主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツアーオブジャパン2010 第5ステージ

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
というあれで
ツアーオブジャパン第4ステージ!富士山ステージに行ってきました。
僕はねえここがあこがれでね
やはりなんといっても日本一高い山富士山じゃないですかそこでレースじゃないですか
でも遠いじゃないですか。平日だし。
ウムでもなぜか休みになったので、、、これは言ってんだろうと。
神様が「おいミユキ、行け」と。「富士山行ってついでに伊豆と東京も行ったらいいやないか」と。
おー行ったろうじゃねえかとミユキさんですよ。ここでひくようなミユキじゃないよ。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
行きは夜行バス!
いやあいいものです。自分は座ってるだけで高速を運転してくれる。
しかも関西発御殿場行きの乗客5人、、、
「今日五人ですからどこ座ってもいいですよ」ときました。しかも3列シート。
これはもう天国ですよ。乗客でいっぱいの4列シートと比べたら天国。
なんならこう手を広げたり足をびょんびょんしたりしても大丈夫しないけど。
うれしいのは外を見放題なところ。いつもは周りの人を気にして外を見れなかったけど
今回は見れてねえ上の写真はアレですよ。工事現場の!
夜の工事現場のあの明るい玉!!(そんなテンションあがられても)

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

夜行バスに対して睡眠なんか期待してないわけですが
そういったわけでずいぶんぐっすり寝て御殿場に着いたのが6時過ぎ。
TOJ富士山ステージのスタート地点に行くのは河口湖行きのバスですよ。
そのバスに乗って、浅間神社もしくは富士学校駅でおりて富士あざみラインに向かって歩いて10分ぐらい。意外と近い。この富士学校って自衛隊の学校で。
スタート地点の横は陸上自衛隊の演習場で。バスにもいかにも自衛隊な服を着た人たちが
富士学校前でバスを降りても自衛隊の制服を着て出勤する人たち。
制服着たまま出勤するんやね自衛隊の人って、、、。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
その富士学校の向かいにあるグランドが一般客用の駐車場。
いま朝早いからあんまり止まってないけど、このあと結構とまっていってたみたいだから!
TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

これが浅間神社だ。「あさまじんじゃ」ではない。「せんげんじんじゃ」です。
桓武天皇のころ富士山が噴火したときに建立されしものなり。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
この正面に富士山があるんですけどね!
なんか常にこっち側の富士山の真ん中から上のあたりに雲ができていて。
流れていかないんですよ雲が。雲は動いているんだけど、雲がなくならないという
ワアーこれが富士山天気かしらんと思った次第

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
TOJ富士山ステージはふじあざみラインを登る。
車が登るためのものなんだからそんな言うほどの勾配はないんでしょうなんて思った人いますか。おろかだ。すごい勾配なんだよお。頂上までのシャトルバスでは、勾配がきついところでは「わああ」と歓声が起きるぐらい。そんなところを11キロも登る。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
スタート地点のチームピット。
一番乗りしたチームカーはホンコンチャイナ。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
あっその前に
僕がスタート地点についてから一番最初に見た選手は佐野選手ですウム
トイレから出てくると記者の人にかこまれる注目振り。
「大ですか小ですか」「今の長さは小ではないですか」「いやこいつならあの長さで以下略」
などということはまあたぶん聞かれてはいないと思いますが
佐野選手は今日のステージを相当狙っていたという。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
スタート地点の横は陸上自衛隊の演習場なの戦車っぽいやつとかが止まっていたりして
「わあわああれロケットランチャー違いますか」と一人興奮しておったのだが
カメラをぶら下げてる僕にランニング中の自衛隊員「写真はだめですよ」と申すので
しょんぼりしながらそばに咲いていた花を撮った。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
選手が続々やってくるけど
頂上へのシャトルバスはスタートの結構前にスタートするから
ああーリーダージャージの鈴木真理来るの遅いと思いながシャトルバスへ
ところがシャトルバスが満員で一台じゃ登れないっていうので
むうむうと思っていたら
急遽、選手輸送用のバスに客も乗せちゃえという運営の臨機応変ぶりは
TOJ、日本の自転車競技界にしてはでかしたと思った次第

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
頂上に着いたころは雲がなくなっててきれいな富士山を見ることができた!
空が下よりも深く青くて時折見える雲も手を触れられそうなほど近い。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
望遠レンズで見てたらばわあー登ってる人がいはるわ
こんなバラバラで登るものなのだねえ

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
5合目の山荘。お土産とかご飯とかアイスとかを売っていますよ。
前を通っただけでお茶をすすめられるなど
「これが山の心意気か」と思いながら、別に飲み物持ってるからいいです、と断る。
断るなよ。
この背景わかりますか。雲です。
やはりここら辺で急に雲ができる感じでずわああーーと山肌を雲が流れて行ったりと
気象フェチな僕としては大変テンションがあがりました。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
シャトルバスで登ってる最中にちょくちょく自転車で登ってる選手らを見かけて
アップしたはると思っていたのだが、
半分過ぎたところにもいたりして
おいおいおいさすがにアップしすぎだろうと思っていたらこういうことか。
リタイアしちゃったけど富士山は登ってみたいよって言うことか。登りきってピースサインの選手。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
中央部に富士山山頂があるんです。
レースがスタートすると急にまた雲が出始めて。
コースに雲がかかることはないけど、常にこんな感じで雲がここら辺にあるんですねえ
富士山特有の気候かのうとまたテンションが上がる。
会場にはときおり車に乗ってレースと一緒に上がってきてるがらぱさんいわゆる現地実況が
携帯を使ってレースの状況を伝えてくる。
今回は一本道のマスドスタートなので、いわゆる普通のグランツールみたいな感じで見てる側からしたら「一回通ったらそれっきり」なので
その瞬間を見逃すまいと会場の空気はいい感じで張りつめる。
と、下のほうから「アレアレアレ」という声が聞こえてくる。
監督が選手を応援しとるのだ!まばらになってはいるものの下を見ることはできないぐらいの林の向こうから「アレアレアレ〜ンヤアアア」などという声!
会場には「くるぞくるぞくるぞ」!という高揚感!
(あれ?でもフランス人だっけ)と思い直す。でもアレアレアレっていってたもんたぶん。
バイバイバイじゃなかったもんたぶん。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

キタアアア
後ろと圧倒的な差を開いてクリスティアーノサレーノ!
先ほどまで張りつめていた空気を爆発させる観客ら(僕の横にいます)

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
ゴールまでサレルノを鼓舞する監督

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

ゴールまで携帯で実況するDJがらぱ!
胸毛すご!

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

2位のアンドレイ・ミズロフ

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
3位のアレクサンドル・シュシェモイン
みなさんようお登りなさった。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
だれだっ

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

おれじゃああああ

なんていう風に後ろのほうでも結構競い合っているのです。
意地の張り合いと
あと総合的なことと
いとしさと切なさと

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
アアアアアー。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
胸毛すご!

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
今日でリーダージャージを失った鈴木真理氏。けっこう涼しい顔で結構後ろのほう。
ウフフ無理だよお守るのはということだったのかしらん。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
富士山と辻さん

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
後ろのほうの選手はゴールと同時に止まりそうな人が多いので、ゴール後押してもらう選手ら。

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan
表彰式。
富士山ステージの賞品は、、、
コシヒカリと鯉のぼりであったという。
米はいくらあっても困らんけど(日本人は)鯉のぼりか、、、
こどもの日も終わってるしな、、、
今日買ったサレルノ選手は今日買ったのと、総合一位と、山岳一位分、合計3鯉のぼり
あ でも色が違ってたら、うまい具合に親子になるかもウム

TOUR UF JAPAN 2010 #4 Fujisan

フリッカーにその他写真大きいサイズ!をアップしたのでご覧ください
TOUR UF JAPAN #4 とかなってるけどそこはもうほんと見ないでください許してください。

Flickr:TOJ2010 #5


l カテゴリー:ツアーオブジャパン2010 l

l ツアーオブジャパン2010 第5ステージ l

<< ジロデイタリア2010 第11ステージ | main | ツアーオブジャパン2010 第6ステージ >>