主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツアーオブジャパン2010 第6ステージ



今日は伊豆ステージ!
伊豆ステージというとアレですよ自転車好きにとっての聖地
自分からサイクルメッカ 自転車の国などと名乗っている

日本サイクルスポーツセンター(以下CSC)

でのレース。僕はここにも一度足を運びたいと思っていた次第であります。



自転車のコースの横には遊園地的なものもあるんですなあ
いわゆる鈴鹿サーキットの自転車版とでも申しましょうか
まあ結構寂れている感じではあるものの
近々ここには日本唯一!
唯一ではなかったかもしれない!屋内型トラック競技場ができるわけです
あの短いトラックをぐるぐる回る「ナントカの6日間レース」とかをするようなコースが。
僕はねえあれも見てみたいですよ。

CSCにつくとフリーマーケットをしていて。
でもまあここは結構レースのメイン会場からは離れているから、
微妙な感じですよ。すごく古い感じのデュラエースがあった。
あとね!ここではツアーオブジャパンの公式パンフレットが無料で配られていた
あのサコッシュ袋とセットで1000円とかで売ってたやつですね
あの1000円というのはねえサコッシュ袋の値段だったんですねえ。



会場に着くと太鼓がどんこどんこと威勢のいいレーススタートセレモニー
それをニヤニヤしながら見つめる選手ら。
ただこれを見れないのは修善寺駅からバスで来る人たちであったウム
レースが9時スタートバスで20〜30分ぐらいのところへの始発が8時20分てどうにかならないですか。本数を増やせとは言わないけどもねえ もうちょっと早く1便がある心遣いがあってもいいよなあどうにかならないかなあ来年もしてください
僕はナイスガイのおかげで車で送ってもらったけども
どうなのかしら1便には普通に全員乗れるぐらいだったのかしら


ラファコンドールの集合写真を撮る皆さんを撮るミユキ。
どこ行ってもこの選手との近さはみなさん大変喜ばれているとお聞きしていますありがとう



スタート前の作戦会議をしているグリーンジャージ率いるデローザ。
「うんやはり六本木ではないか」
「銀座は?高いのか?」
「歌舞伎町はやめといたほうがいいと思う」
「やはり六本木か」
「築地には夜のめるところはないのか。魚が食べてみたい」
「日比谷公園でオクトーバーフェストというビールの祭りをやるらしい」
あかーん



わあわあとこのコーナーに興奮するミユキさん
そうです!ここCSCは今最もアツいと評判の自転車漫画「弱虫ペダル」にも
名称は違うけど登場するんですねえ合宿が行われるたところです。

みてるかー!!小野田君!!!!



スタート前の緊張感!
あれはいいものですねえ会場が しいん と静まりかえる中での、高揚感。あの感覚。



スタート!
ここは自転車マン野寺選手の故郷でもあるという。がんばれ。
私事ですが、先ほどの弱虫ペダルに出てくる小野田君、
僕はいつもあれを小野寺君と間違えそうになります。
心からどうでもいい情報ですか。そうですか。



CSCはくねくねしていて場所によっては視界も開けているので
こんな風に「向こう側」も見ることができます。ただ広い。広すぎ!
コース一周とかするのは断念!もっと階段とかがあったらずいぶんショートカットができるのになあ。



1周目から逃げ集団が形成される。うん?
この画面右奥ですよ!



メイン集団はたいへん落ち着いている
デローザの「総合失わないならいいや」コントロール中。



これ宇都宮ブリッツエンのチームカーだけども
TOJのチームカーはみんな一緒であのグランツールのような色とりどりではないんだけども
フーン自分でスポンサーのステッカーを貼ったはるんだねえ



そういえば僕は今回のTOJで始めてのチームカー隊列だった。
大阪はクリテリウムとタイムトライアル、富士山は結構ばらけていたからねえ
自転車を積んだ車の列というのは「戦場」って感じがしてやはりかっこいいねえ



トラブルで遅れたのかボトルをぎゅっと手渡すマトリックス。
ぎゅーっと、決して落とさないように、ものすごく慎重に、ぎゅ―っと渡していた。



これ上の道が山岳ポイントなんだけども。
コースガ交差してるところはこんな風に行き来できる中央左に轍が見えるのわかりますか。
轍といいますかこういうのは。ここは一周で二度見れるポイント。



山岳ポイントのきつい坂のとこにはやはり集まる自転車ファンどS。



序盤から単独で逃げるダレン・ラプソーンラファコンドール
車のライトがかっこいい



その後ろのクリスチャンハウスがいる逃げ集団




胸毛すごっ



メイン集団をコントロールするデローザかっこいいー
ちょうかっこいい
この肩の模様の連なり具合がかっこいいーっ



うわあん
後から知ったのだがなるほどこういうショートカット用の階段があるにはあるんですねちくしょう
ばか正直にコース沿いに歩いてたよちくしょう
ここはコースマップで言うところの△良分の階段。
あとここら辺からスタートフィニッシュ地点に行く道もあるけど
そこは結構長そうだなあとコース沿いに行った。



暑いよねええ昨日今日と真夏かってぐらいの暑さで。
カザフスタンが前に出るのはどうしてですか。



数週後逃げ集団はラップソーンを吸収しつついくらかちぎりつつの4名に。
日本人がんばれっ



と、そのときメイン集団からはニッポーが二人で飛び出したっ
わあわあいいぞ動かしていけ



と思いながらこっちにきたらひとりになっていたという
タカシはどこに行ったー!と思ったら落車したというウムウ



CSCはロードレースだけじゃなくて自転車の国ですから
自転車全般を楽しめるようになっておるわけ。これはあれでしょうMTBのコースですね?
あとトラックとかもあるのですよ。あとBMXのコースっぽいのもありましたよ。



遅れつつ「今日はもういいや完走めざそうね」という集団もちらほら
というかレース後半になるとそういうほうが多くなってくる。実際レースしてるのは30人ぐらい。
「実家にはちゃんと電話してるのか?」とデローザの選手。



あつい、、、



カザフスタンの選手が補給地点でドリンクを取るのに失敗しがっかりしてるところに
「水だけどねえいるかねえ」といった感じで差し出すラバネロの選手なのだが
ウンその部分は写ってませんね残念。
この光景にわあわあと拍手する観客たち。



野寺選手
大阪での落車で怪我をした右足



7週目!逃げ集団からはハウス選手イギリスチャンピオンが飛び出す!



ブリヂストンの選手は遅れ、ハウスのチームメイトのラプソーンが引くこともなく、
一人ぼっちの平塚選手っ
ラプソーンでかっ手足ながっ



最終周回、多くのファンが固唾をのんでその瞬間をまつ、、、、
ひびきわたるのはがらぱさんと白戸さんの実況のみっ
この二人はたいへん現地実況向きだなっ聞いてるだけでどきどきするなっ
くるぞっいよいよくるぞっ



わあわあ
ハウス選手の逃げ切り勝利!



喜びと疲労にうなだれるハウス選手の後ろでは
2位あらそいのスプリント合戦だっ



何度もガッツポーズをするハウス選手
そうかツアーオブジャパン初勝利なんかフウン
僕なんかは正直ねえ日本のレースで勝ってそんなに喜んでくれるんや!
イギリスチャンピオンが!
とか、そっちに感動したというか、ウム



「やったなあこれで総合ジャージ確実やでえよくやったなあ コーラあるでえ」



「うるさいわい プイッ」
(あ、なんか気に障るこというてもうたかな)



「なあなあやっぱそんな言い方ないんちゃうかなあ!」
(うるさいのー)



いよいよ明日は東京ステージ最終ステージ!
日本人は有終の美を飾ることができるのか
ところが意外なあの人がまさかの…!?乞うご期待!
帰れ雨雲!



しいたけそばをいただきました。
あれですか、静岡のおだしはあれですか、甘い感じなんですか。

その他の写真もフリッカーにアップしましたありがとう

Flickr:Tour of Japan #6 Izu
l カテゴリー:ツアーオブジャパン2010 l

l ツアーオブジャパン2010 第6ステージ l

<< ツアーオブジャパン2010 第5ステージ | main | ツアーオブジャパン2010 第7ステージ >>