主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2010



ハアーおわちゃったねえ

ツール期間中は毎日夜遅くまで起きて翌日つらいし
けどいざ終わっちゃうとさびしいのがツールですね
って毎年言ってる気がするけどね、、、
もう毎年言ってもいいじゃない同じ事を
定型文として保存しておけばいいじゃないっ

特にぶっちゃけ今年はよ僕としては
「もうここで終わりでええんちゃうのツール」
とか思うほど結構心が離れかけたというか。
多くの選手が第一線からいなくなりすぎた今年のツール。
序盤の石畳だの雨の大落車だのその他で
今年のツール、グランツールはのろわれてるんじゃないかというぐらいのケガ人っぷり
ランスが早々に戦線離脱したっていうのももちろんありますよねやはり、、、
ランス対コンタ
ですから、僕が一番見たかったのは、、、そこにエバンスが食い込んでくる感じの、、、
それがかなわず、別にもう結果決まってるやんといった今年のツール

だと思ったら終盤のアンディ対コンタドールであったねえ
二人だけの魂と魂のぶつかり合いの戦い!
ぐらいだったっけ今年のツールは




今年のマイヨジョーヌは
「出たグランツール」5連覇中のコンタドール!
出たツールドフランスは3連覇中!
去年は御存知ランスチーム内でのダブルエースの確執の!
で最終日の表情も硬かった感があるコンタドールですが
今年の幸せそうなコンタドールを見ましたか!
チーム全員でシャンパンで乾杯とかしているんですよ信じられます?
アアー
すいませんヴィノクロフさん
ヴィノクロフさん疑ってすいません。またダブルエースとか期待してすいません。
いやここでいくはずだヴィノはコンタを置いて行くはずだ!とか思ってすいません。




なぜか一番勝ってる人が着れないマイヨヴェールはペタッキさん。
去年のハスホフトのようにコツコツためた印象もなく
あーあれ?ペタッキなんや、あー、そう。といった個人的な感想で
いいかげんカヴェンディッシュとれよマイヨヴェールを!



あー名前はよく聞いた気がしますという感じの山岳賞のシャルトー
すいませんブイグテレコムは正直ユキヤ以外いていないようなもんでした。
っていうかひけよゴール前でユキヤを。



最後の最後にコンタと熱い戦いを見せたアンディシュレクが人生最後の新人賞。
来年から狙うはもちろんマイヨジョーヌだ。
「お兄さんがそうそうにいなくなったのがよかったのではないか(去年は兄を待つばっかりにチャンスを逃していた感があるので)」と言う声も聞かれるが
チームの構成も難しくなりそうだぞアンディ
個人的にはいらないと思うぞフランク。アンディ



そして最下位!ランタンルージュはマロリン。
4時間遅れというステージまるまる一個分ぐらいの遅れで無事完走お疲れ様でした

ハッ
そういえば今年は全然ユキヤを描いてない。
これはね!正直なところユキヤが期待はずれだったという!
言ってしまう!期待はずれだったよユキヤは!
たしかに6位に入ったり、(ブイグの意味不明な作戦で意味のわからないところで)ブイグを、
集団を引っ張ったりしていたし「活躍した」とは言えるんだろうけど
違うんですっ
ユキヤはっユキヤはそんなタマじゃないんですっ
お疲れ様でしたよくやったねえとユキヤに声をかけるのは親族だけでいいのではないか
僕は!「あそこでもっと行ったほうがよかったんちゃうんか!」とか
「チームに従うだけが選手ちゃうやろがー行かんかーい」とか言ってやりますよ!ええ!
本人が目の前に来たらね!そりゃあねえ僕は
とりあえずサインとかをね
ねだるでしょうねえ、、、。
そして「6位すごかったですよお」とか言うでしょうねえ、、、。

しかしながら間違いなくユキヤは「これからに期待」だ。
それは慰めとか諦めではなく
間違いなくっ

「これからに期待ユキヤ」

これから彼が何をするのかが!大変楽しみだ!
あれだ、、、3位以内。
3位以内に入らんかったら書かん!(何様!)


以下今年のツールの4コマまとめ読み!
ボーナストラックも2個あるよ!
 































































l カテゴリー:ツールドフランス2010 l

l ツールドフランス2010 l

<< ツールドフランス2010 第20ステージ | main | 2010!第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川 TR >>