主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

Jツアー開幕戦!熊谷!FRまで!



風であった。それも激しい風であった。
品川の空は狂気じみた叫び声を上げ
高速バスで眠れなかったミユキをあざ笑うかのように雨を降らせる。
前日にね!
前日に大阪をね関西の自転車好きの方々と観光したんです
その後エスキーナで飲食し、そのまま高速バスに乗って熊谷に向かうという強行軍!

そう熊谷で行われる、Jツアーいわゆるジャパンサイクルロードレースツアーの開幕戦に行ってきました。

しかもね!当日夜にまた大阪に予定があるので新幹線でアタックアンドゴーですよ。
つまるところ大阪-熊谷-大阪の弾丸ツアーですよ。
リエージュ-バストーニュ-リエージュ?なにそれたいしたことないよ、
だってそれは高速バスには乗らないでしょう!
ほんとは最初はその大阪だけの予定の週末だったんですが、
「あーなんかがんばればいけるやん」という軽いアレで、
思い立ったが吉日で行ってみたら風だよ!
強風だよ!
朝五時ぐらいに品川に下ろされましたよ。どうしろっていうんだよ。
真っ暗なビルを見上げるとそこからはまさに
異形の音が地上に鳴り響く。
なんかラスボスとかが出てくるんじゃないかなあといった
すごい音、ギュオオオオとかギャオオオオオオいう音ですよ。
もう怖いのと気象現象フェチとしては楽しくなっちゃって



ウワア電車も止まってるよお赤くなってるとこが運転見合わせです
京葉線と言うと舞浜いわゆるディズニーランドがある方面ですよねえ
ディズニーランドに行く人は困ってるだろうなあ



その約10分後ぐらい。
ギャアア一気に赤くなったよ!やばいよ!
と思いながら品川から乗換駅の上野に行くと
熊谷まで行く高崎線も運転見合わせギャアア
関東の交通事情に明るくないミユキさんが熊谷に行く手だてはこれで失われた
なんということでしょう高速バスでがんばって来た僕へのねえ これが仕打ちですか
そうですか関東は僕にこういう態度に出ますか。
そういうことをツイッターでつぶやいていたら
朝もはよから親切な方々があーだこーだとアドバイスをくれてありがたいありがたい
結局一番わかりやすい上越新幹線で向かうことにしました
プラス1700円ぐらいの出費
新幹線は止まってなかったんですよさすがだね新幹線。


ってことで着いた!新幹線早!
埼玉県熊谷というとクレヨンしんちゃんの居場所であって

おいJツアーだぞ みさえ

なんてことをしんちゃん言ってんのかなあフフフ
と思って今調べたら、しんちゃんは埼玉県春日部市で、いまちょっとテンション下がった。



天気はよくて太陽もぱああと出ているのだけども
路面は濡れているし、ところどころ水溜りもある感じで
うわあかっこいい写真が撮れるよかっこいいねえ
なんて思ってたら、ものすごい勢いで乾いていった。選手としてはよかったですね…。
ただ風が!


風が!


ってぐらい大きい文字にしたいぐらい風がものすごかったですよ
もう場所によっては「風にちょっともたれかかれる」ぐらいの勢いの風で
選手らの集団がすぎていく時には、いつもとは全然違う「風切り音」がしするんです
まるでジェット機のエンジンのような音がするのです。
僕が自転車乗ったらいくらこいでも押し戻される そんな風。
こんな風(クリックで動画ページに行きます)↓

送信者 写真


あうあう。




一周2キロちょいのコースをぐるぐる回る方式で、見てるほうとしては
目の前をすぎる間隔が短くていい「クリテリウム」ってやつですねえ。
カテゴリーによって違うが、今回は「何分間か走って、その後ラスト2周でゴール」というルール。
30分プラス2周だと、30分で10周したら12周でゴール、
30分で1周しかしなかったら3周でゴールですねえ
クリテリウム用のセッティングもあるらしいけど今回はどうなんですか。(聞くな)



熊谷スポーツ文化公園という施設の中に作った特設コースですから
競技場をぐるーっとまわるようなコース設定だったりします。
だからだとおもうんだけど!壁がうまい具合に風を圧縮してるんだと思うけど!
ここ競技場回りはもう、ものすごい向かい風で!
選手らはもう「ひいいい」という表情だし、
場合によっちゃほんともう前に進むだけで精一杯だっつーのみたい選手もいたし!フフフ…



このコーナーではよく落車してたなあ
このなんていうのか忘れたけども
黄色いやつがすべるのかしら公園特設ステージのアレですねえ



ほらみてくださいよ、しんちゃんいそうじゃないですかねえ
なんで春日部なんだろうねえしんちゃんは…
いやーそれにしてもロードレースはやはり速いです
速いしすぎていくのが一瞬!そうだったそうだったロードレースってこうだった
シクロクロスになれちまってたぜ!



柔らかな日差しに花も咲き
レース観戦には絶好の天候でございます(風以外は)
よろけるもん。
ぼーっとたってたらこけそうなぐらいの突風が時々ふきます。



そしてFR!Jフェミニンシリーズというやつです
少な!開幕戦だぜ!シリーズの開幕戦なのにすくないよなあ
多少は無理しても来なさいよ!
オーイ若い女子!今からなら狙えるぜ!(何を)



そういう競技人口が多いとは言えない日本ロードレース界で
日本初の女子UCI登録チームを目指しておる
READY GO JAPAN が3人出場し
序盤はレースをコントロールする形



一周目で優勝候補豊岡英子選手が落車!



が!すぐに追いついて来る…っていうか待っていたのだろうねえ



そして2周目で集団に合流
その後は特にこれといった話はなくまあ女子のレースといった感じ
もっとこう人が増えたら色々あるんだろうけどなあ
決まった顔が淡々と走って最後にスプリントという感じ
ただ今回僕の知ってる「決まった顔」が豊岡選手しかいませんすいません
これから覚えて行きたいと思います



昨日のエスキーナでの
「ロードレースなんてのはねえ最後の10分がんばったらいいレースだから」
という話を思い出す。



レース中は次のレースの選手らがコース横をうろうろしておられます
「フゥー!」といって肩を叩いたりできる距離を!ブリッツェンの選手らがうろうろします。
面識がないと苦笑いをされると思います。



チームカーもサポートバイクも走ってないんでコース全域が補給ポイントな感じで
ホイールとかを持った人がコース脇に点々と存在するそれがクリテリウム



「ロードレースなんてのはねえ最後の10分がんばったらいいレースだから」
なんていってもその最後の10分に前にいることがむつかしいですから!
集団からポツリポツリと選手らちぎれていく
そんなこんなでレース後半にはトップ集団はこの3人だけに絞られる



他の二人の様子をチラチラする豊岡選手



やはりもう豊岡選手だけがダントツで余裕な感じ落車してても。
風がすごいから一人で逃げるのはつかれるしなあと言った印象。
豊岡選手はね!とても強い人だからみなさん覚えておくようにねえ。
あとこの写真ISO1600でf32まで絞ってるとかちょっと意味不明な設定ですねミユキさん
レースにね!興奮していますねえ。



そんな中、後半には高橋奈美選手が頻繁にアタックを仕掛けてイイヨイイヨーといった感じ
多分ゴールのスプリント勝負になったら分が悪いと逃げを決めたいといた感じか
「!」といった豊岡選手



「おのれこしゃくな」
とアタックを阻止する豊岡選手。
そんなこんなが後半数周繰り返され高橋選手のねえ気迫が伝わってくるよね、
でも豊岡強い、逃げを許しません。かといって逃げるわけでもありません。
「ゴールまで3人で行こうじゃないか!な!そして私勝つから!」
もう勝者の貫禄!貫禄ですねえ。



そして最後の最後で豊岡選手のスプリント!
「おるあああああああああああ」
といった感じ



そいでJフェミニン開幕戦の勝者は豊岡選手!
今年も彼女がキーマン
キーウーマンになっていくのかしら今年も楽しみだよねええ
黄砂すご!



熊谷スポーツ文化センターはいろんな施設があるんですから
部活的な人たちもうろうろしているんです
ねえねえそこの女子たちロードレーサーとか興味ないですか…
黄砂すご!

そして次はTRの開幕戦!

続きを読む

l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー開幕戦!熊谷!FRまで! l

<< Jツアー開幕戦!熊谷!TRとか! | main | ツールドフランドル2010 >>