主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフクオカ2010 1



第一回!

ツール・ド・フクオカ

に行って来ました。

ツールドフクオカ2010。

実際の所、僕近畿に住んでますやん、福岡とか遠いですやん、
行くか行くまいか迷いました。
自転車ロードレースというと、やはり僕としてはジャパンカップよりも「実業団レース」の会場のイメージが強いわけで、まして、このツールドフクオカはその実業団よりもまあなんと言いますか、参加チーム的には「しょぼい」わけじゃないですか、僕はまず心配になりました、ええのか、そんなにたくさん屋台とか出していいのか、来るのか、観客来るのかなあー来ないんじゃないの?実業団レースとか見たことある?閑散たるものになるんじゃないかなあー、そんなものを僕は何時間も何万もかけて見に行く必要があるかなーないんじゃないですか。
とか迷ったんですけど、今年のロードレース観戦の締めくくりとしてっ
あと博多のラーメンとかを食べたいと思ってっ
不安とちょっと後悔を持ちつつ新幹線に乗って博多へ(指定席とったやつ乗り遅れた)



結論から言うとこれだから!この観客の数!
もちろんこの人たちは「全員レース観戦のためだけに来た」わけではなくて
ツールドフクオカの一環として行われた「シティライド」、福岡市内のチェックポイントを自転車で回って景品とかをもらおう!というイベントのついでにここに来ましたっていう人もいようが、観客であることには間違いなく、彼らはレースを見ていたわけで、この観客数は、日本ロードレース界の中で1日あたりでいうとジャパンカップの次ぐらいの多さではないか、ツールド北海道とかツールド沖縄とか行ったことないですけどこれぐらい集まりますか?
ツアーオブジャパンなら同じぐらい来てるかもしれんという気もしてきた。
しかしながら、少なくとも日本ロードレース界ではまれに見る観客の多さに僕は感動した!



ツールドフクオカのレースイベント「クリテリウムDEアイランドシティ」は博多の北の方の埋立地アイランドシティで行われた。
この真ん中の長方形の道路がコース
一周も短いし単調なコースだけども、やはりロードレースになじんでない地域、むしろ日本全域、ぐらいでのレースはこういうコースの方が見ているぶんにはわかりやすくていいなあとは私常々思って降ります。坂とかあっても大体の人はコース上何箇所も回らない事が多いですからね、、、しかも今回はプロの場合一周2,3分でまわるから次々に集団が通る。待っている間の暇がなくて楽しい。



福岡タワーから見るとこんな感じ。
こんな感じって言われても。




シティライドのゴール地点。わあーなんか本格的!
若いおなごとかにきゃあきゃあ言われるぞ。
ゴールしたら色々貰えるらしい。参加したいというねえ気持ちはあるんだけども、輪行(自転車持って電車や飛行機に乗って遠くに行くこと)とか重いじゃないですか…



クリテリウム一般男子の部で優勝した人はなんと北海道からおこしの18歳!飛行機で輪行してなおかつレース!
アアーすいませんすいません僕なんかは新幹線で来れるのに重いとか言って逃げてすいません。
プロを目指してるって言うたはったから、どうかしらねえ、これからよく見る顔になるかもわからん。



アイランドシティの象徴的存在アイランドタワースカイビル!
この三つの棟の中央に三段あるフロアには木とかが生えてるんですよ。
ドバイかよ。ドバイの近代ビルかよ。



会場ではBMXのイベントなども行われていて大変楽しかったです。
あまり期待していなかった僕を強くぶってください。



2人の子どもを飛び越えるおBMX兄さん。
このあともう1人くわえて3人を飛び超えるお兄さん。
もうよせばいいのに、初開催なんだからなんか事故があったら大変なのに、
という会場の雰囲気をおしきって



4人を飛び越えるお兄さん。

子ども達は無事でしたよかったねえ、こんなに小さいのに生きてる事を意識できてよかったねえ。



そのBMXの裏でいつの間にか開催されてたママチャリレース!
ちょっと見たかったのに!ママチャリでのスプリントとか見たかったのに!
この人は多分最後尾の人!



多分シティライドの参加者の写真かな?
いいねえたのしそうだねえ



屋台がねえすごかったんですよ。
カレーから
タコスからパンからタピオカからオムライスからラーメンから、あとなんだ、なんとか焼とか
充実の品揃えに泣いた!
左に見えるのはテーブルとイスがあってそこで食べられるテントだ。
充実の設備に泣いた!



奥にトイレがあるのに仮設トイレを用意する心意気に泣いた!
実業団のレースなんかはトイレという概念がないから(そこまでではない)



物販コーナーとか



2WDの自転車!シクロクロスに使えるのではないか(多分ルール上ダメだ)



味噌汁の試飲に泣いた!



この多めの許容量に泣いた!(時間が経つにつれここにも自転車が止められていきました)



いわゆるフィニッシュラインがある側、ホームストレート側のメイン会場からちょっとはなれたところにスピーカーがあって、遠くにいてもレース実況が聞こえるこの心遣いに泣いた!



11時ごろ、プロレースに出る選手達も集まってくる。
マトリックスの車、奥にニッポーの車も見えますね。



そして車いすレースも行われた!ウヘエー初めて見た。
こういうイベントでここぞといろんな事をして見るのはいろんな業界にいい事だなあと思う。
ついでにいろいろ見れる、っていうのは楽しいですね。



タイヤにバンクがついておるねえ
そしてカーボンでディスクホイールでしかも一台あたり二輪×4だから
すっごいごろごろごろごろ言う。筋肉!



戦闘機といった趣!
サイコンとかもつけているようだ。



\六甲山/



最終周回のコーナー。
4人、4台並んでごろごろごろごろというかゴオオオオオオって行くのには大変しびれました。



スプリント!
翼を広げる鷹の如し!



手にすごいのつけてる。
こういう車いすとかってやはり特注品なんだろうかねえ



その次に行われたのが企業対抗レース!
地元の企業の人が1人1周×5で争うリレー対決だ。
使用するバイクがチームや人によってそれぞれ違って、
まじめに普通の?ロードレーサーを使うチームや



宣伝をかねるチーム…
このようにわいわいきゃっきゃする感じの企業対抗レース。
写真はこのレースに5チームも送り込んできた福岡和合病院チーム人間ドッグ?



和合病院別チーム。多分リハビリ科の人か…。
多分うしろにのぼりを付けてたんだろうけど風でまとまって貧相な事に…。
この「ちゃんとした自転車用ヘルメットとかもってない」感!



企業対抗レース、ある意味で主役だったのがこのチーム佐川急便だ!
配達用の自転車で参加、予想どうりの遅さでダントツの最下位!
ライダーは何がECOだ!ふざけやがって!と思ってたにちがいない…!
次回はぜひ「レース仕様配達用自転車」を開発して乗り込んできてほしい。



荷台部門(そんなものない)(そもそも他には佐川だけ)で圧倒的な強さを見せたえーと
なんていうチームかはわからないんですけども
フエーこれ二輪しかないのかねえどうなってるんだ怖くないのか。



スタートゴール地点では選手交代でわいわいきゃっきゃしている。
みんなの生暖かい声援を一斉にあびる佐川急便。
みんなが5人目の走者になった頃に3人目。合掌。



この企業対抗レースが終わったらプロレースのはずなんだが…
ハッこのままだとあれじゃないかーっ!
屋台で食べられんじゃないかーっ!と
企業対抗レースはそこそこに屋台へ…
一幸堂だったけ、有名らしいところのラーメン。
実はこの前日3杯ラーメン食べてからのこの1杯。
おいしい…外で食べるとんこつというのもまたおつなものよ…。



プロレースは佐川待ちかー!!

「出かけたいんだけど午前中に荷物が来るはずだからでかけられない、早く来いよ佐川!」
みたいなことかー!
そもそもチーム佐川急便は5人全員走ったんだろうか…。

佐川が会場の雰囲気を温めたところでレースはプロの世界へ

続きを読む
l カテゴリー:レースレポート! l

l ツールドフクオカ2010 1 l

<< ツールドフクオカ2010 2 | main | 2010 全日本シクロクロス選手権 男子 2 >>