主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス)2



会場では「シクロクロスをビールを飲みながら見る本場」のベルギー産のものをはじめ数種類のビールが販売されておりました。
これは白濁とか書いてるけどベルギーのやつらしい、なんかねー甘いなーと思いました。
フルーティーというのかなーまあよくわからないですけど、おいしいなあと思いました。


そりゃスタート地点撮ろうかと思ったけど、撮れんもん、
スタート数分前からスタート付近はずーっと人垣だもの、
「好きなところで撮れないシクロクロス」なんて日本のシクロクロスじゃありませんッ
なのでしぶしぶ
まあしぶしぶっていうか最初からここで見ようと思っていたところに早めに来ることにしたんだけども。日本のシクロクロスで「数分前から遠くで待ってる」なんて新鮮。
そして遠くで聞こえるスタートの声!



ドワアアア来たアアアア



ドワアアアアアアア乗った



すぐ降りる〜



猛スピードで押し寄せる選手の波が、シケインを飲み込んでいく大迫力、
ここにシケインを置いた主催者の思惑は、地が割れるような大歓声を聞けば成功したと言えよう。。。すごい迫力、シクロクロスで聞いたことのないような歓声だった。
でもやっぱあぶないよなあ今回事故はなかったけど。。。
そこんところどうなのかしらねえ本場を知る人々の視点からいうと。。。






丸山選手はそのシケインでチェーンがはずれ最後尾へ



「なんでっなんでこんなところでっつ」



スタートを見守ると、民族大移動が始まる。
見たことある!こういうのベルギーのレースで見たことある!
やはり観客が集まるのは砂場区間。でも観客の列は砂場の半分ぐらいまでしか続かなかったから、来年は少し短くしちゃってもいいかもわかりませんね。。。



ベルギーだな!ここはもはやベルギーではないですか?この人だかりは!
それにしてはみんな髪が黒いし顔も平たいな、
ハッここはお台場、日本のシクロクロスのレースですかっ!



大勢の観客が見つめる中を走る池本選手



一位を走るのはシクロクロスの本場と言っていいベルギーのベンベルデン選手だ。
写ってる選手が外国人だとそれっぽさが10倍にはなるなとか思っちゃうわけですが。。。
やはりこのベンベルデンさん、砂場の走りで他の選手と大差をつけるといったところ。
走りがぶれない、ぐいぐいと砂場を進んでいくし「やはり本場はすごいなあ」などと思うわけだけども、今回お台場に来た外国のみなさんは、それこそ「ワールドカップの上位争いを現在バリバリしている選手」というレベルではないんですよねえ、と思うと
世界広い。。。と思うのであった。



ベンベルベン選手に序盤はくらいついていくも徐々に離されていく竹之内選手
観客多いなー
背景のピンク目立つなー



MTBをメインに走っている山本和弘選手キャノンデールも参戦して華を添える。
そうだねえ
ここにはぜひ関西シクロクロスやその他のC1の選手らも来てレースを盛り上げてほしいなあと思うのであった。おもしろいだろうおもしろいだろう。
来年はぜひ他の地域のレースとうまいこと日程をアレしてほしいですね。。。



見たことある!こういう人垣の中を走っていくベルギーの写真見たことある!
まあもうちょっと人垣が多かったらいいんですけど



昔を知る小坂正則選手はなにを思いながら走るのか。
この後ろまでずーっと続く人の列を見てほしいところ。



見ていておもしろいだろうというところでは人の列が二重三重になっているところもあって、逆にそういうところが珍しくて写真を撮る僕です。



お台場に舞い降りた天使です。フレームはフォークだけシクロクロスのロードレーサー!



竹之内選手がペースを落としたのかたのか後ろが上げたのか、序盤から着々と竹之内選手との差を縮めてきたアメリカ勢が終盤に襲い掛かり、竹之内選手は4位へ後退する。



独走状態でデンデケデン状態のベンベルデン選手
ふくらはぎに刺青があって怖い。



こちらもMTBをメインに活躍されている若手
前田公平選手も参戦されていました。フレームかっこいいっスよね好きっスよね。。。



この時間になると引き潮で海岸線が広くなり観客もちょっと観戦ポイントが増えたといったところ。しかしこの砂浜からゴールは離れているし、最終周回のここでの走りを見てしまうとゴールには間に合わないのだった。



ゆっくりと後ろを振り返り一位でゴールするベンベルデン選手。



3位になった1番の人



竹之内選手は4位、同一周回の日本人は彼だけなのであった。
普通のエリートのレースよりも10分短い50分で行われたこのレース、周回数は11周となった。出走者の半分が「二周遅れ以上」。。。こわやこわや。。。



誰かのシクロクロスバイクに興味津々のみなさん。
「あれだなタイヤにデコボコがあるじゃん」「ボトルケージはつけないのかしら」などという「シクロクロスのことはなんも知らん」という声が聞かれた。
「ロードレースみたいなやつで荒地走るんだなそういう専用のがあるんだな。」という気付くきっかけ、この大会でそういうことを知ることになった人は多いのであろう。
僕なんかでも2,3年前初めてマイアミランドでシクロクロスというのを見たときそういう驚きがあったもんな。あれは「行こう」と思って行ったけど、ここは「ちょっと寄ってみるか」ぐらいのテンションでいける場所。
そういうところで「きっかけ」ができたということよなあ。

続きを読む
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス)2 l

<< 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス) 3 | main | 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス) 1 >>