主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

2014 ツールドフランス 総集編



はい
今年も終わりましたツールドフランス
イギリスでのスタートはものすごい観客で
フランスに渡ると観客ともにエース格が消えていく恐怖のツールドフランス(ΦωΦ)
このミユキ自転車のトップ絵の中央3名が消えた恐怖のトップ絵。。
そんな混乱のツールを制したのはニバリ
ニバリはラッキーだったのか?んにゃあ!
勝つべく人が勝った。。勝つべく人以外は勝たないのが勝負だ
フルームもコンタも負けてニバリが勝った
それだけのことよ。。



このツールで三大グランツール制覇を達成したというニバリ
ヴィノ大佐の叱咤激励と完璧なアシスト陣の期待に見事に応えたニバリ
ここでニバリと総合10位(とフルームとコンタ)の相対的なタイム差(ニバ値)を見てみよう。



誰にもニバリとのタイム差を縮めたステージはなく、ただただ離されていくばかりだった今年のツールが見えてくる。
まさに他を圧倒するニバリの強さ。。
まさに勝つべく人が勝ったというひとつの証明である。。



未勝利でポイント賞を獲ったサガン
これは結構珍しいのではないか、どうなのか、
ポイント賞を目指す選手なのか、はたまた別の路線を探るのか━━━このツールは彼にとってターニングポイントになるかもしれない。



ポイント賞上位10位のポイントの推移だ。
山岳がコースに出現してからサガンが他の選手を大きく突き放す光景が見えてくる。
コンスタントに稼ぐクリストフ、40ステージぐらいあれば逆転していたかもしれない。



山岳賞はコンタを失い自由となったサクソのマイカ
マイカは2勝した上に山岳賞、コンタがいなくなってもまいっか、
いや、むしろコンタがいなくなってよかった━━━そんなことは言えない26歳ポーランド人。。



そんなこんなでマイヨジョーヌ表彰台には2人のフランス人が登った。
そのうちのひとりピノは新人賞。。
新人賞を見てみると、同じくフランス人のバルデが3分遅れの2位、そこからは突然1時間以上差が開くというフランス人独占の新人賞だ。
もう何年かすれば、ツールドフランスなのにフランス人が勝たない、フランス不作の時代は終わるのか。もちろんそこには彼らと同年代、今年のツールにはいないコロンビア勢が不気味に控えていることを忘れてはならない。。



総合10位(とポートとユキヤ)の順位の推移を見てみよう。
まず目にとまるのは第9ステージで一度ガロパンに譲ったのみで第2ステージからずっと1位に君臨するニバリ。何枚マイヨジョーヌにサインをしたのか。
そしてその下では、総合順位が固まり始めた13,14ステージからのペローの粘り強さが見える。
フルームを失った後、エースとして一時は2位まで登りつめたポート、一度大きく順位を落とし、それでもなんとか持ち直そうとして、ついには力尽きた様子が見えてくる。。
ユキヤが後半順位を上げているのはローランのアシスト後早い便のグルペットに乗ったからであろうか。

はい
これより恒例ミユキ自転車ツールドフランス2014総集編です!
ミユキ自転車の象徴的存在(そうなのか?)カヴどん、コンタ
自分の中でキャラができつつあったフルームが第一週にいなくなるという非情に厳しいツールとなりましたが、なんとか描ききることができました。
ボーナストラックは誰かな?生き霊三人組かな?ウィギンスかな?
それとも━━━。

























































l カテゴリー:2014ツールドフランス l

l 2014 ツールドフランス 総集編 l

<< 2014 ツールドフランス 第21ステージ | main | ブエルタ開幕 >>