主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第9戦 堺 CM1 CL1


この駐車場がいっぱいになるという!

というわけで
ラスト二戦!関西シクロクロス2011-2012 第9戦 堺!
に行ってきました。
前日に現地にいった人からは精一杯砂場を耕される関係者のみなさんの写真が寄せられ、
久々にレースに参戦する身としては
ああーいやだなー、こわいなー、こわいなー、などと不安になり
前日から大阪に入ってトイレに行くこと4回という高いポテンシャルを見せた僕ですが
なぜ前日から大阪に行ったのかというと飲み会があったからです。


缶詰をそのまま鉄板の上に!

フジヤマドラゴンというところに行きました。
ここは鶏肉と豚肉料理を出すお店で、おいしかったー、鳥の刺身がおいしかった、
あとねーよくダシがでた鳥の半身が入ったスープとかねー写真のピリ辛のツナ缶みたいなやつにチーズをのせたやつ、これを鉄板の上で熱して、チーズがトロリとなったら鶏肉をそれにつけていただく、ぎゅむぎゅむと心地よい歯ごたえと共に広がるジューシーなアレがおいしかったです。。。
その他いろいろおいしかった、鶏肉好きにはおすすめ!作れ筋肉!



あと妙にハイボールの種類が多いのがフジヤマドラゴンです。
写真は青汁ハイボールですが。。。え、青汁、と思われるかもしれませんが、意外とおいしい、抹茶みたい。抹茶だとしてもなぜ抹茶をハイボールに入れる必要があるのかという疑問は残るもののおもしろいからいい。そのほかに大塚愛ボールとかたくさんありました。
デザートのチェホンマンパフェはおすすめしません。2~3人前と書かれているが、ほとんどがカキ氷だ!



その日の夜は一時ごろまでチビチビとビールなどをいただきながら人の家の床で寝て
ほとんど寝れず朝の5時に起床して万全の体制で向かった堺、いよいよCM1スタート。
スタート前に緊張する奥の人々、ちょけるフラナガンさん、三船氏と談笑する丸畑氏。



美しい朝焼けの中おじさんたちがスタート!



大方の予想通り最初から前に飛び出る三船選手。。。
あきらかに他のCM1の選手たちとは違うこの体型のなかに、なみなみとエナジーがみなぎっているのが見えるようだ!



前日に精一杯耕された砂場、砂場があるとそこにコースが吸い寄せられる現象(関クロ現象)が如実に見られたのがここ堺ステージでした。広い敷地内に一箇所だけある直径50mといったぐらいの広くはない砂場を4回も通る。

の文字のように4回砂場を通って、―の部分は前日の雨もあって「みんなが通るライン」は踏み固められ通りやすくなっているものの、・の部分は「曲がりながら」通過することもあってカーブの部分がほぐされていくのでむつかしいポイントになっていた。



堺のコースがあるみなと堺グリーン広場は埋立地の工業地帯の余った土地に作られておるので、寒い朝方には煙突からもうもうと湯気が
中央奥の太い煙は上空高くまでもうもうと上がり、それが太陽を遮ったりして、かっこいいなあと興奮したもののそういう写真は撮ってなかったみたい。



三船選手に続き2位をニコニコ独走中のフラナガンさん。
周りの光までも陽気に円を描いているようだ。



そしてハーデー藤井を先頭に熾烈な3位争いを繰り広げる集団。
CM1のレース後、CL1の表彰式ぐらいに声をかけられ、「アレーCM3のレースそろそろですよ」などというと
「あ、いや、CM1の藤井です。。。」
ど、土下座。。。
わかんねーんだよー
わかんねーんだよー自転車から降りるとさあ、わからないんだよなあ、
僕辻浦圭一とか新城幸也とかが私服で待ち歩いてても気付かない自信あるもん
ほんとすいません悪気はないんです。。。
もしかすると目が合っても無視してるかもしれない、それは無視してるわけではなくて気付いてないのとミユキさんがシャイなだけですのでご容赦願います。。。
藤「松林でああーミユキさんだと手を振ったの気付きました?」
ミ「エッあれもう無理だからこんなところ撮らないでという意味だと思って撮ってない。。。」
土下座



わちゃわちゃ。。。
乗っていく人と下りる人


乗って行く人下りる人

ここが今回のミソ
ミユキ!今日のミソ!のコーナーですが
「木の根が放射状にのびておるところを折り返しターン」なのである



こんな感じになっていて。
うまい具合にできていて、この標準的な人が通るライン、土が見えて色が変わっているぐらいのところ、ここを通ると、「カーブが終わってペダル踏もうかなー?」ぐらいのところで、ちょうど後輪が木の根っこのところにあるんである。
木の根っこの上でペダルは踏んじゃいけないです、つるっと行きます、なので、試走の時はもうここでつるつる滑る、滑らないためにはイン側の木の根肩を寄せるぐらいのイン側か、大回りかですが、それだと遅いので初めから降りるという人もいた。



しかしながら降りて曲がるとその先はすぐに露骨にふっとい根っこが何本もコースに横たわっているので、「降りても乗るところがないので泣きながらずっと降りて走る」といった状況も見られた。



レース終盤に3位集団から健康丸畑選手が飛び出した!



それにウオオンと吉中選手が追いすがる。(すぐ後ろにいるのが丸畑選手、大河内選手)ニョロニョロ佐野選手はきびしいか!


写真は序盤です

そんな中一人前を独走し続ける三船選手
タイムだけを見れば6周目時点でC1の10位以内にいけるかといったペース。しかしながら彼がどこまで本気なのかは関西シクロクロスの七不思議のひとつである。「あれ100%じゃなくないすか、まだいけそうだよねえ」というのは会場でささやかれている噂。。。


ヒーホー!

ゴールは降りてじっくりとゴール!
三船氏を見守る視線はただのファンではない。。。
「ほうあそこはああ行くもんなのか。。。」という走る教科書である。



ギイイイイと2位に入ったフラナガン選手
なんのポーズなのかは不明。。。



3位争いに勝利したのは吉中選手その後ろに大河内選手とニョロニョロ選手、
丸畑選手は遅れたようだ。



そしてCM1総合優勝を決めた大河内選手はガッツポーズでゴール。
去年に続いてCM1二連覇を達成したのだった。



絵に描いたようなニンマリ笑顔の大河内さん
去年の最後までの接戦ではなく、余裕の総合優勝で気持ちも晴れやか。
最終戦の桂川は欠席してもいいぐらいだといっていたが欠席すると表彰式とかがない。


中に何が詰まっているのか!

CM1のあとにはじまるC2とCL1のレースです。
この堺は実に工場地帯っぷりがすばらしい、世界広しといえども、
こんな画が撮れるのはここ堺だけ!なのではないか。タンク!



CL1、スタートで前に出たのは上田選手だ



ぐるっと回って半周ぐらいで
(ざけんなって豊岡も宮内もいねーレースは俺のもんだって。。。)
と福本選手が前に出る




の ― 部分は踏み固められ、前日の努力もむなしく「普通の走りやすいぐらいの道」になっていたが、なぜかこの部分の砂地だけは特殊で、「入ったとところは踏み整えられまっ平らで走りやすいのに、後半部分は急にグオングオンと波打つ」といった感じになっており
その波打つ部分で前輪が突き刺さりずっこけるという選手も見られた。
僕もC3の二周目で前半調子に乗ってスピード出していったらここで命の危険を感じた。



福本選手をニコニコ見守るフラナガンさん。



ダメな時といい時の差が激しいと常連は言う松本選手(右)
今日はどうもダメなときの表情であった。行けてる時は最後までひょうひょうと走っていくが、ダメな時は泣きそうな顔になるという!最近ではくろんど池でこの表情になっていた。。。苦手なコースなのだろうか
C2で勝った左の木村選手も高校生と若めの仕上がり。



逃げるどろぼう!



追う福本!



「オウオウオウおっさん寝とるんかワレまだまだこっからやないけ〜」
※98%言ってませんので。。。



今日のイジワルポイントはこの福田ステップです
手前の二本から少し間隔をあけてのもう一本。より少ない本数で長距離降りさせてやろうという魂胆が見えます。



関西シクロクロスの象徴的存在のひとり福本選手
豊岡選手と宮内選手がいないと余裕で勝っていきます。



今回のレースの賞品はキネシオテープを少しづつの提供です!





関西シクロクロス会場で気になる存在のこの子
ペダルがついていないナイスバイクにのってひょこひょこ会場を歩きまわる。
歩き回るだけではなく下りとかでは両足を地面から離して普通に二輪走行をするのだ!
この年でできるか二輪!三輪車もまだ無理だもの。
そんなこの子が将来行くかもしれないC1がスタートします。

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第9戦 堺 CM1 CL1 l

<< 11-12 関西シクロクロス 第9戦 堺 C1 | main | 11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1 >>