主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


買おう!

四国サイクリング
ありがたいことにGajA様のムック本四国サイクリングの表紙を描かせていただきました。


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎LINEスタンプ

メキシコサンショウウオ太郎

たいぎいおじさん3LINEスタンプ

たいぎいおじさん3

プラナリア

プラナリア

キドクキノコLINEスタンプ

キドクキノコ

くらげ

くらげ

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

全日本自転車競技選手権ロードレース2009 男子の部

全日本:女子の部
全日本:天気の部


女子の興奮冷めやらぬ中、「さっさと男子はスタートラインに集合してくださいー」というアナウンスが会場をせわしなく駆け巡る。なんちゅうカツカツのスケジュールなんや、、、。

競技選手権ロードレース2009

なので女子のレース中に男子はアップしたりインタビューを受けてたりしてるんで、、、
しかもみてたら、「競技者用の駐車場が設定されてるわけではない」といた感じで
結構大きいチームの車が結構遠くに止まってたり、といった光景、、、。
選手のブログとかを見ていたらば「車を停めるところがない!今まではこんなことなかったのに!」ということ、、、
たぶん「ユキヤ効果」、ツールに出る新城幸也を見に行きたい、というので、
一般人の観客が多かったのでありましょう、
大まかに見て大阪より西はロードレース僻地、めったにレースがないけんね、、、
西はつよいのにね、、、

競技選手権ロードレース2009

やはりユキヤのまわりはいわゆる「大名行列」状態(中央にユキヤ)
各プレス、そして遠巻きに見るファン、かなり近づくファン、
シクロワイヤードには「スタート前の選手は集中してるのであまり話しかけないようにしよう」と書いてあったけど、コレってすごいストレスよねー。
僕なら「あーもーなんなん!うっとおしいわ!ついてくんなや!」って思ってしまう。
しかしコレほどまでに一般人がきた全日本選手権もない、というベテランのお話。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

通過中、、、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ユキヤ後。

そのシクロワイヤードなんだけど、
自転車連盟のHPのやる気がまったくない中、連盟以上に情報を流してたのがシクロワイヤードでした。ぼくはシクロワイヤードができた当時「似たようなの(日本語では一番と思われる自転車ニュースサイトサイクリングタイムと)をいくつも作ってどうすんねん」とか思ってたけど、
サイクリングタイムが全日本の事前情報がほぼなしだったのに対して
シクロワイアードは注目選手だの「出走選手リスト(ゼッケン番号まであるリストが欲しかったけどあれって当日発表とかなのかしら)」とかまでだしてて。「ほー、わしと同じ国からでるやつもいるのなあ」とか、親近感をわかせるのには十分だったし。レースでは見れなかったけど。あと会場へのアクセス方法とかでしょ、
あとこのあと男子の優勝者が決まった時、いちもくさんに「テキストライブ」を更新しとった様子、
カメラのバッテリーが切れてなかったら(このあとミユキの身に起きたとんでもない出来事)撮ってたけど、
やるなシクロワイアード、と思った。してないみんなはブックマークしておこうね。
今のF1やないけど、メーカー、チーム主導のサイトとか作ったらいいのになーとか思いました
各チームが協力し合って作るひとつのサイト、
チーム的には一般人に見られてナンボの世界だから、それはもう必死に来てもらえるようにすると思うのだ、選手のプロフィールから、会場へのアクセスから、、、HPならたいして金もかからんだろうし、、、というか見てみたいなそういうサイトを
そういうこと思っていると、ここ数日でシマノがそれに近いようなことを決行してるって言う話を聞きました、さすがシマノ!こことか。くりらじスゲー。くりらじはライブ解説もしてたらしいですね、ほかにも「こんなサイト知ってるか」というのがあったら、「おまえ、こんなサイト知ってるか係」まで!

競技選手権ロードレース2009

ユキヤ行列を背景にミヤザワ氏。
「なにさ、昨日今日ユキヤを知ったばかりのくせしてさ、あたしとユキヤはね、、、」

そのユキヤ、サインに行ったらヘルメットに日本の認定シールがない、ということで一悶着、
いやいやいや、本場ヨーロッパの認定シールあるからええがな、
いや、日本のじゃないとだめいうルールですので、ということがあったそうな
はっはっはっ



ユキヤバイク。



「ぶちキレイな溶接じゃのー、わしは使わんがほしいなるわ、、、(とろ鉄より、北さんがロードレーサーを見た感想)」コレは溶接ではないですか、、、。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

いよいよ選手らが先頭に集まる。
先頭に集まるのは「前日本一」ノデラをはじめ
すごい成績の人が先頭に呼ばれるのだが、こんかいのカテゴリー分けの中では、
ユキヤアラシロは前じゃなかったようです。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ノデラのヘルメットは輪島塗だという、トンボの蒔絵つきだという、コレだ
なんというわびさび、まさにカブト、話がうまくできておる。しぶい、ミニチュアでいいから欲しい。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

スタート前深い深呼吸を何度もして緊張しているらしき三瀧選手に、
シンイチが「うわー、あっっついのー、のう!」と話しかけて
ここにベテランと新人を見ました。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

スタート直後、「いいかげん勝ちたい」メイタンキクチが逃げを決める、
やっぱすごい大げさな応援をしてるのはメイタンなんだよなあ、
アイサンも結構いたけどタオルを広げるぐらいじゃし、、、
大きい応援てその他関係ない人のテンションも上げる重要なようそよね、

あと今回カメラの横にもう一個カメラを付けて動画も撮ってみたよ。



ど、どうってことねえ〜!
重いのでほとんどやってないけどね、、、
カシャカシャいうのはカメラのシャッター音ですね。
「バタタタタ」と撮れるカメラが欲しいですね、

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

あっ

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

どうしてもユキヤに目が吸い付く、、、。
他の選手も撮りたい、有力選手は撮っときたい、とか思うのですが
「あかーん!ユキヤに目が奪われる!知らないうちにあたい、ユキヤを探してる!」
そんなかんじ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ギバリヨーというのは、「ギガ・チバリヨー」がなまった形でしょうか?
(沖縄弁にも色々あって、八重山列島では「チバリヨ」を「ギバリヨ」とゆうらしいです。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

「おいメイタン逃げてんぞ、おまえいけよ」
「えーやだよ、おれ疲れたくないもん」
というチームばかりの中、飛び出したのはシマノハタナカ。
シマノの組織力は圧倒的でシマノにみんなが踊らされている。
そんな感じ。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

暑すぎるので木陰という木陰に人々が非難し、集団が来たら道に出て応援するスタイル。
しかし後半は集団が来ても動かない人続出、、、
僕も10キロぐらい歩いただけなのに、水分を1.5リットル消費、、、
こんななかで200キロ近く走る選手ら、地獄やね、、、
僕なんか、柵を越えようとしたら、きゃあーーー!って。
尻がつったんですね、思わずうずくまるミユキ、しばらく歩くことができなかった。
「つる」ってここまで痛いか!?ってぐらいの激痛。
っていうか、ここで歩くことができなくなったら、わし帰れんで、、、。
むむむ
女子のニシや、男子のタカシ、その他、
こんな思いをしてもなお、走っておったのか
す、すごいなあ、うふっふふふ、、、

まてよ、、、

ツールは、これより暑いぐらいの中、
コレよりきついコースを、20日間ほぼ休みなしで走るわけやね

別次元やね、、、。




雨で濡れてるんじゃなーで、逃げ水よね、、、
むちゃや、夜行で着た僕にとってこの気候はむちゃや、、、
ちなみに、屋台とかその他祭り的要素はまったくのゼロでした。
ないかなー?とは思ってたけど、まさかここまで何にもないとは思ってなかった。
お菓子とかパンぐらいは売ってるよなーとは思ってましたけどまったくのゼロです
来年以降と思ってる人は注意してね、
空港には一応コンビニがありますが、ここから歩いて30分ぐらいですね。
自販機だけは近くにあるので、死にはしませんが、
もうどうしようもあらしまへんなあ、、、。


全日本自転車競技選手権ロードレース2009

腹の調子が悪かった、とゆうミヤザワ。地獄やね、、、。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

ユキヒロドイか!と思うと違うね、、、
ジュンペイムラカミ。ゼッケンも出身地もユキヒロと惜しい!

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

キクチとハタナカの逃げが決まると、集団はまったくのやる気なし状態。
何の展開もなくレースは数周が消化される。

全日本自転車競技選手権ロードレース2009

近くのグランドではこのクソ暑い中ラグビーをしている。
トイレと自販機がここにあるのでロードレースに人たちもここに来ることになるのですが、
筋骨隆々たるラグビー選手と、すね毛を気にしてるようなナンパもんたちがトイレで交錯する…!!



ユキヒロ「足に水かけたら気持ちええでー」
タカユキ「き、きもちよさそうやのう…」



なぜかベンツがスポンサー。
コースに出てるオーガナイザーの車もベンツ。
でもマビックカーはスズキなんやね、
レース展開は全然なし。



が、がまんならん、と木陰に退避、、、。
か、身体が暑い、横になりたいけどシートがない、ええか、もうこのまま地面に寝転がればええか、まてよ、、、雨だと言われて持ってきた、、、カッパか、、、。
カッパは雨の時にも使えるし、シートとしても使える。
よくできた子や、、、そんなことに気付いた梅雨の晴れた日でした。

自分のいびきで目が覚めました。あと5,6周の時点。



おーまだ必死で逃げとるわ、、、がんばれよー



アイサントレインが集団をひいとるー。カッコイイー!
「日本一決定戦」だといっても、そこはやはり「チームとして獲りに行く」ものなんですねえ、
ニシタニ選手も有力候補ではあるわなあ、
だってツアーオブジャパンでもそうだったし、他の国内外のレースのニュース見てても
何かとアイサン、気がつけばニシタニ、そんなかんじ。



ユキヤタカシも虎視眈々と走ってまっせ、、、
本人は絶対ほしいだろうし、少なくとも、「最も日本一になって欲しいと思われてるランキング」
では多分ダントツ一位のユキヤですものね、、、。
そして最もフラストレーションがたまってるランキングでは上位に食い込むタカシ。



滑走路にも誘導灯がともる、、、。
日本一は、栄光への滑走路だ!
栄光のー滑走路へと〜(ゆず)!

競技選手権ロードレース2009

逃げが吸収されると、ナイスがらぱの「91番がまたアタックー!」の声が何度も会場に響き渡る。
「ゼッケンナンバー91番、アラシロユキヤー!!!!」
そのたびに会場がどおおと、とどよめく。
わしはそれにしびれる。



そのアタックのせいで先頭集団は7人に絞られる、
イイジマ、ユキヒロ、ノデラ、タカシ、その他、役者はそろっている、
最終周回!
この写真が最終周回に入った瞬間!
この直後、カメラのバッテリーが切れた!
どー!このタイミング!?まさかこのタイミング!?
やばいなー、とはおもってたけど!まさかこのタイミン!グ〜!
グーじゃないよ!
きついかなーとは思ってたけど!朝から、実質前の晩の充電を最後に今まで使ってたけど!
夜行バスにせっかくコンセントついてたのに、充電しときゃよかったんじゃあ!

おどりゃあ〜、「電池がなくなったので撮影できません」て液晶画面に表示する余力があるなら撮れえや!

っていうのが二日間引っ張った「とんでもないできごと」ですね、、、。
な、なんですかっ、、、。
あ、さっきの足がつったほうがまだまし?
じゃあ、そっちで、、、

しかしあきらめの速いことがとりえのミユキ、、、
あと、じぶんは「カメラを撮る」ということに若干否定的というか、
小学校の時、井上先生が「写真を撮ると記録には残るが記憶に残らない」といわれたのが
いまだ頭の片隅にあって、、、自分の目に焼付けなあかんというのがあって、、、
けど、こういうレースを見に行きたかったけどいけなかった人たちに、すこしでも空気を感じてもらえたらな、ってあたい、撮ってるんじゃい、、、そういう高尚な理由なんじゃい、、、なので
「もうええ、この目に焼き付けるけん!」とおもいましたよ!ええ!
その時の映像がこちらです!


カメラを手に持っているだけで追う気はない映像なのですが
「残り1キロの興奮、、がらぱさんの情報で盛り上がる会場」、感じますやろう!
僕らにとって唯一の情報源ががらぱさんの声なので
そのがらぱさんの声に皆が集中し盛り上がるのだ

ニ、ニシタニかあ〜!
正直ニシタニではない、とおもってた、また二位三位ぐらいだろうと思った、
無冠の帝王、そんな風におもっとったから、ニシタニかー!
逆にかっこええーなあー!逆ってなんや!

シクロワイヤードの写真をご覧、コツとしては、
目をつぶってページの一番下まで行き、徐々に上に上がっていくといいと思います。

勝ちを確信した時の

うぉ俺いいあああああああ

っちゅう、ぶちかっけえガッツポーズから、
おそらくそれから十数秒ぐらいしかたってない

どほおおおおう、おう、おう

という表情の変化が、
この勝利の重さを物語っておる。思い重い。うむ。
うむー。かっこいいのう。



コンデジで一応撮っといたゴール後インタビューを受けるニシタニ。
いきなり「実感あるの?」とゆうインタビューには笑った。
「実感あるかないか」は選手が自分から言うことで
ゴールして1分ぐらいしかたってない選手に「実感あるの?」って!
「あ、やっぱないっすねー」とニシタニ。
「あ、やっぱないっすねー」って!



テントの中には悔しがるユキヤ。
負けは気にしたらあかんで、とはゆわんで、
精一杯気にすることよ、気にして気にして気にして、
生かすことよ、、、。(何様、、、)

そして二位には「おなかの調子が悪い上に足もつったタカシ」だもんなあ、
そう考えると、
メイタンにとってユキヤとタカシを失ったことは大きすぎたね、、、
と思ったらメイタンにタカシが戻ってくるそうですね、
それがええわ、そしてまた内外的にも考え直す時やわ(何様、、、)





あと広島焼きもいただきました、スペシャルそば入りです。
うまいね、、、
にしても、男子と女子、両方を見て、今思うことは、
女子が西さんで、男子が谷さんなら、二人合わせて西谷さんだったなあ、
ありえるありえる、まあ全然意味はないんだけども、、、ということ、、、
あと、なんとゆうの、よく言うような「これが新しいはじまり」という言い方じゃない気がするよね、
ダブル西はもちろん、他のユキヤとかタカシとかみんなやけど。
「これから新しいもののはじまり」というより「折り返し」って感じがする。
これまでにやってきたこと見てきたこと、今日得たもの失ったもの
それをもって、これからまたどう生きるか、どう走っていくのか、何を背負うのか
選手によっては毎年「折り返し」があるのやね、
これが日本一決定戦ちゅうものなんやね、、、。



その他写真はまたPICASAにちょっとあるよ。

全日本:女子の部
全日本:天気の部

l 全日本自転車競技選手権ロードレース2009 男子の部 l

<< 全日本自転車競技選手権ロードレース2009 女子の部 | main | drive u 2 the tour >>