主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2011 全日本シクロクロス 女子



ジュニアが終わると、
レース会場では気持ちはまだまだジュニア世代40代50代のマスターズクラスであった。
見ろこの軽快なジャンプを。



「な?」
とやはり40代マスターズクラスを勝利する三船雅彦選手。
三船雅彦を負かす大人たちは出てくるのだろうか―――

マスターズは特に動かずに一箇所でボーっとしていました
君は写っているかな☆

フリッカー:全日本マスターズ



マキノにも野辺山で話題となった立体交差が設営されました(うそ)



そしてそのマスターズが終わると女子だ!


シクロクロス豊岡英子でおなじみのピンクのラメラメ六連覇仕様ヘルメットだが表情はいたって真剣、豊岡英子選手。「英子」と書いて「あやこ」です。



ネイルも気合入っているぞ。
これとヘルメットのラメとまつげで大体2,3キロあるから



女子シクロクロス希望の星、止めろ英子!福本千佳選手



スタート前、周りをキョロキョロ見ながらニコニコしている宮内佐希子選手、
緊張すると笑うタイプかもしれない…?
ヘルメットには世界選手権にも出ているマウンテンバイクオリエンテーリングのステッカーだ。マウンテンバイクオリエンテーリングというのは、いわゆるなんというのか、マウンテンバイクでやる道なき道を行くスタンプラリーみたいなやつです?



スタート!



フィニッシュの旗に向かって走るが私たちのレースは始まったばかりだ!



一周目、先頭に立ったのは豊岡英子選手
やはり今年も彼女なのか?英子だろう、豊岡英子だろうなあという周囲。



しかし
序盤から豊岡英子選手につかず離れずを保っていた福本千佳選手には期待のまなざしを向けずにはいられない。止めろ!連覇!
いやっ豊岡選手の連覇がつまらんとかいうことは言っていませんからねっ
やっぱり一観客として見たいのは、抜きつ抜かれつなレースじゃないですか、
実力が拮抗しているレース…



豊岡英子選手もやはりこの区間は降りて通過していたのだった
ちなみにここからはご覧の通りコースのほぼ全域が見渡せるし、つらいところも見れるというナイス観戦スポットとなっております。



福本千佳選手だけはここを乗って通過していましたが
どうでしょうピーコさんかなり無理して乗ったまま登るといった印象でしたね
降りて登ったほうが速いし体力にも楽なんじゃなかろうかと思いましたが
どうでしょうピーコさん
そこいくと宮内選手は「坂を下る時」も降りて通過してみたり、それがどうもよくないと思ったらまた乗ったまま下りたり、勝負がかかったレース中にもアプローチを変えるその潔さ、選択肢によっては逆に多くを失うかもしれないのにためしてみるというその勇気と好奇心、あっぱれであると思った。



女子の頃にはコースに強風が吹きはじめる。
このド平坦だましのきかないコースでなおかつ強風とは泣ける!



レースが中盤になると、福本選手は豊岡選手から遅れ始める。さっきのとこちゃうん!
そしてその代わりに2位に躍り出て、先頭にプレッシャーを与え始めたのが宮内選手だ。



せっせと確実に先頭から目を離さない宮内選手



つかずはなれずの展開が最後まで続く
前からいっている通りこのコースは見ているぶんには遮るものがほとんどなくてコース全体を見渡せていいのだが、つまりそれは裏を返すと選手にとっても他の選手が見えるということなのじゃよ!
「コーナーを折り返したら、今来たところ、すぐ横をライバルが来る」ということが繰り返されるマキノ、そしてそれにあせってミスをしたら取り返しがつかないマキノ、
選手のプレッシャーたるやいかばかりであろうか。



このあと男子エリートを戦う小阪光選手も豊岡選手に声援を送る。
小坂父は軽快な足さばき。



ここが
ここがっていっても見た感じはどこのコーナーなのかわからないけども
ここはコース後半にあるジグザグゾーンである。ここの通過の仕方っていうのが、上手い人下手な人が如実に現れていておもしろかったです。
うまい人はまず「一回ハンドルを切るだけでスッと曲がる」F1でいうとバトンですね、曲がりながら何度もハンドルを直さない。そしてうまいひとは大変リズミカルに通過していく。スッスウー、スッってなもんです。F1でいうと鈴鹿のS字です。ロスが少ない!
あたりまえやんといわれるかもしれないが、このジグザグゾーンのあとは折り返して砂利の登り、ここをいかにスピードを落とさず通過するかが、体力の消耗を抑える重要なポイントなのだ(想像)



最終周回へ向けてシケインを越える豊岡選手
シケインを越えてるっていうシーンを使いたくてこれを使いましたが
2,3枚前の別の写真ではこの後ろに迫る宮内選手が見ているのだ!
押しては返す宮内対豊岡!


まぶしい

しかし豊岡英子選手六連覇の意地を見せた。
宮内選手の追走にも耐え、確実に勝利へ近づく最後のひとふんばり。



フィニッシュへ入ってきた豊岡選手を迎える辻善光選手



優勝する人はハイタッチすることがセオリーとなりつつあるのだ



七連覇の瞬間である



そのあとなぜかゴール地点では「亜美」コールが。
誰が言い出したか「あーみ!あーみ!」。それにつられてよくわからんがまわりも「あーみ!あーみ!」コール。豊岡選手のゴールの時より盛り上がったのではないかといわれるその理由は、チームまんまの選手の完走っであった。ただの完走ではないっこのレースで10位以内?になるとUCIポイントがもらえて、完走は10人以下だから、完走したらUCIポイントがもらえて、なんかすごいぞ!という状況。
「ハアついにウチにもUCIランカーができたか」と感慨にふけるチームの人





女子表彰式に集まった人々



表彰台のインタビューではくやしくて感極まって涙する宮内選手、
この全日本では多くの涙をみたけども、僕はこの宮内選手の涙に一番しびれたかもしれない。宮内選手からしたら「なにがじゃ」といわれるかもしれないけど、「宮内選手がそこまで狙っていたのか!」という感慨というか、
宮内選手のポジション、若手がいたら、その気概を若手が持っていたら、とか思ってしまったんです。。。「持ってるんですけど」ということならそれは本当にごめん
しかしこの写真はがらぱさんと福本選手の二人が目を閉じている。
4人中2人が目を閉じてるとか普通ある?なんなん?一体何がおきたん?



そして豊岡選手の七連覇ヘルメットだ!戦隊ヒーローのロボみたい。。。
米を片手に豹柄の女が派手なヘルメットを
誰がこの連覇をとめるのか。豊岡英子に一発かます女子は現れるのか。

次はいよいよ男子エリート!同じく連覇を重ね続ける辻浦圭一選手の戦いだ!

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2011 全日本シクロクロス 女子 l

<< 2011 全日本シクロクロス 男子 | main | 2011 全日本シクロクロス ジュニア >>