主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

Jプロツアー 2011 第2戦 白浜 決勝前



そういうわけで

JBCFロードシリーズ特別戦 東日本大震災不屈支援大会 白浜エアポートクリテリウム

に行ってきました。

JBCFロードシリーズ特別戦 東日本大震災不屈支援大会 第2戦

とも言えようか。
この大会も前回の舞洲と同じで、震災の影響で中止になってしまったレースのぶんをなんとか関西でできんもんか、と急遽やることになったレースなんであった。
文字通り空港でやりますが、実際に飛行機が離着陸する滑走路ではやりませんよ。危ないですからね。
今運用されている南紀白浜空港の隣にある旧白浜空港滑走路を使った、
今回もほぼ直線でほぼ平坦で見渡しのいい周回コースだ。



会場に着いたら
アアーこれはあれじゃないですか、あれでしょう、
ツールドフクオカでも使われてたやつでしょう!
ただここはスタート地点でもフィニッシュ地点でもない(もしかすると知らないところでそういったイベントがあったのかもわかりません)けどもにぎやかしとしては大変よいと思いますありがとうございます。



JCBFのレース以外にもコースの半分を使って市民レースが行われてたりしてたのもあってか僕がいった9時ぐらいには駐車場がいっぱいですなどといわれ外側に車を止めさせられた。
ウムなかなかの人の集まりよう、実際のレースは何人ぐらいが見るかな…?
などと思いながらコースに向かいます。



なんかの(なんかのって)取材に答えるシエルボ奈良の辻貴光選手兼監督。
舞洲は出場しなかったが、このレースには出場、トップカテゴリーでのシエルボ奈良として初レースなんだった。その初レースがチームが初レースで獲った総合一位ジャージ、いわゆるルビーレッドジャージとともに挑むレースとなった選手兼監督。
二戦目をどう戦うのか!



コースではE1、E2(JPTの下位カテゴリー)の予選レースが朝早くから行われているのだった。前レースの舞洲はレースイベントが土日に分かれていて、土曜日のJPTのレースしか見てなかったから、僕としてはこのE1,E2というのは今シーズンはじめて観るわけですけど、正直なところ僕の意識はよそに行っていたと申しますか、だって、



うわあん><
スーパーカーだランボルギーニだランボルギーニ!
ランボルギーニがぼるるんぼるるんいわせて会場にどんどん入ってくるもんだから



ランボルギーニだけじゃなくてフェラーリやベンツの速いやつ(そんなに詳しくない)とかがどんどん押し寄せてきて、その数20台以上!?が一同に介して時々エンジンをかけてビューンビューンとふかしたりするもんだから、
まあ、しょうがないですよね、そっちに目がいってしまうのは…
下位カテゴリーの予選とかね、
まあ



気がついたら下位カテゴリーの予選が終わっていて
いよいよ
JPTの予選が始まる時が来ていた!スタート地点に向かう選手ら。
左の黒いジャージの人は藤岡徹也選手、ツールドフクオカで勝った人ですね?
ですね?



小坂「今日やっぱり狙ってますよね、やはり逃げですか?」
辻兄「んー?全然狙てへんよ?もう前に勝っただけで満足よ?だから今日逃げても全然無視してええよ。」
柿沼(…。)
辻弟(兄ちゃんあからさまや。)
小畑(こーいつわかりやすい嘘ついとるで)



前回の舞洲では「新参」シエルボ奈良にしてやられた宇都宮ブリッツエン。
前回と同じクリテリウム、同じようなシチュエーションのこの白浜ではその雪辱をはらしたい。
そしてルビーレッドジャージを死守し、その実力をたしかなものとしてしらしめたいシエルボ奈良。JBCFの総合は「タイム差」ではなく「ポイント差」でつくので、なんとしても上位、勝利を目指さねばならぬのだった。前回のようには決して行かぬだろう、どうブリッツエンと戦うのか!



とは思うものの気持ちはあっちに行っちゃってるのだった
だってえタイムスケジュール的にはあれらが何かする「スーパーカーのイベント」がJPTの予選とかぶっているんですよ!「なにかがある」ことしか知らないんですよ僕は!
何するんだよ!いつするんだよ!気になるなあ!!



ってことで予選第一組が終わって。
後ろのほうのブリッツエンは辻選手ですが、遅れたわけではなくて「規定周回で一位通過したらゴールの順位関係なく予選通過」を適用されたから余裕をもっとるんです。
確実に狙っていくなあ。
そして澤田選手シエルボ奈良も頻繁にアタックを仕掛けていたが、それはうまくいかなかったようだ。



「丸山さんもう並んでますよ!」
「フッ…」というお二人。
そうなんですシクロクロスでおなじみの丸山厚選手も今回はロードレースに出場。
ロードレースでも素手!


なんか世界限定生産らしいディアブロ!

とかいってたらスーパーカーのところに人だかりができていたもので
ハッと、そちらに行ったらなんかトークショーをやっていたのだった。
よく見たらそのトークショーで話してるのは、もはや自転車のほうでおなじみの片山右京じゃないかーッ!
来ていたのか右京さん。なんか妙に豪華だぞ白浜。
モナコでランボルギーニで事故った鈴木さんのことや、貧乏なのにフェラーリ買って住むところがないからフェラーリの中で自炊していた人の話などスーパーカー的な話をしつつ結果的に自転車の話に持っていってしまう右京さん。



あうあう



ふむふむ






JPTの予選2組が終わると、各スーパーカーがコースに出て行くのだった。
アアーッやっぱり…!やっぱり走るんですねえ…!
ビューンビューンを官能的なエキゾーストノートを響かせるフェラーリさんたち。



とろとろと走りながらどうもどうもと右京さん。
フームやはりこういった感じのパレード走行なのかな、まあしょうがないよな、
フェンスも何にもないところでスピードは出せないよなあ



って出したー!スピード出したー!

話によると、この滑走路の直線でスーパーカーさんたちは時速220キロ出したそうだった。自転車レースのおよそ5〜6倍です。
モータースポーツではそれぐらい出すマシンは何度も見てきたけども、モータースポーツはサーキットでマシンとは十メートル以上は離れててしかも頑丈なフェンス越しなんですけど、今回は文字通り自転車ロードレースの距離感でスーパーカーに220キロ出されたもんだから、そんなことは初体験で、たまったものではなかった。
しかも中には併走する車もいて、その迫力たるや筆舌に尽くしがたいものであった。

送信者 白浜2011

筆舌に尽くしがたいので動画とかも撮ってみたんですけどいまいちですね…
このゴミはカメラの内部のものです…近いうちに修理に出します…。

このスーパーカーイベントはJPTのレースがなくなったので、客寄せで企画されたイベントだったといいますが、今回は急遽JPTのレースも行われることになって、今回のようなスケジュールとなったわけですが
そのきっかけは別にして、僕としてはもう本当にすごくよかったです。
スーパーカーと自転車レースが見られるなんて…
僕としては普段からこういうのをできるだけやっていくといいなあと思いました
自転車のイベントっていうとやはり「自転車的なもの」をサブイベントとして持ってくるのがほとんどだと思うんですけど、こういう「自転車とは違うもの」があると、観るほうとしてもメリハリがつくというか、いろんな人が見に来るなあ、楽しいなあと思った次第であります。




屋台がね!

屋台がなんかすごかったですよ。もうこれはプロ級の屋台ですよ。僕は大変感動したね。
去年はここまでのものはなかったのに。すばらしい。


熊野牛すじカレーをいただきました…。

やっぱりイベントって屋台があるかないかでそのオーラが全然違うじゃないですか…
ただ「普通は自転車レース会場に屋台はない」というのが来る人の大前提なので
「屋台があってもコンビニで買ってきてるから屋台で買えない」っていうのが多いかと思います。残念ですね。
レース会場にはその日に食べなくてもいい日持ちがするものを持って行っていただいて、
屋台があったらば、なるたけ屋台で食べていただく形にしていただければと思います…。
アアー満足した、スーパーカーにカレーに満足した、
イヤでもなんか忘れてないか、



\女子がスタートしてた。/

スーパーカーのイベントからいくらか時間があっての女子スタートだと思っていましたから、そこはもう本当にすっかり忘れていたといいますか、まあ忘れてはいなかったんですけど、まあなんといいますか、ちょっと頭になかったというか、



僕にとっては今年初女子ロードレースである。
このJBCFではこの女子のレースのことを「Jフェミニンツアー」と申します
前の人が針谷千沙子(はりがいちさこ)選手サイクルベースあさひです。
現在全日本タイムトライアルとロードレース日本一の萩原選手と同じチームです。
後ろがシルベストの堀選手です。
先頭を走るのは大阪に拠点を置く自転車店同士の戦い。
堀選手はレーパンがいつもより短いのでしょうか…



その後ろについていこうとするのが坂口聖香(きよか)選手、
今年からレディーゴージャパンに新加入した選手です。
15歳です。
15歳…。

\中学生/

もう高校生かもわかりません。
前回の豊洲で勝ってJフェミニンの総合リーダージャージ「シスターローズジャージ」を獲得した豊岡英子選手、2位だった西塚選手が今日は来ていないので、うまくやれば今日シスターローズジャージを着ることができるポジションにいるのだった。



この二人が淡々と先頭を走り続けます。
シルベストの監督的な人(的な人って)は「ポイントは全部やれ!!!」と指示していた。
ゴールまで一緒に逃げる作戦。



そこから少しづつ遅れていく単独3位の坂口選手。



ばらばらと散っていく女子
「いつもの速いやつ」と「それ以外」のレースになるのが女子のレース。
そこの君!自転車やらないか!



そしてゴールスプリント!
針谷選手と堀選手の一騎討ちだ!



ムオーッ



針谷選手の勝利!



そして坂口選手は3位でゴール!
これでJフェミニン総合一位となって、
シスターローズジャージを獲得!15歳!
シスターローズ着用者的な順位史上最年少とかにはならないんですかね15歳…。



JBCFのレースの横で行われていた自転車レースなどの表彰式で踊る親子
この人たち全員JBCFのレースを見ていっておくれえ。



決勝レース前アップする宇都宮ブリッツエンのみなさん。



戦いへの準備を進めるシエルボ奈良のみなさん。



続きを読む


l カテゴリー:Jプロツアー2011 l

l Jプロツアー 2011 第2戦 白浜 決勝前 l

<< Jプロツアー 2011 第2戦 白浜 決勝 | main | マリモミユキ >>