主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1



今回の会場にはバゲット屋さんやなんか豚汁屋さん、もちろんタベルナエスキーナさんも出店し、食べ物の屋台が充実しつつある関西シクロクロスです。
屋台があるイベントはいいイベントというのはみなさんご承知のことかと思います。



ということでバゲットをいただきました。。。



上りたい。。。(この人はたぶんロード)


世界選手権から帰ってきて日本チャンピオンジャージも着た竹之内選手を含んだC1がいよいよスタート。辻浦選手も来てほしかったところであるものの豪華メンバーがそろう。
右後方に妙なものが映っている。



スタートはまず日本チャンピオン竹之内選手が先頭に出る。
その後ろにムキーッ関西シクロクロス総合ポイント一位の伊澤選手。



グランドを回ってくると「いやいや長野からせっかくやってきたので...」と丸山選手が先頭に出る。



その後方から世界選手権ジュニアカテゴリーで19位になった沢田時選手。
その横にはシマノレーシング新ジャージの畑中選手。
タイツが非常にアバンギャルド。キュートな囚人みたい。



今日の俺はこう降りる!のコーナー
シクロクロスの特徴のひとつといえば「動いている自転車からバッと降りる」のがありますが
その降り方というのは個人差があるというのを最終戦でやろうという企画です。
ほんまはもっと早く、もっと色々したかったけど忘れてたりタイミング逃してん。
この降りるときっていうのは右足のペダルをはずして、右足をバレエのアラベスクのように後ろに回し後輪の上を通って自転車の左側に持ってくる(逆の人もいる)のですけど、その右足をどうするのかって話で。
竹之内選手(左)は右足を左足の後ろに交差させて左足をはずすスタイル。
丸山選手はまだ途中だけど右足を左足と自転車の間を通して前に出して降りるスタイル。



小坂正則選手も右足を前に出すスタイル。



沢田選手は右足後ろスタイル。



バッとして一瞬両足が浮いておるわけですが
両者とも「降りてから一歩目は右足」かなあ、
そこらへんちゃんと見ていなかったねえごめんね。。。
右足を前に出したほうが多分「降りてからの走り出し」が楽というか速くできるとみましたが、
右足後ろスタイルだと前に出すわずらわしさがないのでスピーディーみたいな感じ。
君はどっちから降りるかな?僕は右足後ろスタイルです!



レースが進むと竹之内選手が独走体勢に進むかとおもわれたが、
そこはベテラン勢そうやすやすと若者を逃がす二人ではない



小坂アンド丸山の遠方コンビが竹之内選手についていく。



世界選手権ジュニアカテゴリー帰りの中井路雅選手と
俺も昔はジュニアで世界選手権に行ったんだかんな池本選手のアーサーコンビ



コースの最果ての地折り返し地点。グランド部分の正反対の部分です。
朝方はそうでもなかったのだが午後になるとものすごいほこりになってかっこいい。



ここのヘアピンカーブのラインどりも人によって違いました。
竹之内選手や沢田選手は一度左の草地を通ってでも大回り、多分ここは硬いコンクリートの上に砂が積もってる感じなので滑るのをさけて大回りにしていると思うんで



小坂選手やベテラン勢は草地に行かず小回りなラインを選択していた様子。
どっちが正しいのか考えるのは君だ!



などと思っていたら
「一筋縄ではいきそうになかったので序盤には一度体勢を整えて、中盤にもう一回仕掛けた」という竹之内選手が小坂丸山ペアを引き離していく。



今回の桂川には日本シクロクロス史上最多といわれている700人近くがエントリーしました。
エントリーした人が700人で、中にはレースには出ない家族を連れてきているような人もいるから、自分のレースが終わると帰る人も多いものの、会場には1万人ぐらいはいたんじゃないかという観客の多さも来シーズンに向けて楽しみなところ。



やっぱ選手のうまさが見えるのはこういうグネグネゾーン
下手な人は曲がりながら何度もハンドルを修正するけどうまい人はサーッといく
舗装路を走っているのかと見まごうばかりである。



一位を快走する竹之内選手



数年前はジュニアカテゴリーとして特例で上位カテゴリーで走り、「オヤジ狩り」などと称された竹之内選手が世界選手権から帰り日本チャンピオンジャージで関西シクロクロス11-12シーズンを締めくくったというのは感慨深いものであるなあ。
そしてそのオヤジ狩りが人を変えて現在も続いているのである。
まあ僕は見始めて2,3年なんですけど。。。その時代知らないんですけど。。。



世界選手権から帰ってきた皆さんの会見も行われました。
宮内選手は会場にいたはずなのに買い物にでも行っていたか欠席。。。
欠席者3人というのはインフルエンザかもしれない。



その凱旋会見を「早く終われ〜ひとおもいにスタートさせてくれ!」と寒い中待つC3の皆さん
今回はC3に70人+CL2が20人、(C3が70人+CM2が50人)×2の3レースが午後に行われた。大盛況ですね。。。



個人的に注目していたのはのぼこん2号西村選手対日野竜嘉選手
新星14歳?の二人の戦い。
C3に出場し圧勝して大人たちを半泣きにさせてきたこの二人、
これまでの2戦を見ると日野選手のほうがタイム的には勝っていたが一緒に走ったことはなかったふたり、最終戦での決戦である。これ絶対狙ったよね。。。



結果的にはのぼこん2号が勝ったものの、終盤は序盤についたタイム差そのままで日野選手は2位に入った。スタートで遅れなければ二人にもっと違う未来があったのかとやきもきする最終戦であった。
見たいぞ、見たいぞもっとこの二人が。しかしこの年代は受験勉強とかがあるからな〜。



そしてすべてのレースが終わると関西シクロクロス総合優勝の表彰式。
大河内家の子らを表彰台にあげてあげる三船氏の姿はレースのときからは想像できないやさしい表情である。不良が普通のことをしたらやさしく見えるの法則である(ちがう)




C1の表彰式
各カテゴリーの1位にはタベルナエスキーナからはワインが提供される。。。
大盤振る舞いのタベルナエスキーナ
タベルナエスキーナというのは大阪は福島駅の近くにあるごはん屋さんです。
食べていいです。
去年はのぼこんの二人が受賞したエスキーナ賞は今年もあって、CL1で走っている上田選手が受賞したのですが、表現上の理由により写真は割愛(トンチャック)



そのCL1の表彰式。3位の豊岡選手は欠席。
1位はやはり福本選手であるものの、2位には去年の3位から宮内選手が上がってきた。
パッと見、宮内選手が1位に見えるこの写真だが、来年はどうなる!人数増えろ!



トレックからキッズカテゴリーのみんなにMTBがプレゼントされた。
この前にはもう一台あって、合計三台の大盤振る舞い。
しかし当選したのはワンサイズぐらい大きいみんなでした。
若い世代にゆずってあげてください。。。



そうして終わってしまった関西シクロクロス。
ありがとう関西シクロクロス。
去年は貸してもらったMTBで走ったけど、
今年は一応シクロクロスバイクで走ったわけですが
やはりこの程度の路面ならシクロクロスバイクで走ったほうが「操作している快感」とか「スピード感」を感じることができて楽しいなあと思いました。
今年は全日本選手権で男子の王者が代わり
男女共に静かに、もしくは仰々しく控えている次の世代、その次の世代、
来シーズンがどうなるのか今から楽しみで
もう夏にシクロクロスをしたらいいのではないかと思うのですが
夏はMTBとかロードとかがあると思うので許す。

まーたらーいねーん





今シーズン最後のミーティングの様子
この場にはいない人も皆さんおつかれさまでした。
シクロクロスの会場となるところは草ボーボーなところが多かったりして、
レースをする前には前日前々日から草刈りをしたり、していらんのに耕したり、
レース会場では見られない変えの努力があってレースができているという。
ありがとうございます。
野辺山をはじめ日本でぽつぽつと起こり始めているシクロクロスセンセーション。
来年のシクロクロスシーンも今年以上の盛り上がりを見せることができますように。

今年最後のほかの写真も見てくださいのコーナーです

Flickr: 第10戦桂川
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 C1 l

<< 11-12 関西シクロクロス 第9戦 堺 CM1 CL1 | main | 11-12 関西シクロクロス 第10戦 桂川 CM1 CL1 >>