主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジロデイタリア2009第21ステージ

 menchov

雨のローマで。

五月雨を
あつめて早し
選手かな

メンショフとディルーカの差、20秒。

確かに普通に考えればメンショフがもう9割がた有利であるものの
今年のジロを見てた人で、特にメンショフファンでない限りは
ディルーカを応援したくなるのは自然の流れ水の如し。
ふりだして、いったんやんだ雨は
二人を祝福するのか、あざ笑うのか、
ディルーカとメンショフの番になった時にまた降り始めた。
行くしかないディルーカ。
行くしかないメンショフ。
うむー見事である。
両者見事な走りっぷりである。ほめてつかわす。

そうはいっても心の中では
「こ・け・ろ」。「こ・け・ろ」。とメンショフにこけろコールであった。

「こ・け・ろ」。「こ・け・ろ」。

そしたらディルーカが勝てるのに、そういったあんばい。
しかしディルーカがゴールし…
メンショフ残り1キロ。
だめだったかー。ちゃんと走りきったかー。
こけなかったかー。残念だ。
まあメンショフも卑怯だの面白くないだのひげが濃いだのといわれてるけど
結局メンショフだってダラダラすごして今のジロの舞台にいるわけではない
数多の努力の上に今の舞台があるのだ
なんら卑怯だの暗いだのひげが濃いだのと文句を言われる筋合いはない
讃えようメンショフのこれまでの努力を。
見守ろうメンショフのジロ勝利を。
と思ったとたん、
何にもない直線でメンショフが、




ずるん、




どってーん!




ずるずるずる、、、










アカーン!(宮川大輔)






遠くまで転がった自転車をあわてて拾いにいくメンショフ
自転車自体を交換するように言うラボバンクスタッフ。
クリートがはまってないのにメンショフを押しまくるラボバンクスタッフ。
「あかん、こんなんで総合がなくなったらかわいそうや」
「落ち着けメンショフ、行け!まだ大丈夫やメンショフ!!!!」
と急にメンショフを応援しだすミユキ。
僕と同じような方は結構おられたかと存じます。
うむーイタリアで戦ってるロシア人を日本で応援する日本人。
残り距離にして500mぐらいであろうか
長かったー500mが。
いやあー!こんなんでディルーカがピンク色になってもいやあ〜!
メンショフがかわいそうだよう!
そして、、、
メンショフがゴールすると、結構タイム的には余裕があった。
ち、なんだい、心配させやがって、、、
総合一位を確信し、雄たけびをあげるメンショフ。
まだ停車しきってないチームカーから飛び降りてメンショフに抱きつくスタッフ。
せっせと表彰台を設営するジロスタッフ。
うむーよかった。お疲れ様でした。
ありがとうございました。
ミユキさんもありがとうございました。

l カテゴリー:ジロデイタリア2009 l

l ジロデイタリア2009第21ステージ l

<< ジロデイタリア2009第20ステージ | main | ジロデイタリア2009 >>