主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2012 ジロデイタリア



内容とはまったく関連がないことで世界的に有名なミユキ自転車
今年のジロのトップ絵はジロ柄の着物です。素敵ですね。

 

本命不在といわれた今年のジロ
制したのは真っ当な戦略をとったガーミンの
登りが結構いけてタイムトライアルも結構得意という真っ当な総合争er
ライダー・ヘシェダルであった。
MTB出身という彼の経歴
エバンスさんのこともあり(やはりMTBなのか)と
世界中の人々がMTBのカタログを眺め始めたという



近年のトレンド通り総合を争う流れで副産物として得られたポイント賞ジャージ
しかしながら最後まで走りきった「スプリンター」カヴェンディッシュがその差1点で2位に迫った今年のジロ。
かえすがえすも第3ステージでフェラーリにつっこまれ
第9ステージにポっつあん落車に巻き込まれ
あの時にわずかでもポイントを獲得していたら。。。と残念さが残るが
スプリンターでもポイント賞を獲れるという可能性を見出したカヴどんである。



なぜかポッツオビーボとラボッティーニ?が頭の中でこんがらがってしまうのだが
ラボッティーニはあれかな結構逃げに乗っていた?
乗っていた気がします?多分乗っていたからポイント取れたんでしょう。
山岳賞です。
15ステージでホアキンに勝った人?あんまり見た覚えがない。



25才以下で1位の人に与えられる新人賞は
リゴベルト・ウランさん
「その年にしちゃ老けてるな」と日本のファンをわかせた。
新人賞とはもちろんその名の通り「これから活躍する人」であるが
すでにその顔には数々の苦労が刻まれている感って失礼すぎるのではないか。




そしてジロ2度目の完走を果たしたフミフミ
フミユキベップです。
っていうかすでに「完走を果たした」とかいう次元ではないんだな
っていうのは今後数年間言い続けると思いますが
逃げに乗ったことはもちろん
ゴール直前にゴスをひきたおすなど「普通にチームの重要な役割を果たす選手」
として日本国内外問わず認められつつあるフミフミだが
本人は「まだやれた」と鼻息を荒くしているようで頼もしい限り
グリーンエッジはツールの出場メンバーもすでに決めているのかなあと思っていたが
別にそういうことではないらしくて

であればね
本人がよければだけどもだ
ツールに出さない手はないんじゃないかなあと思いますけど
い いや日本人というそういう色眼鏡とかはなしにしてですね、
妥当な判断なんじゃないかなー、とね、まあ僕なんかは思いますけど、
どうなんですかね。。。

以下
今年のジロがとてもよくわかる!ミユキ自転車2012ジロデイタリア一気読みです
ミユキ自転車的今年のジロの総括は先日書きましたホアキンのことと
レンショーがまったくでてこなかったことです。









































「どだい選手なんて生き方なんてのはむなしいもんです。
勝ちだの負けだの、一瞬のことに人生なんかかけてね。」
 
田中は誰へともなく語りかけるように言った。
斉藤はその横で、彼に顔を向けることなく、
手に持ったマイルド・セブンを指先でもてあそんでいた。
 
「だけど、選手ってのはバカだから、どうしたって見栄をはっちまうんだね、
自分の身体にムチ打って、後先考えず、がむしゃらになって勝利を目指すんだ。
だけど刑事さん、それじゃああんまりな話じゃないですか。」
 
斉藤はマイルド・セブンをくわえると、田中を一瞥した。
自嘲を含んだ冷笑が、田中の顔に見えた。
 
「だけど、そんなのはあんまりな話だから、
だから、私達は周りは選手を応援するのかもしれませんねえ。。。
無理して見栄はる彼らを、応援するのかもしれない。
どっちにしたってあんまりな話じゃないですか、うまくいかないもんですねえ。。。」
 
斉藤は足元の冷たい石畳を見ていた。
冷たい石畳にチョークで描かれた人型を見ていた。それは、数日の風雨でおぼろげになっていた。
その中に倒れていたティラロンゴの姿を見ようとしていた。
ティラロンゴがそこに倒れる前に、彼に出会うことができたなら。
がむしゃらに走り続ける彼に、なにか声をかけることができたなら。
斉藤はマイルド・セブンに火をつけると、イタリアの空を見上げ、そこへ煙を吐き出した。
出会えたところで、俺は彼に何を語るというのだろう?
俺が聞いた、見た真実を、どこから彼に話せばいいのだろう?
 
明るいイタリアの空から、雨が落ち始めていた。
l カテゴリー:2012 ジロデイタリア l

l 2012 ジロデイタリア l

<< 2012 ジロデイタリア 第21ステージ | main | シュレクどうでしょう >>