主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 CM1 CL1



ということで
いよいよ終盤!関西シクロクロス2011-2012 第8戦 北神戸ラウンドに行ってきました。
去年は朝方にはこのあたり一面が真っ白になるぐらい霜が降りていたし
地面がカチコチに凍っているほどの寒さ(午後のドロドロを予感させる)でしたが、
今年はそういったことはなく、むしろあったかい、あれー今日はあったかいですねなんてことを言いながら、まあたしかに真冬の朝なんだから、あったかいことはないです。
あったかいことはないんだけども、他の日に比べたらあったかいですねっていうことで、
あらためて言わんでもわかってますって、ああそうですか
それはご無礼を。。。



ここがミユキ的今日のキモ!でした。
ミユキ!今日のキモ!のコーナー!
北神戸名物「右往左往するキャンバー区間」に入っていく、
ここは唯一まっすぐ登っていく激坂なんですが
去年は写真右のあたり、比較的路面がよいところをまっすぐ登っていくところを、今年は少し左の路面が悪く急斜面なところを登らされて、ちょっと曲がって、また右上のオレンジのあたりまで登らされるイジワルポイントです。



やはりみなさんこの坂が気になるのか、朝一の試走からあーでもないこうでもないと攻略方法を模索しておった様子。
僕なんかはこういうところを走るのは嫌いでも見るのは好きですから、
ワーッハッハ苦しめ!苦しめ選手ども!などと、それこそC1の選手でもさぞかし苦労するだろう、乗っていくのは無理じゃねえの!などと思っていましたが
結構多くの人が乗ったまま通過していって(みんな想像以上だなあ)と感心した。



天候は荒れもせず晴れもせずといった感じで
穏やかな気候の中いよいよCM1で関西シクロクロス第8戦北神戸がスタート!


スタートダッシュでまず前に出たのはやはりこの人、三船雅彦選手
漆黒の重戦車三船、圧倒的な馬力でグイグイ前に出る。


ムウウン

草地の緩やかなカーブを経て、数百メートルでCM1を引きちぎる三船選手
これよく見たらジャンプしてるのわかりますか、浮いてますねえ、
これは下の溝っぽいところを踏まないようにしているんです。この部分は若干ではあるものの凹凸があるので、普通に通過するとタイヤがガンと衝撃があってリム打ち(地面の硬いとことホイールにタイヤがはさまれて破れる)したり、溝の端が尖がっていたりと、パンクのリスクを避けてさりげないジャンプです。そうですね?
さりげないジャンプがタイヤへのやさしさなのです。



三船氏の後方で丸畑選手と2位争いをしていたニョロニョロ巨匠佐野選手は、希望が丘に続きまたもいいところでチェーンが落ちるトラブル。
このあとは砂利がタイヤを空転させる激坂、ここから乗るにはきびしいところでのトラブルで精神的ダメージは大きいものの同じくトラブルを抱えた人がすぐとなりに来てちょっと心強い(そういうことはない)



CM1総合一位の大河内選手、前日からの風邪による不調もあり後方へ沈む。
同じCM1のライバル筧選手は希望が丘に続きこの日も子の熱により欠場。
「ウヒヒ(ライバルが減るので)もうけましたねえ」と言ったら
「いやあかわいそうだよ。。。子どもが4人もいたら(誰かしら熱出すわねえ)」
などとマジに返され子を思う気持ちと競技者としての気持ちの間で揺れるCM1のお父さんたちの気持ちの前に己の小ささを知った思いです。土下座。。。



「ウヒーキツイねえ」と言いながら笑顔で2位を走る走るニコニコフラナガン氏
元全日本MTB優勝者で今でもMTB日本選手団のマッサー兼通訳とかもやったりする、日本自転車界に欠かせない、みかけによらずなんやすごい人である。



3位を独走する健康丸畑選手は今日も半そで半ズボンだ!
この写真おかしいですよね、背景一面が地面っておかしいですよね、
ここがさっきの激坂区間だもん、乗っていくもん。。。
たしかに僕でも角度的には何とか(勢いに任せてだましだましに)乗っていけるかな?ぐらいの角度ではあるものの、やはりでこぼこな上に砂や小石の地面でトラクションがないので「あん、だめ。」と降りてしまうもの、ただ登るだけの力ではなく、やはりバイクコントロール力が必要な激坂。人によっては途中で木に寄りかかって動けなくなったり、こけて転がり落ちる人もいた。



今日の三船はこう飛ぶのコーナー
この写真からわかっていただけたらと思いますが、このCM1はたしかに上手な人が多いものの、それらの人々は「バイクという機械を操るのがうまい」といった感じだとすると、
この三船氏の場合は「バイクが身体から生えている」というような印象を受ける。
髪をかきあげるような軽やかさでバイクを持ち上げる。



3位を走行中の丸畑選手を追って、なんとか表彰台に乗りたいニョロニョロ選手だが
丸畑選手はそうやすやすとつかまる人ではなかった。。。
奥に写っているのが丸畑選手、この先でぐるっと回ってその差は10秒20秒といったところ



この北神戸の名物キャンバー区間、いわゆる斜面(急!)を右往左往するところ、
「下りながら右に約180度カーブ」とかではもう精一杯ブレーキを握りしめ続けたミユキさんです。「下りながら右に約180度カーブ」なんだからつまり降りてきた斜面をまた登るので、その下りでいかに速度を落とさずにカーブを曲がるか」が大事だとはわかっちゃいるけどやめられません。このほかに「急斜面を下りながらS字」とかもあって「ばっかふざけんじゃねえよ」とブレーキを握りしめ続けた。
そういうのはジェットコースターのようなもので一度いけたらそこそこいけるのだろうけど
やはりそこまでの勇気がないもの、勇気と技術が必要なキャンバー区間です。


背中がでかいもの

そういったところでは選手らのラインどりを関心しながら見ていて写真に撮っていなかったけど(あかん)、やはり速い選手はハンドルを小刻みに動かさない、そもそも小刻みに動かしすことでバランスが左右にふれて逆に不安感をあおるのだろうけど、怖いから大胆にハンドルを切れないんだよなあ勇気がいるなあ。。。
などと思っていたら、やはりぶっちぎりで三船選手が優勝!



フラナガンさんが「もう一周あったら三船さんに追いつけたけどね」というと
「ボクも一周行けましたけどね、あと2,3周ぐらい行ける思たんですけどね?」と返す三船氏
その横で静かに(もう2,30周はいけた)と丸畑選手
いい年っぷりを見せるみなさん。



ナイスバイクも来ていました。
後輪がプラスチック?でなんや後輪を滑らせながらグイグイ進む三輪車だ
ハンドルが妙にまじめだ。
さすがにこれで出走することはなかった。。。



本来なら年齢制限でダメなんだけども
C3では敵なしなので、今回から特例的にひとつ上のC2での出走となった松本選手
昨シーズンはC2で走ってたけど今年はまたC3に戻ってまたC2に戻ってきたって事ですね。。。?



そのあとから時差スタートでCL1
世界選出場を目前にした宮内選手が後ろスタートで福本選手ににらみをきかす。



スタートゥッハ!



序盤は1位、福本選手の前に出る宮内選手。
いいのか!それでいいのか福本!おい福本!
それにしても宮内選手がシケインを越えるだけにしては、妙にガチかつぎですねと思われるかもしれませんが



こういうことだもの。
シケインを越えてちょっと行くと溝があって「ヒヒヒ余分に走りやがれヒヒヒ」というコース設計者のイジワルな意図が見えます。
話によるとGPミストラル(関東で行われているシクロクロスの大会、ここも出場者が多いらしい)ではよく見るトラップだという。いらんとこ真似して。。。



「調子のんなって。。。俺が何年関西シクロクロスで走ってると思ってんだ。。。」と宮内選手の前に出る福本選手
ミユキ自転車のレース中のセリフは大体フィクションですので!



(まじふざけんなって勝たせろって。。。)



40分のC2のレースだが特例で走っているので30分でレースを終える松本選手、
C3で敵無しだったのでC2に戻って来てみたらそこでもやっぱり敵無しだったので
(あれ?考えたら表彰台と賞品がもらえなくなっただけなのではないか!)と
C2の先頭を単独で行きながら物思いにふける。



速すぎて後光が差す松本選手。
ありがたや。。。
これはもう松本選手は「C2の最後尾からスタートしてどこまで順位を上げられるか選手権」をするとかのほうが楽しいのではないか。。。そっちのが練習にもなるだろうし。。。



終盤まで続く二人の戦い、飛び乗りも同時だ!



が、ペダルを踏み外す宮内選手。
宮内選手は走りに対する考えは大胆だが、時折その大胆さが荒さになる時がある。
ここだっ狙うならここだ福本!



北神戸のミソはここにももうひとつ
北神戸名物の小川、その前にひとつだけ置かれた福田ステップである。。。
最初これは単なる嫌がらせだと思っていましたが、この小川って乗ったまま行こうとする人が前転する光景が多く見受けられるスポットなので、そういう事故を防ぐために降りさせる仕掛けなのではないかというのがこちら側の見解です。
しかしその場所が「小川のほんとギリギリ」にあるので、飛ぶ側からしたらすごく邪魔で、やはり嫌がらせだという結論に達した。



最終周回の激坂のあとでアタックを仕掛ける宮内選手
「アタックに対応しようとしてあせってミスをした」という福本選手との差が大きく開く。



そしてそのままCL1で勝ったのは宮内選手だ!
これでいい気分で世界選手権に行けるといったところ。



「(福本選手は)終盤でのアタックへの対応という勉強ができたと思うので次からは別の作戦を立てなければへへへ、、、」という宮内選手に「あん?」とにらみをきかせた(うそですきかせてないです)福本選手
「中盤から終盤にたれるのをなんとかしないと」と語った福本選手の表情はどこか固い。
この宮内選手のやる気満々マンな感じは上下左右にいい影響を与えるのではないかと個人的に思っている。与えてください、与えるといいな、アイトアイト!

そして次はC1その前に。。。?

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 CM1 CL1 l

<< 11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 C1とか。。。 | main | 11-12 関西シクロクロス 第9戦 堺 C1 >>