主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジロデイタリア2010




っていうことで終わったねえジロジロ
今年のジロは

障害物レース(落車)
水泳



など色々あったけど
あれ?普通にレースとしてはアレ?ってかんじだった感が否めないけども
とりあえずジロデイタリアはイタリアでするといいですこれからはねえ
えっ来年スタートがアメリカ?なんで?

なんてことを申しておるわけですが
ウムなんだかんだいって一番はユキヤじゃないですか。
逃げ切ったり
えええ〜君そこで行くかああって言うところ(山岳)で逃げてトラブルなかったら!
みたいなことをしたり
ゴール直前にファラーのすぐ後ろにいたのにボネがボケとるせいで後退したり

イヤ去年のツールでも随分活躍していたけどもねえ日本人
5位、敢闘賞。まあすごいけども
「まあこんなもんだろうな、行けてこんなもんだろうな今の所は」
とかいまだに思ってた僕を強くぶってくださいほんとうにそこはごめん
今年のジロほど日本人のグランツール勝利を強く意識したことはなかった
その展開の速さにある意味戦慄を覚えたほどであるっ

だんだんだだん、と日本人が世界の階段を登っていく様が見えるよ
あああいつ勝つんですか
いつ勝つのか早く言ってくださいっ


以下各賞ジャージの皆さん


とその前に皆さんっいまさらでなんだけど
ナイスマンがなんとねえこのミユキ自転車を英語訳してくれてはるんですありがとう
英語にされるといっちょまえに見えるから不思議(そうか?)
これで外国人にもミユキ自転車を読ませられるね!

http://miyukism.blogspot.com/


以下各賞ジャージのみなさん




いわずもがなのリクイガスバッソ、戦々恐々たる今年のジロで全員完走全員バッソアシスト
見事な走りで他を寄せ付けないとはまさにこのことと言わんばかりの圧勝なのではないか
そんな中でひときわ輝いたのがニバリであろうか
このニバリ、バッソの背中を
まあ基本アシストは背中にエースがいるわけだが
まあ文のあやで
バッソの背中を見て学んだであろう、エースはどう振舞うべきなのかを
そして近いうちにそれを生かすであろう



スプリンターが目指すポイント賞ジャージを着たのはエバンスであった
そもそもスプリンター残ってたっけって感じで
このエバンスジロの途中で随分体調を崩したという
それでいての、皆さんご覧になられたであろうこれまでの走りである
僕は先日虹の赤にマリアパッショーネいわゆる情熱が嫉妬したのではないかなどと言ったが

情熱がほとばしりすぎて赤い部分が広がったのであろう



フムーン山岳賞はマシューロイド
ツアーオブジャパンにもきてたらしいありがとう
この人ってなんかやっぱり数学者っぽいですよね、
何気に一緒にマクドナルドとかで食べてたら
「ハッ解けた!解けたぞ!」と突然テンションがあがったかとおもうと
一心不乱に紙ナフキンにわけのわからない数式を書き連ね
バッをそれを突きつけてきて
「なっ!?」
って言ってきそう。僕数学できないです、、、。




新人賞はリッチーボート


っていうかオーストラリア人ばっかやーん
強いなーオーストラリア人


以下今年のジロまとめ読み!






































































リッチーごめん!
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 l

<< ジロデイタリア2010 第21ステージ | main | ツールまでは休み >>