主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


買おう!

四国サイクリング
ありがたいことにGajA様のムック本四国サイクリングの表紙を描かせていただきました。


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎

たいぎいおじさん3LINEスタンプ

たいぎいおじさん3

プラナリア

プラナリア

キドクキノコLINEスタンプ

キドクキノコ

くらげ

くらげ

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

2018 ツールドフランスさいたまクリテリウム

 

さいたまクリテリウム、土曜日。

市民交流会での一コマ。

野球にチャレンジしたゲラントトーマス、フルーム、バルベルデ、クリストフ。。

人生で初めて野球をしたという皆さん、それでもうまくキャッチボールなどをこなし、最後に観客へ向けてティーバッティングでサインボールを打つという催し。

なかなかうまく打てないクリストフのボールが、ステージ下で様子を見ていたキッテルに狙ったように襲いかかる!

「ライバルがひとりでも減ったほうがいいからね」

クリストフは言う。

「でも少しボールが柔らかすぎた。」

 

レポートも書きました。

ぜひご覧ください。

 

見る

l カテゴリー:その他 l

l 2018 ツールドフランスさいたまクリテリウム l

2018 パリルーベ

 

勝ったのはサガンだが、それに並んで印象に残ったのは最後までテレビ画面に映りこむスイスの国旗であった。

退役したカンチェラーラに替わるスイスの新兵器か、

スがつく強さだシルヴァン・ディリエ

カンチェラーラに並ぶ戦績を残すことができるか。。

l カテゴリー:その他 l

l 2018 パリルーベ l

2018 ロンドヴァンフランデーレン

 

しばらくロードレースを見ないうち、いつの間に「チームメイトが近くにいない人」のことを「単騎」と表現するようになったのか。。

そこはかとなかく戦感があっていいぞ単騎

単騎同士なら短期決戦やいうてますけど。。

l カテゴリー:その他 l

l 2018 ロンドヴァンフランデーレン l

2016 パリルーベ



僕なんかは今だにロードレースというと、マキュアン、ベッティーニ、ツァベル、そしてボーネンみたいなところがありますから、ボーネンというのは最後の砦というか、最後の思い出というか、そのボーネンの最大のライバル(北のクラシックで)ともいえたカンチェラーラが今年で引退ということで、「はあボーネンもそろそろだろうか」などと寂しく思っていたら、あの最後の攻防です。
日曜深夜に興奮するわたくし、
「そこやぞボーネン」「行くんやぞ」
とテレビごしにボーネンへ指示、その成果あって決まったアタックに人数は絞られた、
そして最後のヘイマンとのスプリント、
ヘイマンだか肉まんだか知らねえが、こちとらボーネンさんはスプリンターやでぇ、この勝負もろたでえ、
と思ったら最後のひと踏みが行けなかった。
ボーネンはレース後に「スプリントのタイミングを逃した」と語るが、
前のあんたならあそこから行けたんや、と栄枯衰退を感じると同時に、負けたとはいえ2位、ボーネンもまだまだ行けるんじゃないかとガッカリとドキドキが入り混じったルーベでした。。
「北のクラシックは力がある者が勝つとは限らないが、奇跡は起こらない」
そう語ったのはサガン。15回目にしてアシストとして出場したヘイマンがルーベを獲る。奇跡ではない。
ゴールではガッツポーズをしていたのに、ゴール後しばし呆然としつつ「あっオレ勝った」と改めて気付く様子に、数あるパヴェのダメージが、いかにレースを本能レベルにまで追い込むものなのかをうかがい知る。この状態のことをパンチ・ドランカーにかけて「パヴェ・ドランカー」という(今考えた)。
ヘイマン37歳、ボーネン35歳。
l カテゴリー:その他 l

l 2016 パリルーベ l

2016 ツールデフランドル



想定外か、想定内か━━━
記念すべき100回目をむかえたツールデフランドル、
もしくはロンドファンフランデーレン、
そのレースの勝敗はいくらか静かに、また、ひとつの激動する世代交代の波を見せ付け、サガンの勝利という形で幕を閉じた。

かつてカペルミュールでボーネンを一撃で打ちのめし、
パリルーベではボーネン集団を四散させた、カンチェの
メガ粒子砲©栗村修
はその勢いを潜め、かつての自分がそうしたように、淡々と先頭を独走するサガン、行けそうで行けない追走でその後塵を拝しつづけ、おそらくはファンマルクに譲られての2位でゴール。
今年がその選手生活ラストシーズン、「2位か」と周囲を「落胆」させる存在感と実力を持って、カンチェのラストフランドルが終わった。
そして100回目のフランドルを勝利したのはラルカンシェルを着たサガン。その姿には「なんでも欲しがるパオロちゃん©栗村修」を重ねずには見られない。
いくつものクラシックレースと世界選手権とオリンピックを制したパオロ・ベッティーニ、彼を追い越す(もしくはすでに追い越している)勢いの彼の栄光のレインボー☆ロードは、このモニュメント初勝利をもって、真の始まりを迎えたのかもしれない。
l カテゴリー:その他 l

l 2016 ツールデフランドル l

今年も一年よろしくお願いします

新年明けましておめでとうございます。
あけましておめでとうございますという時期はもう過ぎたのかもしれない。正式なしきたり的にいうともう過ぎてるかもしれない。
新年ふさわしい素敵な画像を作りました。ステッカーにして車とかに貼ろう!






l カテゴリー:その他 l

l 今年も一年よろしくお願いします l

淡路市市制10周年記念90分/3時間耐久レース



この絵いいですよね。。
TTバイクでね。。ふとももがまずキレイだし、こう、なんか、和を思わせるような雰囲気かと思ったらノルウェーチャンピオンだし、全身総メッシュはありえるとして、攻撃的すぎるサイドの切り抜き、内股のメッシュ時にレース調の模様、これがホントのレーシーな装い、
パタパタするやろ。。たぶんサイドの切り抜きパタパタするやろ。。ええねん絵やから。。
あれ?でもミユキさん、以前見た時とちょっと違ってるような気がします?と気付いた人が3人はいますね!?するどい!
「琵琶湖国際大学」ってなってたところがAWAJIとかになってますね。。
どうしてですかっていうと

淡路市市制10周年記念90分/3時間耐久レース

っていう、きたる11月1日に国営明石海峡公園臨時駐車場で開催される耐久ロードレース大会のポスターに僕の絵が使われることになったからです!
「淡路島市制10周年」を冠した、記念すべき第1回目の大会に僕が華を添えることができたかと思うと、とても光栄です。。
そのポスターがこちらだそうだ、



隠れたー!
AWAJIのところ隠れたー!


隠れたなー
これは隠れたわ。。

PTAの催し物ですかと思われるかもしれませんがスポーツエントリーでも受付している
一般参加者大歓迎の大会です。


という記事を書いた翌日に正式なポスターができましたという連絡がありました



隠れたかー!

まあ隠れるわな。。そもそも(隠れるやろなあ)と思いながら作ったもの

l カテゴリー:その他 l

l 淡路市市制10周年記念90分/3時間耐久レース l

2015 パリルーベ



いやーロードレースだった、
ロードレースだったなー、フランドルに続きパリルーベも。。北の地獄、北のロードレースだわ、シーズン開幕にふさわしいレースだった、
北の地獄の象徴的存在、カンチェとボーネンがいない、だけど俺たちがいる━━━。
終盤に繰り広げられた探り合い、アタックの応酬はロードレースであり、まさにウノであった!
l カテゴリー:その他 l

l 2015 パリルーベ l

2015 ツールデフランドル



ボーネンとカンチェラーラという二大巨頭不在のフランドル、
しかしながら(だからこそ?)おもしろかったな〜見てるぶんには。。

「クリストフはバリチェロに似とる」という話を見て
ハッ
と思った次第です。

カブどんやキッテル、次にグライペル、最近はデゲンコルブ、そして
あ、クリストフ
クリストフ?
クリストフってクリストフモローとは別の人?
華々しいスーパースプリンターの背後でゴールし続けた男(という僕のイメージ)、アレキサンダー・クリストフがここ最近来ている━━━。
そのような雰囲気と、村山文夫氏による「F1グランプリ天国」のバリチェロが被っていた「ナンバー2キャップ」。。
実力は間違いなくあるのに、チームメイトがずば抜けた人ばかりだったから「エースではなくナンバー2」であり続けた男、バリチェロ。。
その姿が今回フランドルで勝ったクリストフと被ったのだった。
パクリではない!オマージュである。。

コッペンベルグ後のクリストフとテルプストラ、それを追う選手ら、そのモチベーションの中に鎮座する「脚質」という壁━━━。
イヤーほんとうにフランドルってロードレースですね、
フランドルの距離を20倍ぐらいにして21個に分けたもの、それがグランツールですね、
さよなら、さよなら、さよなら、
l カテゴリー:その他 l

l 2015 ツールデフランドル l

2015 サイクルロードレース予告編

キターーー!!!!!

なあ。

ついに来たなー四月が。
この四月には何があるというと、
まず西城秀樹さんが4月13日に60歳になられるそうです(ヒデキ還暦)
しかしその一週間前にもっと重大なイベントがあります!
4月5日、東京セブンズね!
そうそうそう東京セブンズね、7人でやるラグビー、一般的(といっても競技人口はセブンズのほうが多いという)な15人制ラグビーと違って7人でやるラグビーね、2016年からオリンピック競技になる注目の競技の国際大会が秩父宮ラグビー場でやるって
ええねんけど!
ええねんけど〜僕行くかもしれんけど〜
ちゃうねーん
いまここで言いたいのはそれちゃうねーん
そうです!
いよいよサイクルロードレースシーズンが開幕します。

4月5日、ツールデフランドル 失われた針が再び時を刻む━━━。





2015ロードレース予告編


l カテゴリー:その他 l

l 2015 サイクルロードレース予告編 l

1|234