主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2011


クリックすると展開図が見られるらしい

今年のツールは、結局コンタに振り回されたツールとなった気がする
今年のジロを圧倒的な力で制覇し
そのままツール、ブエルタと狙ってくるのではないかと考えられ、恐れられたコンタドール。
序盤でそのコンタが大きくタイムを失い、
「頭」を失い、「頭」を狙い、そして秩序を失った集団
そんな中で勇敢に戦った選手たちはやはりかっこよかったですね。
かっこよさでいうと87は行っていると思う。
今年も終わったツールドフランス。
ありがとうツールドフランス。



そんな集団の中、安全確保のため、もしくはアタックのため、
いつも忘れることなく集団前方にいたBMCエバンス。
今年のJSPORTSツール中継の名言のひとつ「あとひとさじの幸運が足りないエバンス」
彼は何年も総合優勝最有力候補として名前を挙げられ続けたものの
ここぞという時のトラブルやアシストに恵まれない人生に行く手を阻まれつづけ
いつもあと少しのところにいたエバンス。
そして今年、やっとマイヨジョーヌを獲得したエバンス。
コンタドールの体調がよかったらなどというタレレバには意味がない
エバンスはそこにいて、それをつかんだ!ということが今年のツール
今年のツールで起きたことだ。。。



こちらも「やっと」マイヨベールを獲得したカヴェンディッシュさん(カヴどん)
圧倒的なスプリント力と成績はもはやいうまでもないが、
いかんせん登りがてんでダメで、登れるスプリンターたちにその栄光を引き渡してきた。
しかし今年のカヴどんはどうも登りを意識してきた様子、実際今年のツールでも登りゴールで勝利を挙げ、シャンゼリゼも勝利で締めくくり、文句なしのマイヨベールを獲得。
一心同体完全無欠のスプリントトレインHTCから移籍の話もあるカヴどん
いいんじゃないすかここで…カヴどん…



山岳賞はサンチェスさん。



新人賞に輝いたのはピエール・ロランさん。
「ツールドフランスなのにフランス人が総合にからまない」と嘆くフランス人待望の総合争いにからんでいけそうなフランス人だ。
総合では11分遅れ、ここからどう年をとっていくのか!

そして以下から今年のミユキ自転車ツールドフランスまとめ読みです。
ボーナストラックもあるよ!
ミユキ自転車で今年目立ったのはやはりジルベール餅ですね…。
初日に出てきて以来、何度も何度も、出てこなくていいときでもしゃしゃり出てきました。
ジルベールとグライペルが融合する回は僕なんかは好きなんですが、
どうも一般受けしていないようです…
あとは後半にかけて、あまり得意ではなかったハスホフトさんがキャラとして落ち着いてきて、今では好きなキャラになったところも見所ですね、
第3ステージの4コマ目(わざわざ来たくせにあんまり押してこないファラー)19ステージの3コマ目(コボちゃんみたいなウサギランス)とかがすごく好きです。。。



続きを読む >>
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 l

ツールドフランス2011 第21ステージ

 

ついにツールが終わりました
ああやっと終わるという安堵感と
ああもう終わってしまうという寂寥(せきりょう)感が同時に胸に去来(きょらい)するこの感じ
毎年(まいとし)
言っている気がするけど、毎年感じているんだからしょうがない。
あのなあ
僕はあの、ジャンヌダルク像なめで集団がトンネルから出てきてこちらから見て右へ曲がっていくシーン、あそこが好きだなあ、あそこで「たはあダメだ俺。。。」とうなってしまうなあ。
でもなんか今年はアレですね、パレード区間で悪ふざけする選手があんまりいませんでしたね、ウェイラントやノルウェーのことがあったのだろうか。

そしてシャンゼリゼのスプリントも、気概あふれる猛者共による、
純然たる非の打ち所のないスプリント、
2011年、今年のツールを締めくくるに談判に及ぶところ無きものであったなあ。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第21ステージ l

ツールドフランス2011 第20ステージ

 

今年のツールのマイヨジョーヌは結局のところ獲るべき人が獲ったといったところ
アタックがかかったら真っ先に集団の先頭に出たエバンス
誰もひかなくなってもひとりでひきつづけたエバンス
集団ゴールでもそれとなく前のほうでゴールし続けたエバンス
エバンスのすこし前にはいつも誰かがいたのだった
しかし彼は常にその場所にい続けたのだった!
このハングリー精神についにマイヨジョーヌの神(マイヨ神)が舞い降りた。
僕はエバンスが好きですが
このエバンスのマイヨジョーヌはうれしいというよりも
安心したというほうがいいかもしれない。


l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第20ステージ l

ツールドフランス2011 第19ステージ

 


まあこういうことはなかったでしょうけど

総合からは大きく遅れたコンタ
自身もまわりももう無理だろうとコンタの7連覇をあきらめていた
じゃあコンタはどうする
残り3ステージを走る意味があるのか
グランツール6連覇してるコンタにとって「総合上位」ぐらいに価値があるのだろうか
ブエルタに出る気があるのならば帰っちゃうか、帰ろうかコンタ
いいえコンタ帰りません
今日のコンタのアタックに、去年のツール
同じく総合優勝をいい意味でも悪い意味でも期待されたランス
コンタと同じくそれははかなく夢と消えたけど
しかしランスは16ステージで鼻の人とアタックをしましたね
あのことを思い出して
これがツールだと
これですよツールはとねえ
思いました
まあ4コマみたいなことはなかったとは思いますが。。。

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第19ステージ l

ツールドフランス2011 第18ステージ

 

ツール第3周、ツール佳境の幕を鮮烈に開けたのはコンタドールのアタックであった。
いけるのかコンタドール。いけるんだな!ちくしょう!なんだかんだいっていけるのかよ!
とみんながコンタドールに気を取られすぎたのだった。。。
よくなかったのは一瞬コンタが集団の前に上がって、
すぐに後ろに下がった時であっただろう
あの時に総合争いの面々は「いくんだなコンタ」「しかしなぜさがる?なにか思惑があるに違いない」と一層それまでよりもコンタへのマークをきつくした
カデルが「コンタはコンタやろ!いかなあかんやろ!なあ!みんなきいてるんか」
といくら言っても、
集団はコンタだけを見ておったのだった
そのコンタはそのときの状況を「一気に気力がうせた。。。なぜかはわからない」と語っているという
気力がうせたコンタをマークし続けるみなさん!
イヤーロードレースって本当人生ですね、わからないですねえ
それでもカデルは、それでもエバンスは、たとえひとりでも引き続けた
それが誰かを助けることになろうとも、自分の今出来るベストをし続けたのだ。
「みんながそうならボクかてうごかへんぞ」とは言わない。
選択肢がひとつしかないのなら、それを選ぶということ。
それは当たり前のことのようであり、なかなかそう簡単にわりきれるものでもないのだ。
行けカデル
行くんだカデル
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第18ステージ l

ツールドフランス2011 第17ステージ

 


ええと
昨日のレースのこれを書いてる時点、いわゆる今日なんですけど
今現在ガルビエ超級山岳三連続ステージ中ですので!
ここで総合が決まるかもしれないっていうぐらいのステージですので!
では漫画だけで失礼します!
えっ今日のステージ勝者ですか
えーじゃあ

ハスホフト

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第17ステージ l

ツールドフランス2011 第16ステージ

 

アタック合戦のあとに逃げが決まると集団はまったりムード
ハアー休養日明けの今日は明日からの最終決戦に向けて中だるみステージ、
総合争いのみなさんからすると、ふざけんじゃねえよ今日は極力体力使いたくねーんだよ逃げたいやつは勝手に逃げてろよ俺たちを巻き込むんじゃあないよ
なんて感じで行くんだろうなあと思ったら

動いたなー!めっちゃ動いた!

「いやいやあいつのことだから行くだろう」
「いや、でも、ほんとはだめなのかも、ほんとにだめなのかも」
で巷で話題のコンタドールが「やっぱり行った」
僕なんかはアホかーコンタ、調子いいなら今日ちゃうやろ、明日からやろが〜
今日なんかアタックしたところでまた追いつかれて

と思ってたら開いたー差が開いた



サンチェス、
エバンス
そしてコンタ以外が、「登りで遅れた」のだった。
これは意外でありました、シュレクが遅れるとは。
総合争いを手の上でもてあそんでいるかのごとくのシュレクが。
そしてそのあとの下りでも一層遅れたシュレク。
これは明日からの戦略を考え直さないといけないね!

そして個人的によかったのがエバンスの心意気であった
「少しでも多く」ライバルたちから差を広げたい
そんな彼の強い気持ちが伝わるラスト10キロでありました。
あとハスホフトもよかったなあと思いました。

ハスホフトってフースホフトのことですが
最近見はじめた人はご存じないかもしれませんが
フースホフトは昔ハスホフトと呼ばれていたのです。
外国語ですから、現地の発音に近くしようと途中で発音が変わるって言うのは時々ある
ヴォクレールも昔はボエックラーだった。
僕なんかはハスホフトのほうが響きが好きなんですけど
いつフースホフトと呼ぶのかはとても興味深いところです。
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第16ステージ l

ツールドフランス2011 第12-13ステージにおいて

どもー!
皆様このブログにお越しいただいてまことありがとうございます
僕は男ですよ
ミユキとか言ってるけど男ですよ。

そいうことで
明日からちょっとわたし
明日とあさってに行われる

全日本マウンテンバイク選手権

に行ってきますんで、今日早く寝ますんで、
今日と明日のツールはまあ9割方更新しませんのでよろしくお願いします。

長野県は富士見パノラマリゾートにて行われる全日本マウンテンバイク選手権、
文字通りマウンテンバイクの日本一を決める大会ですが
明日土曜日がダウンヒル、以前このブログでもレポートを書いたダウンヒル、
なんやでこぼこのグネグネ道をギャーッと下る大迫力の競技、
日曜日がクロスカントリーといってグネグネででこぼこで延々と登ったりするところもある山道の周回コースをヒイヒイ走りまわる競技です。

僕も速い人たちのクロスカントリーは初めてですが、
どうもおもしろそうだ!?

l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第12-13ステージにおいて l

ツールドフランス2011 第12ステージ

 
すごかったなー最後の登りの「ツール始まった」感!
総合最有力候補たちが一塊となって
時には横並びになって「誰が行くねん、君が行くんやろ?もう一思いに行ってくれ!」
という探りあいの連続!
そんな中で姑息であったのがレオパードシュレク兄弟であった。
似たような顔で似たような脚の兄弟が交互にアタックを繰り返し
ひとりづつとなってしまった他の総合勢をかく乱する作戦に出た。
どっちなんや、どっちがエースなんや、どっちが総合狙ってるんや、
多分アンディなんやろうけど。いや、フランクという可能性もある、もうわからん!
となっているところにヴォクレールが先頭に出たときフランクがアタックし
他の総合勢はタイミングを逃しフランクのほうがそのまま飛びぬけて
若干のタイム差をつけてゴール。フランクなのか?
フランクならフランクでシュレク兄弟としては

「え?兄ちゃんエースなの?違うよね?なんだかんだいって僕でしょ?」
「いやアンディ、それはもちろんそのつもりだけど、でも、ツールはどうなるか」
「そんなこといって兄ちゃんは、僕を出し抜いて総合を狙っているんでしょう!」
「アンディ、落ち着いて?誰もそんなことは」
「ひどいや!兄ちゃんは僕の味方だと思っていたのに!僕が総合を狙っていることは知っているくせに!兄ちゃんなんか大嫌いだ!家族が出来たらこれさ!」

とかいういざこざにならないだろうか。

そしてその総合争いから若干遅れたコンタ。
ムムムやはりきついのだろうか、でもまだ2分差ぐらいでしょう(シュレク兄弟とは)
まだいける、まだいけると思う、そしてエバンスもやる気だし、バッソもやる気だ。
そしていつもは遅れるクネゴもいいところでゴールしたことも忘れてはならない!

始まったぞツールが!
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第12ステージ l

ツールドフランス2011 第11ステージ

 

ツールドフランス2011 始まりの終わりステージでも、やはりジルベールが出てきました(4コマに)。全部のステージに出てきたんじゃないのといった印象ですが
今年のツールで新たなキャラが誕生しましたね。。。!(ミユキ自転車に)
そして意外とカヴがマイヨベールを着た。やったねカヴェンディッシュ。
スプリントステージの少ない今年のツールで、パリでこの緑色のジャージを着ることができるか。着てほしいぞ。
そして次からはジルベールやカヴどんの出る幕じゃない超級山岳ステージが始まる。
これからの主役はムキムキマッチョなスプリンターではなく、やせてひょろひょろ山岳スペシャリスト”クライマー”や、見た感じ普通の総合争いの選手たち。
個人的にクライマーにはあまり燃えないので、
コンタドールが山岳初日をどう戦うかに注目しています!!!
やはりいいのか。やはり悪いのか。

越えろトゥールマレー!
僕たちの旅はまだまだ始まったばかりだ!
l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 第11ステージ l

1|2