主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 C1とか。。。



対戦相手がいないさびしげなオリックス
なにをしたんだオリックス。。。



パッと見C1カテゴリーのスタートかと思いきやCY、いわゆるカテゴリーユース、
中学生行くか行かないぐらいの子ら。。。?のカテゴリーだ。



大人たちのコースではなく短めのコースを走ることもあるカテゴリーユースだが
今回はフルコースを勢いよく走る。タイム的に1周で終わったが、ゴール後上位の子らは
「ふざけんなよ!なんでだよ!なんで1周なんだよ!」と憤り、
フラストレーションを爆発させるように午後の試走時間にコースを走り回っていた。。。



そのCYと同時出走のCL3の表彰台の皆さんは全員同じぐらいの子の母だという!



ドゥフフフ笑てられんのもいまのうちやで。。。
すぐに声変わりして髭生えてきたりするねんで。。。



「ボクもでていいですか?」
「10年ぐらいはえーわ。」



なんやねんなんやねん
こんなんやぞ!ぼくこんなんやぞ!はやいやろがい!


そういったヤングアダルトから幼児まで子どもらのカテゴリーも充実の関西シクロクロス、
親御さん方、あなたも日本自転車界の基盤を作っていかないか!
などと思っていたらC1のスタート



「沢田時さんに(世界選手権をみこして)集団の中のごちゃごちゃしたところでスタートしたほうがいいと言われたのでそうした」というジュニアカテゴリーとして世界選手権に出場する中井路雅選手(真ん中の紺色一色のジャージ)は集団中ごろより後ろぐらいからスタート



序盤から松井選手が先頭に出ていました。
ここなんかは砂利道の登りで、他のカテゴリーの選手はじゃりっじゃりっと結構タイヤを空転させつつ苦労していましたが、C1の選手らはまあ結構上手に登るもの



この背景にがくんとさがりながら右往左往するそれが北神戸のキャンバー区間だが
やっぱりC1のひとはそこをスーッスーと行く
音で言うと僕は
ガタガタガタガタgタガタgタガtガタgタtghタ
だとすると、C1は
スーッスッスーッ
ですから、あんなふうに走れたらさぞかし気持ちよかろうと思いながらグリーン豆を食べながらハイボールをいただいておりました。



この北神戸はコースのほぼ全域が見れるっていうコースだっていう180度パノラマ写真です。クリックすると大きいのが見られるページに行きます。
左側のキャンバー区間をグネグネしながら下に下りて、グラウンドを反時計回りに回ってから折り返して時計回りに回ってきて右のキャンバーをウネウネして真ん中あたりに白く見える坂を上ってきて左奥のほうでぐるっと回ってからまたキャンバーに戻ってくるという形となっております。





そして中井選手は1,2周でその先頭パックに追いついたのでございました。。。



やはり中井選手にも後光が差しておりました。ありがたや。。。




前衛芸術のオブジェのようだ!

この小川区間はレースが進むにつれ「対岸側」が着地する選手らの足によって徐々に削られていって、この頃になると幅が広めになっていたのだった。
小川ってきれいないい方してるけど、その実ただの泥なのだ!



そしてなんやかんやしていると伊澤選手がC1の先頭を独走していました。



この伊澤選手は僕はよく知らないんですが2006年にジュニア三銃士などといって
竹之内悠選手とジュニア時代に世界選手権に行ったことがあるといいます。



そして伊澤選手がそのままゴール!
そうです
ちょっとあんまりね、レースのほうは見ていませんでした。。。
やつらはキャンバーでどんなふうにしているのかというのばかり見ていました。。。



ということで。。。
そのあと行われるのが関西シクロクロスのメインイベント(違う)
C3とCL2とCM2の大勢の皆さんによるレースだ
これでもかこれでもかといわんばかりにシクロクロスバイク、マウンテンバイク、何バイク?誰も言ってないのにシングルスピードで挑戦する人々、妙にジャンプとかをする人、多種多様な個性が混在するレースであります。
速さ的には上位数名以外はウムウといった感じだがええねんそれで別に。。。



こういったハイテク機器も導入されるのがC3です。



シクロクロスのルールで決まっているというゴール周辺のオレンジ色の柵。
これはのぼこんのためにあるのではないか?と思わせる躍進を見せているのぼこん宝塚線西村選手、ただいま受験勉強中岡野選手も出走しているのがC3となっておりますので、よろしくおねがいいたします。



キャンバー区間でオーバースピードでコーナーで体勢を崩し「これはあかん」と思ったら両輪を滑らせながらも立て直すというかっこいいシーンも見られました



今シーズンから姉の坂口聖香さんと同じレディーゴージャパンの一員となった坂口楓華選手
姉妹でシクロクロスとロードレースと活躍を期待したいところ


細い。。。

そしてまたもC3に出現した若い刺客、日野竜嘉(たつよし)選手(14)
2009年からカテゴリーキッズとして関西シクロクロスにもちょくちょく姿をあらわし、
この年でMTBからロードからトラックからトライアスロンからマラソンからいろいろやっているらしい期待の新星、今回がC3は初出場?
そしてのぼこん西村がC3Aで独走したんなら、こっちはC3Bを独走で優勝したという!
この日か!この日か2人がシクロクロスで出会ったのは!
何度も言うけど一体どうなってるんだC3の上位陣の若さは!



ちなみにCL2の3位(右)になった日野友葵(ゆき)選手(17)も日野一族らしい
そしてCYで5位になった日野泰静もいれて三兄弟で自転車をやっているらしい
その三兄弟+1のチームらしい→リバーモンスターサイクリングチーム
いいね。。。

その他の写真もたくさんアップしました。君は写っているか!
Flickr:Kansai cyclocross #8
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 C1とか。。。 l

<< 11-12 関西シクロクロス 第7戦 希望が丘 CM1 CL1 | main | 11-12 関西シクロクロス 第8戦 北神戸 CM1 CL1 >>