主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジャパンカップ2009 プロローグ

1 l 2 l 3 l 4 l 5



日本の自転車ロードレースファンにとって一年で最大のイベント
ある意味ツールやジロやブエルタよりも大きく楽しみにしているイベント
それが

アッちょっとその前に確認しときたいんですが、ミユキ自転車の中の人いわゆるムスメミユキは、「ミユキという娘を持っているお母さん」ではないから!たしかにロードレースのネタブログ(そんなジャンルあるのか?)ってなんか女が多い印象あるけど、拙者独身男性ですから!
いや、ジャパンカップで僕のこと話題にしてくれた人がいるって言うからね、、、
わざわざ話題にしてくれんでもよかったんや…電話してくれたら行くのに。

ごほん、
日本の自転車ロードレースファンにとって一年で最大のイベント
ある意味ツールやジロやブエルタよりも大きく楽しみにしているイベント
それが

JAPAN CUP
 CUP CUP CUP


自分は今年はもう最初から、最初から言うてもほんまの最初、
はなちょんからというわけではないけど
土曜日から会場に行って選手と触れ合いつつ
フリーランから見ていこうよ!ということで、いわゆる現地に9時前着ぐらいかなーとこの時のミユキおもっとったんですが、京都からだと、どうしても時間的に夜行バス。
まあ金銭的にも夜行バスだけど、普通に今までも夜行バスだったけど、
金曜入りしない限り時間的に使えるのは、そして金銭的にも(しつこい)


夜行バス


になる。「乗る者の睡眠をたべてしまう」という怪獣、夜行バス。
夜行バスに乗っていこうよ。
そしてちゃんと寝ていこうよ!耳栓とアイマスクをして、、、
ぐっすり眠っていこうよ!ロードレースの夢を見ながら東京へ向かおうよ!

梅酒をいっぱいひっかけ(ビールは尿が近くなるのでいやなのだよ)京都を出発し、うーん、これは、今回は寝れる、と結構うとうとしはじめると、予想外に早いサービスエリア休憩。
草津SA。つまり、、、出発してから20分ぐらいか。どういうことやねん。通路側だったので嫌でも外に出されるミユキ。外に出たミユキに襲い掛かる冷たい風。眠気を食べてしまう怪獣は、夜行バスだけではなかったのだ…。トイレの光が眩しい。
「寝れぬ、か…。」
チャックを閉めるミユキ。それ以降眠れない。「眠たいのに寝れる気がしない状態」っていったいどういう悟りの境地ですか。最後の休憩では拙者あきらめてコーヒー飲んだ。
そして東京に6時ごろ着くと、バスを思いっきり蹴りたい衝動を抑えながら宇都宮へ新幹線で向かう、、、
新幹線はすごい朝早くから動いているんだよ。すごいよねよく考えると。
途中、東海道・山陽新幹線改札に入り「ちがうじゃん?」とかいわれたりしたがなんとか宇都宮へ




もぐもぐ…。(´・ω・`)



ここまでとるんなら「宇都宮」の文字をわかりやすいところに入れたかったよね、そういうところに気が利かないよミユキは。



宇都宮駅につくとすでに周囲が「自転車くさい」。駅のホームには輪行バッグに入った自転車が置かれ、「これ絶対あれだよね」とか思いながら外へ出ると、ホテルの中にもそれらしき人がたくさん!
東横イン!
「うおおーきたなー、きたなあー宇都宮ジャパンカップサイクルロードレースに!!!」とスキップでキャリーバッグをごろごろ、
レンタカーを借り、正直おっさんがなにを言ってるのかわからずじまいだったが、一路ジャパンカップへ!まっすぐ行って右行って左行ったら会場に一番近い気がする総合射撃場駐車場!



土曜日の9時ぐらいの総合射撃場駐車場。それっぽい人が多い〜!どきどきするのら〜!
ちなみに日曜の同時刻はすでにほぼ満車状態になります。ここでソフトバンクまさかの圏外で、今年もソフトバンク勢の厳しい戦いを予感させる。



道路で見ると総合射撃場からメイン会場までは2キロぐらいあるんだけど、田んぼのあぜ道を通ったら500mぐらいショートカットできる。すいませんすいませんいいながら通してもらうといいと思います。奥に見えるガードレールが12キロ地点ぐらい。



天気は土日ともこんな感じで、雨は降らないまでも結構降りそうだなーやだなー、ぐらいの雰囲気。
このブログでは直前に「結構暑いから半そでになれるぐらいのどうのこうの」とか言ってましたよねあはははは
土下座…!
長袖シャツでも寒かったです。人によってはコートを着てる人とかもいたし。
もう最高に寒かったですね、去年もおととしも結構あったかかったんだって!
今年が異常に寒かったんだって!お前を信じて薄着できたのに、、、というかた、すいませんすいません、悪いのは全部神様です…!



ショートカットできるといっても遠いもんは遠い。しかもずっとのぼり、、、。
しかしながら広島の全日本選手権のとき空港からスタート地点まで歩いた俺にとってこんなもの屁でもないぜ…!
池。だからどうした。ディスってんのか?



  Hey 宇都宮 来たぜ今
  ロードレースが 好きな自分
  寒いですが 踊る気分
  YO 宇都宮 三度目や 

ひいひい言いながら歩いていると向こうからシャーっという音がしたと思ったらやってきたのはシマノ集団であった。他にほとんど人がいない山の道、「山は寒いからさあ…」と言う声と自転車の集団の音が横を風のように過ぎてゆく。うむうジャパンカップ。始まったのだなあと重いかばんを肩にせっせと鶴CCののぼりを登る。
はじまったぜ...YO。



これが鶴CCの上りだ!スタート地点から約500mぐらいのところですか...?
わかるかなあ、わからないかなあ、この、オー・ルージュ的なこう、登りぐあいがなあ、すごい急なのぼりで、僕なら多分「ここだけ走れ」っていわれても途中休憩をはさみます。



メイタン日本で一発かませー!



ふーむじゃあ、ちょっと出展ブースでも回ってみるかのう、と思ってふと見るとサクソとフジセルベットを着た外人さんがいる。不意にぶつかって「あ、すいません」っていうぐらいの近さに、「この人有名な人?(´・ω・`)」とまず思う。夜行バスでは寝てないし、見知らぬ土地の運転で疲れたミユキ頭。リアルなのはつめたい風だけ。フジセルベットの人は正直あまり知らないが、奥の人はラーションぽくあるけど、まさかラーションがこんな無防備なところで、「ふうーふ!」て感じで一般人に肩をたたかれるようなところで、ぽんといるわけがないだろうっていうか
いやいやいやこれラーションちゃいますのん...!?
な、なってこったいジャパンカップ...。
このお二人(特にラーション)はサインや記念撮影を求められ、気軽に応じておられました。
長い時間見ていても、「目の前のことが本当ではないのではないか」
もしくは「自分が知識がないだけで、ラーションだと思ってる目の前の人は宇都宮在住のロードレース好きで観戦に来てるだけのお兄さん」なのではないか、と思考回路はショート寸前である。
近すぎるから非現実的。
朝っぱらからなにを見せてくれるんや…
こ、これがジャパンカップの土曜日だと、、、いうのか!



くら、っとしながら歩いていると前からリクイガスを着た外国の人だ。こ、これはわかる、
ラーションよりも長時間見ているから「生」でもわかるぞ、、、

バッソが前からこっちに向かってくるぞおいおい…

「バッソー!スマイルプリ〜ズ!」ぐらいはいう予行練習をしてきたミユキであったが、実際に言えたのは「アウハフアフフアバッ、バッソ…!」ぐらいのもんであった。だってさあー!経験ないもん!グランツールで総合狙うような選手が前からこっちに向かってくるんだぜ!そんな挙動不審な僕にもバッソは笑顔をくれましたが、それは撮り逃して横から聞こえた「ばっそー!」の声に振り向いた瞬間をフリッカーで見たかっこいい写真風にピカサで加工したの図。ピカサはタダなのに軽いし結構いろいろしてくれるし使いやすいいいソフトですね。



今年は出展ブースもバリエーション豊かで面白かったです。
上は安田大サーカスプロデュースの「普通のソースで作った」たこ焼きやさん。
安田大サーカスはもちろん、他の若手芸人もやってきて、記念撮影を求める人が多いので「もー!買ってから写真!」とクロちゃんが泣いてた。好評につき準備中と書いてあるがプレゼンテーションのときに「ガスコンロが壊れた」と申しておりました。



そしてフリーラン(一般人と選手らが一緒に走る)スタート。
超ご機嫌のバッソがかわいかった…。これはスタートの合図がなった直後。

バッソ「ちょwwwそんなんいうてるあいだにもうスタートしてるしwww
     見て、見てってwwwほらwスタートしてるしwww」
ミレンダ(多分)(ISDの人)「うーわほんまや」



バッソ「ほんま困るわwww心の準備とかあるやんwww
     アハハハハハもーwwwおもろいわー日本人」
ミレンダ(まいったなーなにすればええんかわからんわ)
ビスコ「このレースって一位とりゃポイントはいんのか?」



「いっちょやるか…」


もしくは






バッソ「JALのCAさん前におるいうでwそんな見たいならさっさと前いけやwww」
ミレンダ(多分)(ISDの人)「そんなキレイなんか?」



バッソ「スタートしてるしwwwおいていかれるでー飛行機みたいに速いで〜ww」
ミレンダ(そんなキレイなら俺もちょっと話してみたいなあ)
ビスコ「おい、JALのCAってのはほんとにきれいなのか?」



「いっちょやるか…」



これが新設されたトイレです。奥が女子で、手洗い場をはさんで手前側が男子。
去年まではやはり女子が並んでいたので思い切って女子を広くしたらものすごく男子が並んだという。ということはあれですか、今年のジャパンカップは男子が異様に多くなったということですか。



これも今年から広くなったグルメゾーン。これは土曜日だからあまり人がいないけど、日曜にはかなりにぎわった。土曜も日曜も出店状況はあんまり変わらないので、グルメゾ−ンだけでなく、僕はようわからんけどもジャージとかその他自転車用品も安いみたいなので「買い物したいんじゃわしゃあ」と言う人もまだすいている土曜日から来るといいですね。



フリーランから帰ってくるユキヤとアイフォンで写真を撮るチョップさん(たぶん)
サクソバンクとかJALの人とかをもっと見たかったのにほとんど見れなんだよ…
フリーランのスタートを見に行こうと思ったらその時点でスタート周辺はもう人が集まって見えないでしょ、サクソやあい、フォイクトやあい。と呼んでも来てはくれないし。
もうほんとうにあらゆる選手と触れ合いたいって人は宇都宮を8時出発、とかじゃ遅いようだ。
それこそ現地に8時ぐらいについてる、じゃないと選手らは結構コースに出てしまって高嶺の花状態。



これが出張整体@ジャパンカップ!結構やってる人がいたよ!



サクソバンクのロゴがあるだけでもどきっとするんじゃけえ。
コジマといっしょにサクソバンクだぜ!



ユキヤとブイグテレコムとそれを遠巻きに見つめるファンら。
なんなんでしょうねえ、この、独特の距離感…なかなか近づくこともなく、
かといって遠すぎることもなく、フェンスがあるわけでもないのに2,3mの距離を保って選手を見つめるファンら。わかるわー。近づけないのだよねえ、この「近づけなさ」っていうのはどう説明したらいいのかな、好きだから近づけないというかねえ、それ以上になんかある気がするけどうまくいえないけどねうむ。奥のほうの人のなかには、サインしてもらうものを持ってきているのに、「サインしてください」が言えずに泣いた人はたくさんいるはずだし、いままさにユキヤにサインしてもらおうとしている女性の心臓はバクバクだと見ましたよ。見られてないメイタン(;o;)
っていうか正直ね、「チームのレプリカジャージを着ている一般人」と「ほとんどの日本人選手」の区別がね、正直つかないのが現状だよね、なさけないけど。「見られてないメイタン」とか言ってもメイタンのジャージ着てる普通の人かもしれん。日本人を知らなきゃいけんなあとしみじみ思ったジャパンカップ。



話し込んでるもんだから「サインしてください」と言うに言えない右の人ら。



そんなこんなしてるうちに

 

「チャレンジレース」がスタート!これはあれだ、一般人がジャパンカップのコースを2周するってやつで、金を払えば誰でも出れる市民レースだ!日ごろ発揮できないレース魂を爆発させる気持ちでみんな走り出すぞ!
規定タイムをクリアできなさそうだったら続々と足きり。



そのチャレンジレースには団長も出ていて、「レース」なのに最後尾で手を振りながら走っていく。ふーふー!2周するはずなのだがこれ以降団長の姿を見た物はいない…。
目線をくれた瞬間ピンボケするあたりが団長らしさ。



今年は本当にテントが多かっただあー。
ここだけじゃなくて、この左の林的なとこでしょ、この池の対岸辺りにもあったでしょ、ずらーっとテントがあった。寝て、、、起きて、しばらくしたらその場でレースだ、っていうのはまた不思議な情景でございましょう、よろしおますわなあ。このテント、結構前から予約せなあかんらしいです。



なんでやねん!



なんやねんそのなげやり感!

そんなこんなで拙者はせっせと頂上に行ってみる。
「結構人いるんやなあ土曜日でもなあ」とか言いながら登ってみる。
(前の人ツイッターとかやってるんちゃうか)とかおもいながら
古賀志を登る。続く。

1 l 2 l 3 l 4 l 5

l カテゴリー:JAPAN CUP 2009 l

l ジャパンカップ2009 プロローグ l

<< ジャパンカップ2009 オープンレース | main | ジャパンカップ2009 エピローグ >>