主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 CM1 CL1



というわけで
関西シクロクロス2011-2012 最終戦!桂川に行ってきました。
もう終わり、やっと終わり、まださぬきや関東、東北とか名古屋がある
様々な思いを胸に2月5日の日が昇る。
会場には朝早くから人々が集まり始め、
会場に着くやすぐに最終戦を惜しむようにコンロとか七厘に火をつけ観戦の準備が始まる。



これがコースほぼ全域となります。
奥の何にもないただの踏み踏み埃地獄のグランド周りから
手前の草地の土手部分を使う非常に細長いコースとなっております。
中央左の緑の四角が会場唯一のトイレとなっておりまして、奥のグランドにもあるんだけども、そこは使用できなくなってしまったようです。おなか痛くなったらたいへんだ混むだろうと思いましたが、写真左のほうに行って橋の下を越えるとテニスコートの横にもトイレがあって、そこまで行ったら混んでないというのはひみつだ。



これまで幾度も今シーズンの関西シクロクロスの幕を開け続け
ついに千秋楽の幕を開けるCM1がスタート!


グランドを一周してくるとCM1を駆ける漆黒の重戦車三船雅彦選手がやはり先頭に出る。
その後ろにフラナガンさん、その後ろにニョロニョロが続く
CM1はキャラが立っていていい。



桂川名物の砂埃の中を走る泥んこプロレスの皆さん。
泥より砂まみれである。
このコースの主管も勤める泥んこプロレスの皆さん。
さぞかしほぞを噛む思いでほこりの中を走っているのであろう。



くねくね三船選手
ここはキャンバー区間がまっすぐ続く区間なのだが、ここは朝の試走時間、10分や20分でみみるみるコンディションが変わっていったスポット。特に下側の「みんなが通る」ラインは細い轍の中で下の固い路面が出てきてなおかつ波打ちはじめるわで転倒する人が続出、「これなら上を走ったほうが速いぜヒャッホー」と上を走ったミユキさんは経験上ないぐらい盛大に転倒して非常にシュンとした。



すでに総合優勝を決めている大河内選手は後方に沈む。
今日はさほどせめる理由もないかなーどうなのかなーといったところだろうか
こけたあとがある。



去年も散々選手を困らせ観客を喜ばせた階段横切り区間は去年よりもイジワルに進化した。階段への進入は去年と似ているが、そのあとがまずかった。
去年はまっすぐ行ったところを、今年は鋭角に左に曲がらされるのだった。
土手を登りながら」の鋭角コーナーなので、去年は乗ったまま行く人も多かったこの部分だが今年は降りたほうが速いし怖くないとほとんどの人が降りていた。



ニョロニョロ巨匠佐野選手は「アカーン」と言いながら乗ったままトライしていたが後半はあきらめた。。。コンクリートの階段の段差を行くので、うまくやらないと速くないというかパンクするリスクも大きいの。



今日の三船も気をつける!のコーナー
のコーナー。木の根っこなどではズルリとこけることは皆さんご存知でありますので、木の根っこがあったら気をつけるのですが、ここは一見何もない何の変哲もない、ちょっとドロっぽいなーという印象しか受けないコーナーだが、ここがすっごいすべる。
納得いかないぐらいすべる。
曲がるためにコーナーに切り込んでいくあたりで非常にいいあんばいに前輪とかが滑る。



なにがあるようにも見えないのに。。。粘土質なのだろうか
ここの前で見ている人たちは「ここに気をつけろ!」と言ってくれて「わかってるよお言われなくても気をつけるよお」などと気をつけていくのだが、やはり滑ってペダルから脚が外れて付け直そうとしたらまた滑ってペダルから足も滑って股間をサドルに強打してAhhhhhとなったりした。



満身創痍のハデメット藤井選手



最後に表彰台に乗っておきたい3位争いの健康丸畑選手とニョロニョロ選手
あまりに必死になった丸畑選手、ニョロニョロ選手に蹴りを入れる(入れてない)



今日のなぜのコーナー
後輪が外れたでござるの巻



先頭をダントツで駆け抜ける漆黒の稲妻三船選手。
「ギャアア三船が来たあ」と観客は恐れおののき
「フムーなるほどあそこはああ行くもんなのか」と感心するのであった。



最後のCM1も三船選手がダントツで勝利!
圧倒的な速さを見せる三船選手、来シーズンの動向が(他のCM1の人々にとって)非常に気になるところ。



総合優勝を決めて軽やかにゴールする大河内選手



「おうおうおうがらぱ、わしのことは無視かい触らんのかい総合優勝についておうおうおう。」
(無視してないし触った)



そしてその後のCL1がスタート!
今回はオランダからお越しの荻島美香選手(右)がお越しです!全員を撮った写真はピントがずれてましたテヘッペロッ
この紺色のジャージについたアルカンシェル。
これは自作ジャージでちょけて入れている虹色ではないで。
2011年のマスターズの世界選手権で優勝した本物のアルカンシェルだぜ。
ワーイ
前日の18時にオランダから京都に着いたという。。。



スタート後は関西シクロクロスでよく見るみなさんの中に荻島選手がついてくるといった形
マスターズの世界一の人と日本一の人、どっちが速いのか!というのは楽しみにしておったところ。



「世界一がなんぼのもんやねん日本ではウチが1位ですねん」と豊岡選手が前に出る。
その後ろにはその一位を狙う宮内選手。荻島選手との差は開く!



「どかんけワレ世界一かなんや知らんがワイは関西シクロクロスで1位やど」
と福本選手も荻島選手の前をうかがう。
ここ最近福本選手のキャラ設定がおかしくなっていることはミユキ自転車の来シーズンへ向けての課題といえる。



しかし荻島選手とこのジャージの存在感たるやなかったのだった。
菖蒲谷ボーイズのジャージにもアルカンシェルがあるが「あれがほんものか」と感心しているに違いない多分。
今回は順位的には表彰台圏外であったもののその走りの無駄のなさは「やっぱり上手ねえ」といったところでキレイな走り方であった。帰国後の体調も戻ったお台場ではわからないのか?



桂川名物土手登りは今年も健在だが、去年のここは「レースが進むにつれてほぐれていって上りにくい」だった(気がする)のだが、今年は「硬くてつるつるで上れない」といった状況。
特に朝方はつるつるだった。
急な上りでびっくりするが、サドルに座って後輪に加重しないと空転して上れないらしい。



そこを力強くのぼる豊岡選手。
この日本7連覇バージョンのハデハデヘルメットは今シーズン初披露ではないか。



すぐ後ろには潔さには定評のある宮内選手が降りて迫る。



なかなか降りないことで有名な野寺選手はC2で出走し
やはりシケインで降りずに観客をわかせる。



C2の後方集団をかきわけかきわけ、ついにCL1の先頭に出る宮内選手。
豊岡選手は後方の集団にまぎれている。






特になにがあるわけでもないグランド周辺のコースに気持ち程度ある福田ステップにひっかかり、誰も見てないところで転倒して損した気分。
昨今はこの福田ステップを乗ったまま飛び越えるのが流行ってきているのか、去年より多くの選手が飛び越えにチャレンジしているように思います。
しかし、ちゃんときれいに飛び越えられる選手というのは少数派で、ほとんどの選手は「前輪だけ何とか飛び越えて後輪はむりやり乗り越える感じ」なのだが、今日ついにそれに福田ステップが耐えられず折れた。
僕はその瞬間を朝の試走で見たのだった。。。一回目はバキッとヒビが入っただけだったものの、その次の周には後輪を思いっきりぶつけられて真っ二つになった。。。目の前で最後を見届けたミユキ。。。一本700円。。。



ゴール時ウィリーを要求されそれに答える野寺選手。。。



そしてCL1で優勝した宮内選手は喜びを爆発させる!



フゥー!キャッキャと喜ぶ宮内選手。
今年は去年以上にシクロクロスにかけてきている感のある宮内選手が最後に勝つという関西シクロクロス納め。この宮内選手も来シーズンどうなるのか注目といったところ。



今回のC2は、よくわからないけども高校選手権も兼ねているというので、いつもは速めにレースを終える松本選手も表彰台に乗れたのだ。
表彰台はもちろん真ん中が一番高くなっているが。。。?



今回の出場者に配られた関西シクロクロスクッキーです
普通は一人ひとつなんですが余ったというので余分にもらっちゃった。
泥とか砂は一応入ってない。

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 CM1 CL1 l

<< 11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1 | main | ミユキ春のオマージュ2連 >>