主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2014 ジロデイタリア

2014 giro d'italia

はい
2014ジロデイタリアも終わりました。。
イタリアからはるか遠方の地アイルランドをスタートして、黒部立山アルペンルートを経由し、トリエステへゴールした今年のジロデイタリア、選手のみなさんおつかれさまでした。。寒さに耐えてよくゴールしたっ感動したっ
ねえ
言うてるんですけども



コロンビア元年
2014年はコロンビア元年になるのではないか。。
近年本格的にロードレース総合界において大きな存在感を発揮しつつあるコロンビア、その中で誰が最初に総合ジャージを獲得するのか?
ブエルタで87年に総合ジャージを獲得しているルイスさんがいるそうで
「コロンビア人総合ジャージ最初のひとり」と言えないのが残念ですが(ブエルタにうらみでもあるのか)
いわゆるそのルイスさんをはじめコロンビアの先人たちが作り上げてきた礎
その上に立つ2014年、コロンビア元年━━━コロンビア人初のマリアローザを獲得することでその先陣を切ったのがキンタナであった。
「ステビオの下り事件」でひと悶着あったものの、それをねじ伏せ、周りも納得のマリアローザのその他のステージでの攻めの姿勢、87年には−3歳だった若干24歳、彼はどこまで成長し続けるのか、後方にはやはり若いコロンビア勢が控える。。



スプリント(ポイント)賞マリアロッサはキッテルアウト後に鮮烈なスプリントを見せ数々の山脈を越えてきたブアニ
真っ当ななトレインでのスプリントではなく単独白兵戦、
ゴール前に突然現れるそのスプリントにはあのマキュアンを思わせる気迫がある、
キンタナと同じく90年生まれ、華の90年代、ジロには不在だったスーパースプリンターたちに一発かますことができるか━━━。



山岳賞マリアアッズ〜ラはアレドンド
長野で迷ってからのグランツールでの活躍、
タダではレースを終わらせないそのハングリーさ
その背景にはコロンビアと街灯のない闇の長野の風景がにじむ━━━。



24歳なので当然新人賞でもあるキンタナ
「白くもある」って以前も書いたことがあるな、と調べたら2007年のツールでのコンタドールであった。コンタドールとの争いが見たいぞキンタナ、よく寝てツールも出なさい。


黒部立山アルペンルートでのウランとエバンスの記念撮影

はい
今年のジロのミユキ自転車一気見コーナーだよ!
アイルランド最終ステージで精根尽き果て幽体離脱するキッテルの魂。。
この時はまさかキッテルがリタイアするとは思わなかったですが、これがその後たびたび現れる生き霊キッテルの複線となっていたとわ。。!!!!!!
ボーナストラックもあるよ!
続きを読む >>
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア l

2014 ジロデイタリア 第21ステージ



ゴールと共に振り出した雨は今年のジロの締めくくりにふさわしいのか━━━。
雨のアイルランドで志半ばでリタイアしたキッテル
このブログにもその生き霊と思われる影が何度か登場していたことは皆さんご承知のことであろう。

そして今日のゴールスプリントのmezgecの爆発的スプリント
「見えた」「キッテルの生き霊が乗り移っていた」「写真にキッテルが写っている」と観客やプレスメディアも興奮気味に語ったという━━━。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第21ステージ l

2014 ジロデイタリア 第20ステージ



今年のジロの最後の山、最終決戦の地、ゾンコラン
キンタナの前に総合勢はひれ伏したか、特に何をするでもなかったのには



であったが、

あっぱれ

であったのはキンタナであった。

今年のゾンコランは例年にも観客がまずかった、脱いだり併走したりするならまだしも、今年の観客はよく押した。押し方かがまずいとあぶなかったり、あまりにも押されると「押されたほうが」ペナルティを喰らうから、グルペット集団ならまだしも、総合上位勢からするとたまったものではない、選手たちは怒り狂い、ある選手は観客のサングラスをもぎ取ってドーンするという武力行使にまででた。ボンジョルノにいたっては観客の「押し」がその心をボナノッテする要因となってしまった。
そんな中キンタナを押した観客も質が悪く、押されたキンタナはあわや落車かという具合にバランスを崩す事態に見舞われたものの、そのキンタナ軽く左手を差し出し

「やめてんか」

ときわめて冷静に軽く観客をいさめ、淡々とペダルを回し続けた。その振る舞い、あたかもパーティーでボーイにシャンパンを勧められるも「いや結構」と断る紳士の如し、万が一落車しても

「ケガはあらへんか。。?」

と観客を心配する余裕さえあったのではないか、それぐらいの表情━━━。
最後の山岳ゾンコランで、今年のジロの象徴を見た思いであった。。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第20ステージ l

2014 タナと雪の頂上 第19ステージ






山岳TTでも圧倒的な速さを見せ付けたキンタナ。
最後までありのままのキンタナでいられるのか
むしろレットイットゴーなのは他の総合勢か
いよいよジロも最終ステージ、
ラスト頂上、ラストゾンコラン━━━。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 タナと雪の頂上 第19ステージ l

2014 ジロデイタリア 第18ステージ



アレドンドは日本にいるときイナゴを食べていたという。
アレドンドの苦労が偲ばれるエピソードであろう━━━。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第18ステージ l

2014 ジロデイタリア 第17ステージ



ワイルドカードとして出場しているバルディアーニ
今年のジロの逃げ切りゴールのうち全部取っているのではないか、という逃げきりアタック職人、中小企業の希望の星だ3勝目、
やることを知っているそのいさぎよさ、ぜひ見習いたいものであるなあ。。

l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第17ステージ l

2014 ジロデイタリア 第16ステージ



今年のジロも冬の黒部立山アルペンルートツアーにやってきました。。
氷点下の雪の渓谷、4コマのように記念撮影をする余裕などもちろんなく!
チマコッピステビオの下りは寒いし濡れてるしあぶないってんでニュートラル=安全走行宣言が出されたと伝え聞いておりますが、それが周知されていたか、もしくはみんな守っていたか、というのは疑問なテレビ映像であった。

そんな中飛び出した「優勝本命だったが結構遅れてるぞどうする」でおなじみのキンタナ以下3人の集団だが、キンタナ以外誰も前に出ない、ついては来るけど前には出ない、他の2人も「そこそこ総合上位」、「後続からタイム差を稼ぎたい」という大義名分の下に結成されしこの集団、前に出ない理由はあるでしょうか、いやない

 あっぱれだと思ったのはその時のキンタナ、数回「あんたらも前に出なはれ」というしぐさをしたのみ(テレビ映像調べ)で、あとはスキッと自分のペースを守ることに徹した。普通なら「ええかげん前出なはれ」と蛇行したりしてお見合い状態になってもよさそうな状況、もしかするとウランたちもそれを期待していたのかもしれない、しかしキンタナはもはや無我の境地、淡々とペダルを踏み続け、ウランから稼いだタイム差はステビオの下り終わりの時点のタイム差から2分追加の4分、この頂上ゴールでマリアローザを獲得した。
若干24歳の強靭な精神力を見た黒部立山アルペンルートであった。。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第16ステージ l

2014 ジロデイタリア 第15ステージ



役者はそろった
ジロデイタリア第2週最終日 そんな感じぃ
ウランのクレバーな走りにエバンスは少しタイムを失い、
それ以外は少しタイムを縮めた。

エバンスはきついのか、一日休めば行けるのか、他のやつらは結構よさそう、
ジロはいよいよ最終週、
最終日を除いて残り5ステージ、うち4ステージが1級山岳頂上ゴールという!
フライハイジロデイタリア!

僕たちの山はまだ始まったばかりだ!
選手たちの最終週にご期待ください!
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第15ステージ l

2014 ジロデイタリア 第14ステージ



はい
バッタリンってあの肩こり筋肉痛などに効く第2類医薬品

バンテリンコーワ

みたいな名前ですなあ
そこいくとこういうCMあったよねえ
あったあった。
ウンウンウンと
描き終わって
いま改めて調べてみたら

ボルタレン

でした。。
このCMはボルタレンでした。。
会社も違うし効能も微妙に違うようですので
用法、用量、ご使用上の注意をよく読んでお使いください。。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第14ステージ l

2014 ジロデイタリア 第13ステージ



ある意味、文字通り、
明日からの総合山岳の前哨戦となった今日のステージ
各チームの思惑やいかに。。
l カテゴリー:2014ジロデイタリア l

l 2014 ジロデイタリア 第13ステージ l

1|23