主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2013 ツールドフランス



100回目記念大会を迎えた今年のツールは
「波乱」と「予想通り」が入り交ざった大会となった
フルームの勝利とフルーム以外の失速
謹慎期間明けのコンタはステージを狙うこともできずに今年のツールを終えた
彼らは言う「来年のツールは今始まったんヅラ」と
彼らの旅はまだ始まったばかりだ!



まさかの総集編でのキャラの変更を見せたフルーム
ミユキさんはレース後のインタビューを見て(違うな。。)と感じ
このようなキャラにしようしようと思いながらタイミングを逃し続けて今に至るという。
ウィギンスの呪縛から開放され他を歯牙にもかけない勢いで圧勝したフルーム
それゆえに去年に続いて「やってんだろう!」と言われ続けた今年のマイヨジョーヌ
自転車競技からドーピングの影が消える日は来るのだろうか



マイヨベール2連覇となったハルク。
上級山岳でもちょっとぐらいなら先頭集団で登れる登坂力で山岳のスプリントポイントを独り占めし
スーパースプリンター勢にひけをとらない高いスプリント力を持つサガンに
マイヨベールのライバルはいないのかも知れぬ
キッテルは「俺がのほうが来てるのに」と思っているに違いない。



ジロに続いて新人賞を獲ったのはコロンビア人、クインターナ
グランツール総合争いにせまり来るコロンビア勢だ。
誰がコロンビア人初マイヨジョーヌを獲るのかという静かなる戦いが始まっている。
普段は50歳ぐらいに見えるといわれるが、笑うと無邪気な若さが見えて30ぐらいには見える。
山岳賞もクインターナが獲りました。

そして今年のツール一気見!のコーナーです。
グリーンエッジのバス事件で幕を開けた今年のツール
見所はやはりキッテルの変遷でしょうか。。
あと全日本MTBのダウンヒルの女子決勝前に
サイクルスポーツセンターでひとりアイフォンで描いたクインターナも思い出深いですね。。
ボーナストラックもありますよ!!

それでは来年のフランドルまでバイちゃ!
(世界選とかは描くかもしれないし描かないかもしれない)






















































男たちは走った

夢のため

名誉のため

家族のため

友のため

スポンサーのため

エアコンのため

たくさんのチームスタッフ、大会関係者、報道陣、

そして熱狂的なファンたち

わずか数千キロ、わずか一ヶ月

彼らを語るにツールドフランスは短すぎるのかもしれない

だから彼らはまた旅立つ

眼下を流れるアスファルトに

目前に広がる山脈に

自らの未来を重ね見ながら

ミユキの想像上の選手は言った

「僕らにとってツールドフランスは単なる通過点にすぎない。」

「とてつもなく大きな通過点だ。」

去り行くものを憂い

来るものを畏れ

また明日 また来年

110年前から100回繰り返されたこの余韻に

今はせめてもの祝福を
l カテゴリー:2013ツールドフランス l

l 2013 ツールドフランス l

<< 2013 全日本マウンテンバイク選手権 | main | 草津ナイトレース >>