主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 南紀白浜クリテリウム




白浜の名勝、円月島です。奥に見えるのは番所鼻灯台です。
写真左外にある四双島灯台が中央の穴から見え、うまくやれば夕日も重なったりして、白浜の有名な観光スポットだっていうのは今知りましたよね。。。


遠い!

チームタイムトライアルの翌日はごらんの通りクリテリウムが行われました。
タイムを競うのではなく、大人数でスタートして順位を争うレースです。



その隣にある平草原公園では桜が見ごろを向かえ、
先日と変わって穏やかな気候の中、たくさんの人々がお花見を楽しんでいました。
ここらへんの人をちょっと来させられんかの〜レースにの〜
そうだキナンさん桜の木を滑走路に植えましょう。数千本。


着いた頃にはP1の予選をやっていました。
二組に分かれて予選を行い、上位25人が決勝に進める。



去年ここで勝ったスプリンター辻善光選手
新チームに初勝利を、そして自身のチームでの存在意義を確実なものするために、是が非でも勝ちたいレース!落ち着いて前のほうで予選通過。
スプリンターでこのジャージっていうと、
やはりなんか某プロツアーのジャージに似ている、
スプリンター辻選手自身が、なんかそういう雰囲気ある、あの某チームの。。。



女子は一発決勝となります。総勢十数名のレースとなりますので。。。



写っている9人のうち3人もの選手にそっぽを向かれました。



「のー姉ちゃんこのピンクの人マークしときゃあええんじゃろ。」
「ほうよこのピンクの人が勝ちそうなんじゃけえ何とかしてこの人をおとしいれるんよ。」
「わしら二人おるけえ有利じゃないん。」
「ほうよチームワークをうまいことしてピンクの人をおとしいれるんよ。」



(ピンクの人って)
と肩をうなだれるピンク色のジャージいわゆる実業団の女子カテゴリー
いわゆるJフェミニン総合ポイント賞ジャージを着る高橋奈美選手。
この実業団のレースはグランツールみたいにタイムじゃなくて、順位に応じてもらえるポイントで順位をつけて、その時の総合ポイント一位の人が総合ジャージを着るんよ。




この赤いジャージの二人は坂口 聖香(きよか) 楓華(ふうか)、おっしゃる通りで姉妹です。16歳と15歳の。。。!
そのチームがレディゴージャパンという、「日本で初めての女子チームでUCI登録チームを目指す」をスローガンに掲げ活動する、日本でほぼ唯一の女子のロードレースチームである。
他にはさっきのピンクの人がおる「Vitesse-Serotta フェミニン」というチームがあるらしい、両方とも日本自転車ロードレース界のパイオニア市川氏が関わっておるチームですよねえ。




これ姉ですか、多分これが姉の聖香選手だと思います、ゼッケンはそう言ってます。
その姉が1人でアタックを仕掛けたのがレース中盤です!



「ええぞ姉ちゃんそのまま行くんじゃ。。。!ピンクの人はまかせよけ。。。!」
いまこそチームワークの見せ所といわんばかりにピンクの人にふたをする妹



「おのれこしゃくな」
と一人で追走するピンクの人、高橋選手。髪はまっきんきんである!



「どわりゃーなにやっとんじゃ妹、シルベストの人まで来とるじゃないかーっ」




そしてレースの最後までこの3人が先頭を走りゴールへ
残り数百メートルの地点で「前にでんかい」とアピールする坂口選手16歳。



そしてそのまま3人のスプリントへ!
このあとミユキカメラは坂口選手をマークし、
勝利したピンクの人、高橋選手を撮り逃しました。。。!



そしてそのあとはこの白浜クリテリウム名物なのかどうなのか、
ママチャリレースが行われました。
今年は実業団と同じコース(本来その予定ではなかったようだがなんかそういうことになったらしい)を使って行われる1時間耐久レース、各チームは何人かで交代して走る。
そこそこな感じのコスプレが多く、参加人数も多い感じでなかなかいいですね。。。
この中からロードレーサーかっこええのーとなる人が現れたらいいですね。。。
ちなみに去年まで使っていた滑走路のもう半分はどうなっておるのかというと、奥に見えるとおり平草原公園の花見客の駐車場になっています。



ローソンのみなさんも店を閉じて参戦。



世界観がわからん。。。



マツコさんもおこしでした。



なぜか自転車レースになると出現するハニーさん。少年少女チームの引率であろうか。



前カゴを持って無茶TTポジションのガチっぽい人たち、、、それにしてはサドルが低いが、もしかするとママチャリスペック的にいっぱいいっぱいの高さなのかもしれない。



そしてママチャリレースのあと今年も行われましたスーパーカーイベント
フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどがたくさん集まり、片山右京氏のトークショーなども開かれ、その後はコース上をアクセル全開のパレードラン、コースに響き渡るエキゾーストノートであった。



今年は外車ばかりじゃなくて国産車もありましてん。新型GTRの改造車だよねえこれは
アレですよ排気口が前タイヤの後ろにあるんですよ!レーシーな印象。ばりしぶ。
このロードレースの場でなぜスーパーカーなのかという説もあるが
僕は華があっておもしろいなあと思いましたまあ僕がそういうのが好きだというのもある。
おもしろいんじゃないですかねーいろいろ見られるっていうのは。。。



先ほどのママチャリレースの参加者たちが残っていたこともあり、このスーパーカーイベントの時が最大の観客数であった(ミユキ調べ
これ以降少しづつ観客は減り続け、本日のメインイベント、一番最後のP1の決勝時には見ているのはほぼ関係者ぐらいという「あー実業団ロードレース見に来たなあ」という状況であった。
このママチャリレースに参加した人たちを最後まで残らせることはできぬか、ツールドフクオカみたいにプレゼントを企画するとか、



お店も焼きそばフランクフルトカレーなど選べる自由。
国内ロードレース有数の充実ぶりでたいへん高い評価なので、もうちょっと観客が来てもいいです。



イチゴを買いましたよイチゴ!たいへん甘くておいしかったです。練乳もかけ放題です。
紙コップ一個分に入るぐらいで200円とお値段も良心的ですね。




スーパーカーイベントの時には広告塔となる右京氏です。
あの片山右京が、「フウー!右京よぉー!」とわき腹をつつきにいけるぐらいのところでウロウロしているっていうのは結構すごいことのような気がしますが
モータースポーツファンたちというのはこういうのを知ってるんだろうかな〜。
ロードレースの客寄せパンダでもいいと自身で語っている右京氏。
もっとうまく右京を使えないものか。。。(言い方が心から偉そうなミユキさん



スーパーカーイベントが終わったらいそいそとチームピットへ戻る右京氏
クリートシューズを履いていたのか。



そのあとすぐE1決勝に出て前をうかがってるし。。。(左)



自分のレースが終わったらすぐ監督になってるし。。。
どうも自転車が好きなんじゃないかなこの人は。



去年までコースだったところに止めてあるたくさんの車は平草原公園の花見客の車です。
ここからロードレースのコースはもうほとんど見えません「なんか遠くでやってるなー」ぐらいです残念。「なんだなんだ」と見に来る人がおるかなーと思っていたのですが
でもそれっぽい人はちょっと見えた気がする
車でコースの近くまで寄って来ていた人がいた気がする。関係者かもしれない。



そしていよいよ本日のメインイベント最終レースP1のスタートですっ
なんの変哲もないほぼド平坦のコースで行われるガチンコスプリントレースです!



去年もここでスプリントして勝った辻善光選手、新しいチームでスタートラインに立つ。
スタートのピストルが鳴るまでずっとうつむいて、
その精神を集中している感たるや尋常ではなかった。



おっしゃー先導するぞーとモトバイクさん



レースは1周目から少しでもチームに有利にレースを進めたい、
あわよくばそのまま逃げ切っちゃったりしたい、
ポイント賞もあるから勝てないにしてもとりあえず逃げたい、
そんな思惑の中、激しいアタックの応酬であった。
ブリッツエン、マトリックス、パールイズミあたりが頻繁にアタックを仕掛け、その間隙を着いてキャノンデールが前をうかがい、それを逃さず完璧に対処していたのがHTチーム右京である。もちろんスプリンター辻善光で狙ってきていることは他のチームも認めるところであろう!なんとか辻を、辻をなんとかしたい、というのが他チームの戦略であろうか。



数周のアタック合戦のあとチーム右京の佐藤選手とマトリックスの山下選手の二人の逃げが決まる。大本命チーム右京と元気なマトリックスの2チームが前に選手を持っていけたってことで、集団のアタック感も一旦落ち着き安定するレース



辻善光選手はチームの選手を一歩後ろに従えつつ、一昨年負けてやはり新チームでモチベーションは高いであろう鈴木真理選手(左の赤い人)をマークしつつその時を待つというセオリー通りのレース展開ですね、



それをつまらんと思ったキャノンデールやブリッツエンあたりが、がまんならず追走を開始し、距離にして大体残り10キロから20キロぐらいでしたでしょうか、セオリーとしては少し早いぐらいに逃げの二人を吸収したから、さあたいへん。



吸収しちまったもんはしょうがないと今度はブリッツエンが中心となって第二次アタック合戦の開幕であった。これでチーム右京をバラバラにできるかといったところだが、そこのエースの辻選手が先頭に出たりして、そおなの〜なんなんもお〜といったところ



チーム右京が一番あせったのは最終局面での宇都宮ブリッツエンの初山氏のアタック
もしくは



EsperanceStage/WAVE ONE山口の伊藤選手の単独の逃げであったろう
特にこの伊藤選手の逃げは各有力チームにとって「えっどうするどうする」といったところであったろうがブリッツエンが率先して追撃したような違ったような。。。



終盤はブリッツエンが主導権を握ったか、と思わせるレース展開であった。
ブリッツエンがチーム右京辻善光―――去年のチームメイトをどう崩すのか、
スプリンターのいないブリッツエンにとっては非常に悩ましい、どう動く、どうする、
とか思っていたら



「ここで逆に俺が行ったらどうするのかな〜!」
とチーム右京の狩野選手がアタックを仕掛けたりするもんだから



「もおーっ」といったところの他の有力勢であった。
このチーム右京のレースコントロールしている様っていうのはこのほぼ全域が見渡せる超単純なコースでじっくりと見ることができて、たいへんおもしろかったです。



「みんなーファイトですガンバです」



そして集団はひとつのままいよいよ最終周回、
ついに集団スプリント力を見せる時が来た辻善光、
ボトルの水をグイと飲み、さあていっちょやるかといったところ



残り300mぐらいの状況!
チーム右京は辻善光の前に発射台清水を一枚残して先頭を取る、
ここから100mぐらい行くと折り返しのコーナーがあって集団は縦に伸びるから
ここでの位置取りは重要ですね!



1人で先頭に出るのはシエルヴォ奈良辻貴光、辻善光の兄です、
ブリッツエンは複数で集団先頭に挑みます、
その後ろにマトリックスのマリウスさん、
キャノンデール鈴木はその後ろで無賃乗車状態です!



さあ折り返して残り100mだ、
チーム右京辻善光先頭に出た、そのすぐ後ろにキャノンデール鈴木、
少し早かったか辻善光、
シエルヴォ辻貴光も先頭にいますが少し早かったか、
少し早いか、少し早すぎたか辻兄弟、これは鈴木かもしれない、
ブリッツエンは隠れているけどどうもいる、どうも何人かいる



オオオアー



カーーーーーーーッ



HTCみたいだー!

この光景もう何度も見たもん、テレビで何度も見たもん、グランツールでチームHTCのカヴェンディッシュがスプリントで勝った時、こういう光景何度も見ました、カヴェンディッシュの後ろでガッツポーズのアシストたちの図。
ジャージもあいまってこれはもうそのままだHTCである。
チーム右京はHTCなのかもしれない。



確実なレース運びでチーム力を見せつけ初勝利を獲得したチーム右京と辻善光とそのほかの選手のみなさん。これからカヴェンディッシュのようにハイハイ右京右京というシーズンにしていくのであろうか。



辻善光選手はカヴェンディッシュに雰囲気が似ていると思っています。



チーム右京は個人個人で荷物入れを区別し非常にシステマチックです。このようなところにもチームの考え方が現れていますね。(と僕が思っているだけで別にそういうわけではない可能性もあります



印象的だったのは
レース後右京氏が「あの時の逃げをああやったのはよかった」「ああいう選手の動きは注意せんといかん」「でもあそこでああいう動きをしたのはよかったねウム」などとレースを見ながら話しているかのようにレースを振り返っていて非常に監督らしかったところである。
僕は正直「いくら右京でもさ〜自転車的にはシロートだろ〜大丈夫なのかよ〜」などと思っていましたが感心しました。土下座。
思えばこの片山右京氏はモータースポーツ、エンターテイメントの頂点F1までのぼりつめたことは言うまでもなく、引退後も山を登ったりスーパーGTの監督したりその他もろもろいろいろな分野を本気でやってきているという異色のバックグラウンドの持ち主であり、
そういう意味で日本実業団ロードレース界に新風を導くおもしろい存在になるのではないか、なってほしいなーなどと期待する僕です。

といってもまあこの写真の後ろでは「表彰式するので早く対象者は来てください」と再三のアナウンス、役員ぽい人は遠巻きに苦い顔をして「早く来ないと無効にしちゃうぞ」などとやな感じ、この競技者と役員の距離感に「ああー実業団レース見に来たなあ」という感じであった。
あっ写真のチーム右京だけがだらだらしていたわけではないですよ。全体的にそう。
思うんだけども、別にそんな遠くから言わなくても
「辻さーん!終わってすぐで悪いけど、表彰式やるんで来てちょ、時間押してるんですよー、すいませんなあ。」などと直接言いに来たらスムーズにことが進むと思うのだが
なんで遠巻きに言うんですかね。。。
選手側だって聞こえていないわけはないはずですよ、グランツールとかでも選手は表彰台にすぐ来るんですからねっ
そういうところもひっくるめてチーム右京とキャノンデール、新チームに新しい風を期待しちゃうところ。。。



若杉選手が3位に入ったものの、満足行く結果ではなかったであろうブリッツエンのみなさん。



昨日のチームタイムトライアルでも今日のクリテリウムでもチーム右京とキャノンデールの「すぐ後ろ」の3位、これからのシーズンで元祖ニューウェーブとして巻き返すことができるか。



チーム右京はチームメイト全員が表彰式に来ていました、
まあこのあとチーム全員で記念撮影するというのもあったのだろうけど。。。
ちなみにキャノンデールの選手も来ていました。他のチームはほぼ来てない。
これを見て僕は「フーン」と思いました。



3位の若杉選手まで入れるという配慮がほしかったの。。。
辻善光選手は今日の勝利で実業団のリーダージャージを獲得し、文句なしの一日となった。



そして表彰式の後は初勝利の余韻そのままにチームのみんなで記念撮影するチーム右京のみなさん。まずはバイクにまたがっての撮影。
「今日だけではなく熊野でもこんな感じになれるようにみんながんばろうねっ」と右京氏。



「今度はまたがってないバージョン撮ろう」と言いながら、おもむろに一箇所に集まるチームの皆さん、なんだなんだと思っているうちに右京氏を胴上げするという上機嫌っぷり。
前もって右京氏以外で打ち合わせしていたのだな、いいチームですね。。。



この日の朝には白良湯に朝風呂に行きました。
ここは白浜が見渡せるお風呂なんですよ。ただガラス張りで開放感はあまりないのが難点、
やはり白浜に来たら崎の湯には行ったらいい、ああいうことは経験したほうがいい。



今回の白浜温泉の旅では、
やはりチームトライアルが見れたのがたいへんいい経験となりました。
たいへんかっこいいものだチームタイムトライアルというものは。。。
ぜひ他の大きなレースでも導入してほしいところ、
ジャパンカップでチームタイムトライアルしたらいいと思います。

クリテリウムの写真他にもアップしましたのでチェックしよう!
2012 白浜クリテリウム
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 南紀白浜クリテリウム l

<< 2012 パリールーベ | main | 2012 南紀白浜チームタイムトライアル >>