主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

GPミストラル最終戦



ということで前の記事でお伝えしたとおり
先日のシクロクロス東京(お台場シクロクロス)で満足していたミユキさん

聞けば翌日には関東で一番大きいらしいシクロクロスシリーズ
「GPミストラル」をやるというので
せっかく関東へ来たついでに見に行ってみることにした。

前日には東松山に泊まりまして、やきとりを食べましたよやきとり!
やきとりといってもこの東松山では焼いているのは鳥ではない。
豚のかしら肉を焼いたものをやきとりとして出してきているのだ。
「やきぶた」ではいけなかったのか。
この豚のかしら肉、ぎゅむぎゅむとしてなんとも肉肉しくていい意味で食べ応えのある、ある意味で「肉の理想形」なのではないかといった食感で、またこの東松山のやきとりの特徴のひとつ「ぴりりと辛いみそだれ」がこの肉のうまみとあいまってたいへんおいしく、たくさんいただきました。あと手羽先としいたけサラダをいただきました。



ホテルで朝から腹痛に襲われましたが
これは昨日やきとりを食べすぎたからなのか、個人的にはお台場で食べたアレがよくなかったと思っています。品質が悪かったのではなくて、なんか横に「ふりかけ」みたいなものが置いてあってそれをバッとかけて食べたら、それがすごい辛い、辛いなー、嫌だなー、嫌な感じの辛さだなー、嫌いな辛さってあるでしょう、なんなんだろうなあこの辛さは、と思ったら気付いたんです、あこれ唐辛子だ、結構辛くておおぶりの唐辛子だ。それを私たくさんかけてしまって、残すのはもったいないし、よけるのもめんどくさいしそのままたb手しまったんです。こわいなー、こわいなー、
明日おなか痛くならなければいいけど。。。と思っていたらやっぱり痛くなった。
しかしホテルのトイレでサッとしたらおさまり、僕の腹痛は大体がこうです。サッとしたら痛くなくなるのが常でしたが、今回はずっとじんわりと痛い。あーこれはやっぱりあれだ、
昨日の唐辛子みたいなやつのせいだと不安を感じながら
最寄のバス停から2キロほど歩いてGPミストラルの会場へ向かう。


なんか試乗車が関西より多かったような気がするような

会場へついたもののとりあえずトイレへ、
とトイレへ向かうが見ると会場には仮設っぽいトイレが転々とあるのみ、ウムこれは嫌な予感がすると行ってみると「大のほうは使用禁止です」とミユキの目の前にのっそりと身をもたげる絶望の張り紙。「したかったら向こうの管理棟に行け」とは言うものの。そちらを見てもそれらしきものはない、どうも随分離れているようだ。
現代文明においてトイレを目の前にしてトイレに満足に行けないとはなんという侮辱。
人類は一体いままで何をしてきたのか。
数多もの開拓者が人生を賭してまで目指したものとは一体なんだったのか。


関西シクロクロスのCM1でもおなじみのこの人!が
わざわざ関西からGPミストラルに来ていて、あんたも好きねえなどと言いながら「ちょっと自転車を貸して」と管理棟へ向かうが、サドルが高いもん、脚が届かないもん、
ただでさえこっちはそこらへんがアレなのに、ほとんど立ちこぎで管理棟へ向かい
トイレに駆け込むも全然サッとしない、
サッとしないのにいつ爆発するやも知れぬ、ただじんわりと存在感をもって痛くあり続けるお腹、「逆にもう帰ろうか、東京で寄りたい美術館(トイレはある!)にも行きたいし」などと朝の9時ごろに吉見の荒野で途方にくれるミユキさん。



でもせっかく来たし、
関東に住んでいる知り合いの皆さんもレースに出るので何とかそれだけは見て帰るか
と彼らのスタートの頃にまた腹痛が強くなりまた自転車を借りた
今度はさっきとは違う人のやつでサイズもあっていた、ジャイアントのTCXいいなあ
このカンチブレーキすごいきくなあなどと感心して少しテンションが上がりましたって
いつまでトイレの話をするねん。

っていうのでこのGPミストラル吉見運動公園のコースは見た目はただのど平坦だが
用水路だかなんだか土手やらなんやらをぐっと上がったりバッとさがったりする
関西シクロクロスでいうと
桂川と北神戸を足して2で割ってそれに桂川のグラウンド区間2個足したような感じのコースといったところであろうか、関西シクロクロスのような狂気はないもののテクニカルでコース設営者の下心が見え隠れするコース。
古くから自転車競技を知る人から言わせると「昔のMTBのコースのような、無理矢理きつくしてるようなコース」だという。フーン。




富士山が向こうに見えました。
そして写真からは伝わらない、関東平野を吹きぬける猛烈な寒風がほぼ常時吹き続けて体から体温を奪い続け、じんわりじんわりと不安感をますお腹です。



そしてコースが広い!広すぎ!
C3だと一周10分以上で規定周回は3周である。
会場には実況は一切ないのでレース状況は自分の目で確認するしかない、
わからん、誰が1位なのか、まあそれはいいとして、いまレース中なのかさえわからない。
試走っぽいことしているけど、なんかレースしてるっぽいひとも走るし、どうなっておるのか、がらぱさん、どうなっているんですかがらぱさん。
現地実況の存在のありがたみをしみじみと感じた次第、
そしてお台場シクロクロスから現実に戻ってきた感をまざまざと感じさせられた。





これがGPミストラル版ステップだ!
関西のものより上からの衝撃には強いがレースの進行方向には弱いらしくレース中倒れたりしていたが、その仕返しだといわんばかりに選手を転倒させたりしていた。



どこでも走らせればいいってもんじゃないと選手らが嘆いた沼区間です。
もしゃもしゃとバイクにからみつく泥!埋まるタイヤ!
ここの泥は関東ローム層なかんじで、しかも荒川が長年をかけて運んできた粒子の細かい土のせいか、泥がねとっとまとわりつくわ、溝ではニュルッと滑るわの特徴的な地質でいい感じの演出をしていましたハア



広い、広すぎる



GPミストラルのコースは妙に溝を使いまくるのですがここが一番いい溝だったのではないでしょうか。
右側から走ってきて、乗ったまま行きたいところだけど溝のそこの部分は水を含んでドロドロ、降りて溝を越えてもキャンバー区間なので乗りにくいなあと
コースから出ちゃってる人もいるがそこがいい。



昨日のお台場シクロクロスにも出ていた荻島選手も出場なさっていました。
しかしCL1のエントリーは荻島選手を入れて二人だっけ、三人だっけ、
そう考えたら関西でも多いほうなんだなあと思ったけど参加者総数の割合からいうと同じぐらいであろうか、
そこいくと日本で一番活気があるのは今のところ関西シクロクロスというのはふしぎ、関東のほうが人口多いのに、なぜなのか、自然がないのか関東は。関西人はやりたがりだからだろうか。しかしながら関東も着々とそのシクロクロスの行動範囲を広げていっておる様子。
信州からはじまったといわれる日本のシクロクロス、その火は関西でボボボと大きくなり始め、そして関東ではバチッバチッと大きな火が起ころうとし始めている。



この部分いらないんじゃなすかね。。。
このGPミストラルシリーズ全5戦は、関西シクロクロスとは違いこの吉見運動公園だけで行われる。といってもいつもまったく同じコースではなくて、また違った趣向のコースが作られるというが、今回だけだったのかなこういうだだっぴろいコースは。。。
この広さを使ってその気になれば1周で4,5箇所で見られたかとは思いますがそんなお腹じゃないので。。。



誰もいないところにぽつんとひとつだけあるシケイン。。。
越えずに行っても多分誰も見てない。。。



びゅうびゅうと吹きすさぶ冷たい風
公園内に無数に飢えられたチューリップの苗がまた哀愁を助長する。。。
チューリップですねこれは?



アッ



「来るだろう」とは思っていたものの
やはりこのGPミストラルにも来たデビルさん。
「あの羽は空気抵抗すごいだろうなあ」とも言われ「いや追い風区間では逆に有利かもしれない」と存在感を示す大きな羽である。



いま気がついたけど手につけた風船はロケットパンチなのかもしれない。
マジンガーさんは普通のメガネをつけていらっしゃる。
ここまでこだわるなら何とかならなかったのか普通のメガネ!



現場から急遽駆けつけた現場係長



キューティさんとメーテルさんもやはり来ていたが
メーテルさんは昨日よりは軽装。



スパイダーさんも来ていました。
どうも現場の人以外は全員同じチームの人らしい?


表彰式にはちょっと音声があった

そうですかそうですか。。。とウロウロしていて
帰るべきか帰らざるべきかと思っていたら
先ほど紹介した関西からお越しの選手が「もう帰るけど駅まででも乗ってく?」と言ってくれて
そうそう帰りどうしようかと思っていたんですよね駅まで歩いて帰るのめんどくさいし、実質僕が帰らなかったのはそれがあるからよ。。。2キロ先のバス停にバスが何時に来るかもわからないし、でもなあこの後のレースも見たい気もするし、C1とか、ウーン
乗せてくださ〜い。





他の写真もいくらか撮りましたのでごらんください
2011-2012 GPミストラル最終戦
l カテゴリー:シクロクロス11-12 l

l GPミストラル最終戦 l

<< 2012 シクロクロス東京(お台場シクロクロス) 1 | main | 2012 ツールデフランドル >>