主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

全日本シクロクロス2009男子

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

豊岡選手に「おめでとー」といったあと、辻浦選手はコースの直前チェック。
「担いで登る区間」を入念にチェックする辻浦選手。
ここ来て、あそこ来て、こうだな、ウム、いやこっちか?と登りやすい足の踏み場を探しているようであった。7連覇してる今でも、なめてはかかってない、という、プロ魂をねえ、垣間見ましたよ。

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

男子の前に行われた、、、C3だっけかな、それで勝った男女。下のカテゴリーではマウンテンバイクで出ている人もいるから、興味ある人はみなさん気軽に参加するといいですよ。僕は、、、いいです(えっ)

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009

全日本シクロクロス男子、スタート前の皆さん。
直前までは寒いので各自ウィンドブレーカーとかを着ます。
なんか、地元の偉いさんの挨拶のお言葉、とかがあったんですけど、誰も聞いてません。
いや、加東ロードレースの時はもうちょっとなんかなあ、と思ったけど、今回は「いるか?」と思った。いるんやろうか、こんな、別にお立ち台もないところでの、レース前のお偉いさんの挨拶。
突然道の脇で挨拶しだすんだけど、なんか長いし、寒いし、注目しろっていうほうが無理な話で。
そうおもっていると、がらぱさん(各レースを現地で実況してくれるナイスウーマン!)
「本日のスターターを勤めていただくのは特別ゲストで…」と。
(べつにいいだろもう)と思っていたら、

「プロレスラーで衆議院議員の、馳浩議員です!」

「えっ」とミユキ。「おおー」と選手ら。
「一言お願いします!」とがらぱさん。
すると馳浩議員、いや、プロレスラー馳浩、


「おう!お前ら!おい!」とまるでリングパフォーマンスの威勢。



「オオー!」
と選手ら。




「気合出せ!オラ!気合だ!」



「ウオオー!!!」




「以上!」




「ウオオオ!」



うむう「プロレスラーは特別」というのはマジだな、と一人納得したミユキであった。





スタート直前の竹之内悠選手。U23、MTBとシクロクロス期待の若手。
ロードレースでも観測することが出来ます。(天体みたいにいうな)




辻浦選手と小坂光選手。
辻浦選手はメインはMTBなのかしら?多分そうだと思います。
このシクロクロスっていうのに参加する選手は「MTB」と「ロードレース」の真ん中、といった感じなのかしらねえ。MTBとロードの選手双方が「あーシクロクロス?そっちもやってみようかな」みたいな、まあ見たまんまといったらそれまでですけど。



集中する小坂選手。



スタート!
辻浦選手と小坂選手の真ん中に見えるのが小森亮平選手(U23)



スタート地点から会場が見渡せる場所まで遠いから、
がらぱさんも自転車で走るし、観戦者も走るし、ミユキも走るが、走ったのはいいが判断ミスで一周分ぐらい逃した!ひろい!結構広い!



九十九折おりなのでこうして一面が見渡せる系の。
一番手前が先頭集団で、右から辻浦圭一ブリヂストンアンカー、竹之内悠TREK、丸山厚(たぶん)MASSA-FOCUS-OUTDOORPRODUCTS、小坂光 宇都宮ブリッツェン。後ろのほうに小さく畑中勇介シマノレーシングいますね、けっこう整ってるところではロードっぽく速いけど、荒れると極端に苦手、いまはそんな感じぃ。



背景には雄大な山脈が広がっている。\やっほー!/



レースは早い段階から辻浦選手の独走状態!
やっぱこの人ダンチではやいんだもんなあ。
琵琶湖のカンチェラーラだけあるよねえ。
場内実況では馳浩議員がちょっとしゃべって

馳浩 「あいつすげーな!世界でもつえーのか!」

ガラパ「(^ω^;)」

馳浩 「( ´・ω・`)」

そんな感じ。



コースにはこういう「森林岩ごつごつゾーン」まで用意されているんですよ意地悪なことに!
ひどいことするよねえ…!ウフフ…!



こちらもシクロもロードでも期待の若手小森亮平選手(livestorong U−23)
ランスの息がかかってる!ねえねえちょっとお聞きしたいんだけど、あの、フ…ウグッ



男子も悲惨だよお、しかも気温も、お昼ごろなのにさっきの女子のときより寒くなって。しかも「前にたくさん走って耕されてるから」か、一層ドロドロだし。これなんかもう「バイクよりついてる泥のほうが重いんじゃないの」といった感じ。
ちなみにこんな状態で一時間も走るんですか?と疑問に感じるかたもおられるかと思いますが、そういうわけでもありません。



コース上にはこういう「ピット」がというのあって、ピットっつーてもモータースポーツみたいに「コントロールラインがあるホームストレートにある」わけではなく、今回は結構離れたとこにあります。
このピットで、汚れたタイヤとかバイク本体を代えたりする。



汚れたバイクはどうするかっていうと、その場でこうして洗うわけですね、で、洗ったバイクをまた次に来たときに汚れたのと代える、という。
毎周代える選手もいるそうです。泥が部品に詰まってブレーキが利かない、ギアがかえられない、ペダルが重くなる、さまざまなトラブルの原因になるんだ泥は。シクロクロスは「トラブルとの戦い」でもあると実況で言ってた気がしますよ!
このピットは選手らの希望で場所を決められるらしくて、優勝候補の辻浦選手は「竹之内とか小坂とか(だったとおもいます)とは離してくれ」と言ったそうです。接近戦になるかもしれないから、ピットでぶつかったりするトラブルを避けよう、いうことでしょうかウム。
っていうてもピットは全員にあるわけではないのかなあ?写真を見比べるとわかるけど、「バイクがそこそこきれいな選手」と「すごい汚すぎる選手」がいますよ。設備の違い?



ゴール前の登り。登りきると、すぐUターンして、下らされる。



この色合い好きやわやっぱ、、、とか思いつつ、
シクロクロスってなんていうの「力の差が歴然としてる」というか、ロードレースみたいに「ひとつの集団、逃げ集団がひとつふたつ」みたいな展開じゃなく、選手らがばらばらに走るので、各々順位変動はあるんだろうけど、選手らをよく知ってる人じゃないと、レース展開はあんまりよくわからない!先頭のほうとかじゃないとわからない!逆にそこら中で選手が走ってるので、走ってる選手が好きな人からすると、非常に観賞に適した競技シクロクロス。



気を失って倒れる瞬間ではありません。急斜面を自転車に乗ったまま下がります



リブストロング!



雷も泥だらけ!ウフフ!



やっぱり「登りのシケイン」っていうのは相当きつそう。
前のマイアミランドでは辻浦選手はバ!ババ!と超えていたけど、今回はさすがにひいひい言いながらこえてたし、人によっては「もうこの高さに足があがらないんだよ!ふざけんなよ!」って感じの人もいた。ウフフ!



「どろどろのロードバイク(シクロバイクだけど)をかつぐ選手」ってすげーかっこよくね?
なんなんだろうねこれは…。今年のフランドルのカンチェラーラでも思ったけど。



オレ畑中選手のバイク!
ぶらさがってますよ何かが!



鬼気






ざが、ざがっ、ざがっ!





鬼気!





花も萎縮!




観戦するぶんにはけっこう靴的な、水溜り的なことは大丈夫でしたけど、
油断するとこういうのが突然現れるから。結構深いから。



竹之内選手に周回遅れにされる畑中選手。周回遅れにされるとき疲れてるのもあって、コースの真ん中でおたおたして速い選手に迷惑をかける人がいるのだけど、さすがオレ┐垢阿鵬によける。フェアプレー。



レースは終始辻浦選手が独走状態で勝利!自分はガッツポーズを撮らずに…プロが撮るし…!「8連覇もする人の、その直前の顔」というのを見てみたくてねえ、
そしてこれがゴール直前の坂を登る辻浦選手。
早い段階からガッツポーズしたり後ろを振り返ることもなく、
「いつもどおり」じっくりと確実にペダルを踏む。



笑顔はなくて、でも、「ああーOK、OK」みたいな表情にも見える。
「とりあえずの」プレッシャーからやっと開放される、といったかんじ。
もしくは、ただどうしようもなく疲れているだけ、というのもあるやもしれません。



ガッツポーズも一度両手を挙げるだけで、派手さはなし。
「またオレか」的なことも感じてるのかな、またおれが一年間日本一か、みたいな。
いろんな意味で。



この笑顔がすてきなんだよ辻浦選手はさあ、、、きゅうん、、、、ギャップ。
さっきのレース中の鬼気迫る感、コロス感、そこからのこの笑顔でしょ、



きゅうん…。これはいい写真ですね、左奥のがらぱさんがいい味出してる。(そこか)



次は表彰式!

続きを読む



あと写真をflickrにアップしたから見るといいのですよ。

ALL JAPAN CYCLO-CROSS CHAMPIONSHIP 2009



l カテゴリー:レースレポート! l

l 全日本シクロクロス2009男子 l

<< 全日本シクロクロス2009 表彰式 | main | 関西シクロクロス2009第6戦北神戸 C1 >>