主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2011 全日本シクロクロス 男子



女子表彰式からお昼休みを挟んで、いよいよ第17回全日本シクロクロス2011、
男子エリートのスタートがせまる。全日本シクロクロスは2011-2012というべきなのか、2011というべきなのか。
スタート練習をする小坂光選手。



「男子エリートも増えたのーちょっと前なんか50人やそこらだったのに」という声も聞かれたスタート前。今年は76人の選手が参加。



UCIルールでやるレースですので、スタート前にはタイヤの幅を測ります。
それと知らず名前を呼ばれてゼッケン番号を確認してもらって、すぐにスタートラインに向かおうとすると「ギャー待って」とタイヤ計測員の人がタイヤに巻き込まれるというシーンも見られました。


今年の目玉はやっぱりこの人、山本幸平選手ブリヂストンアンカー
MTBクロスカントリーで4年間連続日本一のすごい人なのじゃよ!
このほかにも平野星矢選手とか山本和弘選手とかMTBで速い人たちが今年は乗り込んできたからなんだなんだ今年の全日本、ひいてはこれからの日本シクロクロスはどうなるのかと期待せざるをえないのであった。
これからはどうするつもりなんだろうか。本格的にやってほしいなあ。



おっしゃるとおりで、全日本MTBクロスカントリーで4連覇中の山本選手と全日本シクロクロスで10連覇を狙う御存知辻浦圭一選手はチームメイトです。
この辻浦選手と山本選手は夏場はMTBを走っている選手で、そのMTBのほうではやはり山本選手のほうが一歩ぬきんでているといった状況、その山本選手がシクロクロスの全日本に乗り込んできたからさあ大変だ。



やぶんのか!辻浦の連覇をやぶんのか!でもでもシクロクロスではやはり辻浦なのか!
って話で、僕は正直、この2人だけを気にしていました。
やぶんのか!チームメイトの連覇を山本が!でもでも特にこのマキノはMTB的なテクニカルな部分はかなり少ないコース、やはり辻浦有利なのか!と、
まあこの2人だけを見ていました。。。



もちろん竹之内悠選手も何かやるんじゃないかなアと思っていました、
もう半ば確信に近いものを感じていました、
スタート時のお写真はこの一枚となっていますが。。。



スタート一分前のみなさん。
みんな顔下げている!そんなに僕に撮られるのが嫌か!なんだいなんだい!
さっきのがらぱさんと福本選手といい!
お父さん早く乗ってください!



スタート!
スタート直後はさっき練習していた小坂光選手が先頭、
そのすぐ後ろにほら!やっぱり!山本幸平選手がついていく形!



日本一シクロクロスが速い男決定戦、
一時間の短いようで長い長い戦いが今始まった!



第一コーナーを曲がると山本幸平選手が辻浦圭一選手に姿を変えているシステム〜



コースの三分の一ぐらいまで行くと辻浦選手が先頭に出てるシステム〜
「アアーやっぱなんだかんだ言って辻浦なのか、あっぱれだ、あっぱれだ辻浦。」と思ったが



コースの最後にひかえるシケインにくると、
竹之内選手と辻浦選手のパックができあがっているシステム!



山本幸平選手は先頭パックから少し遅れて単独3位、その後ろに色んな選手たちが続く形…
色んな選手って!
今考えたら、3位以降ってほとんど見てませんでした。。。
ちなみにこのシケインゾーンはコースの一番端っこで、しかもメインのコースとの間に選手駐車場があるので、「ここにいたらコースのほぼ全域が見えない、でもシケインは見たいの」というWHYどうしてという残念さがあるゾーンなのだ。
しかしここは「シケインのすぐあとに曲がってすぐフィニッシュライン」という緊張感高まるポイント。。。



もう皆さん結果はご存知でしょうから言いますが
この辻浦竹之内のパックが一時間最後まで続くわけです!
この少しのミスが命取りになる薄氷の上を歩くようなマキノのコースで延々と続く接近戦、
この2人の対決というのは何度か見てきたけど、大きな大会ではやはり辻浦選手が勝っていく、という印象が僕にはありまして、間近に行われた全日本級のレース、野辺山シクロクロスでは竹之内選手が勝っているとはいえ、「どうせ辻浦だろ〜ゴール前でアタックするんだぜ!」と思っていたことは、もう本当にごめんなさい。



これはなにを撮ろうと思っていたかといいますと
「タイヤが巻き上げた草がそのまま真横に流れてるぐらい風がすごい」という写真です
わかっていただけますね?
わかっていただけると認識してよろしいですね?


中央奥にサンタの帽子の人が。。。

この全日本の戦いをつまらぬトラブルで台無しにはさせぬ、とピットエリアに集まっている各選手のサポートのみなさん。一心にレースの行方を見守る。
このシクロクロスという競技の独特なルールで、選手はバイクが壊れたり泥だらけになったりするとバイクをここで交換するのです。そしてそのバイクはここで直したり、洗ったりします。去年マイアミ(滋賀県)で行われた全日本では、辻浦選手はピットのたび(一周に二回ピットを通過する)にバイクを変えていたとかいう話もお聞きします。セッティングが違うバイクを一周で使い分けるということもあるのですね。ちなみにブリヂストンアンカー等同チームの選手が複数出ているところがありますが、ロードレースで見られるような競技者間でのパーツやバイクの交換は認められていません!



V字坂を横から見たの図です。
エリートのみなさんはほとんどの選手が乗ったまま下りて上っていく。
エリート、いわゆるC1カテゴリーのレースの異次元さを感じるポイントである。
写真では伝わりにくいけど実際見てここに立ったらもう大変な坂です。
無理です。普通の人間はここを自転車で乗って上ろうとかバカな考えはおこしません!



下から見た図ならきつさは伝わるであろうか!



こちらはシケインから見てコースの反対側、コース的には一番標高が高い側で、なおかつ丘の裏側なのでほとんどの場所から見えない(ここからはほとんどのコースが見えない)、ここで見てる人も少ない、けどそんなところに長い階段がある、という無常ポイントだ。



しかもその階段を越えたらすぐにV字坂にも勝るとも劣らない斜面をグイッと上らされ



そしてちょっと乗ったらまた細かい階段がある、というアトラクション満載ゾーンなんだがコースのほぼ全域から見えない。もちろんこの二人からしたら、ミスはできないという緊張の連続ゾーンだ!その証拠にこの一連の撮影でトップが2回変わった!
コースのほぼ全域からは見えないが!


奥で親子が

V字坂はこんだけ下りたところを上るんですよ(しつこい。。。



先頭二人のパックは少し離れて「あっアタックか!違うか…。」の連続、
先頭は変われどその距離は変わらず、思い出すのは去年のマキノの辻浦対小坂正則の対決、
今回の全日本はその小坂選手が竹之内選手に変わった形、大幅な若返りである形!
そういうこともあってか、はたから見ていると、僕はこの二人は「超高い強度の練習をしとるんじゃないか」という錯覚を覚えたのだった。それぐらいの静かに感情がほとばしる接近戦。



その後ろには単独3位で山本幸平選手
MTB的なアドバンテージがないこのコースでトップからは遅れているものの3位というのには
これからずっとシクロクロスやったらどうなのかという期待感を持たずにはいられないという見方でいいんですか?
僕はシクロクロス見て2年とかなんでわからないんですけど、数年前は山本幸平選手はシクロクロスやってたんですよね…それで数年離れて、また復活したということですね?
これからやるんですね?たぶんやりますね?男女共にMTB界から来ますね?



ウィンドウズ用小坂光壁紙です。



マック用竹之内悠壁紙です





先頭から遅れて足きりになってレースから離れる選手ら
速いんだもの、速いんだもんなあ先頭の二人がさあ。



長い長い戦いもいよいよ決着の時、
ラスト2周に向かうシケインでの二人



その次の周での同じ場所での二人!
間違い探しかといわんばかりの接戦、緊張感だ。



そしてラスト一周へ…!!



この次の瞬間に竹之内選手がアタックをしかけたとお聞きしています。
そしてそのアタックは二人に今までにない差をつけたという!



そこから先ほどのアトラクションゾーンを越え、そこで差は縮まったものの、王者辻浦、気があせったか、カーブであわや転倒のミスをおかし(シクロワイヤード調べ)、もはや限界同士の二人において、そのミスでついた差はあまりに大きすぎたのか。



「はちゃー、変わるやん、日本一が変わるやん、変わるんかー」
と草原でボケーッと二人を見つめるミユキさん。



もはや踏むのみの竹之内悠選手
この写真のちょうど竹之内選手が見ている先にはゴール地点がある、
ゴールで王者を待つ観衆がある、彼はそれを見ていたのだろうか、



これまで9年間日本一を守り続けた辻浦選手、



一度開いた差は少しずつ開いていったのだった。
その様は僕に巨頭が倒れていく様をイメージさせ、もしくは、踏むのをやめた(ように僕には見えた)辻浦選手が、竹ノ内選手に日本一を静かに差し出すようにも見えた。



新しい王者の誕生を待つ人々



冬の斜陽が照らす中、新王者が最終コーナーから姿を現した!



もちろんハイタッチはするのだ



新王者誕生の瞬間



そしてその後ろからゆっくりと辻浦選手が帰ってくる。



観衆が静かに拍手で迎える…
アアーきれいだ
光がきれいだ
光と生き様が



勝利のインタビューに答える竹之内選手。
その背中ポケットにドリンクを押し込む竹之内兄。
「いいよ兄ちゃん今は。。。」
「いいから飲んどきなさい、レース後が大事なんだから飲んどきなさい。」


ボトルがない

新王者が誕生したその奥で、「ヒイー初完走やああああ」と倒れこむ選手がいて、
いろんな選手が色んな思いで走っている全日本選手権



ゴール後倒れこむ選手、レースの余韻に浸る観衆の裏で、
優勝が決まった竹之内選手に受け渡される優勝記念ヘルメット。。。(ΦωΦ)



表彰式に集まる人々
ガタイのいいメイド服の方がおられますが、お察しの通り男です。。。
なぜ。。。



「日本一になった実感がない」と表彰台の上で呆然とする、いつもはニヨニヨしてる竹之内悠選手が、約一時間に及ぶ元王者辻浦選手との接戦の緊張感を物語っていたように思う、
そして妙に明るくふるまっていた辻浦選手、と見てしまうのはこっち側のエゴであろうか。



連覇が途絶えた辻浦選手
「ワーイこれからは軽い気持ちでできるぞ」って思う
ようなやつが9連覇もせんと思うんですけど、どうですかね、多分辻浦選手はまだまだガンガンやってくるんじゃないか、いわゆる「連覇の重圧がなくなったイケイケの辻浦」がやってくるんではないでしょうか、
そして表彰台に上がった山本幸平選手はじめMTB勢の方々はぜひこれからも続けていただきますようおねがいします、
そして沢田時を初めとして今後数年の内に押し寄せるティーンズたちの才能、
そして新王者竹之内悠、アツい、アツいぞこれからのシクロクロスが!
なあ!アアー楽しいなあーシクロクロスは!



ごついカメラ(ストロボが本気だ)を持つメイドさん。。。なぜ。。。
もう一人いた(なぜ)コスプレメイドは号泣しているし、なぜ。。。




他の写真もフリッカーにアップしましたのでご覧ください

Flickr:  2011 Cyclo-cross Japan National Championships
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2011 全日本シクロクロス 男子 l

<< 2011 ツールドフクオカ | main | 2011 全日本シクロクロス 女子 >>