主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ツールドフランス 2009 第18ステージ

 


絵に描いたようなマイヨですね、、、


コンタドール、悔いのない別次元っぷり。
仮にアスタナがコンタドール以外全員がランスのアシストだったとしても、
こりゃあ一人でも戦ってたね、という圧倒的力。
しかしながら、アスタナ表彰台独占大作戦としては、
微妙に、しかしながらいけそうではあるけど、ぐらいの不安を残した今日のステージ。
スタート前のシュレク兄弟、あの兄弟、できてるんじゃ、、、いや
2〜3位争いが熾烈すぎますわー><。

それにつけても何がすごいって、
「引退して3年間ブランクがあって、ライブストロングの宣伝のために走ることにした人」
ではなく
「全盛期の選手」
として周りをしゃべらせるランス。別☆次元ですね、、、。

まあ、あのー、
タイムトライアルなんで特にアツくはならなかったです、、、。これでもアツくならないです。

明日、ひいてはあさっての頂上ゴール、アスタナ対サクソバンク、そこに単身乗り込むウィギンス!
ウィギンスがいいですね、トラック出身ということで。
今年のツアーオブジャパン奈良ステージで早々とリタイヤして遊んでるマレーシア人に爪の垢をせんじて飲ませたいですね、それにしても名前がまずカッコイイ。
ブラッドリー・ウィギンス。ブラッディー・ウィギンス。
かっこいい、絶対強い、絶対強いけど、
なんか、四天王の一番下、、、
主人公が戦っていく上で一番最初に出会う強敵で、
だが主人公の引き立て役として早々と倒され、「い、一番下でこんなに強いのか、、、」的な人で、
次の悪の組織が出てきた時、なぜか主人公の仲間になってるような名前、
ブラッドリー・ウィギンス。




あとディルーカの話についてはもう多くは語るまい、言いたいことは色々あるけど、
まず僕はディルーカがやってるわけなくない?(本人もやってないといってるし)と思っているし
そのことについては何も言わないけど、ただ思うところがあって、
「ドーピングを調べる人たち」は、ちゃんとリスクを負ってるんやろうか、ということを思う。
「いつも」思う。
実際、「ドーピングの関与が疑われる」だけで出場停止になった選手たちはいるわけで、
でもやってないならやってないって言えばいいだろとは言うものの、
「疑われてる」だけで、実際UCIが現在ディルーカに出している裁定は「出場停止」ですから、
なんかドーピング検査って、痴漢冤罪に似てるよねえ、と思う。言ったもん勝ちみたいな、、、。
やってないからといって戦ったら、戦っただけその戦いは長引き、自分や自分の家族がまわりから白い目で見られるし、貴重な選手生命がずるずると失われていくわけで、もう認めて被害を最小限に抑えよう、みたいな、
そんだけのリスクを選手に負わせてるんだから、
言う側もかなりのリスクを負うべきだと思うのです、
ドーピング疑惑が間違いだったら責任者クビ、選手に慰謝料一万ドル、みたいなですね、、、
本当にそれぐらいのことだろ思う、ドーピング検査の人たちがやってることというのは、「あーごめーんまちがってた」じゃすまない。けど、「誤差の範囲で黒か白か疑われることもある」という。
現在大活躍しておりますランスアームストロング、
彼が「復帰を宣言してからジロまで」ぐらいで、30回ぐらいのドーピング検査を受けたよ、とツイッターに書いてたっけ、
(今はもう数がわからなくなったとか言ってる)
「一生でそんだけ受けたよ」、っていわれても「多いなー!」って思うぐらいで。
プライベートでも居場所を知らせとかなあかんだの、
家族(だったっけ?)の葬式で悲しいのに「血よこせー!」とずかずかと入ってくる検査官、
そんなドーピング検査の人たちがロードレース、スポーツ界、選手たちを愛してないのは明らかで。
そんな人たちが作り上げつつある、刃の上を裸足で歩くような潔癖や緊張感の中を、僕は選手に走って欲しくないし、そんなスポーツも正直見たくないし。
そんなスポーツを見たい人っているの?
やってることは正しいとは思う、けども、僕は間違ってる、あなたがたなんか間違ってる、
と思うけど、関係ないですね、、、。

お口直しに、今年のジロの4コマで一番好きなやつをご覧ください



ディルーカ

ままならぬー!(ほんとに!)


l カテゴリー:ツールドフランス2009 l

l ツールドフランス 2009 第18ステージ l

<< ツールドフランス 2009 第17ステージ | main | ツールドフランス 2009 第19ステージ >>