主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

Jツアー2010第3戦東日本大会 FR



仕事が終わると、僕はその身のままでレンタカーを借りて、夜の高速を走っていた。
視点の中央から視界の外側へと流れて行くオレンジ色の照明
時折現れる緑色の標識がそれらにアクセントを加える。
そしてとどまったり、あるいは消えていったりするブレーキランプ。
それらはまるで闇に突如として現れた光の前衛アートのように思える。

僕はゆっくりとアクセルを踏み込む。

直列3気筒1000ccのエンジンの小気味よい加速。

3000...3500...4000…上がる回転数。

制限速度は80キロ。動物注意。

ハンドルは風にとられて。

バックミラーに大きくうつるヘッドランプ。

ハンドルの左のレバーを下へ。

点滅するウインカー。

僕はすみやかに、しかし確実に走行車線に戻る。

勢いよく僕を追い抜いていく白い営業車。

まぶたは鉄のように重くて。

視界が重いストリーミング映像のようにカクカクと動く。

時折聞こえる甲高くも重い響きは、きっとタイヤが白線を踏んでいるのだ。

そうなんです。
群馬サイクルスポーツセンターで行われましたJツアー第3戦に行ってきたっほーイエー。
なんでってこれがね奥さん、土曜日にあったんですよ。
ええ日曜だったら見に行くのはかなりネガティブになったけども
でも土曜日ならいけるぞ、余裕持っていけるぞ、と
レンタカーでねえ行って帰ってきましたよ往復1000キロ超。
やるじゃないですかミユキさん。
一人で2日で1000キロ走りましたよーって言う人は
まあ多分日本で1万人はいないんじゃないですか。
いや結構いるか。職業ドライバーとかは走ってそうですか。まあいいか。
高速バスもありましたけどレンタカーのほうが安いと思ったらまあ高速代(ETC休日のやつで往復2000円)とガソリン代入れたら若干レンタカーの方が高いなあぐらいで。
でも最寄の駅からの足と
レース後に温泉とかとりめしとか天津飯とか行きたいし自由度があるっていうことを考えると
まあ自分で運転することを考えても
若干バスの方がよかったかなあ、ぐらいですかね、、、。疲れるよね実際ね、、、。



コース近くの駐車場。
門が開く6時30分前ぐらいにはもう入り口に車の列が出来ていますねえ
このコース図で言うところの真ん中の四角の下にありますね。
未舗装。
下にも駐車場があって、そこからここら辺まで結構な頻度でシャトルバスが走っている。
最寄の駅からの道は6キロぐらいでこれがなかなかの坂なんだ
この坂を輪行で来ますっていうならあなたレースに出なさいって坂ですから注意



その四角のところで出走サインをするみなさんの列。
すごく寒いんだよお
二日前ぐらいまではなんか雪降るんじゃねえの、凍結するんじゃないの、ぐらいの勢いで。
でも天気予報は外れて青空も広がってとてもよかったと思います。
ただ寒いだけです。寒いだけです。風もある。
五月も近いというのにこの寒さとは、ちょっと群馬なめてた…。
あっでも群馬はなんか妙にとんがってる山が連なってたり、
すくなくとも群馬CSCの周辺は高架?陸橋が多かったり、
山フェチで高架フェチな僕としては疲れてる朝から結構興奮していました。



あと群馬CSCは廃墟フェチにもお勧めです。
しかし寒いなあ
桜とか満開ぐらいかなあとか思ってたらここら辺には桜の一輪も咲いちゃいなかった。
群馬CSCは小高い丘の上にあるのだけども
その丘をちょっと降りたら桜満開なんですよもう満開とゼロの境目がねそこにはあるんですよ。
桜が一本も植えられてないとかだったらごめん。



そしていよいよその寒い朝一番8時に女子カテゴリーFRがスタートするよー!
ヒイー半ズボンじゃないですカー!ズボンとはいわないかー!
寒くないんですかー!いくら動くっていっても寒いんじゃないですかー!
とおもってたらなんか長ズボンが禁止されとるとかされてないとかいう話だという
フムUCIの規則では「基本的には膝上までのパンツじゃないとダメ」となっとるらしい寒!



んでねえいわゆる去年のジャパンカップの女子で勝ったし国外でも結構いい感じのアレの萩原麻由子選手がおりますサイクルベースあさひ、実店舗はママチャリ天国サイクルベースあさひ勢が
いわゆる元餃子CHISAKOの針谷千紗子選手と、ミユキさん的にはよくわかってないがけっこうすごい牧瀬翼選手(去年の全日本で序盤逃げよったねえ)の全勢力を投入してるわ、うつってないけど後ろの方に日本チャンピオンの西加南子選手もいるし
いまJフェミニン総合一位の西塚選手もいるし
豪華だと思ったら豊岡選手とか森田選手がいないガクッ
今回のこのレースはね
ゴールのポイントが2倍なんだっけね
高いのですよね選手感謝ポイント2倍デーなんですよね



スタート!
やはり一番強そうなサイクルベースあさひが集団をコントロールし
勝利への気持ちを熱烈アピール。



このコース図で言うところの真ん中らへんいわゆるスタートゴール地点付近は互い違いのコースに
互い違いって言うか?
いわゆる行って帰ってくる感じの短い間隔で2度見れる美味しいスポットですね
コース図でいうところの第5休憩所の坂で見て
こっちまで歩いてきて2分後ぐらいにこっちに戻ってくるのを見るとかできますよね。
っていうかこのコースの矢印意味わかんないですよねっ
たぶん「この矢印の方向に行ったら上り」って意味なんだろうけど。
第5休憩所の左の矢印とは逆の方向にレースは進みますね
矢印の方向は統一したほうが分かりやすいよねえ「上り」しか書きたくないんかと思ったら「ゆるい下り」という表記もあるし
なんでわざわざ矢印の方向を変えようと思った。



なんかここはサイクルスポーツセンターと言っているけど
ラリー、車のラリーですね、そういうのも時々やったりしてるらしくて。
ここコースアウトしたなとか思ってニヤニヤするミユキ。



一周目から萩原選手がアタックを決め単独でトップ!
この萩原、去年のミユキは「萩原だか荻原だか覚えられない」とか言ってたけど
今年のミユキは違います覚えました「流行(ながれ)じゃないよまゆこだよ」という覚え方です
とおもってたら流行の方も萩原だったんです。萩原流行だったんです。
ぼかあ流行の方はね荻原だとばっかり思ってました。
今では「スキーじゃないよまゆこだよ」で萩原だということで覚えています
普通に覚えろって話ですが!



先頭までの差30秒〜!と言われている後続集団(2位集団)の方々。
一周6キロで30秒差。
ってまあもう結果言っちゃうと
萩原選手はこの後一周あたり30秒づつ差を広げるという圧倒的っぷりでした。
もはや圧倒的でおなじみの萩原です、ぐらいの勢いで群馬のカンチェラーラで
実際全日本のタイムトライアルは日本一だものねえ
日本の群馬の女子カンチェラーラいわゆる萩原。



もう電気工事だもの。
電気工事もはじまっちゃうぐらいだもの。



そこいくと圧倒的な萩原選手だがそれでも「ヒーヒーハアハア」いいながら走っとったのが
印象的だったねえ「こんぐらいでいいかあ」ぐらいのところで流したりしないんですよ
後半は流していたかもしれないけどずっと必死そうだったねえ
まあ彼女はもともとこういう走りなのかもしれないけど(何も知らん人)
去年BRクラスではヒ−ヒーハアハア言ってたのは覚えてる。



後続集団はまあゴールまでこういった感じで特に何もなくすぎていった感じで
多分サイクルベースあさひ勢が逃げをつぶしたり
っていうか逃げようとする人もいなかったりみたいな感じだったと想像
しかし福本選手はずっと無表情で走ってたな
行こうとしたら結構まだいけるんだけどなあといった印象だった
そして一番右が日本チャンピオンジャージのニシカナコ選手ですねえ
去年とは違う日本一ジャージを初めて見たわあわあ
ルミナリアってなんですのん



わあわあ



ちょっとむこうをみたらこれだから。
雪山だから。もう「となりの山が雪山です」ぐらいの雪の境目。
そりゃ寒いわなあ、



アアーみぞれというか小さい氷の粒が降ってきやがった
雪にはなりませんように
暖かい光が選手を祝福しますようにとミユキは祈った
それが自分のためにもいいと思ったのだった寒いのはいやなのだ。
そんな中を短いパンツで単独で走り続ける萩原氏



ふとももがいいわふとももが…
こう
ズアッシャッ
としたふとももがいいわ海外いって焼けとるのもいいわ
MUURのフレームもかっこいいなあ
「見ろ!エアロを!エアロのことを考えているぞ!」みたいな形状、、、!
MUURのホームページの微妙さ
クリックできると思ったら出来なさもいいわ(よくないわ)



わあわあ

もう圧倒的でおなじみの萩原ですっていう印象
地元群馬で余裕の勝利であった
しかしすくねーなあ見てる人がなあ
「ウワア」なて叫んでる観客らがバックにならんどるって想像したら
超かっこいいのだけどもなあ



二位(左)と三位(右)の方々。
三位のニシカナコ選手がね!「坂がどうのこうの」って話していたと見ました
こう手のひらを地面と平行にしてねえ上下にやっていたねえ
いやもしかすると「ペダルこぐときに足がうごいちゃう」とかかもしれない
いやもしかすると「船の波がすごかった」とかかもしれないし
えっそこはそんなに興味ないですかそうですか



表彰台!
「いやトラックやん」とかいうなー!
全日本シクロクロスなんかは軽トラでしたからね
屋根もあるし高いとこに上れるってだけですばらしい話じゃないか、ねえ。
っていうか「表彰式するから選手来て下さい」って言ってるのに
全然誰も来ないのはすごくかっこ悪かったな、、、
あれは選手的に「そんなすぐいけるかボケー」という時間にやるからなのか
そもそもスケジュールを聞いてないのか
「はやく!はやく表彰式に来て下さい!」と何度もこだまするアナウンス。
かっこわるいなあ。



わあわあ

ウンしかしなんだいこの雪は
これはあれかいシクロクロスの表彰式かなあ
いや僕も関西シクロクロスには結構言ったけど確か雪は降らなかったですよ。
ロードレース見に行って雪に降られるいわれはないよ。



ウオオーきたきたあ
宇都宮ブリッツエンのチームカーだー。
余談だがレース後に赤城高原サービスエリアにブリッツエンのチームカーがとまってた。

っていうか雪!

続きはTRクラス!

l カテゴリー:レースレポート! l

l Jツアー2010第3戦東日本大会 FR l

<< Jツアー2010第3戦東日本大会 TR | main | Jツアー 白浜エアポートクリテリウム2010 TR >>