主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

サガンが来たしバッソがやった! 2012 ジャパンカップ



はい
サガンさんがおこしになられた今年のジャパンカップレポートをアップしました。
皆さんは行かれましたか?僕は行きました!
今回はなんと去年より多い6本立てですよ!
写真が大きいから重いかなーと小分けにしたというのもありますが

どうです!

2012ジャパンカップレポートを読みます。
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l サガンが来たしバッソがやった! 2012 ジャパンカップ l

2012 全日本MTB選手権 



全日本マウンテンバイク選手権に行ってきました。
しかし残念ながら今回は都合によりレポートは書きません。。。

あ うそです。。。書きました。。。

以前からこのジュゲムは最大400ピクセルのサムネイル写真(上の写真のサイズ)しか自動で作ってくれないのでもうちょっと大きい写真を載せたい僕としてはそこが不満で
まあやろうとすればできるんですけど
なんというかこんなところであらためて言うことでもないんですけどなんというか
めんど○さいので。。。

そしたら別のブログに大きい画像のまま載せちゃおうかしらと思って
今回はためしにそういうふうにしてみましたが、どうですかね重いですかね。。。
個人的にはすごくいい感じなんですけど。。。
そういうことをした不可抗力として以前までは最大1600ピクセルまで写真を拡大できたのが最大800ピクセルとなってしまったのですが
まあ拡大できるようにしようとしたらできるんですけど、めんど○さいので。。。

なんか
これにサインもらいたいです
ブログに使いたい。
応援グッツ作りたい
とかで大きいサイズほしいんですけどという方はぜひ言ってください
大きいサイズのをメールで送ったりフリッカーにアップしたりしますので。。。
その際、写真を切り抜いていることもあるので同じ構図で大きいサイズの写真は用意できなかったりするかもしれませんがそれもまたご愛嬌ということで
それでは。。。

2012 全日本MTB選手権
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 全日本MTB選手権  l

2012 ツアーオブジャパン 堺国際クリテリウム



ということで
昨年は開催されなくて
一部では「もうこのままなくなっちまうんじゃないかしら」と悲観的な声さえ聞かれたものの2年ぶりの開催!
あれ?1年ぶりというのか?早い話が2010年以来の開催!
日本最大級のインターナショナルなステージレース!
ツアー・オブ・ジャパン 2012 第1ステージ 堺
に行ってきました。



第1ステージ堺はおととしと同じコースなので、
噂の「JRの改札でたらすぐそこがコース」という夢のような場所で行われる。
これよこれよ。。。
最寄の駅、百舌鳥(もず)に電車が着くと、
「普段はこんなに人が降りる駅じゃないよね。」
というぐらいの人数がホームに降り立ち
ぞろぞろとコース脇の歩道を通って
スタートフィニッシュ地点および本部があるところに向かう
これよこれよ。。。




実業団などのどこからどこまでが選手なのかわからないレースと違って、
選手らが待機したりアップしたりするところと一般の客が分けられているところに
「特別感」を感じてわくわくしだすミユキさんです。
実業団のレースと違って?チームUKYOの監督、
すなわち片山右京(中央)のところに常に人だかりができておるところにも
「関係者以外」が大勢来ている感を感じた。これよこれよ。。。

続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 ツアーオブジャパン 堺国際クリテリウム l

2012 ツアーオブジャパン 第1ステージ 堺



チーム右京と宇都宮ブリッツェンのチームカーです。
ブリッツエンのほうは普通に持っているチームカーだと思うんですけど
右京のほうはジャパンカップのレンタカーですよね多分。。。
宇都宮ブリッツエンが先端を切って始めたような気がする
「大会側から貸してもらう車にスポンサーのステッカーとか貼っちゃえ」
というまさにプロチームっぽい考えは、昨今では日本のチームのトレンドとなったが、
右京はスポンサーのやつだけでなく、
チームのシンボルである黄色と黒のラインも張っちゃったりして
「普通にデザインにこだわる」という一歩進んだ考え方を展開している様子。
これには栗村監督も地団駄を踏んでいるに違いない。
やはりこの周りにはチーム監督右京氏(中央)を見つめる大勢の観客がおるのだが
ジャージに着替えている右京氏まさか
待てツアーオブジャパンという大きい大会でも




出るつもりだもの



そのころ晋一は
やはりずっと観客サービスに余念がないのであった。
他の選手はアップしたり休憩しているのに、ご苦労様です。。。
お気づきの方もおられるかもしれませんが
このトレンガヌサイクリングチームは選手の腕にもスポンサーのロゴを入れています
これはなんだっけ、タトゥーシール?を選手に貼っちゃうという考え方。
これには栗村監督も(なるほど。。。)と興味を持っているに違いない。
続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 ツアーオブジャパン 第1ステージ 堺 l

2012 全日本選手権ロードレース 1





ということで
2012全日本自転車競技ロードレース
に行ってきました。

続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 全日本選手権ロードレース 1 l

2012 全日本選手権ロードレース 2



ここが岩手八幡平の全日本のコースはここが唯一の見所、仕掛けどころ、
「緩やかだけど長くてつらい」4キロの上りである。
平均6%ぐらいの勾配の上りが4キロ続く。



そこを上りきったところにフィニッシュラインがある。
4キロ上ってのゴールという珍しいコースレイアウト!
1周15キロぐらいのコースを、大体早くて25分というペースで走る。
男子は16周、女子は8周。

続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 全日本選手権ロードレース 2 l

2012 全日本選手権ロードレース 3



そしてふたたびブログは女子残り2周ぐらいといったところ
後方でどっしりと構える大御所実力者たちと
勝つならなんかやるっきゃねえといった感じの集団前方。



誰がまず動くのかラスト3本、4キロの上りへいざ向かわんとするコーナー





その鋭角コーナーを曲がると始まるのが4キロの上り。
目前に迫る岩手山が「上る感」を一層引き立てる。
続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 全日本選手権ロードレース 3 l

2012 南紀白浜チームタイムトライアル



ということで
今年も白浜温泉に行ってきました。写真は去年も行った「崎の湯」です。
去年は大荒れの天気でしたが、今年はご覧の通りの快晴でたいへんよろしい温泉でした。
画面右枠外に温泉があるんですが、そこからの景観は事実上この写真の通りで、温泉というか、もうギリギリ海です。海か温泉かで言ったら海です。
真っ裸に海の風を感じ、時には波しぶきをあびるくらいの開放感あふれる温泉です。
女湯側は海側だけが開放され(てるらしい)、周りからはのぞけないようになっているから安心ですね。
僕が入念にチェックしたから間違いないです。



その後は近くにある千畳敷に行きました。
どうも僕はこの千畳敷が好きである。隆々とした岩肌に男を感じます。
駐車場が広くてタダで空いているというのもポイント高いですね。



今年の白浜は本当に快晴で、白浜の名のとおり真っ白な砂浜!
海もエメラルドグリーンである。
僕は子どもの頃この浜で、海が大荒れにもかかわらずせっかく来たからと泳ぎ、茶色くにごった海でウニを踏みまくって足にたくさんトゲが刺さった思い出がありますって誰が興味あるねんそんな話。



続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 南紀白浜チームタイムトライアル l

2012 南紀白浜クリテリウム




白浜の名勝、円月島です。奥に見えるのは番所鼻灯台です。
写真左外にある四双島灯台が中央の穴から見え、うまくやれば夕日も重なったりして、白浜の有名な観光スポットだっていうのは今知りましたよね。。。


遠い!

チームタイムトライアルの翌日はごらんの通りクリテリウムが行われました。
タイムを競うのではなく、大人数でスタートして順位を争うレースです。



その隣にある平草原公園では桜が見ごろを向かえ、
先日と変わって穏やかな気候の中、たくさんの人々がお花見を楽しんでいました。
ここらへんの人をちょっと来させられんかの〜レースにの〜
そうだキナンさん桜の木を滑走路に植えましょう。数千本。
続きを読む >>
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 南紀白浜クリテリウム l

1|