主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 全日本選手権ロードレース 2



ここが岩手八幡平の全日本のコースはここが唯一の見所、仕掛けどころ、
「緩やかだけど長くてつらい」4キロの上りである。
平均6%ぐらいの勾配の上りが4キロ続く。



そこを上りきったところにフィニッシュラインがある。
4キロ上ってのゴールという珍しいコースレイアウト!
1周15キロぐらいのコースを、大体早くて25分というペースで走る。
男子は16周、女子は8周。



一回目のその上りにやってきたのは早くも形成された逃げ集団。
新興チームのシレルヴォ奈良、チーム右京が目立ち、チームの特殊なモチベーションがうかがえる。シエルヴォ奈良にいたっては4人出場のうち3人も逃げに送り込むというあからさまな目立ちたがり作戦だ。気持ちはわかるがどうなのか順位は狙えなかったのだろうか。。。



その逃げに選手がいない優勝候補の名門チーム、シマノ、アンカー、アイサン(と新興チームキャノンデールスペースゼロポイント)たちによって形成された4名の追走集団。

1周目から形成された、このふたつの小集団とメイン集団という構図。
タイム差が広がったり縮まったりはするものの、これが終盤まで、約4,5時間ずっと続くことになる。



女子のほうもやはり1周目からこの二人、
サイクルベースあさひ吉川選手と鹿屋体育大学木村選手が逃げる。
サイクルベースあさひの吉川選手はきっと同じチームで優勝最有力候補萩原選手のアシスト、無用な脚と精神力を使わせぬとの戦略であろう。
木村選手の鹿屋体育大学、自転車部が大きく好成績を残していることで有名で男子も多いし、女子も多い。萩原選手も鹿屋体育大学出身である。



その後ろからVitese-Serotta-Feminin山下選手もやってくる。



集団は平穏、萩原選手は後ろから集団を見渡し機会をうかがう。



その4キロの上りを上りきるとずらりと並んだテント、ここが補給地点となっております。



補給をつくるチーム右京のみなさん。
レッドブル(ノンシュガー)が見える。



アイサンの補給食だ。CCDというアスリート向けに作られた近代的なものから、
ビニール袋の中に入ったどら焼も見える。



レースが動かない時は集団後方に居をかまえるユキヤスタイルは全日本でも健在だ。
「手首だいじょうぶなの?」
「ウン大丈夫です沖縄言葉で言うとなんくるないさ〜ってやつですよ。」
「うそだあ痛いんでしょ?」
「痛くないさ〜。」
「痛いから電動の変速機でしょう?」
「心配ないさ〜。」



3周目で突然メイン集団から飛び出す萩原選手。
ええ、もう!
は、早い、なぜ、全8周回のうち3周回目でアタックというのは萩原戦略としては早いのじゃないか、もっと終盤に行けばいいのに、とびっくりしたミユキさん、
ちなみにこのアタックについていったのが(というか萩原選手がアタックについていったのかしら、そうだったような?うつろ覚え)與那嶺選手であった。。。



正直なところ女子のレースは「萩原選手をどう好きにさせないか」というレースになるというか、それほど一人ずば抜けて高い実力を持っている萩原選手、逃がしたら終わりだ、しかし早いだろ!まだ序盤なのに!とメイン集団も追走する。



やはり以前集団後ろのユキヤさん
その後ろでにっこり笑顔のシクロワイヤードの人
なんだなんだとパールイズミの選手



どこまでも続くような直線。。。
コースはこんな感じで「二等辺三角形で長い辺の一方が長く緩やかな下り、もう一方が平坦、短い辺が4キロの上り、という単調なコース。



3周目にメイン集団から飛び出しそのまま先頭に出た與那嶺選手と萩原選手。
後方に女子のメイン集団が見える。
やはりこのような長い直線だと逃げにとっては不利であろうか、
まあこのまま行くんだろうな、このままこの與那嶺?とかいうのを使ってある程度進んで、
終盤に萩原選手がバッと行って終わりじゃないかなあ、この與那嶺?というのも先頭引いちゃってけなげだぜ、というこのときのミユキ予想。



もちろん集団もそうはさせまいと意思の通ったローテーションで前を追う。



雄大な山々を背景に進んでいくレース。
男子のほうは特に何もおきずに淡々とレースが進んでいく。
この全日本はオリンピックの選考の参考にする大会という位置づけで
そのためにいつもより早く開催にしたらそれをUCIさんに認められなくて
ポイントがつかなくなっちゃったりという話もあってまあよくわからないんですけど
このコースがロンドンオリンピックのコースに非常によく似ているとかならわかるけど
普通に考えたらフミフミともう一人選ばれるのはユキヤであろうし
ロンドンのコースにしたら妥当であろう
意味あるんか。。。むやみに長いし朝早いし。。。
国見温泉はいれんかったし
いま飲み物持ってくるの忘れたし
財布も置いてきてしまったし
暑い。。。



3人同時に背中がかゆくなったの図。
男女がタイム差スタートの混走なのだがやはり男子の方が早いので
男子の後に女子が来るタイミングが徐々にずれて何度もタイミングを逃した。



先頭集団は減ったのかしらおんなじかしら。。。



岩手山というと僕はこのあたりが好みなんですよね。。。



とか言ってたらなぜか萩原與那嶺の逃げが吸収されていた、なぜだ、なにかあったのだろうか。普通にメイン集団が追ったからだというのが周囲の見解である。
どうなんだ、なにがあったんだがらぱさん。オーイがらぱさーん。
ここにはがらぱさんの声は一切聞こえない なぜなら数キロ離れているからだ!



牧草地を駆け抜ける。
お天気は見てのとおり昨日に引き続き快晴、あたたかい、うそです、超熱い!夏かよ!
周囲の観客を見わたすと顔や肌が真っ赤、焼けとる、焼けとるわ、
まさか岩手でまで来て焼けることになるとはな。。。



男子のメイン集団はアイサンがメインでコントロールし続けていた。
これはなんであろうか、西谷選手を守るために、あんまり坂で速度上げたらいやよ、ということだろうか。

ところで
今これを読んでいる人で全日本の結果を知らない人っていないんじゃないかなーと思います
そこいくといくらかの人はおかしいなーと思われているかもしれません。
そうですっお察しの通りミユキカメラは土井雪広選手をあまり捕らえておりません!
見つからないんだもの、全然見つからないんだもの、
でもまったく写ってないことはないはずだ、と探しました



魚眼レンズの隅のほうに小さく写っていたユキヤと談笑する土井っぽ



あー結構ちゃんと写ってますね。。。



写ってる写ってる。。。

続きを読む
l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 全日本選手権ロードレース 2 l

<< 2012 全日本選手権ロードレース 3 | main | 2012 全日本選手権ロードレース 1 >>