主な登場人物紹介

☆ブログの内容はフィクションです
実在する人物、
団体とは関係ありません。☆

コンタドール ウィギンス
コンタドール ウィギンス
チャベス ランス
チャベス ランス
エバンス キンタナ
エバンス キンタナ
クロイツゲル キッテル
クロイツゲル キッテル
ハスホフト マーティン
ハスホフト マーティン
バルベルデ サガン
バルベルデ サガン
ゴス ファラー
ゴス ファラー
カヴェンディッシュ ニバリ
カベンディッシュ ニバリ
ヘシェダル ベップ
ヘシェダル ベップ
マルティン ウラン
マルティン ウラン
フルーム シャバネル
フルーム シャバネル
グライペル ユキヤ
グライペル ユキヤ
カンチェラーラ ジルベール
カンチェラーラ ジルベール
ヴィスコンティ デケンゴルブ
ヴィスコンティ デゲンコルブ
マキュアン ステーグマンス
マキュアン ステーグマンス
ポート ボエックラー
ポート ボエックラー
アンディとフランク デュムラン
アンディとフランク デュムラン
クネゴ ローラン
クネゴ ローラン
ボーネン ルイコスタ
ボーネン ルイコスタ
ベルナールイノー ボーネン
イノーさん ボーネン
栗村監督
サッシャ
監督 サッシャ
谷口 ボーネン
谷口 ボーネン


ENGLISH!

買おう!


たくさん4コマ漫画を描かせていただきました。


ありがたいことに二年連続で4コマ漫画を描かせていただきました。

ワレモノジャージ
ありがたいことにハッピーライディン様からご依頼をいただき、あの絵がサイクリング・ネセサリーになりました!携帯とかを水から守ろう!

ツールドフランス2016
ありがたいことにJSPORTS様のツールドフランスのポスターを描かせていただきました。

ピグモンチャンネル
ありがたいことにピグモンチャンネル様のシクロクロスDVDの表紙を描かせていただきました。レッツシクロクロス!

ミユキジャージ
ありがたいことにミユキジャージが出ました。

LINEスタンプ

コウテイするペンギン

たいぎいおじさん

コウテイするペンギン

コウテイペンギン

ちょんまげ兄さん

ちょんまげ兄さん

たいぎいおじさん2

たいぎいおじさん2

くらげ

くらげ

プラナリア

プラナリア

タンブラー

リブログ数が多いやつです。
自転車以外をリブログしてもいいですよ(´-`)b

ワレモノジャージ

春麗とロードレーサー

フェンディと自転車

栗山千明

ジロデイタリア2010第9ステージ

 


落車!


泥!


濃霧!



ときて次にジロが繰り出したストーリーは


洪水!


だった。引き出し持ってんなあーイタリア。
まさかここで洪水というカードを出してくるとは思いもしなかった。
ここまでよくないことが起こると言うのは何か原因があるんじゃないかと考えていると
エバンスだ。虹色エバンス。なぜエバンスか。
なぜエバンスかというと、エバンスに悪いことが起きていないからである。
エバンスが着ている世界チャンピオンジャージ…
いわゆるアルカンシェルを着るものには、その年にうまくいかないという「虹の呪い」がある。
ところが、今年のエバンスはうまく行っているのである。
確かに一人きりではあるが、それでものびのびと成績を求めていっている。
つまり、、、本来、アルカンシェルを着るものに向けられるはずの「虹の呪い」が、、、
何らかの原因によって、、、
本人ではなく周りに拡散しているのではないか、、、
僕はそう考えているのだ…!



っていうか…!

まじめな話、あんなとこでレースするのはどうかなあ、と思いますけど、、、!
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010第9ステージ l

ジロデイタリア2010 第8ステージ




わあーいジャパンカップで勝ったセレンセンが勝ったぞう
と一方的に親近感を爆発させる我々日本人ファン。

ただガッツポーズがよくわからない。
ジェスチャーのひとつひとつが小さいので、
それが何をあらわしているのかよくわからない。
釣りなんであればね、
左手を固定して、右手を実際より大きくぐるぐると回す!
リアルな大きさでまわしてもね、客には見えないんだよ!
リアルに近づければ近づけるほど、現実から遠くなる!ねえ
ただアレ今回のは釣りなのかしら
最初のジェスチャーは両手を上下に動かしていたように見えたが
餌でもまいていたのかしら
ついったー上では「フライフィッシングではないか」という説も出ていたけど
ジェスチャーが小さくてわかりにくいうえに、表現しにくいものを選ぶ!
センスがないなあ、、、
一生に何回あるかわからないガッツポーズなんだから、、、
このセレンセンを見て、若い諸君らにはガッツポーズはどうするかっていうのをね
考えていてほしい。その際にはぜひ、「見る側」からの視点をね忘れないでほしい。
日本のレースではガッツポーズは禁止されているところが多いかもしれないが
日々の練習の合間に、時折ガッツポーズの考査を今から重ねていってほしい。

僕なんかはそう思ったわけ。

l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第8ステージ l

ジロデイタリア2010第7ステージ

 
※3人目のはクネゴです

いやあ僕なんかはロードレースといわれて思い浮かぶもので
そんなに大きくはないが強い存在感を持っている要素のひとつがやはり「泥」なわけでして
それというのもフランドルとかルーベを記録した写真や映像で見たことのある
あの「泥まみれで石畳を走っていく選手ら」の印象が強いからで。
といっても皆さん御存知の通りここ最近のフランドルとかルーベいわゆる北の地獄
は残念ながら天気でみんなをがっかりさせているのが常でして。
ロードレースを見はじめて数年の僕なんかからすると、
リアルタイムで泥にまみれて行く選手なんかは見たことがない。

それがまさかジロで見られるとはなあ。ありがとうジロ。

走る側からしたら、なにがありがとうだお前ちょっと表でろ
ってなもんでしょうが、アアーいいものだこれは、、、とてもいいものです。
今年のジロで、ユキヤの逃げの次に興奮した。

フフフあーなんてかわいそうなのフフフ、、、

そんななか抜群に強さを見せたエバンス!
フレッシュワロンヌでも勝負をして勝ったし、
「虹色ジャージをきた選手はその年うまくいかない」
といういわゆる虹の呪いを意識させないその走りに、
やっぱりこれまでへこたれなかったおかげだねえだの
キアラさんの愛の力ですね!だのと感心しつつも
これから何が起こるんやろう、、、
と一抹の不安を拭い去ることの出来ないファンであった。

がんばれエバンス!キアラはピアノを弾くだろう!
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010第7ステージ l

ジロデイタリア2010第6ステージ

 


アアー
これが昨日いわゆるユキヤが逃げた、逃げ切ったレースだったらなあ
と思った人は多数いたであろうねえ

どうでもいいけど
マシューロイドって、なんか数学者っぽいですよね、、、
陰気なんだけど、でも根はしっかりしてて、頭のキレがよくて、弱い者を救うみたいな、、、
悪いやつは許せないみたいな、、、陰気だけど、、、

ミユキ自転車の方のね!ジュゲム、いわゆるこのブログの会社のね!
ミユキ自転車のサーバーが調子悪いそうなんだよねっ
だからこのざまなんですよね!
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010第6ステージ l

ジロデイタリア2010 第5ステージ

 
続きを読む >>
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第5ステージ l

ジロデイタリア2010 第4ステージ

 

ゴールシーン、普通はゼエゼエハアハア言いながらいろんなモノを垂れ流しながらゴールして行くのが普通な中、トップタイムを出したリクイガスのニバリの涼しい顔よの
「あ、帰っていいんすか、帰っていいなら帰りますけど、、、」みたいな
涼しい顔で。すごいなあニバリとかおもって。バッソ大丈夫かしらとか思って。
僕はなぜか「あやうげなエース」っていうのが好きみたいです、、、
何フェチですか、、、



そんなことよりね、
いまどうもジロデイタリアの第5ステージでアラシロユキヤがね、
今現在逃げているらしいんですね。
他にも色々書きたいことがあるけどもね
テレビのあるとこに行こうと思いますよ!
ユキヤーーーー!いまいくぞーーーー!!!

あと昨日書いたんだけど
この記事見ていただけましたかね

まあ見てないにしてもよ!
こんなのは明日でもいいよ!ユキヤが逃げてるらしいぞ!
ユキヤーーーー!!!まってろーーーー!!!

l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第4ステージ l

ジロデイタリア2010 第3ステージ

 

あなたはいまだかつて見たことがあるだろうか、
マリアローザで!
しかもアルカンシェルいわゆる世界選手権覇者が!
ねえ落車で遅れた集団を必死で引くなんて映像を目撃したことがありますか。
普通はねえアシスト陣が
「エバンスさん俺達が引くから!」ってなもんでね
オウこれがアシストってもんですか、
エースのすばらしい成績は、こういう記録には残らない選手らの元に成り立ってるんですねえなんて事を
おもうのが常だた昨今ですが、今ステージではマリアローザアルカンシェルが泣きながら一人で集団を引くという現象が見られましたね
落車でチームメイトいわゆるアシストが遅れたんならまだしも
ものすごい早い段階でエバンス一人だったように思います。
今年のBMCは山岳特化型なのかもしれません。
山岳では見ててくださいエバンスさん!平坦はなんとかがんばってください!
ということだといいですが、多分違います
いつも一人のエバンス
一瞬マキュアンが引いた気がするのは、同郷のエバンスへの同情か。
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第3ステージ l

ジロデイタリア2010 第2ステージ

 

参考:ファラーとスリラー

落車多すぎ!
常々思っていることですけどもね!
オランダの道はねえレースをするところではないのではないですか?
細かい中央分離帯、道路が突然狭くなるうえにところどころに立つ杭!
車のスピードを落とすためのシケインらしいが
君!ロードレースの集団は車ぐらいの速度が出ているのじゃよ!
そういう集団がそういう道を走ったらあぶない!

カーブが多すぎではないですか?
オランダでレースをする必要がありますか?
ジロデイタリアがなぜイタリアでレースをしないのですか?
段階的撤廃!


そして早い段階でマリアローザを着てしまい
他のチームメイトから疎ましがられ
一人キアラに電話するエバンス、、、、。
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第2ステージ l

ジロデイタリア2010 第1ステージ




モハーッ

っていうことでついにはじまりましたねえはじまりましたねえ

ジロデイタリアが!

ひいてはグランツールシーズンがッ

もう興奮しすぎて、ロードレースファン以外の知り合いから若干引かれたりしてると思います皆さん。
ピンク色を見るたびに「ああんジロ」とかいってんでしょうどうせ。
僕なんかは昨日ワインを一本あけたから。
まあアルコール度数9.5度だけど。

カリフォルニアホワイトって書いてあるけど。

ねえ。
まあいいんですジロデイタリアのスタートがアムステルダムな時代ですからね
ジロデイタリアがイタリアで始まらないって
まあ近年のグランツールはみんなそうかもしれないけど
じゃっかん釈然としない僕です。

そんなことはいいとしてウム
アラシロ映せよバカ。
めずらしいだろうがよアジア人なんだよ。日本人なんだよこの野郎
あ?日本人だからなんだってんだって?去年のフランスで十分見たからいまさら取り上げることもないだろうって。オウそういうことなら悪い気はしない。そういうことだね?そういうことだと言う捕らえ方でかまわないね?ウンいやでもテレビに映るような走りをね、アラシロには期待したいところ。

あとヴィノクロフが速いねえ。
コンタファンとしては、ぜひともヴィノクロフ、総合狙っていってほしい。
いやコンタファンであるからこそ、そんな不遇なコンタをみたい。

はじまったねえグランツールが、、、。
l カテゴリー:ジロデイタリア2010 l

l ジロデイタリア2010 第1ステージ l

1|2|