主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

シュレクどうでしょう



藤村「今日はこれに乗るよお」

アンディ「なんだい このおんぼろは 走んのかあ」

藤村「口には気をつけろお アンディ」

アンディ「ミスター運転する?」

フランク「。。。」

アンディ「いいのかあぼくで 地図も読めないバカなんだからなあぼかあ 大丈夫かあこの車は カギ挿すとこあんのかあ」

藤村「いいから走れってお前」

アンディ「ほらバックミラーの向きが変だもん バックミラーってのはねえ こう あっ」

藤村「ちょちょちょ あんたなに人の車 壊してんの」

アンディ「壊したんじゃないだろお ちょっと向きを変えようとしたら はずれたんだろお」

藤村「つまり壊したんじゃないの!」

アンディ「うるさいんだよお こうして手に持ったらいいんだろお ほらよく見えるよ左っかわが ねえ よかったじゃないか」

藤村「バカなこといってんじゃないよ!」

アンディ「うるさいんだよお そもそもぼかあねえ こんな車になんかねえ 乗りたかなかったんだよ」

アンディ「もっとぼかあねえ フェラーリとかベンツとかねえ そういうのに乗りたかったんだよ」

アンディ「だってそうだろお ぼくらはかたやマリアローザ かたやマイヨジョーヌを狙うようなねえ 世界を代表するようなねえ トップライダーだろお」

アンディ「それがだねえ 藤村君 なんでこんなねえ ジジババが乗りそうなねえ おんぼろな車なんだよお ふざけんじゃないよお おかしいだろお あったろお もっといい車がさあ」

アンディ「ぼかあねえ この車を見たとき ああいやだな って思ったんだよ だけどもねえぼくがあそこで駄々をこねたらだよ みんなに迷惑がかかると思ってだねえ こうしてがまんして乗ってやってるのにだ そんな やれ壊しただの やれ 地図も読めないバカだのとねえ いわれのない批判ばかり」

嬉野「いわれがなくはないだろ」

アンディ「話してんのはぼくだろお 横からちゃちゃ入れてくるんじゃないよお カメラがしゃべんじゃないよ 普通のテレビならねえこんなことはないよ カメラはしゃべらないし もっと フェラーリとか ベンツとか いいやつにタレントを乗せるんだよお」

藤村「いいからだまって前見て走れ 今一歩野郎」

アンディ「お なんだあ 帰るぞお ぼかあ」


l カテゴリー:- l

l シュレクどうでしょう l

<< 2012 ジロデイタリア | main | 2012 全日本MTB選手権  >>