主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2011 全日本マウンテンバイク選手権 ダウンヒル


ゲレンデ!平坦に見えるがそれは広角レンズのせいで、平坦だなんてとんでもない、とんでもないぞ

ということで先日7月16日17日に行われました

第24回全日本マウンテンバイク選手権2011


に行ってきました。
ここ数年見始めたシクロクロスでもマウンテンバイクが本域という人も多く
ロードレーサーにもマウンテンバイク出身で速い人というのは結構いるじゃないですか、
それに去年行ったダウンヒルも大変楽しかったので、
大まかに漠然とマウンテンバイクに興味を持ち始めて(観戦に)
全日本選手権にはぜひ伺わせていただきたいと常々思っておりました。



11時過ぎに着いたんですがその頃にはダウンヒルの女子予選が始まっていて
ちょうど末政実緒選手、世界でも上位に入る活躍を見せている
日本ダウンヒル界のトップランナー末政実緒がゴールに向かってくるところであった。
全日本は土曜日にダウンヒル、日曜日にクロスカントリーが行われるのだ。



ダウンヒルのゴールです。
富士見パノラマリゾートというスキー場のゲレンデ中ごろにゴールが設定されています。
その傾斜と設備を利用して、夏のスキー場で行われるマウンテンバイク大会というのは多いんだって。
背景には八ヶ岳(たぶん)の山並みが美しく、
見晴らしもよくて天気もよくて大変気持ちいい!


山へ入っていく。。。
スキー場なのでリフトがあるわけですが、見てわかるとおりスキーシーズンではないので、山の頂上へ向かうリフト一本以外は止まっているので、止まったリフトと森林、どこか廃線・廃墟萌えの食指が動く雰囲気



ここが富士見パノラマリゾートダウンヒルコースの名所のひとつ

ロックセクション

だ。文字通り石の区間で、この写真で伝わらない感が悔しいんだけども、
かなりロックしてるんです。かなりごつごつで、
歩いて通過するのも避けるぐらい、ごつごつで、ここを、自転車で越えていくんですか、
そうですか…やめといたほうがいいんじゃないかな…
ちなみにこの富士見パノラマリゾートには難易度の違うコースがいくつかあって、
全日本が行われるコースは難しいほうで、初心者でもワーイといいながらいけるようなコースもあるはずなので、楽しいコースもあると思うので…



ウワー来たよ!
男子の予選の始まりだ。



越えるかー。!
その大きい岩を自転車に乗ったまま越えるかー!
ひとくちにマウンテンバイクといってもいくつか競技スタイルの違いがあって
これはダウンヒルといって、ゴツゴツのグネグネした山道を下るのがメインな競技で、
バイクの形もダウンヒル用に特化した形になっている。
衝撃をゴソッと吸収する大きなサスペンション、低いサドル、ペダルもフラットペダルだ(いわゆる普通のペダル、足を固定しない)(しかし固定したい気持ちもあるのでペダルにスパイクがついている)
あとは体を守るプロテクターがたくさんついてて、ヘルメットも顔全体を覆うタイプですね。


服の下にも仰々しいプロテクターを着けているという。つけない人もいるという。

ヒョー!

ってまあ写真で伝わらない感が憎い、
岩でゴツゴツなだけじゃなくて、かなり斜度と高さがあるんです、
ここの岩に立って自転車に乗って越えていくことを考えると泣けます。
こけたら岩とかにぶつかるじゃないか。実際こけてぶつかってる人はたくさんいたし。
でもみんな元気に走り出すし。



速い!
そんなこんなの山道を、速い人だと平均時速40キロ以上で駆け降りるのだ。
できたら気持ちいいんだろうなあ、やってみたいという気持ちはあります、
ちょっとでこぼこしてるぐらいの、見通しのよい、広い坂道とかで。。。



ロックセクションほどではないが、コース上にはあまり人が見てないところでも岩や木の根やらがたくさん。
そんなところを平均時速40キロ、平均時速40キロっていうことは、
速いところだと50、60キロ出てますからね、写真を見返すと選手の多くは目を
カッ
と見開いています。やはりナイフのエッジを行くような緊張感の中で、
アドレナリン全開なのであろうな。



こういうところを40キロ…
選手もすごいが観戦する側も体力がいるのがマウンテンバイク。
「コースのあっち側に行きたい」となると、急斜面の道なき道を進まなければなりません。
コースを通ったら楽なんだろうけど、いつ猛スピードの選手が来るかわからないですよ。
カメラを抱えて何度か斜面を滑落したミユキさん。



猛スピード!



と思ってたら目の前で大落車で、左の木にクッションがあるとはいえぶつからはって、
ええー、どうしよう、僕そんな経験もないのに、目の前で大怪我しはって動けへんとかなったらどう対応するべきか、困ったなあと思っていたら
「ちくしょー」といいながら元気に走り去って行かはった。



ダウンヒルはリフトに自転車を積んでスタート地点まで向かうのだ。



といってもリフトは頂上の頂上まで向かう。
スタート地点は山の中腹ぐらいなので、選手らは準備運動がてらスタート地点まで自転車で
自転車っていうかバイクって言ったほうがいいのかなそれっぽいかな
バイクで下りていくのですが、「スタートに行くまでに落車してバイクを壊してスタートできない」という話もあったみたい…。



第4リフトはリフト?ゴンドラ?があるけど止まってるって感じで廃線廃墟萌えとしては高評価ですが、よく見たら「MTB運搬用」と書かれてあって、夏でも使われているっぽい?

そしてその第4リフトの頂上側ゴール付近にあるのが
富士見パノラマリゾートダウンヒルコースのもうひとつの名物



BIG DROP

です。文字通り大きく落ちる。
コースマップにも「自信がないならやめときなさい」と書いてあるほどのビッグドロップ
見ているだけで股間がキューンとなるのだった。



ヒャー
キューン



そんなこんなで予選とマスターとジュニアクラス決勝が終わりいよいよ男女決勝。
それまでいくらか時間があるので、下にジュースなどを買いに行こうかと思ったが、
今までの山の木陰の中から、炎天下の下に出た瞬間、
ゲレンデを下りる、そしてまた登ってくるということに挫折!
いうても想像してください、スキー場のゲレンデですからね、
スキーを楽しむために、結構勾配があって、相当距離ありますからね…
下って登る過程で下で買ったジュース分の汗をかくだろう!
なのでアクエリアスとパンでがまん…マウンテンバイク観戦では水分と非常食は必須です。
水分も500mlペットボトルなどとかわいいことを言わずに大きいのを持って行くといいですね。



いよいよ決勝の始まり!
決勝はロックセクションでずっと見ることにしました。
決勝は予選のタイムが遅かった順に出走する。
これは女子、決勝2位となった中村美佳選手だ。
大抵の選手はこの大きな岩の部分を越えていくが、時々この岩を避けて横を通る選手もいる。どっちが速いのかはわからない。ただなんとなく岩を越えないほうが速いような気もする。安全だし速いような気がする。



決勝3位になった中川弘佳選手。
実際のところ、さっきはコースを歩いたものの、ダウンヒルは定点で観戦したほうが楽しいかも。
コースを上から下まで駆け降りる競技なので、その選手を見れるのは一回だけなのです。
いろんな場所で見るのもいいけど、定点で各選手のライン取りやスピードの違いを体感するといいかも。



そしてやはり優勝最有力候補、末政実緒選手。
これまで全日本を11連覇して世界でも活躍する文字通り日本をひっぱる存在だが、
七月初めのカナダでのダウンヒル大会で負傷して欠場して、不安を抱えながらの今日。
岩を飛び越えるかっこいい写真を撮ってやるぜ!と鼻息を荒くしていたら



アアーこっちですか、こっち通りますか〜。横通りましたか〜。
やはり肩のことがあるから安全策で行ったのかしら
普通にこっちのほうが速いからなのかしら。
そして末政選手は肩の負傷を乗り切って今大会も優勝。
12連覇…!



そして男子決勝もスタート!
しかしアレだなーダウンヒルって絵になるなあ…
この「大自然」と、華やかで毒々しくシャープでエッジィでアーバンなシルエットとカラーリングのダウンヒルバイクや選手らのユニフォームとのギャップが、なんか引き込まれる部分があるんだろうなあ
そして写真からにじみ出る躍動感。だって実際アドレナリン全開で躍動しまくっている人たちですから、それの一瞬を切り取るおもしろさというか、静止画のおもしろさがでるなあダウンヒルというかマウンテンバイク。



カッと目を見開く藤田翔也選手。
男子の迫力はもうこちらも目を見張るレベル!



決勝一位で日本一に輝いた清水一輝選手!
この目の見開きっぷりを見ろ!
この岩の越え方も選手によってすこしラインが違ったりして。
「ゴツゴツ転がっている岩の中で、平らな岩を選んでラインをとっているのだ」
などという漫画みたいなコメントも聞かれた。
実際2,30mぐらいのロックセクションを数秒で駆け抜けるんだから漫画みたいな話で…。



アドレナリンドバドバレースが終わって下山する人々。
目を閉じれば岩場を切り裂くように駆け抜けていく選手らが浮かぶ
僕なんかは、自分で言うのもあれなんですけど、レースの空気がねえ少しでも伝わればいいなと思って、なんとかいい写真は撮れんもんかと試行錯誤していますけど
もう言い切るけど。ダウンヒルの迫力は実際その眼で見なきゃわからん!
わからん!見ろ!見てみろ!


一日4本!

表彰式も見たい気持ちもあったのですが諸事情により見れませんでした。
奥多摩でバーベキューをしなければいけなかったのです。
バーベキューと酒などを飲食しなければいけなかったのです…!

そして宴の翌日はマウンテンバイク・クロスカントリー!

続きを読む

l カテゴリー:MTB l

l 2011 全日本マウンテンバイク選手権 ダウンヒル l

<< 2011 全日本マウンテンバイク選手権 クロスカントリー | main | ツールドフランス2011 第17ステージ >>