主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


買おう!

四国サイクリング
ありがたいことにGajA様のムック本四国サイクリングの表紙を描かせていただきました。


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎

たいぎいおじさん3LINEスタンプ

たいぎいおじさん3

プラナリア

プラナリア

キドクキノコLINEスタンプ

キドクキノコ

くらげ

くらげ

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

全日本自転車競技選手権ロードレース2009 女子の部

全日本:男子の部
全日本:天気の部
全日本自転車競技選手権ロードレース2009

それは、西にある、、、。西がすごい。

先日お伝えしましたとおり
全日本自転車競技選手権ロードレース

に行ってきました。
何をする大会なのかというと、ロードレース界で日本一を決める大会、
それすなわち今後一年間日本チャンピョンジャージを着るための大会。
ノデラやユキヤやフミユキがナショナルチャンピョンジャージを着ていたろう?
それは、このレースで勝ったからなんだ。(しっとるわ)
細かいアップダウンとテクニカルな下りを織り交ぜたこのようなコースを使い行われる「日本一速いヤツ決定戦。上のサイトによると、中間地点ちょっと手前の「凹み」の部分の上りなんぞは、平均斜度は、なんと44%と、、、さすがにそれはないやろー!44%はないわー!おかしいわー!
とにかくここで行われるレースは、そのほかの選手としての勝利より、
己の選手生命の価値を証明するための、、、
意地と誇りをかけた戦いなのだ!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

女子のレースは朝8時から!
どんだけ朝早いねん、、、
朝8時って、学校もまだ始まらんような時間ですよ、朝練の時間ですよ、
そんな時間に「日本一を決定するレース」をやられるというのは
なんか引っかかるところがある話ですが、
6時過ぎに夜行バスで広島駅に付き、そこから空港リムジンバスで小一時間、
空港から歩いて競技会場に向かいました、
細かいアップダウンを駆使して、ショートカットをさせてくれないルートでした。
普段は誰も通らないのか歩道は荒れ放題だし、アップしている女子選手達が横を通り過ぎるたび、
僕はあふれる涙を抑えることができませんでした。
横を過ぎていく車とかもそやで、
「もしかして自転車見に行くんですか!乗っていきますか!?」
とかいえんもんかね!?いえへんわなあ普通は、ううう。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ついたのがレース30分ぐらい前。
さすがに朝早すぎるので関係者以外はほとんどいないですわ、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

アップするサイクルベースあさひ萩原麻由子選手。
女子ロードレース界のホープよね、、、
「参加人数が少ないので中止になりました」というのは
市民レースの女子の部とかではよく見る光景で
レースがあっても参加人数10人以下、とか
そんな中で本気で女子ロードレースをやるということ
それって「やりがい」のある競技、ひいては人生なのかは
沖選手の「11連覇」とかを見ていたときも思っていて
このレースを見ているときも他人事として「どうなんだろうなあ」とか思っていたけど
「私があんときがんばってたからこその今の日本女子ロードレースよね」と
将来いえる日が来るといいですね、、、
中央奥がコントロールラインで、
ホームストレートにずらーっとならぶかんじで各チーム、出場選手たちのピットがあって、そこで選手がアップしたり休憩したり緊張したりバナナ食べたりしています。
勢力のあるチームはテントを作って、いすとテーブルを並べて豪華仕様です。
そんなに強くなくても設備が豪華なチームもありますよ。
「日本一決定戦」なんだから個人の問題じゃないの!と思われるかもしれませんが、
チームはチームで仲良くしていますよ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

あー!3点ローラーを壁がないところで乗っている!
それってすごいことなんですよね、以前そうお聞きしました。
さすが鹿屋やね、、、今年の春RITSのときは壁際でやってたけどね、、、。
あ、まてよ、
横の三脚っぽいのが怪しいな。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ここが表彰台だ、
このトップに立って、日本一の称号を得るのは誰だ!
つくりがちゃっちいとかいったらあかん、
キャラクターが微妙な表情だとか言ったらあかん。
全日本自転車競技選手権ロードレース2009

選手がスタートラインに集まってまいりました、
さすがに「全日本」なので、結構な人数が走りますよ、
すごいね、こんなに多くの女子ロードレーサを見たのは人生で初めてですね。
中央右が荻島美香選手、ロードレーサーやってて、シクロクロスをやってたんだけど、
ロードにまた戻ってみたとゆう2児の母!です。
俺あ好きだなあこういう人が。
「現状維持でいいよもう」とか言う人は嫌いだ、
「やってみたい」と思える人が好きだ。
中央左のピンクのスペシャライズドが、片山梨絵選手ですね、
マウンテンバイクやリーのロードレースやリーのという人です。
シクロクロスとマウンテンバイク、こういう「でこぼこ道」のレースで培われた体力や経験が
どうもロードレースにもいいらしいということを、この後僕たちは思い知らされるのです。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

スタート前の緊張がたまらんです、
ぎゃー、スタートしたら走り続けなあかん、
やめられへん、あー勝ちたいわー、あかんかったらどうしよう、
いやいけるはずやで、がんばってきたやろ!
がんばってきたから、あかんかったらいややねん、、、
あーでもこわ、あー、めっちゃ勝ちたいわ!
そんな感じ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

スタートしてもたー!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

飛行機の乗客も見ております。
本当に飛行機が近くで見れるスポットですねーここは。
しかも国際線も離発着するんですよ国際線が!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

国際線に乗って世界に羽ばたきたい人、羽ばたくべき人、すでに羽ばたいてる人、
役者はそろってるぜ、
そうです、一周目ですでに多くの選手が遅れ始めます。
女子は一周12キロを7周します。
右端が宇都宮ブリッツェンのCHISAKOさんです。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

でこぼこコンビ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ぼくやったら一周するのに途中5回は休憩を挟むな、、、。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

コースの前半は下り坂で結構楽そうなのだが、ところがどっこい、
非常にテクニカルでブラインドな複合コーナーだらけの区間で、
しかもそれに加えて細かいのぼりもあるわで、そらあんさん、
遊びで走るのとは違いますから、レースでそんなとこ走らされますから。




序盤に大逃げをかました牧瀬翼選手。
んがしかし、その後ろでは萩原麻由子およびCHISAKOが頻繁にアタックを繰り返す、
女子レースはかなり展開する、やはり男子よりは距離が短いからなのか!?



MAVICのサポートバイクもがんばる!
でもこのバイク、「レースの一番前(つまり一位の選手より前)」を走ってるけど、
コレは一体誰をどうやって助けるのだろう、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

このヘルメットにカバーがあるのが「ジュニアクラス」の選手達ですね、
結構いるんですねー、女子のジュニアクラス。
ジュニアクラスというと春RITSとか見てて思ったけど機材が高いわ、
このひとはそうでもないかも知れんけど、
子供がカーボンホイール使ってどうする、とか思いますわ。
「機材が高すぎるみたいからはじめれない」
「やってても機材が高すぎる(のを使いたい)ので続かない」
とか絶対あるでしょう。
今のF1じゃないけど、予算制限とかをするべきです、
「10万以下のマシンしか使ったらあかん」とかね。
まあ「10万の自転車」っていったら、知らん人はそれでも「ありえねー」っていうけどね、、、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

結構逃げ続ける牧瀬翼(MUUR ZERO)



んが、そのすぐ後ろに萩原麻由子が猛追!
この萩原麻由子とゆうのは浅い僕のロードレース観戦歴から言わせてもらうと
このひとはオーラが違うと思うのだ、
女子ロードレース界のユキヤアラシロだと思うのだ、
これからがんばって欲しいのだ、人生うまくいったりいかなかったりなのだ

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

どあちい〜。
まだ「午前」だというのに、なんなんだこの暑さは、、、
午後からは曇るだろう、っていうか雨って言ってた。
きっと午後は曇るだろう!
昨日は晴れろなんて言ってごめんなさい、
曇ってください、軽く雨を降らしてください、
いやほんとマジな話、、、。
っていっても笑い事じゃない。
昨日のアマチュアのレースでは何人か選手が熱中症で倒れたらしいし。
補給が取れなかったらもう地獄ですよ、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

コントロールライン付近の道路はだだっ広いので選手が淋しげであり
影がまったくない辛さわかりますかね、わかっていただけますよね?



牧瀬翼の逃げが終わっても、集団は断続的なアタックが続いていたみたい。
西選手のアタックは決まったが、両足つって吸収されたとかどんだけ恐ろしい話なんですか。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

女子のレースは常に動いていて面白かったですよ、
逃げたり追いつかれたり、見送ったりけん制したり



でも基本的には「最初の周回で残ってた人」がそのまま優勝争いをした感じ。
、、、萩原麻由子とCHISAKOがいないっ!?
なんかトラブルがあったとかなかったとか、
あとから聞いた話だと、二人とも足の痙攣だとか、、、
この暑さのせいもあるのだろうけど、
両者のブログを見ていると、レース前に「それってアスリートが本番前に食べるものなのか?」
っていうのをたべてるというか、いや、知らないんですよ、
ぼくは全然そういう食事療法(療法じゃないか!)的なものはしらないんですけど
たとえば他のマラソンであったりその他スポーツ、
本番前にはかなり制限してる的な話は聞くので、
「このひとらが本気でレースのためだけに生きてるレースのことしか頭にねえ、ぐらいになればどこまでいけるんやろ」と思った。



パッと見「そのまま歩いて滑走路までいけるんじゃないの?」といったような雰囲気だが
そんなことを言っている場合ではない。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

く、くるで〜集団が最終周回、来るでー。
この時間(11時前ぐらい)だと、観客も増えてきておりますよー。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

き、きたあ〜だれや、だれなんや「ポスト沖」はあ〜!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

あ、あんたかー!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

西か〜!沖、西、苗字が一文字やあー。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ゴール後すぐに倒れこんだ西選手、「だしきったー」という感じ。
ぶちかっけえのー。
ゴール後、その他選手がすぐに西選手の健闘を讃えに行ってたのが
ええのーと思いました、もちろん自分が日本一になるためには自分以外は敵だが
日本一の人はすごい、そんなかんじ。
こういう気持ちってどんなんなんだろうねえ、
選手やってるからには「日本一とかステキ」とは思うんだろうけど、
それを本当に取っちゃうっていうのは、
なにか大きなプレゼントをもらったような感じなのだろうか、
この笑顔ですからね、うれしいことには違いない。

一方そのころのユキヤは!?

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

レースにむけてマッサージあんどクリーム的なものをぬったりしてるんですか?
女子レースが終わって「ほんとにすぐ」男子スタートだからね、、、
「わー西さんおめでとうございますー」とか言ってる場合ではないのだ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

表彰式は男子がスタートしてからという微妙な時期に行います。
おかげで表彰式中に男子が一周してるし。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ジュニア部門のトップ3。
一位の人が二位三位の人を一位の位置に招いて3人並ぶ、というのをしたかったのだが意外と台の幅が狭くて乗れない、招いた手前断ることもできへんし、一回のろうとした手前やめるのはバツがわるしなあ、の図。



「この日のために貯金を切り崩してがんばってきた(的なことだったと思う)」という西選手、、、
日本一の称号を手に入れた人がいうことが現実的で、それだけに重くて、ははーと思った。
「自分は未来がある選手、というわけでもない」という西選手。え〜?何歳なん、、、。
「アラフォー」なんだとゆう。
アラフォーやったん!あんたアラフォーやったん!そんなふうには全然見えんで!
「まあ、30台でもいけるってところを見せたい」というと、横から「そうだ!そうだ!」という声、
誰かと思えば6位入賞の「アラフォーで二児の母」、荻島美香よね、、、。
そこいくと2位の森本朱美もそう、
ちゃうねんで、この人らががんばってる、すごい、っていうのがまずあるんやけど、言うで、

しっかりせんかい若手!

ここ最近の全日本女子のレースの結果を見て、知らん人に
「若手が育ってないだけとちがうん」といわれたら、僕は「うぐぐう」と、
返す言葉がないよなあ
競技するのが難しいってのがあるのはわかるんだけどね、、、



次号、いよいよ男子の日本一決定戦!
ユキヤは、ノデラは、ドイはー!?
ミヤザワはコレまでの鬱憤を晴らすことができるのか!?
そしてその時、ニシタニが―――!?
その翌日、フミユキがまさかの!?
そしてミユキの身に起きたとんでもない出来事とはー!?

次号を待て!

全日本:男子の部
全日本:天気の部

l 全日本自転車競技選手権ロードレース2009 女子の部 l

<< 全日本自転車競技選手権ロードレース2009:天気 | main | 全日本自転車競技選手権ロードレース2009 男子の部 >>