主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2013 ジロデイタリア

 

イヤー
2013 ジロデイタリアも終わりました
結構前に。。

今年のジロは大雪が印象的でしたが
それ以外で言うと
まあ
そんななんか、こう グッとくるものは
なかったような
あったような
どっちなんだいって話で



そんなジロを制したのはニバリでした。
他チームのエースたちがフェードアウトする中で実直な走りを見せたニバリ
最後のタイムトライアル、最後の山岳で見せつけた圧倒的な強さが
彼のこのジロでの圧倒的な強さを証明した。
ここまで強くて大丈夫なのか?と思ってしまうけど今のところ大丈夫だ!いいぞ!
僕は正直ニバリはなんだかんだ言って勝つことはない
と思っていたので本当にごめん。
あと最終日の表彰台で(似てないなあ)と思って本当にごめん
これからどうなるか今後に期待だ(ミユキ自転車上で



2年越し(もしくはそれ以上)のマリアロッソパッショーネを得ることができたカヴどん。
ハイパー超級山岳ステージが天候不順でキャンセルになるという天の助けもあり、
2枚目のマリアロッソパッショーネを「着てしまいそうになった」エバンスから辛くも勝利。
ブエルタのことは知らないんですけどこれでグランツールのポイント(スプリント)賞を全部獲得したことになったそうです。
次は山岳賞だカヴどん



山岳賞はピラッツィでした。



今年のジロでのもうひとつのエトワールはコロンビア勢だ
ウィギンススカイでウィギンスを護衛したばっかりに大きくタイムを失ったスカイのコロンビア勢
あと姑息にレースを進めていく他のコロンビア勢
そして総合優勝の登竜門新人賞を獲得したベタンクールだ。
自転車ロードレース界に押し寄せる南半球の風の象徴となるかベタンクール



はい

今年のジロのまとめ読みです!ボーナストラックもあるよ!

続きを読む >>
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア l

2013 ジロデイタリア 第21ステージ



大雪と極寒にみまわれた今年のジロ
最終ステージはその試練に耐えた選手らを祝福するように穏やかな天気となっりました。

「やっと終わった」
「あたたかい布団でゆっくり眠れる」とプロトンにあふれる安堵の表情

集団を横切るピザの薫り

ジロの最終ステージが普通の平坦ステージとなって
ジロのパレードとはどのようになるであろうと期待しましたが
僕なんかは最終日は平坦ステージじゃないといやなタチで
タイムトライアルとかで決着がつくのは別にいいけど、
最終日はパレードじゃないとというタチでして!

まあ
なんかそういうのは多分放送開始前に終わったっぽいですが
ただピザが配られました。

ピザが配られたのです。。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第21ステージ l

2013 ジロデイタリア 第20ステージ



前日のキャンセルを受けて
もはや新人賞以外のジャージ争いという意味ではあまり意味をもたない
ただつらいだけのステージとなった感があった今ステージ
このジロでなにもできなかった系のチームや選手が最後のひとふんばりをみせるかと思いきや
行ったのは山岳ジャージを確定させているピラッツィに
マリアローザももう決まったようなもんだと思われていたニバリであった。
これには私
「昨日のステージがあってもこの強さでこのジャージを得ていたんだかんな」
という選手としての意地っ張りなところを見ました。

そして最終日にまでもつれ込んだカヴどんの赤色ジャージ
「普通にやったらできる」位置にいるが「失敗したら全部台無し」っていう
そういうプレッシャーが僕は一番いやです!
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第20ステージ l

2013 ジロデイタリア 第19ステージ

 

総合最終決戦2ステージのうち1ステージが悪天候と安全上の不安のためキャンセルになりました。

おそらく95%ぐらいの選手はこれを歓迎したであろうが

中でもよろこんでいるのがやはり各賞ジャージのみなさんであろう

特に山岳賞ととポイント賞のピラッツィとカヴどんだ

ピラッツィは山岳賞を確定させ、

カヴどんは総合上位の皆さんが余計なことをしなければ大丈夫

そんな感じ

そこ行くとエバンスさんは「2位なら上出来やん」と言っているのでやる気はないのか

2位以下のみなさんが「もう少し上」を目指してくるのか

エバンスさんも「せめて赤色ジャージだけも」となるのか

「なんにも関係ないのが2,30人ぐらい逃げ決めねえかなあ」というのが正直なところであろう
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第19ステージ l

2013 ジロデイタリア 第18ステージ

 

「絶妙なコースレイアウト」といわれたゾメニャン後の今年のジロデイタリア
ほんとなら今日のステージで
「これまでに多少のアドバンテージを持っている山岳系の総合に、
ここでTT向きの人が差を縮めたりちょっと前に出たりしてだな、
サア次の山頂ゴール二連戦で決着つけろい!ああおもしろそう!」
というシナリオだったのであろうが、
このステージでニバリがエヴァンスさん率いる2位以下に4分の大差をつけて
「マリアローザはほぼ確定であろう」という結末となった。

現実は妄想より奇なり

いやこの現実はあまりに「普通」だったのであろうか。
誰が言ったか”狂気のジロ”
思い返すと「熾烈な総合争い」は第3ステージに早すぎる閃光を見たのみで
その後は特にパラパラとあったかな?あった気がする?ぐらいで
ニバリの後ろで優勝候補たちがフェードアウトしていったような印象の今年のジロだ。
その風情はあたかも線香花火のようである。

それとも残りの超山頂ゴール二連戦で総合勢たちが捨て身の攻撃を計るか。
奇跡は起こるのか!ワクワクすんな!
(次の第19ステージは悪天候や路面状況などの理由によりキャンセルとなりました)

l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第18ステージ l

2013 ジロデイタリア 第17ステージ



精神と時の峠ガリビエでの試練に耐えたヴィスコンティは
「ひとかわもふたかわもむけた感じだ」
「3センチは伸びた」などと語っているそうで
ガリビエでの悲壮的な勝利と
今ステージでのズバッとした勝利
選手なら憧れる2パターンの勝利シチュエーションをこのジロで成し遂げた。

一方その頃カヴどん
途中のスプリントではこまかく4ポイントを稼いだが
ゴール直前のカヴ返しに見事に引っかかり脱落
総合の流れで10位に入ったエバンスさんは5ポイントを獲得し
ポイント賞の差を4ポイントに近づけた。
この後の総合クライマックス連戦でエバンスさんにトラブルが起きないかぎり、
最後のステージでカヴどんが勝ったとしても赤色ジャージ獲得はきびしいものとなるだろう。
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第17ステージ l

2013 ジロデイタリア 第16ステージ

 

コース後半にあまり大きな山がなくて
ゴール前にちょっと平坦があるとカヴどんを期待してしまいます。

去年は1点差でポイント賞(スプリント賞的意味合いが強いことを期待される)を総合争いの人に取られてしまったカヴどん。
その1点差を失った要因として大きいのがロベルト・フェラーリだ。

彼は去年のジロ第3ステージのゴールスプリントで加速する(おそらくはそのまま勝利したであろう)カヴどんにサイドアタックを繰り出し、カヴどんを落車させノーポイントに終わらせた。

その後フェラーリはトリッキーな11ステージのスプリントを制し、カヴどんと対抗するスプリンターになるのかなーと今年のジロでも活躍を期待したら、今年はまったく音沙汰がない。
スプリント上位にも入ってこないし、なにをするわけでもない。
リタイアしてるかもしれない。
このフェラーリは僕の思っているフェラーリではないのだろうか?
別の人だろうか?

そして次の第17ステージこそ待ちに待った平坦ステージだ。
ポイント賞、情熱の赤色ジャージ争い、1位カヴどんの後ろにつくのはわずか5点差でエバンス
ニバリの後ろにもカヴどんの後ろにもエバンス。
総合争いの流れで上位に入ってくることが予想されるエバンス、
カヴどんにとってははずせないステージだ。
しかしそこはジロデイタリア、ゴール直前には急勾配の4級山岳「カヴ返し」がある。

どうなる!
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第16ステージ l

2013 ジロデイタリア 第15ステージ

 


数々の戦いの舞台となった激戦の地ガリビエ

ジロにあらわしたその姿は、真夏のそれとはまた異なる恐ろしい姿をしていた

ガリ冷え。。

5月も中旬、日本では「もはや夏にござる」などと言われる昨今に

積雪のため頂上までは行かず中腹でのゴールとなったが

それでも選手がやってくる頃には猛吹雪であった

そのガリビエに白い息を吐きながら一人でやってきたヴィスコンティは

勝利を確信した後地面に倒れこむ

ガリ冷え。。。

誰が言ったか狂気のジロ

コース短縮とその寒さが戦意を削いだか

休息日前の頂上ゴールにもかかわらず総合争いではほぼ動き無し

ジロは雪と冷気の最後の決闘を向かえる

l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第15ステージ l

2013 ジロデイタリア 第14ステージ

 


他のエース級の都合により第14ステージ、総合争いの幕開けのステージという

超重要なステージでナビゲーター、いわゆる実況アナウンサーを任された別府始氏

解説としていわゆる実況を支える側としてはおなじみであったが

いわば司会進行役としてのデビュー戦は

現地悪天候によりまったくレース映像が来ないという仕打ち

最初から大仕事を任される新人の如く、強くなるのかトラウマになるのか

前半には堅さと緊張が声色から感じ取れたが、

後半になると開き直ったのか声色も軽くなっていたように思います

始の明日はどちらだ!
l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第14ステージ l

2013 ジロデイタリア 第13ステージ

 

第3ステージで鮮烈に幕を開けた総合争い

誰が言ったか”狂気のジロ”は

”総合最有力”と”前回覇者”を失ってクライマックスを迎える。

ウィギンスのもみあげについて語られることはなく

ヘシェダルはほとんどしゃべらずにフェードアウト

しゃべるのはニバリとエバンスとカヴどんだけなのか

3人だけのジロなのか

ついでに言うと

第3ステージ総合争いの波に呑まれたタボッレもリタイアしたという。

l カテゴリー:2013 ジロデイタリア l

l 2013 ジロデイタリア 第13ステージ l

1|23