主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2015 ツールドフランス



オランダからスタートし、クラシックの名所巡りのために序盤から大波乱の今年のツール(毎年言ってる気がする)
キッテルの不在、マルティンやカンチェのリタイアなど思い残すことはあったものの、
このトップ絵になったお三方に特に大きな不幸がなくてよかった。
「ミユキ自転車のトップ絵に描いたら、その選手はろくな目に合わない」というのは勝手に抱いていたジンクスであり、お三方を描いたものの(なにかあったら嫌だなあ)と正直ツールという勝負に集中できなかったといっても過言ではない(じゃあ描くなよ)


去年の雪辱を果たしたフルーム。
周りから反感を買うほどの強さでマイヨジョーヌを着続ける日々であった。
エリート集団チームスカイのメンバーを周囲がほっておくはずがない。アシストたちがエースとしてよそに出て行くこれからのスカイ、フルームの快進撃は続くのだろうか。



クライマー、スプリンターに続く脚質があるとすると、サガンはポイントを稼ぐ「ポインター」とでもいうべきか。
なんでもできる、どちらにでもいけるといわれながら二年目の未勝利で緑色、42ステージを未勝利でマイヨヴェール。ハッピーだと語るその目の奥には深い闇が見える。二兎追うもの一兎も得ずなのか、選手としての25歳、期待感と焦燥感が交錯する。



こちらも期待感あふれる25歳キンタナは新人賞。
後半のアタックが良かっただけに(もっと前からやってたらよかったのに)と思う気持ちもあるが、やはりそこは「そんな気をおこさせなかったフルームとスカイトレインの存在感」に賛辞をおくるべきであろうか。
後半の「背水の陣アタック」に強さと可能性を見せたキンタナ。一昨年からコロンビア旋風が巻き起こるといわれて、結果的に今回のツールで総合上位に入ったのはキンタナだけ、その小さな体に期待が集まる。。



着まわされ続けた山岳賞、実はフルームのものだったという。


はい

今年もついに終わりました、ツールドフランス、いかがでしたか。
ミユキ自転車的に今年一番のハイライトはやはり、
沖縄に行ったことですかね。。また行きたいね沖縄。。
あとはマルティンとかポートをもっと描きたかったですね。。

以下今年のツールまとめ読みです!ボーナストラックはあるかな?
続きを読む >>
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス l

2015 ツールドフランス 第21ステージ



「グライペルってこんなに強かったっけ」と驚くばかりの今年のツールであった。
残り数百メートル、10番手ぐらいにつけるグライペル。
(アアーこれはグライペルあきまへんな)
と思ったら、いつの間にか前に出て(今年のシャンゼリゼゴールのカメラはよくなかったですよ。反省すること)余裕を見せての勝利。。


l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第21ステージ l

2015 ツールドフランス 第20ステージ



最後の最後にフルーム訪れた最大の危機
かっとぶキンタナ、耐えるスカイフルーム。。
酒臭い坂で繰り広げられた最終決戦は、スカイフルームの安定感と、キンタナの将来性を示して幕を閉じた。。
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第20ステージ l

2015 ツールドフランス 第19ステージ



色々ありすぎた19ステージ!
もっと言えばもっと早いステージからもっと色々あってもよかったが(特にキンタナ)
これまで鉄壁の防御力を誇ったが、数々のアタックで疲弊が見られ始めたスカイとフルーム。
キンタナは必殺キン○ナアタックでフルームから30秒差をつけゴール、総合はフルームから2分半の差まで縮めた。
2分半!
最後の最終ステージで、ありえなくはない、ありえなくはない差だと見ている!
いけるのかキンタナ、耐えられるかフルーム、ステージ勝利狙いの皆さんで混雑が予想される山岳最終日、総合争いの行方やいかに━━━。
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第19ステージ l

2015 ツールドフランス 第18ステージ



ユーロップカーが勝ってないみたいに書いたけど勝ってなかったっけ?
さあ。。。
そんな存在感のユーロップカー、
ワイルドカード枠で選ばれてまで、ボクレールがおもしろいだけのチームで終わるのか、そして来年のスポンサーは決まるのか━━━。
せめて勝利だけは欲しい人々の頂上ゴール二連戦が始まる!
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第18ステージ l

2015 ツールドフランス 第17ステージ



総合争い最終決戦開幕戦、優勝は諦めた発言のコンタがまずはアタック
これやでぇ!さすがコンタはんやで!
と思ったら落車でタイムを失う。。
風は完全にフルームに吹いているのか
ゴール後フルームに握手をしに行ったキンタナ
あれは敗北宣言なのか
あと3ステージの山岳、何かが起こるのか━━━。
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第17ステージ l

2015 ツールドフランス 第16ステージ



絶対エース、コンタドールがいるティンコフに、ひとりまぎれた遊撃手サガン
自身も勝利を量産できる才能を持ちながらも、やはりチームとしてコンタドールのアシストて尽力する日々
自分のためにレースができたら。。と思いつつ目の前で勝者の背中を見続ける日々
限られたチャンスとあせったか、最初の下りではりきりすぎた
トレンティンには「みんながそんな速く下れると思いなや」と怒られる様子も見られた(きっとそうだったに違いない
自身の最大の武器を勝負の前にさらけ出したサガン、それを見て見ぬふりするライバルたちではなかった。。
サガン、二年目の無冠の帝王となるか、ラストチャンスは総合最終決戦をはさんで最終日。。
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第16ステージ l

2015 ツールドフランス 第15ステージ 



この2ステージは沖縄に行っていました。
初めての沖縄でしたが、いたく気に入りました。また行きたいです。。!
アッ
グライペルおめでとう!
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第15ステージ  l

2015 ツールドフランス 第12ステージ



すごい既視感。。
山岳ステージも水曜日を向かえ折り返し地点
チームの垣根を越えてスカイフルームに攻撃を加えるエース選手たち
動じないスカイフルーム
もうひとふんばりかと思われたがなかなかそのもうひとふんばりが出ない
その集団で先頭ゴールしたのはバルベルデ、ステージで勝ったのはホアキン
いぶし銀コンビ、こぼれたチャンスをモノにするうまさ
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第12ステージ l

2015 ツールドフランス 第11ステージ



山岳ステージ二日目(火曜日)気だるい月曜日の疲れか、総合争いの攻撃は一旦様子見、
そんな中コンスタントに遅れていったのが「去年の勝者」で有名なニバリ
背後には大佐の冷たい視線がせまる
l カテゴリー:2015 ツールドフランス l

l 2015 ツールドフランス 第11ステージ l

1|23