主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2010!第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川 FR



※恵那峡SAで仮眠をしたのですよ。



ということで
先週7月31日〜8月1日に行われた

第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川

にいってきました。
JツアーいわゆるTRカテゴリーも行われます。
僕が行ったのはこのTRとそしてFRとERがある8月1日のほう。
前日にはBRのレースが行われましたが
完走率18%だったというそのコースの実態とは!
「第1回」が示すとおり、初めてのコースで行われるはじめてのレースです
初もの好きな僕としては大変興奮しております。

どんなところで行われるかというと上のようなのどかな風景
りんごですねえ果樹園が一帯に広がり緑豊かで静かなところでございます。
みんなレースをする事よりもこの田舎でのんびりしようと思ったから完走率18%だったのでしょうか
はたしてはたして。


このコース図とかコース説明を参考になさい
スタートや表彰式等は本コースからは離れた清流苑の近くで行われまして
8時半小学生どもが夏休みのラジオ体操をするころにレーススタート。
この清流苑にねえけっこう駐車場があって
一般人でも
朝早くしれっと行ったら、とめられたのかなあ、なんてことを思ったりして
ただ当日は一般観戦者用の駐車場がコース近辺に用意されていたので
僕はそこにとめましたけどね!
松川ICからすぐそこ。
早く着いたのでコースを折りたたみ自転車でちろーっと回ってみようかなあと思いましたが
最初の登りでやめる事にして引き返しました。



スタート前少しでも日陰に入っていたい女性のみなさんと日向で遊ぶ女の子ら

\若さ/

朝8時といえどももう十分暑い、2,3時間車を運転してきただけの僕でも
「もう今日はだめかもしれない」と思うぐらいの暑さ。
長野って涼しいって学校で習ったのに、、、。



女子カテゴリーJフェミニンいわゆるFRカテゴリー
断トツ一位でリーダージャージを着ていらっしゃる
西塚 優美選手 SQUADRA CORSA cicli HIDE
唯一全18戦に出ているがんばりやさんだ。
メットカバー、ガムテープで「5」を消してる。
なんとかならないかなあこのカバー。



さあいよいよスタートとなると清流苑(多分)のひとたちがやんややんやと出てきた。



レーススタート!
と同時にパパパンと上空で花火の音フウーフ!
イイヨイイヨーテンションあがる!



スタート地点からコースまでは離れているので、
スタートを見守ると補給要員および観戦者達はせっせと歩いてコースに向かう。
僕は車に積んできた折り畳み自転車ですいすい進むよ勝った!
勝ったぞ!車に自転車を積んで行く!なんて便利なんだ!



FRと同時にERという男子下位カテゴリーも行われますね。
このERにはなんとまあ片山右京氏(左)も出ているんですよ
いや
片山右京選手!が!
このあと東京でF1の解説!どんだけやねん!
どこにむかってるねん!
あと先頭を引いているのが小山選手(ミノムシ市川)15歳!
まあこのあと結局5位になるんだけども脚ほそ!
バーテープ金色!



1周目のFRの上位の皆さん
待てど暮らせど西加南子選手が来ない
アレーあんひとが後ろの方にいるわけないねえハッ落車でもしたのかしらっ
と思っていたら場内実況「西加南子選手が単独で逃げている」とか言うし
アレーいましたか、見逃しましたか、と思っていたら



メットカバーが1周目の下りで脱げたのだという。
イヤーなんです、メットカバーって言うのは大変わかりやすいですね、
もうFRはカバー着いてるもんだと思ってるから
見逃すねえ、、、。



2周目には逃げる西選手に金子 広美選手(イナーメ・アイランド信濃山形)が
追いつこうと試みているう
後ろには巨大扇風機がありますね。
僕はこういうのは茶畑にあるもんだと思っていたら、
果樹園にもあるんですね。もうどっち見ても果樹園!りんご!というコース。



メットカバーもとれてルンルン気分で単独一位を独走中の西選手
金子選手は結局追いつくことが出来ず単独2位をせっせと走る。



りんごはまだまだ青いものばかり。
このうちのひとつをちょっ、ともぎって食べてみると、まだしぶいねえ。
うそです食べてません。きっと怒られるから食べてません。
ねえねえ青りんごっていいますね、青りんごっていうのは赤くなる前のりんごなのですか?



「ちょちょちょちょ、西さんヘルメットのカバーつけてもらえまへんか」

「えっやだよ、しゃーないやん勝手に外れたんやさかい」

「そういわれてもねえ決まりなもんやさかい」



「大体なあ!ヘルメットのカバーいうんが私は気に食わへん!
ヘルメットのメーカーが空流だのデザインだのにどれだけの時間と労力をかけてるおもてるねん!
それをねえ一気に台無しにしてるんとちゃいますかカバーが!」

「そうはいうてもねえ決まりだもんでねえ、止まって付けなおしてもらえまへんか。」

「えっ止まってとかありえへんにゃけど!いま私逃げてるんやけど!」



「そうはいっても本部がそうせえ言うてはるさかい、ここはひとつ僕の顔を立てるおもて…」

「もーありえへんわー!」



つけた。

ってまあ上の所でそういう話をしてたのかはわかりませんが
すくなくとも関西弁ではないと思いますが
見てくださいこのカバーのがっかり感
上の脱げてた頃の、あの頃の加南子とくらべてください
かっこわるいねえ
下は本気モードだから余計にこのギャップが「お遊戯会」的雰囲気をかもし出している。
しかも暑いらしいしやはり。暑いしかっこ悪いしどうにかなりませんか、、、。
まあそれは現状のルールだからしょうがないにしても
「止まって付けなおしなさい」とは本当に言われたそうだ
逃げて勝利を狙ってる選手にね!
そりゃなんですかどこかが壊れてるとかすごく危ない状態なら「止まりなさい」いうのはわかるけど
「メットカバーを付けなおすため」に
逃げて勝利を狙ってる選手に「止まれ!立ち止まれ!」っていう審判の裁定
もうちょい融通きかんかなあと考える次第であります。
結局乗りながらカバーを付けたらしいけど。
だから裏表逆だけど。



その後ろで単独2位の金子選手
1位との差は少しずつ開いていく形
前も見えない後ろも見えない一人でこの暑くてきついコースを行く、、、。



そこからだいぶ開いて3位集団の西塚選手と唐見 実世子選手(MUUR ZERO)
その後ろには間隔をおいてぱらぱらと選手が続いていく感じでERもFRも進んでいく。
暑い、、、。
よ、よう走るなあ選手らは、、、あ、あれだねえきっと
僕は立ち止まっているから余計暑いんです。
選手らは走って風を受けているでしょう、だから涼しいんです。
えっざけんじゃねえ ただのサイクリングしてるんじゃねえぞって。
はい ごもっともです大変失礼しました。



ゴール地点付近には屋台がたくさん!泣ける!
今まで僕が行ったJツアーのなかでこんなに!
こんなにっていうかそもそも屋台があったステージはが思い当たらない?
ないよな、、、一個ぐらいはあったけ、いや多分ない。
TOJとかジャパンカップにはあるけどJツアーでは初めて見たかも。
聞く話によると、長野のレースは大変地元の人がよくしてくれるそうだ。フーム。
フランクフルトとか!カキ氷とかクレープとか泣ける!



「桃ひとつ無料」とか!考えられへん!泣ける!
考えられへんすぎて、この前を何度も行き来したミユキさんである。
おずおずと「ほほほほ本当にいいんですか」と聞くと「どうぞどうぞ!」といってくださる
もしかして聖人の方ですか、、、

アアー冷たい、よく冷えている。
無料で配ってるんだからどうせしょうもないものだろうとお思いですか。
僕も思ってた。しかしねえ全然しょうもなくなかったね。
おおぶりでねえ、皮がするーっとむけますね、
日陰に腰を下ろすミユキ。
皮をする、する、とむいていきますと
それだけで果汁がちろろとこぼれます。
あらわになる豊潤なその実よ!
そこで迷う。もう今いっちゃうか、いや全部むくべきだろうか。
個人的な嗜好の話を申しますと
僕は桃をいただくときには全部むいてから食べたい派です。あなたはどちらですか。
もう我慢ならんっと3分の1ぐらいをむいたところ
一心にその果実にむしゃぶりつく。
おお、
おお…。
口の中いっぱいにひろがる桃の果実!ごくごくと
ごくごくと桃の果汁である!ああ。冷たい。
炎天下の中を歩いて火照った体に、冷たい桃をいただくしあわせがあなたに理解できようか
否っ
こればかりは実際に経験しなければ理解しがたい喜びであろう。



食べきって思ったのだが
これが「しょうもないほうの桃」だったらどうする。
長野のやつらはこれ以上の物をほいほいと持っているのではないか
「のどが乾いたなら桃でもお食べ」とかなんじゃないかと考えると
ミユキはしばし戦慄し
さっきのお兄さんが農協のも見に行ってくださいと言っていたけど
農協ってどこなのかわからんと
コースに戻った。
あっちなみにこの流れはTRのときのです、、、
何で今はさんでんって話ですよねウヘエ



さっきのコース図の5番あたりの登りを踏んでいく単独一位西選手
袖には去年日本一をとった証、日本国旗が誇らしげだ。
あー桃あげてください、
選手らに桃をあげてくださいつめたい桃を!



でもせっかく屋台とかがすごいいいのに、
見てる人が少ないのが大変残念だった。
ぜひみなさんには行けるところがあったらぜひ生で現地観戦行ってみて!と言いたい。
やっぱねえゴールのガッツポーズとかの後ろに人の列がないと。折り重なる人の列がないと。
写真の話かよとか言う話じゃなくて
そういう「結構見に来てる人多いんだなあ」っていうのが結局
企業がへえー自転車ロードレースのスポンサーになるか!って思うところなんじゃないかしらねえとおもうわけ
ちゃんとしたスポンサーがつけば選手が選手できる環境も出来てくるだろうし
そうすると日本人が世界で活躍しやすくなる環境ができるんじゃないでしょうか。
現地観戦で生のレースの雰囲気を感じて、
なおかつTVで見るようなレースに日本人が出る可能性が増えるっ
こんな一石二鳥、他にありますか。ないです。
皆さんお近くでレースする場合はぜひ見に行きましょう。
この場合の「お近く」とは「都道府県を一個またぐぐらいの距離」ですよ。えっ。



ほぼ最初から最後まで逃げ切った西加南子選手(LUMINARIA)
わあわあガッツポーズそんな前の方でやるとはわあわあ



その後さっきのコース図の5番方面にフンフーンとクールダウン的なアレに向かい
そしてまた戻ってくると
「おーい!降りろー!自転車から降りんかい!」
とコーススタッフに怒鳴りつけられる西選手(今日勝った人)
フムー活字では伝わらないかもしれないけど、こう、その場の雰囲気的には、

「なに自転車のって坂おりてきとんねんアホかボケ降りんかい頭おかしいんか」

ぐらいの意味を持っているのではないかと思ってしまうぐらいの怒鳴りっぷり。
まあここはコースなので自転車に乗ってたらあかんのかもしれんけど
(もうちょっといいようあるやろう)という周囲の雰囲気
僕はこれほどまでに一斉にみんなが苦笑いをしたのは初めて見たかもしれない。
選手に対して、もうちょっとリスペクト、尊重のまなざしがあってもいいのではないか。
選手であることを知らないのかもしれないけど
それであってもあんな、、、怒鳴らなくても、、、。



(ウフフフフフフフフそれが今日の勝者で元日本王者で女王たる私への態度かフフフ)
と怒りを押し殺す西選手(想像です)

そして一位になった人への商品が!清流苑の宿泊券と
桃!桃5キロ!
その他賞品も結構いいモノっぽくて
いかにこの大会がみんなでいい感じにしようぜという雰囲気があるのかがわかる。
ハアハアしかし桃、ええのう桃、農協どこですか、、、。



他の写真もアップしたので見てねえ

Flickr:全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川 2010 FR ER


次はいよいよTR!

続きを読む
l カテゴリー:Jツアー2010 l

l 2010!第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川 FR l

<< 2010!第1回全日本実業団サイクルロードレース in 南信州松川 TR | main | いよいよ開幕! >>