主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス) 1


※画像は東京へ向かう新幹線の車内から撮った米原周辺のものです。お台場ではありません。

ということで2月11日に行われた
シクロクロス東京 個人的には お台場シクロクロスと言いたい
に行ってきました。
お台場シクロクロスと言いたい。。。お台場シクロクロスでいいじゃないか!
東京シクロクロスというのはすでにあるらしいし、ややこしいなあ、お台場がなんか登録されてるんだろうか、使ったら金取られるとか。。。
世界に向けてお台場よりはトウキョーだろうということだろうか、
ここではお台場シクロクロスと言っちゃいますがいいですか?いいですね?
ところで
ちょっと待ってください、ミユキさん、お台場ってどこのお台場ですか
と思われる方もおられると思います。
どのお台場かと言うと、みなさんTVなどでよく御存知の、あのなんか丸いやつがあるフジテレビがあって、東京の華やかさの象徴レインボーブリッジがあって、ついでにJSPORTSの放送局もあって、日本のハブ駅東京駅から電車でわずか20分のところにあるお台場であるっ。


向こうでやるというのかシクロクロスを!

たしかに最近のシクロクロスは、野辺山とか、先日の関西シクロクロスの最終戦も史上最大のエントリー数を見るなど、少しずつ盛り上がってきている感はあるが、ロードレースだって最近ちょっとメディアに出てくるようになったかな?ぐらいなのに、早いだろ、まだ早いだろお台場でシクロクロスは、大丈夫なのか、などと半信半疑でお台場へ向かう。



最寄り駅のゆりかもめさんのお台場海浜公園から徒歩数分の駅近レース!「駅が近い」だけで泣けるのに、さっきも言ったけどその駅が東京駅から20分の駅だから、泣けるから、
高層マンションと、エンターテイメントの象徴フジテレビなど建ちならぶ、田舎ものにはいまいち理解できない不思議な空間「お台場」、対岸には高層ビルが立ち並ぶ、それもそのはず、対岸は品川とか新橋とか花の都"大東京"、そんな場所でなにをするというのだろうか。


してたー!

お台場でシクロクロスしてたー!!!

っていうようなドーン!とした写真がなくてそれはほんとうにごめん。


見てるかー!岡村(ナイティンナイン)!!!!



会場に着いたのは朝一、9時ごろだったのだが、結構な人が集まっていて。
「ほお、やるな、まあそこそこ集まってよかったんじゃない?成功と言えるんじゃない?」とか
知った風な顔で冷めた目で見ている自分に酔っているミユキさんであったが、
この見通しが甘かったことは後にわかることであった。



これがお台場シクロクロスの最大の見所であり最大の難点でもある「長すぎる砂区間」です。
長さにして片道200m程度であろうか、この写真ではズームの圧縮現象によって短く見えるので動画を撮ったのでどれぐらい長いか見てください。



一番後ろの自転車を担いでいる黒い人(動画開始時点で6分の1ぐらいは来ている?が折り返しまで来るのに、時間にして1分半ほど。1、2分のラン。持久走か。
たしかにここは後で出てくるエリートカテゴリーのみなさんが「こんなところでも速い」というドキドキスポットではあり、言わんとしてることはわかるものの、特に下位カテゴリーの人にとっては単調すぎたかもしれない。走るほうにも見るほうにも。
しかしよく考えたら今年の世界選手権が行われたコクサイデとかはもっとすごい砂なのかもしれん とゾッとするのであった。



砂の質はマイアミよりも細かいといった印象。
マイアミがゴソゴソと埋もれていくとすれば、お台場の砂浜はぎゅむぎゅむとハンドルを取られるかんじだが、マイアミよりは踏み固められやすいのかなー細かいので。。。まあ全然走れませんでしたけど(ちょっと乗せてもらった)



砂浜の右側は午前のカテゴリーの人々がせっせと自転車を押して踏み固めていった右側に比較的固い走行ラインが形成されてはいるものの、それでも砂は砂、乗っていける人は少なかったのだが、試走でエリートの皆さんはそこを選んではいるものの、すごい勢いで乗っていくので改めてさすがですね。。。と思うのだった。
折り返してからの波打ち際は水分を含んで固くなっている(淡水より海水のほうが固くなる気がする)ので乗っていけるといった感じ



砂浜だけではなく一応林区間があって、木の根っことか、ぐねぐねとか、そういうのもありましたが、そういうところで見ている人はほぼいないし、気がついたら僕も見てなかった。



会場には各メーカーのブースも多く開いておりイベントに華を添えます。
シクロクロスバイクだけでなくロードからTTバイクまでが砂の上に展示され異様な光景であった。



会場にはコースに背を向け、人のいないレインボーブリッジのほうを眺める感じで設置されたところから、DJのみなさんがヒアウィゴーする音楽が流されておりました。
現地の実況解説は白戸太郎氏と、あと髪の長いお方、名前わからなくてそこは本当にごめん
そしてシクロクロスマスターズ世界チャンピオン荻島美香氏も加わって豪華な解説である。
がらぱ氏はこの翌日に四国で行われるさぬきシクロクロスに行ってるんだけど
あれは一昨年ぐらいのツアーオブジャパンの伊豆であったか
がらぱ白戸の実況コンビ
あれがあったらさぞかしよかろうと思うミユキさんであった。



チャンピオンシステムさんありがとうございます。
なにを隠そう僕もチャンピオンシステムさんのところでジャージを作らせていただきました。品質もよいと評判であります。なにより「一回なんかのアイテムを10点以上作ったら次から合計10個になれば色んなデザインを一個づつでも作れる」というのがたいへんよい。
これはかゆいところに手が届くといったサービスですねありがとうございます。



レインボーブリッジだ!封鎖されたところだ!
見てるかー!青島ァ!



ここが今年のお台場シクロクロスのムムムポイントだ。
シケインを越えると10~20mほどの間をおいて階段。
この距離を全部降りて走るのか、ちょっとでも乗ってすぐ降りるのか、
人によってその選択が分かれるいじわるポイントであった。
それはいいんだけど。
このシケインが「スタート直後100~200mぐらい」のところにあるのだった。
言わんとしてることはわかるんだけどな〜、これはどうなんですかね、スタートダッシュが命とさえ言われるシクロクロスのスタート直後にあるシケイン、あぶないなあと思うけども、わかるんだけどな〜、気持ちはわかるけどな〜。
実際午前の下位カテゴリーではここで急ブレーキの怖い音がしたりしていた。
しかも舗装路の上でこけたら痛そうである。



そんなことを思いながらウロウロしていたら女子カテゴリーがはじまる、
さあどこで見るのか、あえてのここはどうかと砂区間の一番奥、折り返し区間へ来た。
ここは普通に歩いてくるだけでも遠いし!疲れるし!
と思っていたらウオー来たぞ、いつもの二人だ、福本千佳さんはいないが、ここ最近よく見る先頭二人が来たぞ。
しかし背景の観客の数がすごくないですか?



「ヒイ、ヒイ、このお台場で目立つんは日本選手権7連覇中の私やっちゅうねん、さがっとれっちゅうねん ヒイヒイ」
「いやいやここで勝って ヒイヒイ 来シーズンまで嫌な気分にさせてやる ヒイヒイ」



「ヒイヒイなんだとこの野郎絶対負けんぞ ヒイー しかし長えーなヒイヒイ」
「ヒイヒイがまんならんので乗ろうかワーごめんよヒイヒイ」



ウンウンそうかいそうかいと4位を走る荻島美香選手



オイオイなんか観客の数がすげーぞと気付き始めたのはこの頃である。
僕は今回のお台場シクロクロスにどれぐらいの人が来るのか、と考えた時に
たしかに都会でやるにしたっておそらくほとんどの人が聞いたこともない競技「シクロクロス」にそんなに人はこないだろう、よくて関西シクロクロスの桂川より多いぐらいだろう、などと思っていたのですが、どうも多いな。。。



「ヒイーヒイー走るところは結構得意というかなんというかハアハア長えーっ長えなーっ」
「わ 私は意地でも乗っていく。。。」



3位を走る坂口聖香選手レディゴージャパン



荻島選手は僕の見たところ唯一「サドルを押して走る」というエレガントなスタイルだった。
よく考えたらこんな砂地でサドルを押してまっすぐ走るのって妙にすごいのではないか。



応援するピンクの着ぐるみさんたち。
奥にいるのが片山梨絵さん(MTB女子クロスカントリー8連覇のすごい人)
いいのかスペシャライズド!それで!


砂浜の端っこのほうは人もまばら

やはりお台場でもこの二人の接戦を見ることになる我々である。
しかしこのあと落車で遅れた(らしい)宮内選手、その差を縮めることはできず。



「オルアーッギャラリー多いところで結果出してナンボのモンやろがい気合入れんかい姉!」
と応援する、今年から姉妹でレディーゴージャパンの一員となり、
これからのロードレースシーズンでもブイブイ言わせていきたい若手の星、坂口姉妹。
もちろん上記のようなことは言っていませんでしたよ。
若い女子にキツイ言葉を使わせたいミユキ自転車です。



これが女子のゴールを待つ観客な件です!
全日本とかは完全に越えた、これぐらい観客が集まるような日本の自転車レースなんてもう上にはジャパンカップとあとツアーオブジャパンのいくつか、ぐらいしかないじゃないですかね、まあそんなに行ってるわけではないんですけど。。。
北海道と沖縄とかはすごいんですかね結構。。。
しかし今行われているのは最近JSPORTSで録画中継が始まったばかりのシクロクロスです!



というところに一位で入ってきた豊岡選手。



な?



そしてそのあといよいよ男子エリートのレースが行われる!
スタートセレモニーに集まるこの観客の数!
日本シクロクロス誕生期ぐらいから現場を知る小坂正則選手は壇上で「こんな日が来るとは思わなかった」と語り、竹之内選手は「ベルギーみたい」と語る。荻島氏の言葉を借りれば「秘境の地」で行われてきたようなシクロクロス、こんなに人が来るのかと最近軽い気持ちで見始めたミユキも、いままさに黎明期への転換地点に立っている!と妙に感慨深い。



今回は海外から結構速い選手たちも来日され、
世界の走りを日本で見ることができる貴重なレースとなりました。
どんなレースが行われんだ?ドキドキすんな!
見てるかー!ルフィ!

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス) 1 l

<< 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス)2 | main | GPミストラル最終戦 >>