主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 ツールドフランス



ツールが終わりました。。。
これまでトップ絵はツールのコミック本、DVD、ゲームと進化していって
今年は実写化か小説化か!?と去年のツールが始まったころから考えていましたが
どうもいいのが思いつかないので思い切って無視してかっこいいやつにしました。



思えばこれほどまでに情熱にあふれたマイヨジョーヌがいたであろうか。
スカイがこれまでにツール、自転車競技に採用してきた
それまでの常識をくつがえすような科学的戦略
まあそれがどういうものなのかっていうのは
僕は知りません
JSPORTSの解説の人がそう言ってたもんだから
それはまあそういうもんなんだろうと
そういう見方で僕は見ている。
今までもそうだし、これからもそうだ。
そういう戦略や振る舞いは、「昔ながらの考えの」現場では嘲笑のネタにされてきたという。
その中でも我をなくさない強さ。自分が信じるものを突き通す静かな強さ。
ジロではちょんまげがない、曲げない、
気持ちを曲げない、そういうスカイの強さを書きました。
その集大成が今回のスカイの総合を狙う戦略であった
「ツール20ステージ全体をひとつの流れとして優勝できる平均速度を出せば、
多少のアタックや障害があったとしても最終的には勝てている。
なぜなら優勝する平均速度で走っていたからだ。」
というモータースポーツにも通じる戦略
さすがモータースポーツ発祥の地イギリスのチームなどと申しておりますが
淡々と集団前方に位置しステージ、ツール全体をコントロールし続けたスカイ
いくつかのアタックはあったものの、それらもすべて淡々とつぶしていく
今までの定石のようにグワッとつぶしには行かない。
時に憮然と、時に悠然と、粛々と集団をコントロールし続けたスカイ。
揺るがない黒い集団
挑戦者たちの野心はもはや削がれ、ただ沈黙するのみであった。
終盤の「山場」で集団先頭のスカイにカヴどんがいたことがその無駄のなさを象徴する。
こうして他人事として振り返ったところで簡単なことのように思えるが
実のところそう簡単に一定のリズムを保てたわけはない。
ライバルたちのアタックに動揺しない精神力
各メンバーもツールを通して常に一定のコンディションというわけでもなかったであろう。
周囲からのバッシング、いわれのない非難、コンタの嫌味、
それらに約一ヶ月間耐え、我を失わない走りを支えたもの
冷静な表情の心の奥底に、燃えたぎる情熱を見た。
実にパッショナブルである。
※パッショナブル・・・パッションがあふれている様子



そしてスプリント賞マリアベールを獲得したサガン。
グランツールに解き放たれたその若者は
スーパースプリンターたちをもろともせずスプリントに立ち向かった。
特にアップダウンがあるコースならまかせてください。
そのガッツポーズと共にツール期間中に成長し続けた感のあるサガンのスプリント
「戦いながら成長している。。?」というのは大体少年誌に出てくる天才の人です。
その余韻として残る姿は、最後のシャンゼリゼでは余裕のカヴどん、
その後ろから一人だけカヴどんにグイグイ迫っていたサガン。
そしてこのサガンは総合を狙うような可能性もあるって解説の人が言ってました。
マリヨヴェールを獲得した今年。
これからマイヨジョーヌを狙うなら新人賞も狙えるかまだ若干22歳
そこまでいったらせっかくだから山岳賞も狙えるかもしれない
四賞ジャージをすべて獲得したらどうか。したらいいと思う。
そういうことをした選手はこれまでにいるのだろうか。
サガン、彼はこれからどこへ向かうのか。



そして新人賞のヴァンガーデレン
遅れるエバンスを余裕しゃくしゃくで献身的にアシストし続け
フルームとは違う手法で「この人できる」感をアピール
正式なコメントでは「エバンスさんは調子が悪かっただけです。来年はがんばりましょう!」となどと言いながら
タイムトライアルでは先にスタートしたエバンスを追い抜くなど嫌味な部分も併せ持つ。
フルームや今年勝ったほうのピノ
そういう意味ではこのツールは「今すぐにでも狙える次の世代」が鮮烈デビュー、
そんな印象である。
サガン世代と呼ぼうかと思ったらフルームはそこまで若くなかった。
彼らはこれからどうするのか。若くして独立するのか、まだ勉強するのか。



山岳賞はトマボクレールだった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてツールも終わり、ミユキ自転車の4コマは来年のパリルーベぐらいまでお休みをいただきます。
あ はい
ブエルタはねー今年のブエルタはすごいですね、
フラストレーションがたまっているコンタ、アンディ、フルームがピレネーの激坂で激突する!
日本人も複数名出るかもしれませんね。。。!!!!

オリンピックや世界選手権のときはアップするかもしれません。
レースレポートはそこそこ書くと思います。

ここからはミユキ自転車ツールドフランス2012一気読みですね、
最初の2ステージを見てない。
気に入ってるのは日が経つにつれて記号化していくもみあげ
フェドリ号に乗るヴァンデベルデ
これなんかはマクドナルドのハッピーセットのおまけになってもいいんじゃないかと思いますけど。。。
引いて離したらビューンって進むやつ。。。

ボーナストラックもあるよ!


続きを読む >>
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス l

2012 ツールドフランス 第20ステージ

 

スカイのトレインに始まりスカイのトレインに終わった今年のツールドフランス
総合を守ったトレインはスプリンターを発射したのだった
イギリスに始めてのマイヨジョーヌを勝ち取ったらしいウィギンスさん
一週間後のイギリスで開催されるオリンピックで金メダルをねらうカヴさん
マイヨジョーヌと金メダルを獲ってイギリスフィーバーか
でも金メダルを獲られたら俺のマイヨジョーヌがちょっとかすむやん
なんかバラエティ番組のゲスト出演の機会とか少なくなるやん
CMとか。。。
ちょっと思っているに違いないウィギンスさん

今年のツールドフランスも終わりました。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第20ステージ l

2012 ツールドフランス 第19ステージ

 

最後のタイムトライアルも完璧なフォームで完璧な走りをこなし一位のタイム
もはや文句のつけようのないマイヨジョーヌの確定の仕方をしたウィギンス
これはイギリス初のマイヨジョーヌとなるらしい。
初めてマイヨジョーヌがドーバー海峡を渡るのである。
確かにツールがイギリススタートだった時に渡っているのではないか
そういう話はあるかもしれない。
しかし私はそういう話をしているわけではないのである━━━。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第19ステージ l

2012 ツールドフランス 第18ステージ

 

今年は母国カヴどんのためのコースだなどといわれておるオリンピックのロードレース
当然それに向けて今年のツールは早く帰るだろと大方の予想であったが
最後まで帰らなかった。よせばいいのにピレネーも越えた。
大丈夫なのかカヴどん
オリンピックいけるのかカヴどん
と心配するファンたち
しかしそんな不安を一蹴する見事なロングスプリントで数少ないチャンスをものにした

ツール三周目名物「いろんなものが削ぎ落とされた選手たち」
ほとんど痛々しいものとしてうつるその姿
しかし今のカヴどんはオリンピックに向けてた身体作り
むしろ精悍な表情といった印象を受けてしまうのだった。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第18ステージ l

2012 ツールドフランス 第17ステージ

 

大方の予想通りの展開となったといえる今日のステージ、
ツールドフランス2012、総合争い最終決戦
タイムトライアルとか何とかとかいろいろ言われてたけど
そもそも山でスカイ勢についていけない総合上位陣
もうひとつ予想通り?といえたのが
今年のツール、スカイとウィギンスファン以外にとっての唯一の楽しみ
ウィギンスとフルームの不穏な空気であったが
ここはフルームが退く形で?ウィギンスのマイヨジョーヌがほぼ確定した

めでたしめでたし。。。

l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第17ステージ l

2012 ツールドフランス 第16ステージ

 

ピレネーやアルプス
名だたる山岳 名だたる峠
そのどれよりもマイヨジョーヌを目指す選手の前に高くそびえ立つ壁は
集団の先頭に位置し、すべての動きを静観し、時に鷹のように刺す
チームスカイ 黒と青そして黄色の集団なのかもしれない。
彼らの鉄壁の布陣を前にすればあらゆる挑戦も児戯に思える。
挑戦者たちは自らの脚を見つめ
スカイの背中を一瞥し、そして諦める。
スカイの壁の高さは無限のように思える。
ただピレネーの空には鳥が舞うばかりである。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第16ステージ l

2012 ツールドフランス 第15ステージ

 

病気から復活したフェドリゴ
もっとも空力的にすぐれた人類(鼻が高く流線型に近い)で有名ですが(僕の中で
心なしか鼻がコンコルドのようになっていた気がします。
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第15ステージ l

2012 ツールドフランス 第14ステージ

 

今日の「日本の自転車競技を考える 第14ステージ 〜鹿児島編〜」
コース的にはどういう意味があるのか
いまこのタイミングで来るステージなのか
こんな大逃げが決まるようなただつらいだけのステージ
ってちがったツールドフランスを見ているんだった

もうずっと日本の話をするもんだから
現地音声のみにしたら
それはそれでさびしいので戻したら日本選手教育論とかが始まっていて
ええっ
って感じだったんですけど
最近はあれですねJSPORTSも色んなゲストを呼ぶのはいいんですけど
日本やアジアのレースの話を長々とされる方ですね
いますね
興味がないわけではありませんが
ツールですのでね
フランス料理を食べていたら雅楽が演奏される的な
なんか違う
感が否めないというのはちょっと思っちゃう部分はありますが
まあちゃんとしたフランス料理を食べに行った記憶というのはないんですけど

山岳で画鋲が撒かれていたらしくてやめなさいとそういうことは

l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第14ステージ l

2012 ツールドフランス 第13ステージ

 

今日は知り合いの皆さんとツール観戦会でした。
ツールがはじまるまではメタルスラッグをやり
ツール放送が始まると
観戦もそこそこにプロジェクトAへ
ジャッキー・チェンが若くてすごい 生身のエンターテイメント
自転車を使ったアクションがあり
「わーいツールだツールだ」
「シクロクロスではないか」
「サイクルサッカーだ」
「サイクルフィギュアじゃないかしら」
などと自転車好きの皆さんが興奮する内容で
考えたらそんだけすごいことをしてるんだこの人たちは。。。
なかなか自転車で向かってくる人を物干し竿で突くという競技はないじゃないですか?

プロジェクトAが終わると
昔の有名漫画が最近映画化された「ワイルド7」の鑑賞会が始まる
「ここまではよかった」だの
「瑛太が違う。」
「深キョンが邪魔だ」
などとお酒が進みますが
僕は体調が優れなかったのでその日のうちに帰ることに。

帰路の途中で今年から始まったスカパーオンデマンド!でツールを見れるんだということに気付き、見ていましたという話でした。
このスカパーオンデマンド、JSPORTS1〜4が見れる契約しとる人は会員登録とBCASカード番号だけでパソコンやアイフォンなどで外でも結構きれいに見られて便利です。
ちょっと前にはル・マン24時間映像を24時間垂れ流し(JSPORTSの放送がない時間帯は現地音声のみ)というナイスなことをやったりと要注目ですね!
l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第13ステージ l

2012 ツールドフランス 第12ステージ

 

第二週前半に早くも訪れた間延びステージ
逃がされた逃げ集団で勝利を飾ったのは貫禄のミラーさん久々の勝利であった
今年のツールでイギリス人5勝目らしい
ツール終了一週間!でイギリスで行なわれるオリンピック
いい弾みとなるのではないでしょうかっていうことを思っていますけど
ねー
そうですよねえ
しかし今日はスタートから中継があったわけですけど
すごい景色がよかったなあと思って
山とか
グルニエ!グルニエ山!
ねえ
ひまわり畑とかね
ツールドフランスはやはり映像がすばらしくて
僕なんかもまず映像、景色がきれいだなあとツール、
ロードレースにはまったクチなんですけど
ええ
ねー。
ヘリがひまわり畑を超低空からぐわーっと来て
急上昇しつつ集団の真上を通り過ぎようとする迫力の瞬間
電波が悪かったのか映像が止まったりして
あん!おしい!
なんてことをよく思いますけどね。。。

l カテゴリー:2012 ツールドフランス l

l 2012 ツールドフランス 第12ステージ l

1|23