主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 ツアーオブジャパン 第1ステージ 堺



チーム右京と宇都宮ブリッツェンのチームカーです。
ブリッツエンのほうは普通に持っているチームカーだと思うんですけど
右京のほうはジャパンカップのレンタカーですよね多分。。。
宇都宮ブリッツエンが先端を切って始めたような気がする
「大会側から貸してもらう車にスポンサーのステッカーとか貼っちゃえ」
というまさにプロチームっぽい考えは、昨今では日本のチームのトレンドとなったが、
右京はスポンサーのやつだけでなく、
チームのシンボルである黄色と黒のラインも張っちゃったりして
「普通にデザインにこだわる」という一歩進んだ考え方を展開している様子。
これには栗村監督も地団駄を踏んでいるに違いない。
やはりこの周りにはチーム監督右京氏(中央)を見つめる大勢の観客がおるのだが
ジャージに着替えている右京氏まさか
待てツアーオブジャパンという大きい大会でも




出るつもりだもの



そのころ晋一は
やはりずっと観客サービスに余念がないのであった。
他の選手はアップしたり休憩しているのに、ご苦労様です。。。
お気づきの方もおられるかもしれませんが
このトレンガヌサイクリングチームは選手の腕にもスポンサーのロゴを入れています
これはなんだっけ、タトゥーシール?を選手に貼っちゃうという考え方。
これには栗村監督も(なるほど。。。)と興味を持っているに違いない。


メイン会場ではやはり前回と同じで漫才芸人シャンプーハットのお二人がトークショー
ややウケから若干のスベりというトークを展開



地元の人たちによる焼そばとかたこせんとかの飲食ブースもありますよかったねえ
しかし昼ごろにはすでに売り切れていたりと残念な部分も
この時点でビールも売り切れているがビールは後に復帰
ありがたいなあ
子らが多いのがいいですねこのツアーオブジャパンは各ステージの近隣の幼稚園や学校などの少年少女らが学校で見に来ているシーンが多くてよいと思います
これを見て未来の選手がでてくるといいですね。



さっきの国際クリテリウムとタイムトライアルの間には実業団レースのE1E2というカテゴリーのレースが行われていて、そこにさっきの右京さんは出たという段取りです。



上空は程よく雲が覆い、太陽もカッと出るわけでもなく穏やかな陽気に包まれ
とてもよいレース観戦日和となりました。



スタート前どかっと座る廣瀬選手
タイムトライアルだがヘルメット以外のそれらしいものは使用しない。
海外から今日のためにだけに一式持ってくるのは金がかかるし、
そもそも持ってないチームもあるし、やめとこうよそういうのは、という感じらしい。
やはりツアーオブジャパンに出場するようなチームは
テレビでグランツールなどで見るような裕福なチームではない。
しかしかぎられた予算で若手やベテランをうまくやって
いい選手を育ててやるぜ的なチームなのであるっ
ツアーオブジャパンは「おお、そういうチームからあいつが飛び立ったな」
的な楽しみ方ができるレースだと思います。



といってもTTバイクにはサイズ規定があるので?スタート前にはチェックが行われる。
チェック項目を板に書いてバイクをここに重ねるわけです。
ときどき「ここがなんか」「あうあう」「あのーなんというか」「あうあう」と
あきらかに言葉が通じてない感じのやり取りが見られたけど
まあいいかそんなに。。。



第1ステージのタイムトライアルは30秒ごとにひとりづつ出走して
2.65キロのコースを一周するだけで終わる。
なので見ているほうとしては一回通ったらそれっきりで、正直に言って微妙!



やはりオーストラリアのチームジェネシスには注目してしまう。。。
この色がいいですね、集団の中でもとても目立ちます。
ちなみにツアーオブジャパンに出場しているオーストラリア人はジェネシスだけではない
といってこんなにいるんだよと書こうとしたんですが
ジェネシスの5人とチャンピオンシステムの2人の7人ぐらいですか。。。



今年もコースをウロウロしながら見ようかしらとおもっていたら
タイムトライアルのスタート後に周回コースの内側にいたのが運のつきだった!
「向こうにわたらせてもらえない」のである。
コース上はズラーッと柵が設置してあって通れないし、
なんとか乗り越えられる感じのところでも
警備員さんがジッと見つめてくるので思い切って乗り越えられない。。。
クリテリウムの時は横断箇所であった場所もなぜか「通れないよーん」の一点張り
まあ場所にもよるんでしょうけど。。。
向かって左側のラインはコースの内側になるんですが歩道はここで行き止まり、
コース内部の公園を通って向こうに行けることは行けるけどまあそこまでではないか。。。
とここらへんでウロウロすることになった。
僕なんかは別に見に来てるだけですからいいんですけど、地元の人は気の毒であった
子連れの親子は「公園で遊びたいんですけどわたれないすか」と警備員に聞いたら
「向こうならわたらせてくれるみたいですよ」
「いや向こうのひとにこっちに来たらわたらせてもらえるって言われたんですけど」
「あっすいません。。。」
「わたれないんですか?」
「いやーすいません。。。」という残念なやり取り、
人によっては大声で「ああー迷惑やのう!」
と声を荒げながらウロウロする人もいたりと、もっとうまくできんかったものか。
わたれるし。。。写真の場所(選手は奥から来る)なら今わたれるし。。。
警備員はコースを見る気もないし。。。
(ここは意地でも渡られてもらえないポイントだった)



ジェネシスのバイクが斬新な感じじゃないですか
ダウンチューブにメーカー名がなくて星があるだけという
MALVERN STAR というメーカーらしい 足なげえなオイしかし



2週間ぐらい前に突然タブリーズペトロケミカルチームが来れなくなったって言うんで
急遽来ることになった
香港チーム
のワンカンポー選手。黄金宝と書いて「ワンカンポー」ありがたいなあ。
香港チームのジャージは赤ですがこの人はなぜ白いのかというと、
これアジアチャンピオンジャージということですか?そういうことでいいですね?
そこらじゅうにアジアって書いてますもんね?
このワンカンポーさんはアジアチャンピオンらしいから多分そうです。



NIPPOの重戦車佐野淳哉選手も注目株じゃないでしょうか。
重戦車って書いたけど登坂が得意らしい。
2010年の全日本ではミヤザワタカシを最後のスプリントまでアシストしたり
ど平坦ツールドフクオカでは圧倒的な独走力で勝っていたし。。。
けど登坂が得意ってパンフレットに書いてる。登坂が得意だったのか。



今年からアンカーに行った西園選手もいいんじゃないでしょうか。。。
東大卒という肩書きどおり理論的なレース展開やレース人生を送っている様子
シマノ時代のブログは難解で僕の頭だと「あ、日本語だこれ」とかろうじてわかる内容の記事を書いていたりと興味深い選手。



日本学生選抜チームの山本元喜選手(鹿屋体育大学)も
全日本U23でも日本一になっていたりしてこれからどうなるんだか。。。



万人受けしそうなジャージのアモーレ・エ・ヴィータチーム。
60年以上の歴史を持つヨーロッパの名門だという。



さっきの国際クリテリウムで勝ったマウロ・リケーゼ選手
今日はやることはやったよおと淡々と走る。



あとこのアンカーの清水都貴(みやたか)選手もいいのではないでしょうか。。
「ちみっこたちよ!俺を撮れー!」





ツアーオブジャパン第1ステージタイムトライアルを制した
ウィリアム・クラーク選手!



2位はキャメロン・ワーフ選手!
チャンピオンシステムのオーストラリア人がワンツーフィニッシュとなりました。。。
オーストラリア人。。。くるぜ。。。



3位に入ったのはチェン・キンローやジャン・ジンラなどと表記の別れる
CHEUNG KING LOK選手でした。ジンラではない気がする。



上位10名が同タイムとなる接戦となりました
誰なんだspare905さん以下8名。機械か。サイボーグとかか。



どき!
レース後選手のお食事タイム特集 パフパフ
レース時間が11時からと間をおいて14時ぐらいからという微妙な時間だったために
選手たちはあんまりちゃんとしたものは食べていなかったと見ました。
トレンガヌサイクリングチームの皆さんは天丼をがつがつと食べていました。
いいのか天丼。
自転車選手は油とか避けるとお聞きしていましたが!



香港チームはおにぎりをほおばる。
専門家はツナマヨであろうという見解を出しています。



学生選抜チームはおそらくハンバーグではないでしょうか?
ごはんとおかずが別れているタイプとなっていますね!
さすが学生、一掴み一合はあるのではないかというぐらいガツガツとごはんをほおばる。



これはマトリックスパワータグ社製のICチップです
これをスタートフィニッシュラインで読み取って、タイムや順位を計っておるんですな
普通はこれはフロントフォークにタイでぎゅっとつけるんですが
チャンピオンシステムチームだけはビニールテープでぐるぐる巻きにしていました。
なんかずれそうで嫌だったのだろうか。
もしくはこの部分で生まれる乱流を軽減するため
凹凸をできるだけ少なくするという空力学的な工夫であろうか。だといい。



第1ステージで勝ったので、まずポイント賞ジャージ(青)を獲得したウィリアム・クラーク選手。表彰式にも尾勢の観客が集まる。
これよこれよ。。。



そして必然的に総合ジャージ(緑)も着せられるクラーク選手。
おやあクラーク選手の体勢がオードリーの春日のようになっていますが



チャンピオンシステムの選手に、チャンピオンシステムが用意したツアーオブジャパン各賞ジャージのサイズが全然合っていなかったという、できれば避けたかった事故!
なんと皮肉な第1ステージでしょうか!



(ウーンニポン人ナニ言ッテルカワカリマセン)



zzz。。。



今日の一番早く帰ったで賞はアモーレ・エ・ヴィータチーム。
さすがは経験を積んだ名門チーム、「何もないときはさっさと帰る」といういさぎよさ。



そんなツアーオブジャパンはまだまだ序章の序章がはじまったばかり。
これから
岐阜の美濃ステージ
長野の南信州ステージ
富士山ステージ
伊豆ステージ
そして最後の東京ステージと続きます。。。
興味がわいたらツアー・オブ・ジャパンで検索だ!

他の写真もフリッカーにアップしました
2012 Tour of Japan Sakai

l カテゴリー:2012 レースレポート l

l 2012 ツアーオブジャパン 第1ステージ 堺 l

<< 2012 ジロデイタリア 第13ステージ | main | 2012 ツアーオブジャパン 堺国際クリテリウム >>