主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス2011


クリックすると展開図が見られるらしい

今年のツールは、結局コンタに振り回されたツールとなった気がする
今年のジロを圧倒的な力で制覇し
そのままツール、ブエルタと狙ってくるのではないかと考えられ、恐れられたコンタドール。
序盤でそのコンタが大きくタイムを失い、
「頭」を失い、「頭」を狙い、そして秩序を失った集団
そんな中で勇敢に戦った選手たちはやはりかっこよかったですね。
かっこよさでいうと87は行っていると思う。
今年も終わったツールドフランス。
ありがとうツールドフランス。



そんな集団の中、安全確保のため、もしくはアタックのため、
いつも忘れることなく集団前方にいたBMCエバンス。
今年のJSPORTSツール中継の名言のひとつ「あとひとさじの幸運が足りないエバンス」
彼は何年も総合優勝最有力候補として名前を挙げられ続けたものの
ここぞという時のトラブルやアシストに恵まれない人生に行く手を阻まれつづけ
いつもあと少しのところにいたエバンス。
そして今年、やっとマイヨジョーヌを獲得したエバンス。
コンタドールの体調がよかったらなどというタレレバには意味がない
エバンスはそこにいて、それをつかんだ!ということが今年のツール
今年のツールで起きたことだ。。。



こちらも「やっと」マイヨベールを獲得したカヴェンディッシュさん(カヴどん)
圧倒的なスプリント力と成績はもはやいうまでもないが、
いかんせん登りがてんでダメで、登れるスプリンターたちにその栄光を引き渡してきた。
しかし今年のカヴどんはどうも登りを意識してきた様子、実際今年のツールでも登りゴールで勝利を挙げ、シャンゼリゼも勝利で締めくくり、文句なしのマイヨベールを獲得。
一心同体完全無欠のスプリントトレインHTCから移籍の話もあるカヴどん
いいんじゃないすかここで…カヴどん…



山岳賞はサンチェスさん。



新人賞に輝いたのはピエール・ロランさん。
「ツールドフランスなのにフランス人が総合にからまない」と嘆くフランス人待望の総合争いにからんでいけそうなフランス人だ。
総合では11分遅れ、ここからどう年をとっていくのか!

そして以下から今年のミユキ自転車ツールドフランスまとめ読みです。
ボーナストラックもあるよ!
ミユキ自転車で今年目立ったのはやはりジルベール餅ですね…。
初日に出てきて以来、何度も何度も、出てこなくていいときでもしゃしゃり出てきました。
ジルベールとグライペルが融合する回は僕なんかは好きなんですが、
どうも一般受けしていないようです…
あとは後半にかけて、あまり得意ではなかったハスホフトさんがキャラとして落ち着いてきて、今では好きなキャラになったところも見所ですね、
第3ステージの4コマ目(わざわざ来たくせにあんまり押してこないファラー)19ステージの3コマ目(コボちゃんみたいなウサギランス)とかがすごく好きです。。。



















































l カテゴリー:2011ツールドフランス l

l ツールドフランス2011 l

<< ツールドフランス2011 第21ステージ | main | ブエルタ・ア・エスパーニャ >>