去年の借りを返したらいいし、
カンチェが去年のように完全独走状態っていうのも
それはそれですきっとしたんですけど

すきっと

したのです。。。


l カテゴリー:2011 その他 l

l パリ−ルーべ 2011 Paris - Roubaix l

あいつが・・・













\イエェェェェェェェイ!/



さあ!きみもこれをシールにして、車のボンネットとか電気ケトルとかに張ろう!
l カテゴリー:2011 その他 l

l あいつが・・・ l

ツールデフランドル2011




はじまったなー

はじまったなーロードレースシーズンがな!

まあ一部では結構前から始まっているという声もちらほらと聞かれますが
やはり僕といたしましてはロードレースシーズンのまぶたを落とす
火蓋を落とす?
まぶた?
幕を切るか。
幕を
幕をアレするレースはやはりツールデフランドル!

今年のフランドルはロードレース開幕戦にふさわしいてんやわんやのレースでありましたね
ボーネンの失策
カンチェの燃料切れ
意味不明ジルベールに
いつもそこにいるシャバネル
踏ん切りがつかないボーネン
優勝候補に上がるだけの人々
カンチェ最後のひと踏ん張り(タンクを揺らしてガソリンをちょっとエンジンに送った)
もう少しのボーネン
シャバネル
まさかのナイエンス
チームカー(無線)

今回からTV放送に導入されたチームカー内の映像や無線の音声
無線の音声はまあ「言うてるんだろうなあ」ぐらいのことしか言ってない(ような気がする)音声しか放送しないものの
チームカーの内部の雰囲気とかは新鮮でしたね。
カンチェとシャバネルが逃げているとき、クイックステップとレオパードの車が併走して「カンチェは強いね、はいはい強いよ強い」と窓越しに話していた様子や、ナイエンスが勝った時のサクソバンクの車内、シェイクされるリース頭、おもしろかったなあ
ぜひああいう「レースが動いたとき」の「関係チームの車内」見たいなあウヒヒ

ただ個人的には消化不良というか、なにか胸にしこりが残るのは
コッペンベルグで自転車から降りて歩いて登る選手が見られなかったこと。
やっぱりフランドルというとあれじゃないですか…
あれを見て初めて始まったなーって感じじゃないですか…

来週のルーべで雨が降ってくれたら
この胸のしこりはなくなるのかな…っ☆
l カテゴリー:2011 その他 l

l ツールデフランドル2011 l

1|