主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 C1等



これだもの。スタートフィニッシュ地点にはこういうことですので!
売店があって、そこではうどんとかおビールとかも提供してくださって、
左の人の後ろに隠れてはいるものの、隠れている文字はもちろん「お」ですので!
外におでんの什器をだして、寒空の下、湯気とおでんのよいかおりをほわほわさせながら、ことことと煮込んでいるわけです。まいどおさわがせしまーす!



こういうことですので!

まずは厚揚げと大根とこんにゃくをいただきました。
このおでん、食べてみたらわかるが半端な気持ちで出してない。ちゃんと味がよくしゅんでるのだっ寒空の下あつあつのおでんをつつきながらワインをいただく、
あ、右のは自分で持ってきたワインとなります。実は先週の丹波で「あの激坂で一箇所にとどまり酒をいただきながらレースを見るぞ、写真は撮らん」と思っていたのですけど、行けなくて、その鬱憤を晴らすべく、ここくろんど池に酒を持ってきた。
特に何も考えずにワインを持ってきたけど、ここは日本酒であるべきだった。
売店で日本酒(ワンカップ)を置いていたから、変なプライドは捨てて日本酒をいただくべきだったか。



さまよえるツリー。。。
中身は大河内選手となります。中身はサンタのツリーです。
最近のサンタはツリーの中に隠れて潜んでいるのだこわやこわや。。。
「トイレに。。。」とサンタツリー。
トイレにツリーが入ってきたらびっくりして出るものも出ない!



永久階段のおかげもあってコースは結構高い場所まで来る。
上ったものは降りなければなりません。ここくろんど池のもうひとつの名物はテクニカリーな下り区間である。細いグネグネした下り、そしてコースアウトしたら崖。
崖である。怖いっつーの。



そしてこの山がなんというのか非常に砂っぽい山で、ところどころ砂が深めになるところが出てきて、そういうところで必要以上に怖がり、結果的にもっと悪い方向へふらふらしてしまうのが僕です。
横が崖で砂とか怖えーだろ普通!試走の時コーナーの外がバンク状に膨らんでいるところがあって、ふらふらとそこのアウト側に行ってしまって上から下にぎゅ―んと下りるいわゆるトラック競技のバンクの走り方を実践しオーバースピードで次のコーナーで崖に落ちそうになり股間がシュンとして「よし先に行け時くん」ってなもんで、シクロクロスとは人生のようだとはよく言ったもので、悪いほう悪いほうに考えるとそっちに行ってしまうんだな、しかし選手の皆さんの話を聞くとここが楽しいとか口々におっしゃってどうかしてるよ!


クリスマスクロスで会場が浮かれている中でも、C1はUCIルールを意識しているので物々しい雰囲気でとりこなわれる中、紅一点、ひとりだけ我が道を行ったのが、先日の野辺山でも話題になり、雑誌などにも大フューチャーされたスク水野郎さんはジャージの上からスク水。「スク水を着せてもらえないか」と審判に交渉したものの「さすがにC1ではちょっと」と断られたので、それでも、どうしてもスク水を着たい彼は上から着るという決断をしたという!本物だ!
そう考えるとクリスマスクロスだけ「カテゴリーコスプレ」というのを作ったら、見るほうにもやりたがりな人にも喜ばれそうですね。。。



世界選手権へ向けて日本では最後のレースとなる日本チャンピオンになりたての竹之内悠選手、ジャージはまだです。もちろん乗って越える。
しかしやはり「乗って越え方」が「乗って、越える、」ではなく、「乗って越えるっ」って感じで、やはり格の違いを見せる。



沢田時選手ももちろん乗って越えるっ
ジュニア二連覇を達成した彼もまた世界選へ旅立つ。今年はジュニアカテゴリー2年目だ。去年は16位だった。同年代(17歳)で見たら4位とかだったかな、全日本の表彰台では「勝ちに行く」と言った沢田さん。今年はどのような成績を残してくるのかっっ



スク水も乗ったまま越えていく
そもそもレーパンを履く気がなかったので持ってきておらず、しかたがないので着てきたタイツをそのまま履いているのだ、と人から伝え聞いた。京大生。



こういうことですので!
今度は卵とこんにゃくとちくわと大根をいただきました。
実はおでんは
実はおでんは二店舗が出していて!
その二店舗が、それぞれ違うだしを使っていて!味の食べくらべができて!
こういうレース会場でこういうものがあるというのがもう僕はうれしくてうれしくて、こういうことになった次第です。このワインで1本飲みきることになります。
酒を飲みながらレースを見るなんてなんてはしたないと思われるかもしれませんが、本場ベルギーでのレースでは老若男女問わずビールとフリッツ(フライドポテト)を食べながら見ているとお聞きしています。コース上に泥区間があったらそれはビールです。蛇口をひねったらビールが出るといいます。それぐらいシクロクロスとお酒は切っても切れない仲なのです。(一部事実を歪曲してお伝えしました。)
階段を走る選手とニョロニョロ巨匠のジャンベ(太鼓)と、コースに鳴り響くカウベル、おでん、お酒、トランス状態ですので!



ウムウム



勝ったのは竹之内悠選手です。
40分で終わるとはいえ、沢田時選手との戦いがアツかったとお聞きしています。。。
「ヨーロッパのようなコースで楽しかった」とはこの竹之内選手をはじめ豊岡選手とかも行っていたことです、ムムム三船氏、世界選遠征に向かう彼らに日本での最終調整としてこのコースを作ったか、考えすぎか。



3位になった辻選手は来年から片山右京のロードレースチームに行って、そこらへんよくわからないんだけども、プロロードレーサーになるのでシクロクロスには出れんと思う、とのこと。さびしいなあ〜辻選手は勝手に関西シクロクロスの象徴的存在のように思っているので、出ないとなるとさびしい、最終戦はなんとか出られるように調整中だという。



そしてC1のあとはホビーレーサーから上位カテゴリーを目指す人までが走るC3、今回はC3カテゴリーが3つに分けて行われるほどの盛況っぷり、流石に日もだいぶ傾いています。
それだけでなくCM2とCL3なども時差発走でたいへんなにぎわいです。



C3Aではのぼこん宝塚線オレンジ2号西村選手がスプリントでした。



くそー



次のおでんは牛すじ二本とごぼう巻をいただきました。
これらのおでんは牛すじ150円を除きすべて100円でした!



ウムウム



ETさんもいらっしゃいました。さすがに飛びはしませんでした。



ヒゲアフロは降りて通過
階段ではヒゲダンスを踊っていたと伝え聞いております。。。



C3Cではのぼこん宝塚線オレンジ1号が出場しました。
このくろんど池を最後に本格的受験シーズンへ突入する岡野選手、今シーズンの関西シクロクロスは最後かもしれないという覚悟で挑んだ。。。
このジャージは僕がデザインしたっていうことをさりげなく自慢しておきます
こののぼこんの文字は僕の文字です!
BLASTというのはのぼこんがお世話になっている大阪の自転車屋さんだという。



そんな岡野君を(はるか後方から)応援するトナカイさん
の後ろから



サンタさん!
という狙ったような走行順
このサンタさんは野辺山でも出没しコースを走りながらお菓子を配り、それがやはり各所で話題となり、それで味を占めたサンタさんは、ここくろんど池でも子どもらにお菓子を配ったという!



階段を上る岡野選手
ここらへんはまだかっこいいが
C3クラスとなると、後方の皆さんはもうこの階段は悲惨である。
そもそも「速く走ろう、少しでも前へ」という気力がもう失われているのだ。。体力的に。
もうそれは「自転車を担いでトボトボと階段を上るだけ人たち」であってレースをしているとは思えない凄惨さである。。。むけられん。。。カメラを向けられん。。。



そしてわかりにくいが前にいる人たちは周回遅れです、その後ろからふへえ〜といった感じの岡野選手は見事優勝!気持ちよく受験シーズンへ入っていける形。
やったーガッツポーズしろー

あっ

したっ

いましたっ



じゃまだもんなあ〜



他にもそこそこ写真を撮りました、君は写っているか!(後方の人は基本撮らない)

Flickr:第6戦くろんど池
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 C1等 l

<< 2011 全日本シクロクロス ジュニア | main | 11-12 関西シクロクロス 第6戦 くろんど池 CM1 CL1 >>