主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2011 全日本マウンテンバイク選手権 クロスカントリー


八ヶ岳(おそらく)が幻想的な朝!

昨日の酒が残っている感がある中で二日目の富士見パノラマリゾート!
今日はマウンテンバイクのクロスカントリーという競技だ。
山道に設定された周回コースをぐるぐるまわり、大体1時間で終わるように周回数は設定される、シクロクロスの道がもっと悪くなったバージョンとでも言おうか。



シクロクロスでよく見たやつも来ていた ><
このブログでもおなじみニョロニョロ巨匠さんはマウンテンバイクもするのだ。
今日はマスタークラスに出走、さすがに全日本の舞台ではニョロニョロはつけることが出来ず、試走などのときにつけているニョロニョロ
なんかどこから見ても目が合う気がするニョロニョロ


なにを物思いにふけるのか

やはりシクロクロスでもおなじみ沢田時選手はジュニアクラスで出走。
彼はマウンテンバイクのほうがメインですね?どっちがメインとかいうこともない?
彼と同じぐらいの世代にマウンテンバイクが超速い横山航太選手や二村航平選手がいるが、彼らはジュニアカテゴリー(17歳以上)にもまだ出られないほど若いのだった。


そのジュニアクラスではシクロクロスのように独走状態の沢田さん。


左の人は違うカテゴリーの選手です。

そして沢田選手勝利!
シクロクロス、MTBクロスカントリー両方でジュニア一位を達成したところ。
ダブルクロスである。そういう言い方はしないと思うが、ダブルクロスTOKIである。



富士見パノラマリゾートにはすごいたくさんのMTBが置いてある!
バイクだけでなくプロテクターなどもレンタルもしてくれるそうだ。



会場には各メーカーのブースもたくさん。
ただなにかを売ったり展示したりするというよりは選手のバイクを整備したりする場所であろうか。
これはこのブログだとロードレースやシクロクロスでおなじみ片山梨絵選手のスペシャライズドのブースだ。片山選手はマウンテンバイクがメインの人。
奥で片山選手がアップしていますね。
セクシーなので拡大しないでくださいね。
ここでは片山選手応援グッズを売っていたようですね(今気付いた)(みんなが着ているあのTシャツどこにあるんやろうと気になっていた)



そしていよいよ女子のスタート。
片山選手が着ているベストは体を冷やすやつであろうか、暑いのはわかるけども
どうやったってレース中は暑いんだから、スタート前に体冷やしたら、逆に調子狂ったりしないのかしらどうなのかしら、などと思いながら見ていました。
でもしてるんだからいいんだろう多分、でもこれ冷やしすぎじゃない?
四角いのは凍った保冷剤かと思ったがもしかするとちょっとひんやりしてるぐらいのやつかもしれん、それぐらいなら、



などと考えていたら女子スタート!
ゼッケンが黄色いが片山選手です。黄色いのは去年一位ということですね?
この片山選手も全日本を連覇中。現在7連覇。
1周4キロぐらいの山あり谷ありのコースを5周する!



さっきのTシャツ、来年のロンドンオリンピックに行こうキャンペーン、
今日本の女子MTBはオリンピック出場枠が獲れるかどうかという場所にいるのだという。
オリンピックには大陸の大会(日本だとアジア大会)で優勝すればオリンピック出場枠が確実になるのだけど、今年のアジア大会には負けてしまったのでその枠は取れなくなったもんで、そしたらどうやって枠を獲るのかというとUCIレースに出てポイントをたくさん取らなければならないのだ。
といっても世界を転戦してなおかつポイントを稼げるぐらいの成績を出せる人も日本にはそうおらず、この片山選手によるところが多いし、日本人がオリンピックに行くとしたらこの片山選手だし!がんばれ!



このクロスカントリーのコースの名所のひとつ、
「ゲレンデを延々と登り続ける」(上写真)のつらさ
「つらそうさ」が写真で伝わらないのが虚しいんだけど。
繰りかえすけどゲレンデですからね!
スキーで滑り降りるために作られたゲレンデを、自転車で登りつづけるわけですねえ…



いつもその坂の中腹ぐらいにいた片山選手応援団
寄せ書きがたくさん書かれた旗を広げる。LET’S GO TO LONDON!
左端に写っているのはこの全日本を見るために転勤中の中国から一時帰国したぴぐもんさん(チーム宝塚線)がんばれ梨絵!



登る登る…インナーローで登る登る
マウンテンバイクのインナーローのギアっていうのはものすごく軽いので、
ペダルの回転数的には普通にくるくる回しておるのですが、
出ているスピードは駆け足ぐらいなので、逆にそこがなんか物悲しいですね…。



登る〜(中央左に選手)
去年まではゲレンデをずーっとまっすぐ登る形だったのだが、今年は一回横にそれさせて、またゲレンデに戻る、という余計な労力が増えたそうだ。。。
ちなみに、ほとんどの人が見に行くことがないであろう裏のほうの登りもきついらしい
なんまんだぶ



そして登ったところを



一気に下る〜



女子のレースと時間差スタートで同時に走っている男子アンダー23
独走一位で片山選手と同じスペシャライズドの合田啓祐選手。



スタートから独走する片山選手、素人の僕なんかは「さすがやなあ」と思っていたら、
見る人から見たら「どうもいつもの梨絵じゃねえぜ、今日の梨絵は調子悪いぜ」、とのことであった
海外での疲れがあるのだろうか、がんばれ片山!



ゲレンデをはさんでコースが併走しているので、
一方で片山選手を応援するともう一方へ走る応援団。



女子3位がラスト一周にはいるころにゴール、
アンダー23勝利のガッツポーズを掲げる合田選手。



そしてその後ろから片山選手もゴール。
ぐっと硬くこぶしを握り、かみ締めるようなガッツポーズ



女子とアンダー23一位を獲ったスペシャライズドのお二人
K:ねえねえ女の子になってちょっと助けてくれへん
G:ごめんやけどそれは無理やわ
(言ってません)



お二人のバイク
スタート時はキラキラのピカピカだったバイクが土ぼこりでドロドロ。
シートポスト(サドルがついとる棒)にくくりつけてあるのは空気入れ
空気入れといってもシュコシュコするやつではなくて、ボンベ式で一発でブシュー!と空気を入れる使い捨てタイプらしい。クロスカントリーの場合はコースの裏側でパンクをするとこれで応急処置をするんだって。パンクして穴が開いたタイヤに空気入れても、と思われるかもしれませんが、タイヤの中にはシーラントという液体が入っていて、それは空気と触れると固まって穴をふさいでくれるらしい。ハイテク〜。
この使い捨て式の空気入れは普通に売っていますし、「失敗してすごく悲しい気持ちになった」という話もよく聞きます。。。



3本あるゲレンデを駆使してコースが作られている
しかし暑い…
昼までに水分を1.5リットル消費した、しかも紅茶とかで!
会場から見える自販機の水とかスポーツ飲料とかは売り切れなんだもん><
会場から見えないところにある自販機にはスポーツドリンクがたくさんあったことに気付いたのは昼近くであったという。
僕はマウンテンバイクの観戦というと、右往左往するコースの中で選手が通過したらちょっと移動してまた見て、またちょっと移動して、というシクロクロススタイルを想像していたのですが、シクロクロスと違うのは、
すごい高低差があって木などの障害物も多いし夏だし暑いし!
ということであった。いろんなところで見ようと思うと、それだけですごい体力使うよ…
何往復させるんだよゲレンデを…定点で観戦しても楽しいと思いますよ(汗をぬぐいながら)



そういえばクロスカントリーの横では4X、フォークロスというのもやっていました。
最大4人で短いグネグネウネウネコースでレースをする。
BMXと違って、使うバイクが普通のマウンテンバイクだ



接近戦が激しい。
ウネウネしたところではジャンプしたりする。



そんなこんなでいよいよ男子エリートクラスのスタート。
マウンテンバイクでは有力勢が名前を呼ばれて第一列に向かうことを「ステージング」というらしい。
エンターテイメントっぽくてクール。
今呼ばれたのは山本幸平選手、3連覇中。



暑いのでスタート前から水を浴びまくる門田基志選手



/暑い\



おなじみシクロクロス全日本を連覇中の辻浦圭一選手も出場。



暑さも忘れる緊張感の中スタート!男子エリートは7周する!
山本幸平選手が前に出るか、その後ろに去年全日本二位平野星矢選手、その後ろに辻浦選手、ブリヂストンアンカー!
とか興奮しているとスタート直後で密集している集団内、目の前で選手同士がからみ、コースアウトしてきそうになって、とてもびっくりして、思わず横にいたニョロニョロ巨匠を盾にしかけたほどである。



その場所から後ろにちょっと行くと数分後に選手がやってくる下り坂がある。
スタートを見た後ここに来るのが通の見方らしい!
多くの観客が選手を待ちわびる!
マウンテンバイクは男子エリートになると突然観客が増えた。今までどこにいたんだ。



先頭でやってきたのは小野寺健選手!
この前スポらばというニュース番組のコーナーで見ました!
そのニュース番組は「アンカー」(関西テレビ)ですが…!



ここの坂も結構な坂で、何が怖いかってものすごいスピードで来る選手が怖い!
かっこいいというよりもはや怖かった!
僕なら自分がこけるというより、観客につっこむのが怖くて降りるよここは!
しかし選手はそんな生半可なことはしませよ!
タイヤをガガガ!ガガガ!といわせながら猛スピードで観客の横を駆け抜けていく。
そのスピードは今までのどのカテゴリーと比べても段違いである。
マウンテンバイクすごい!と思わずうなった僕です!



2,3周目から山本幸平選手を抑えて1位に出たのは平野星矢選手であった。
これには優勝は山本幸平選手だろうと踏んでいた観客たちもムウ!と身を乗り出す。
マウンテンバイクはロードレースのように逃げ集団やメイン集団が出来てゴール前でスプリント!などということはなく、シクロクロスと同じように「今強いやつ順」でレースが進んでいく。



ゲレンデを一列で登り行く様は修行僧の如し
画面中央下でしゃがんでいるチーム宝塚線のジャージはぴぐもんさん。



走ったほうが速いわ〜(走ってるのはなんかのトラブルがあったんだと思います)



一時的に一位平野選手と二位山本幸平選手の差はこれぐらいになったから
これには優勝は山本幸平選手だろうと踏んでいた観客たちもムウ!と身を乗り出す。



暑い!
マウンテンバイククロスカントリーにもシクロクロスと同じでピット
マウンテンバイクでは「フィード」という、ここでボトルを補給したりタイヤを変えたりすルポイントがある。
今日のように暑いと、フィードゾーンの入口で飲む用のボトルをもらってボトルケージに挿し、数メートル先で浴びる水用のボトルを受け取るという早業も見られた。



ここがクロスカントリーコースの名所のひとつ、分かれ道だ(正式名称知りません)!
こんな風に大まかにふたつのルートが取れて、
ほとんどの人は右側のコースを通るが、時々左側を通る選手もいる。
左側が速いけど危ないらしい。逆だったかもわかりません。



もしかして平野が!と観客が期待したが、徐々に詰まる二人の差



そしてゲレンデの登りでぐぐっと追いつき



せっせとオーバーテイクする山本幸平選手。
アアーやはり、と観客。



1周目は一位だったがトラブルもあり3位争いの小野寺選手
後ろに山本和弘選手この山本和弘選手は一位の山本幸平選手の兄です。
ですね?



前に出た山本幸平選手はそのあと独走状態でレースを進めていく。
今強いやつが強いマウンテンバイククロスカントリー!



そしてゴールの瞬間を迎える!



な〜〜〜?
といった感じの豪快なガッツポーズ。
僕がいたところにはアンカーの旗を持った人がたくさん来ていて
「今日のゴールの写真はカタログとかで使うやろ、ここにいたらな、目立つやろ!ということなので、僕もアンカーのカタログに登場する日が来るかもしれない。





表彰式を待つみなさん。
50歳以上、40歳以上、男女エリート、男子ジュニア、アンダー23のみなさん。



表彰台は椅子の座っている向きから見て後ろにあるので後ろが気になる


ドヤアアアアアアア

全日本シクロクロスの表彰台でも見せたドヤ顔
考えたらシクロクロスでは沢田選手はC1を40分で終わってレース終了なので、
彼が表彰式に出るっていうのを見るのは全日本シクロクロスぐらいしかなかったんだな
いい顔だなあ



8連覇を達成した片山梨絵選手
行くんだロンドン 走れオリンピック



山本幸平選手も4連覇を達成
連覇連覇
ダウンヒル女子も連覇
連覇ばっかりやな!



選手インタビューの背景に使われる、インタビューボードといわれるもの
各スポンサーのロゴが入っているが
JINSとメイタンの文字通りとってつけた感!



\MTB/

そのほかの写真もフリッカーにアップしました
Flickr: Japan National MTB


l カテゴリー:MTB l

l 2011 全日本マウンテンバイク選手権 クロスカントリー l

<< ツールドフランス2011 第16ステージ | main | 2011 全日本マウンテンバイク選手権 ダウンヒル >>