主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2010 第17ステージ

 


ハア

LE TOUR 

でしたねえ、、、

霧がねえ
霧がよかったですね。
霧の中の決闘。

無限にも思える 深い霧の中の戦いは

これは夢想かと見紛うほどに

鮮烈で昴るく

朧げな視界とはうらはらに


私達の心に深く刻まれたのだ。

ねえ。
この戦いは深い霧と共に後生に語り継がれるであろう
そのときこの深い霧が
どのように誇張され
どのような意味を付加されて語り継がれるのか
僕にはそれがねえとても楽しみと言うか。
そこいくとやはり二人のまわりのバカ観客
裸で走り回ってるような輩。
あれもねえ必要だなあと思った次第です。あれあっての

LE TOUR

なのかな。激しい戦いを繰り広げる選手らの後ろでわあわあ言ってる。
選手にぶつかるかぶつからないかの瀬戸際で走り回るファンら。
選手からしたら邪魔以外の何者でもないだろうけど
あいつらがいなくなったら随分さみしいなあ
あいつらがいなくなったら「ツールの選手ら」がこんなにもかっこよく見えただろうか
深い霧の中そう思いました。
ただ
コンタドールに対して先日のアンディのアレの件でブーイングをしていていた観客らもいたみたいだ
彼らに対してはもう僕は汚い言葉をたくさん浴びせたいけど
アンディとコンタ
この二人の戦いのあとで
それがいかに無意味かを僕は知っている。
いい戦いであった。


l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 第17ステージ l

<< ツールドフランス2010 休息日2 | main | ツールドフランス2010 第18ステージ >>